簡単【ドラム/Chapter3】フィルインに向けての基礎練習②//Easy [Drum/Chapter3] Basicpractice for fill-in②
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

簡単【ドラム/Chapter3】フィルインに向けての基礎練習②//Easy [Drum/Chapter3] Basicpractice for fill-in②

2020-10-15 00:47
    STEP2音符を理解する
    1.音符の長さを覚えよう
    ここではまず、人間の歩行を例に音符を考えてみたいと思います。
    普通のペースで歩くとして、まず一歩を♩という記号で表してみます。
    1.2.3.4と歩くと「♩♩♩♩」と書き表されます。
    また、一歩を♪で表すと「♪♪♪♪」になります。
     ここで最初の一歩を♩でいくか♪でいくかによって4/4になったり8/4になったりします。

    STEP2 Understand the notes
    1. Learn the length of notes
    First of all, I would like to consider musical notes by taking human walking as an example.
    Assuming that you are walking at a normal pace, let's first represent one step with the symbol ♩.
    If you walk 1.2.3.4, it will be written as "♩♩♩♩".
    Also, if one step is represented by ♪, it will be "♪♪♪♪".
    Here, depending on whether you take the first step with ♩ or ♪, it will be 4/4 or 8/4.


    ・4/4(4分の4拍子)とは、1小節の中に4分音符が4つ分入る長さ
    ・ 4/4 (4/4 time signature) is the length of four quarter notes in one bar.


    ・8/4(8分の4拍子)とは、1小節の中に8分音符が4つ分入る長さです。
    ・ 8/4 (4/8 time signature) is the length of four eighth notes in one bar.


    1小節は、このように小節線で区切った箇所のことを言います。
    One bar is the part separated by the bar line like this.




    普通の楽曲では4/4が多数を占めていますので、ここでは一歩を♩と規定します。
    ということは、4/4は4歩(♩♩♩♩)が1ユニットになり、これが1小節ということになる。
    そしてこの一歩分、4分音符(♩)を2等分にしたものが8分音符(♪)になり4等分したものが16分音符( )になります。

    Since 4/4 occupies the majority of ordinary songs, we will define one step as ♩ here.
    This means that 4 steps (♩♩♩♩) will be one unit on 4/4, which is one bar.
    And for this step, the quarter note (♩) divided into two equal parts becomes the eighth note (♪), and the quarter note (♩) becomes the sixteenth note ().


    ※4/4は楽譜によってはCと言う記号で表記されています。
    * 4/4 is indicated by the symbol C depending on the score.

    2.言葉を当てはめてみる
    4分音符を2等分、4等分といっても、いまいち分からない時は言葉を当てはめてみるとわかりやすいと思います。

    2. Apply words
    Even if you say a quarter note is divided into two or four equal parts, if you don't understand it well, you can easily understand it by applying the words.



    3.声を出してみる
    メトロロームの♩=60のテンポに合わせて、様々な音符を声に出して数えましょう

    3. Try to speak out
    Let's count various notes aloud according to the tempo of ♩ = 60 of the metro loam.



     また、この言葉とは別に音符に当てはまる言葉を使って色々と遊んでみるのも面白いと思います。例えば16分音符に『あかさか』と入れてみます。


    Also, I think it's interesting to play around with words that apply to the notes apart from these words. For example, put "Akasaka" in a 16th note.



    他にも色々な言葉を使って感じを掴んでください。しかし、このように音符が偶数で割り切れる時はあまり問題はありませんが、3連音符、5連音符、7連音符のような割り切れない音符が突然出てくると、ビックリする時がある。そういう時も言葉を入れてみるのも1つの手だと思います。
    Please use various other words to get a feel for it. However, when a note is divisible by an even number like this, there is not much problem, but when an indivisible note such as a triplet, a quintuplet, or a 7th note suddenly appears, you may be surprised. I think it's one way to put words in such cases.

    どうですか少し感じが掴めましたか?
    How is it? Did you get a feel for it?

    ●休符
     これまでは音符の音の長さを見てきましたが、ここで休符の長さも覚えてしまいましょう。
    休符は、お休み(叩かない・弾かない)を意味しています。

    ● Rest
    So far, we have seen the length of notes, but let's also remember the length of rests here.
    Rest means rest (do not hit or play).


    Twitter⬇
    https://mobile.twitter.com/Emperor98673293
    Instagram⬇
    https://www.instagram.com/emperormituhal/
    YouTube⬇
    https://www.youtube.com/channel/UCuLaYqLShhdffM8J1gLOIFA?view_as=subscriber




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。