• 日本の行き着く先は・・・・?(序)

    2014-07-08 01:10

    ども☆
    お久しぶりです。前回はかなり湿った雰囲気の話で申し訳ない(ノД`)
    今回は
    (1)アメリカについて
    (2)日本が採用する経済モデルであるネオ・リベラリズムとそれに至るまでの政策過程
    (3)日本の行くつく先

    についてイロイロと主観を書き綴っていきたいと思う。多分内容的に複数回になると思うからじっくり書いていきたい。
    難しい話かもしれないが、見てくれた方にわかるように努力するのでそこは勘弁願いたい(^_^;)

    (1)アメリカについて

    1、世界で一番貧乏な国?

    まずアメリカ(United state of america)を皆さんどのようにイメージされていますか?

    ハリウッド、ラスベガス、メジャーリーグ、バスケットボールといったイメージが浮かぶ人もあれば経済大国、軍事大国であり今でも世界の警察として影響力を行使している、自由を尊重する国である、市場規模が日本と比べると遥かに大きいといったことがまず頭に浮かんでくるはずだ。

    だが意外にも知らない人がいるかもしれない注目すべき『事実』がある。
    それはOECD(経済開発協力会議)という加盟した国々は貧困国に開発援助する国連機関のランキングでワーストランキングに入っている。
    それは
    貧困率
    です。日本に注目されているグラフですがアメリカは第2位の位置にいます。






    ちょっと待て、ハリウッドを見ろよと。あれだけ規模のでかい、日本では到底作れないような凄まじい映画を作っているではないかと、ヤンキースの田中の契約金を覚えていないのか?と思うかもしれない。
    もちろんアメリカは先ほど指摘したように圧倒的な経済大国であるが故にOECDの中で一番裕福な国にもランキングされている。
    実は貧困層の多さも桁違いに多い。それはなぜかは両極端であるのかにはアメリカの経済システムが大きく関係している

    2、アメリカの経済システム
    アメリカはアングロサクソン系のヨーロッパ人(欧米人を指す言葉)が中心となり経済的な制約が大きかったことから所有権、また経済の自由、平等を求め独立戦争を勝ち抜いた国であるという歴史がありそのことからもわかるように自由を大変重視します。
    それは経済においても、経済政策も顕著です。

    まず経済学には二つの学派が存在し、一つはアダムスミスが提唱した神の見えざる手による経済の自動調節機能(ビルトインスタビライザー)が働くので政府が動く必要はなく、むしろ規制を緩和して経済を自由にすることで活性化していくことができるという古典派経済と呼ばれる学派で20世紀初頭までは日本を含めた欧米諸国はこの古典派の考えのもと政策を施工していました。小さな政府思考で夜警国家論(国家がやるのは国防といいた国民の財産を侵害される場合のみという考え方)とも呼ばれていますね。

    二つ目はケインズ学派と呼ばれ、20世紀に発生した世界恐慌による大量失業において経済の自動調節機能が働かず自動調節機能が働くことが前提となっていた古典派を支持していた政府は有効な政策を打ち出せずにいました。
    そんななかケインズという学者が発表した有効需要の創出、つまり政府による財政支出、公共事業を行うことで需要を自ら創出していくことで景気循環を活性化させるといった考えで政府の役割が大きくなることつまり今日の行政、福祉は全てこのケインズ経済学から来ています
    大きな政府思考で北欧や高度成長期の日本、戦後復興期のヨーロッパに採用されていました。

    この二つの学派の違いというのは・・・・古典派は基本自由経済、貿易を重視し競争原理による経済活動を重視します。それに対しケインジアン(ケインズ経済学の略称)は当時ソ連という共産主義国家が出来たことにより平等、所得の再分配といった影響を受けていることから対極に位置する学派であります。

    以上の事を説明するとアメリカの経済構造はおわかりになると思いますが古典派経済学を重視した経済政策を打ち出していることはよくわかると思います。

    3、アメリカの両極端な一因
    古典派経済学の短所は簡単に言うと競争による負け組が必ず生じてしまうことです。
    競争を重視するということは勝ち続ける人間がいる代わりに負ける人が必ずいるのが必然です。
    また政府は極力経済介入ないし、財政支出を増やすことを敬遠しますのでこういった負けた人たちが救われるのは難しいのが現実です。

    アメリカは古典派経済学を基本採用していますのでそういった極端なデーターになるのはそういった経済学的な要因が大きく、また大統領、過半数を占める政党により大きく影響を受けているのは言うまでもないです。(共和党は保守党で自由経済賛成派で悪く言えば大企業擁護派、民主党は革新党で経済自由主義を採用はするけれども国民の生活保障等の社会保障政策を重視している傾向からケインジアンよりだと考えれる)
    一応ですが日本でいま政権を獲得している自由民主党、公明党は保守政党ですから古典派経済学賛成です。前政権の民主党はよくわからん・・・・ねw(何がしたいのかがよくわかっていないし具体的な経済政策を打ち出せていないから)

    では今日はこのへんで。
    次回は本論であるアメリカの貧困ビジネスと経済徴兵制です。
    日本では今集団的自衛権でもめていますが徴兵制がまた発生するのかしないのかが議論となります。
    憲法には『何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない』(第18条)
    とあり通説では徴兵制は禁止とされておりバカバカしい議論だと一笑する人も多いと思いますが実は可能です。
    それをアメリカの貧困ビジネスと繋げて議論していきたいと思います!
    では諸君、サラバダー☆彡
  • 広告
  • 人の死について・・・・

    2014-06-27 20:12
    どうも、今回は不謹慎かもしれませんがやはりやりきれない思いが私のなかにありますのでスッキリしたいということで投稿させていただきます。

    迷惑かもしれませんが見てくださる方にも私のブログを見て今一度人間の終焉について考えてくださったら幸いです。

    今週の月曜日に大事な人、祖母が永眠されました。死因は肺炎で実質老衰による死亡でした。
    祖母は認知症を発症しており自分が誰であるのか、そして孫である俺さえも忘れているようでしたがまだ意識がある、元気だった頃は頃は私を見て
    『誰や?』
    と言いますが、孫だと教えると少し表情を和らげて歓迎してくれていたのを思い出します。

    2月に肺炎を患いその時は何とか持ちこたえましたが6月に入ると自分で食べ物を飲み込むことができなくなるまで衰弱をしていきました。

    最後の1週間祖母は昏睡状態で実家では飲まず食わずの状態が続き私が見舞いに行った時にはアウシュビッツ強制収容所に入れられたユダヤ人のような、今の日本では台所事情、ありえないといえるほどやせ細った、もはや骨と皮しかないと言っても過言ではないような状態となっていました。

    愕然としましたね。

    穏やかな笑顔を絶やさなかった祖母が骸骨になっているのを見てこみ上げる涙を抑えるのに必死でした。

    でもね、生きてるんですよ。
    もう理科室にあるような骸骨の模型のようになっても祖母は生きているんです。もうほとんど意識がない状態でしたが手を握ると握り返してくれるし、私の、家族の言葉に反応してくれるんです。

    最後世話をしてくださった看護師さんは私の祖母の心臓の強さに驚愕をしていたぐらい祖父の生命力は強かった。

    飲まず食わずで骨だけになっても祖父の心臓だけは動き、血液を体中に運んでいる。
    それは祖母は生きたい!と叫んでいるようだった。

    でもそれも終わりを告げた。午前に6時に静かに、眠るように祖父は息を引き取ったのを私は電話で聞いた。


     
    映画で見た『おくりびと』という人たちが来て祖母の体、髪、顔を洗い、おめかしをして着物に着替えさせているのを見た。
    本当に映画でやったとおりの手順で祖母を手厚く扱ってくれたことは感謝してもしきれない。

    ただ祖母は私が見舞いに来た時よりもさらに痩せており骨盤、恥骨が完全にあわらになっているような状態になっており非常に痛々しかったのを覚えている。

    打ち合わせがお祭りが起こったように、蜂の巣をつついたような騒ぎで行われ泣く時間さえ
    、死んだ実感さえ感じていなかったを覚えている。

    ただお通夜が終わり葬式が始まるとだんだんと祖母が、ばあちゃんが死んだというのがわかってきて告別式が終わり最後、棺の中に花束を入れるときになって、ばあちゃんが死んだというのが頭の中を完全に支配し始めていた。

    まだ子供の頃に、まだ元気だった頃はよく家族と一緒に旅行に行ったこと、実家に来た時は嫌な顔をせずニッコリと笑って私を迎え入れてくれたこと、と走馬灯のようにフラッシュバックしては消えていく。

    そして祖母に甘えるということが恥ずかしいと思って素直になれなかった、シャイな態度でしかばあちゃんに接してやれなかった自分に後悔して、絶望した。

    見栄を張らずにもっと甘えてもよかった・・・・。ばあちゃんははそれを待っていたのではないのか・・・・。

    実は寝ているだけでまたゆっくりと起き上がって私にほほ笑みかけてくれるのではないかとか馬鹿な考えが頭をよぎったりもした。
    だがばあちゃんは棺の中でもうずっと目をつぶったまま起きることはないのだ。

    花に囲まれて静かに眠るばあちゃんをみて俺は初めてばあちゃんがもうこの世にいないということを知覚し、それからは涙が止まらなかった。

    自分でも抑えきれない激しい濁流が涙という形になって押し寄せて決壊する。
    嗚咽を堪えるのに必死だった。ばあちゃんの顔が歪んで見えない。

    ごめんな、ばあちゃん。俺ちっとも孫らしい事をしてやれなかった。
    交通事故にあって腰が砕ける重症になっても励ましの言葉をかけてやれなかった。
    認知症が始まってからもまるで他人事のように接することしかできなかった。
    もっとばあちゃんと話したかった。昔のこと、そしてこれからのこと。

    もっともっとばあちゃんと一緒にいたかったよ・・・・。

    ・・・・・済みません。やっぱりこれ以上は無理みたいです。

    ただ私が言いたいことは皆さんも家族が、大事な人がいるのなら自分が思う以上に、後悔のないように接して、付き合って、そして共に生きていかないと私のようにその大事な人が死んでから激しく後悔します。

    どうか私のような親不孝者にならないでくださいね。

    以上、今日のブログでした。長文でしたが最後まで見てくださったかた有難うございました。
  • まぁ、多少はね?

    2014-06-19 23:25
    どうもこんばんわ。

    自己紹介だけで終わるのもせっかくなので書いてみましたよ~。

    今日はジムに行ってたんですが、自分の劣化具合に凹んでいる私(´・ω・`)
    全盛期のころベンチプレス100kg以上上げれていたのが遠い未来のように感じます。

    がこれからのこともありますのでしっかりと体を鍛え上げて全盛期の頃とまではいかないけど元に戻していきたいところ。

    夏はサバゲーは基本しないしね。オフシーズンはしっかりと体力をつけますよ(^O^)
    目標はこんな感じw
                        




    片手でM60VNを持ってフィールドを蹂躙する。
    まさに♂のロマンですよねw

    でもM60は買う予定ないかな~。わかる人には分かりますがあのクソみたいなホップシステムの加工がね、めんどい事この上ないんですよ~。人に委託したら軽く一万は持ってかれるし、電動マガジンの半田ごてのやり直し等やらなければならないことが結構あります。

    マルイ電動ガンの3倍ぐらいは労力を使うと思いますよw

    次買う候補として分解、弄りやすいM27 IAR と SVD の二つになります。 

    ただ海兵隊装備とかはしてないのでバイポッド、キンタママガジンの2セットだけになると思います。

    買った際はまた投稿したいと思うのでお楽しみに。
    では諸君サラバダー☆彡