深色の泊地 あとがきとおまけ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

深色の泊地 あとがきとおまけ

2016-09-17 09:43
  • 8

 深色の泊地を視聴して下さった皆様、あたたかいご声援ありがとうございました。どうにか無事、完結させる事が出来て、ホッとしています。
 最初は一話だけの短編のつもりで投稿したのですが、私は設定好きと言うか、考えるのが好きなんですね。一話作成の段階で、もう最終話あたりまでの設定は全て作ってたんです。それらをバックボーンに、あの第一話を作りました。
 予想外だったのは、続編希望のコメが、私の予想以上にあった事です。嬉しくて、もうホントに嬉しくて、つい調子に乗って連載開始してしまいました。

 さて、そんな調子に乗ってた作者ですが、やっぱりそういうヤツは、何かしらやらかしますよね。
 作者は文章なんぞ碌に書いた事も無いので、作ってる最中は「これも…あれも…」と考え無しに話を作って、それがどうなるか想像もしてませんでした。やっぱり添削とかしてくれる人が居ないと、ミスに気付かないこともままあります。
 十三話なんて、その典型ですね。ダラダラとした展開が続いて、お叱りの言葉を多数頂いてしまいました。「あー、そうだよなぁ…」と、パソコンの前で反省しておりました。
十話のアレは、どうぞお察し下さい。書きたかったんです……。
 ただ、また一人だけで修正しようとしても、極端に薄い話になりそうだったので、あれらの話はそのまんまにしてあります。作ってる時は楽しくて、ついつい独り善がりな話になっちゃいました……。すいません。

 視聴者の方から、「コメ返ししないのですか?」というコメがありましたが、完結させるまでは出来ませんでした。なぜなら、この作品にコメをくださる方の中には、エスパーか!?と言いたいくらい、ピンポイントで先の展開を予言される方が多数いらっしゃったので、ヘタに返すとネタバレしそうで怖かったんです。
 そして、完結してからは、とってもありがたい事にコメが多過ぎて、何にどうお返事すればいいのか迷うハメになってしまいました…。


 さて、続編を希望されるコメントや、後日談を希望されるコメントが寄せられておりますが、続編は申し訳ありませんが、考えておりません。後日談と言うか、外伝ならいくつかネタもあるのですが、本編並のお話はネタが無いのです。この先どうなるかは、ここではお約束しません。

 その代わり、「おまけ」を投下します。
 ・格子スカイドーム
 ・攻殻風316泊地サーバー
 ・攻殻風情報スーパー


 これらの小物を配布します。深色の泊地で使用したまんまの物ですので、そのままでは使えない物もあります。攻殻風情報スーパー内の「image.png」は、そのままですとただの透明画像ですので、何かお好きな画像をリネームして割り当てて下さい。

それと……

・EMERGENCY DESTRUCTION SYSTEM

 MS IGLOO 重力戦線にて、RTX-440ガンタンクが自爆する際に表示されるものを再現したモデルですが……これ欲しい人居ますかね?一応セットの中には入れておきます。
 モデルの他に、起動からゼロカウントまでのカウントダウンモーションと、アナウンス音声のセットは用意してあるんですが、揚げ物様の警告音は同梱してません。まぁ、人様の公開されている素材ですから、当然だとは思いますが。
 元の揚げ物様の警告音は15秒までしかありませんので、各自で加工するなり、別の物を用意するなりと、手間がかかります。加工済みの物を配布して良いのか分かりませんので、そこはご容赦下さい。アナウンス音声は、本編で使用した残り15秒のものと、残り10秒のもの、二つを用意しました。
 このままですと、警告中に表示される文字が、「GHOST WILL DETONATE IN」とあります。「ゴーストの爆発まであと…」ですから、使用目的に合わせて、ここは差し替えるなり何なりして下さい。

 これら4つのセットとして、「【深色の泊地】配布小物セット」を下記の場所にアップしておきますので、欲しい方はどうぞ。


DLはこちらからどうぞ ⇒ http://ux.getuploader.com/Benelis/

 全てのコメに対してはムリなので、ちょこっとだけ。どうしても気になったコメントに対して、お返事させて下さい。

 ・おまけでも触れましたが、「GHOST WILL DETONATE IN」の文字。これを見逃している人が多かったのか、ボートの自爆装置だと勘違いされる方が結構いらっしゃいました。分かり辛くてすいません。

 ・あと、誰も指摘されてなさそうなのですが、最終話の夕立の「より取り見取り」は、シーマ様のではなく、夕立自身のセリフです。夕立を普段使いしてる人少ないんでしょうかね?


 ・提督代理が改装された時、洪水の如く「超兵器を!」みたいなコメントを頂きましたが、実はあの武装、もうかなり前から決まってたんです。モデルをチマチマ作りながら、動画も作ってた訳です。
 なもんで、皆様の期待値がパネェ事になってて、「コレジャマズイ…」とガクブルしておりました。でも、もうモデル作っちゃったし、このまま強行してしまえ!と、最終話での登場となりました。超兵器を期待してた方々、期待はずれですいません。

 ・酒匂の外伝では、「どうやって車でいったんだ・・・」とのご指摘を頂いて、「そうだよ!その通りだよ!パラオだよ!!」と、大慌てで追加シーンの作成をしました。指摘してくれた方、ありがとうございました。

 ・雪風初登場時から何度か、「雪風の目はオッドアイ?」というコメントを頂きますが、これはモデルの仕様です。影で色が変わるんです。

・十二話、酒匂と阿賀野のシーンにて。「ここのポーズが「everybody」に見えるwww」 そうとしか見えなくなったじゃないですかwww

・「阿賀野の頭の上にバケツがwww反省しろとwww」 気付きませんでしたw偶然の一枚ってヤツですw

 ・十一話、報連相>連相報、これ初めて見た時、腹抱えて笑いましたwこういう発想力が欲しい!

・八話でのT督の資材状況に関しては、ぬいぬいが憤慨してましたが、司令部レベルが低いと、自然回復待ちでも4桁までしか貯まりません。5桁になるのは、司令部レベル37からですね。T督は、それ以下って事です。意外とT督人気があって、予想外でした。


 他にも全話通して何千とコメントを頂きまして、とても嬉しく思っております。

 最後に、エンディング曲に関するコメも沢山頂きました。実はこの深色の泊地、この曲を聞いた事で浮かんだものだったりします。原曲の海色ではそうでもなかったんですが、このアレンジを聴いた瞬間、作者の脳内にイメージが沸いてきまして、設定をガシガシと書いたんです。で、勢い余って、そのまま第一話の動画を作って、そぉい!と投稿。
 このアレンジ曲があったからこそ、深色の泊地は生まれました。この場をお借りして、こたつ様に感謝の言葉を送りたいと思います。ありがとうございました。お陰で、これだけの方に見て貰える話が出来ました。

 それでは、モデル作成と、後日談の製作にかかります。
 ご視聴、ありがとうございました。

 深色の泊地を視聴して下さった皆様、あたたかいご声援ありがとうございました。<BR>
 どうにか無事、完結させる事が出来て、ホッとしています。<BR>
 最初は一話だけの短編のつもりで投稿したのですが、私は設定好きと言うか、考えるのが好きなんですね。<BR>
 一話作成の段階で、もう最終話あたりまでの設定は全て作ってたんですよ。<BR>
 それらをバックボーンに、あの第一話を作りました。<BR>
 予想外だったのは、続編希望のコメが、私の予想以上にあった事です。<BR>
 嬉しくて、もうホントに嬉しくて、つい調子に乗って連載開始してしまいました。<BR>
<BR>
 さて、そんな調子に乗ってた作者ですが、やっぱりそういうヤツは、何かしらやらかしますよね。<BR>
 作者は文章なんぞ碌に書いた事も無いので、作ってる最中は「これも…あれも…」と考え無しに話を作って、それがどうなるか想像もしてませんでした。やっぱり添削とかしてくれる人が居ないと、ミスに気付かないこともままあります。<BR>
 十三話なんて、その典型ですね。ダラダラとした展開が続いて、お叱りの言葉を多数頂いてしまいました。<BR>
 「あー、そうだよなぁ…」と、パソコンの前で反省しておりました。<BR>
 十話のアレは、どうぞお察し下さい。書きたかったんです……。<BR>
 ただ、まだ一人だけで修正しようとしても、極端に薄い話になりそうだったので、あれらの話はそのまんまにしてあります。<BR>
 作ってる時は楽しくて、ついつい独り善がりな話になっちゃいました……。すいません。<BR>
<BR>
 視聴者の方から、「コメ返ししないのですか?」というコメがありましたが、完結させるまでは出来ませんでした。<BR>
 なぜなら、この作品にコメをくださる方の中には、エスパーか!?と言いたいくらい、ピンポイントで先の展開を予言される方が多数いらっしゃったので、ヘタに返すとネタバレしそうで怖かったんです。<BR>
 そして、完結してからは、とってもありがたい事にコメが多過ぎて、何にどうお返事すればいいのか迷うハメになってしまいました…。<BR>
<BR>
<BR>
 さて、続編を希望されるコメントや、後日談を希望されるコメントが寄せられておりますが、続編は申し訳ありませんが、考えておりません。後日談と言うか、外伝ならいくつかネタもあるのですが、本編並のお話はネタが無いのです。この先どうなるかは、ここではお約束しません。<BR>
<BR>
 その代わり、「おまけ」を投下します。<BR>
<BR>・格子スカイドーム<BR>
・攻殻風316泊地サーバー<BR>
・攻殻風情報スーパー<BR>
<BR>
 これらの小物を配布します。深色の泊地で使用したまんまの物ですので、そのままでは使えない物もあります。攻殻風情報スーパー内の「image.png」は、そのままですとただの透明画像ですので、何かお好きな画像をリネームして割り当てて下さい。<BR>
<BR>
それと……<BR>
<BR>
・EMERGENCY DESTRUCTION SYSTEM<BR>
<BR>
 MS IGLOO 重力戦線にて、440ガンタンクが自爆する際に表示されるものを再現したモデルですが……<BR>
 これ欲しい人居ます?<BR>
 一応、モデルの他に、起動からゼロカウントまでのカウントダウンモーションと、アナウンス音声のセットは用意してあるんですが、揚げ物様の警告音は同梱してません。まぁ、人様の公開されている素材ですから、当然だとは思いますが。<BR>
 元の揚げ物様の警告音は15秒までしかありませんので、各自で加工するなり、別の物を用意するなりと、手間がかかります。加工済みの物を配布して良いのか分かりませんので、そこはご容赦下さい。アナウンス音声は、本編で使用した残り15秒のものと、残り10秒のもの、二つを用意しました。<BR>
 このままですと、警告中に表示される文字が、「GHOST WILL DETONATE IN」とあります。「ゴーストの爆発まであと…」ですから、使用目的に合わせて、ここは差し替えるなり何なりして下さい。<BR>
<BR>
これら4つのセットとして、「【深色の泊地】配布小物セット」を下記の場所にアップしておきますので、欲しい方はどうぞ。<BR>
<BR>
DLはこちらからどうぞ ⇒ http://ux.getuploader.com/Benelis/<BR>
<BR>
<BR>
 全てのコメに対してはムリなので、ちょこっとだけ。どうしても気になったコメントに対して、お返事させて下さい。<BR>
<BR>
・おまけでも触れましたが、「GHOST WILL DETONATE IN」の文字。これを見逃している人が多かったのか、ボートの自爆装置だと勘違いされる方が結構いらっしゃいました。分かり辛くてすいません。<BR>
<BR>
・あと、誰も指摘されてなさそうなのですが、最終話の夕立の「より取り見取り」は、シーマ様のではなく、夕立自身のセリフです。夕立を普段使いしてる人少ないんでしょうかね?<BR>
<BR>
・提督代理が改装された時、洪水の如く「超兵器を!」みたいなコメントを頂きましたが、実はあの武装、もうかなり前から決まってたんです。モデルをチマチマ作りながら、動画も作ってた訳です。<BR>
 なもんで、皆様の期待値がパネェ事になってて、「コレジャマズイ…」とガクブルしておりました。でも、もうモデル作っちゃったし、このまま強行してしまえ!と、最終話での登場となりました。超兵器を期待してた方々、期待はずれですいません。<BR>
<BR>
・酒匂の外伝では、「どうやって車でいったんだ・・・」とのご指摘を頂いて、「そうだよ!その通りだよ!パラオだよ!!」と、大慌てで追加シーンの作成をしました。指摘してくれた方、ありがとうございました。<BR>
<BR>
・雪風初登場時から何度か、「雪風の目はオッドアイ?」というコメントを頂きますが、これはモデルの仕様です。影で色が変わるんです。<BR>
<BR>
・十二話、酒匂と阿賀野のシーンにて。「ここのポーズが「everybody」に見えるwww」 そうとしか見えなくなったじゃないですかwww<BR>
<BR>
・「阿賀野の頭の上にバケツがwww反省しろとwww」 気付きませんでしたw偶然の一枚ってヤツですw<BR>
<BR>
・十一話、報連相>連相報、これ初めて見た時、腹抱えて笑いましたwこういう発想力が欲しい!<BR>
<BR>
・八話でのT督の資材状況に関しては、ぬいぬいが憤慨してましたが、司令部レベルが低いと、自然回復待ちでも4桁までしか貯まりません。5桁になるのは、司令部レベル37からですね。T督は、それ以下って事です。意外とT督人気があって、予想外でした。<BR>
<BR>
他にも全話通して何千とコメントを頂きまして、とても嬉しく思っております。<BR>
<BR>
 最後に、エンディング曲に関するコメも沢山頂きました。実はこの深色の泊地、この曲を聞いた事で浮かんだものだったりします。原曲の海色ではそうでもなかったんですが、このアレンジを聴いた瞬間、作者の脳内にイメージが沸いてきまして、設定をガシガシと書いたんです。で、勢い余って、そのまま第一話の動画を作って、そぉい!と投稿。<BR>
 このアレンジ曲があったからこそ、深色の泊地は生まれました。この場をお借りして、こたつ様に感謝の言葉を送りたいと思います。ありがとうございました。お陰で、これだけの方に見て貰える話が出来ました。<BR>
<BR>
それでは、モデル作成と、後日談の製作にかかります。<BR>
<BR>
ご視聴、ありがとうございました。

広告
×
素晴らしい作品を有り難うございました。『深色』に関係していてもしていなくても、次回作品をお待ちしております。繰り返しとなりますが、有り難うございました。
49ヶ月前
×
とても楽しい作品ありがとうございました。
夕立のより取りみどりをシーマ様と連想したのは その前がGP02だったからじゃないですかね?
0083関連で視聴者の脳がそっちにかなと(わたしもですがw
連(連絡)装(相談)砲(報告)ちゃん は昔 社内で上司が 新人教育で使ったと言うのがありますね
まだ元ネタ残ってたかな・・・
49ヶ月前
×
>>2
あー、確かに、0083ネタが続けば、そうなっても仕方ないですよね。結局、私の使いどころが問題なんですな…。
連相報、その上司の方は良いセンスをお持ちですねw
49ヶ月前
×
1年近く前1話を見て設定と展開の衝撃は今も強く残っています。
誕生経緯は曲からだったのですね。
曲から設定やシーンのイメージが出てくるって結構ありますよね。
連載お疲れ様でした~
49ヶ月前
×
本編終了、お疲れ様でした。
MMD紙芝居かよ……と半ば見下し気分で見たら、コレがまた凄いのなんのって。
TVアニメ版「艦これ」の主題歌の歌詞がこの作品の世界観にマッチしてて、もう「次が見たい!」と思わせる程でした。
確かに、ダラダラ展開はありましたが(自分も二次創作小説作ってるので判ります)、説明は必要なれど、もうちょっとコンパクトにすればよかったと思います(ワシも人の事凄く言えないのですが)。
何はともあれ、ここまでの原作愛、各種のパロディ愛、ソレを括って「男のロマン(ナンノコッチャw)」を魅せていただき、こっちのほうが感謝です!
後日談のネタの方も残っていますが、本編終了お疲れ様でした!
49ヶ月前
×
>>4
 あの曲のテンポやメロディ、そしてディーテ様の歌声。全てに魅了されてしまいました。
 気ガツケバ私ハ、設定ヲ書イテイタ…

>>5
 ある方に、「何で紙芝居なん?」と聞かれた事がありましたが、時間的制約と作者の腕の問題ってやつですね。それでも、静画ではどうしてもやりたい表現が出来ない時は、動画を入れてます。
 誤字脱字、展開の矛盾や無駄など、一人だと気付けない事って多いんだなと、頂くコメントで実感しました。そうして反省しても、後にまたやらかしたりとか…。
 後日談は、やりたいシーンに使うモデルの製作を終えて、調整してる最中です。もう暫くお待ち下さいませ。
49ヶ月前
×
本編おつでした!!感動!!!


・・・後日譚か外電で金剛他の復活を・・・
49ヶ月前
×
金剛がギリギリ絆を結べていないとこの役回りで、最後に見せてくれたのがうれしかったです
48ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。