真・恋姫†英雄譚 123+PLUS ~乙女艶乱☆三国志演義~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

真・恋姫†英雄譚 123+PLUS ~乙女艶乱☆三国志演義~

2016-09-16 20:23
    (ブランド) BaseSon
    (発売日) 2016年7月29日
    (ジャンル) 乙女絢爛煩悩爆発歴史ADV
    (スタッフ) 原画:片桐雛太、八葉香南、かんたか、日陰影次、くわだゆうき、さえき北都、MtU、夏彦、城崎冷水(SD原画)。シナリオ:新井しーな、ギハラ、小沢裕樹、花七。音楽:たくまる、水月陵、上原一之龍。歌:片霧烈火、kirina
    (声優) 本山美奈、桜川未央、野神奈々、九条信乃、深井晴花、芹園みや、風音、AYA、青葉りんご、如月葵、青井美海、このかなみ、飯田空、楠鈴音、紫華すみれ、乃嶋架菜、てんかわののみ、藤咲ウサ、姫原ゆう、桃山いおん、安玖深音、白月かなめ、みる、倉田まりや、加賀ヒカル、海原エレナ、井村屋ほのか、桃井いちご、春日アン、五行なずな、椿丸子々々、巻田彩乃、七野社、奏雨、橘まお、サトウユキ、北都南、春乃いろは、かわしまりの、紫苑みやび、一色ヒカル、まきいづみ、白井綾乃、犬山遊々、小鳥居夕花、榊原ゆい、金松由花、柚木かなめ、木村あやか、青山ゆかり、藤森ゆき奈、有栖川みや美、金田まひる
    (システム・スペック等) 対応OS:Vita/7/8/8.1/10。画面解像度:1280×720。HDD容量:10GB以上。バックグラウンド動作可能。マウスホイールテキスト読み進め可能。ディスクレスプレイ可能。セーブコメント記入不可。セーブデータロック・デリート可能。定価:10584円。DVD-ROM4枚+音楽CD1枚。
    (評価) 75点
    (寸評) ダウンロード版からえらく長い事待たされたパッケージ版。その甲斐あってか、3作を丸ごと収録し、この+PLUS編のみのエピソードを3本加え、さらにアペンドシナリオまで収録してくれたのはよかった(商法的には疑問が残らないでもないが)。
    ● 過去作からCGの印象がかなり変わったが、すぐに慣れるし、これはこれでかなり良かった。立ち絵などの演出もパワーアップしている。むしろ過去作をこの塗りと解像度でリメイクして欲しいぐらいだ。
    ● 『戦国†恋姫』で駆使された解説ウィンドウは今作でも健在だが、人名のフォロー程度にしか使われておらず、少々もったいなかった。そして、名前だけ登場する武将が沢山いて、「顔見せてよー!」との思いに駆られる事もしばしば。
    ● 過去作プレイ必須のファンディスクであり、『真・恋姫†無双~萌将伝~』よりもさらにその要素は強く、正直そちらが肌に合わなかった人達には今回も少々そのゲーム性のなさ(選択肢一切なし)などが辛いかもしれない。
    ● 過去作には出ていなかった新キャラ達が続々と登場するが、あまりにもさらっと最初からいるため(しかも好感度MAX状態)、過去作への思い入れが強い人ほど戸惑うのではないだろうか。せめて出会いのエピソードのフォローなどは欲しかったところ。
    ● Hイベントは伏せ字もピー音もありだが、バックグラウンドボイスがあり、なかなかに実用性は高く感じた。が、Hのバリエーションが少ないので(抜けてしまってぶっかけるなど)、そういった点はもっとがんばってもらいたかった。日常パートは面白かったので、なおさら落差を感じたのかもしれない。
    ● 一つ一つのエピソードは意外とボリュームがあるので(『+PLUS』はともかく)、一見強気な価格設定も結果的には高く感じないだろう……ダウンロード版を揃えた人達には申し訳ないが。
    ● システムは概ね快適だが、アペンドシナリオでセーブができないのはいただけない。
    ● シナリオは言わば「マタニティファンディスク」とでも言うべき側面が強く、今後もこの路線で行くのではないかとも思われるが、イチャラブも充分カバーされているので、溜飲も下がるのではないか。一応萌えだけではなく、燃える要素もある事だし。
    ● 評価点があまり高くない所で落ち着いてしまったが、これは直前にプレイした『戦国†恋姫』があまりにも面白かったそのあおりを食ってしまった感がある。シリーズファンならもうちょっと甘く見積もってもいいのでは。
    『真・恋姫†英雄譚123+PLUS』応援中!

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。