• このエントリーをはてなブックマークに追加

【ご注意】このチャンネルは、現在新規入会を受け付けておりません。

ムサビ・2013・A日程・[問題Ⅰ]・1.  2014年4月
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ムサビ・2013・A日程・[問題Ⅰ]・1.  2014年4月

2014-04-28 01:10
    ムサビ・2013・A日程・[問題Ⅰ]・1.

    武蔵野美術大学・2013年度・A日程・[問題Ⅰ]をくわしく教えます!

    今回は、1.を見ます!

    (*^^)v

    6a81bb0ecbfd014001131195118f8808b80f24a6
    photo credit: Vox Efx via photopin cc

    1.の設問はこうです。
        1.    第1段落でシリアルを買う客が迷う要因があげられている。あてはまるものを選び、その番号をマークしなさい。
            (1)    whether the cereal is a new product
            (2)    whether the cereal can be bought at a lower price than usual
            (3)    both (1) and (2)
            (4)    neither (1) nor (2)

    「要因(よういん)」っていうのは「原因(げんいん)」っていうことです。ここでは、「理由(りゆう)」って思ってもらっていいです。

    (´~`)モグモグ

    正解は、

    (2)です!
        (2)    whether the cereal can be bought at a lower price than usual
        (2)    そのシリアルがいつもよりも低い値段で買うことができるかどうか

    (~O~)

    まず、語句を見ておきましょう。

        whether    ~かどうか
        cereal    シリアル
        product    製品、商品

        bought    「buy(買う)」の過去分詞(かこぶんし)
        low    低い
        price    値段
        at a low price    低い値段で
        usual    いつもの
        than usual    いつもよりも

        both A and B    AとBの両方
        neither A nor B    AでもBでもない

        should    ~するべきだ
        coupon    クーポン
        funny    おかしい、おもしろい
        ad    =advertisement(広告)
        on TV    テレビで
        sale    セール
        on sale    セール中で

    (ヽ゚д)クレ

    選択肢をぜんぶ、日本語に訳してみます。

        (1)    whether the cereal is a new product
        (1)    そのシリアルが新しい商品であるかどうか

        (2)    whether the cereal can be bought at a lower price than usual
        (2)    そのシリアルがいつもよりも低い値段で買うことができるかどうか

        (3)    both (1) and (2)
        (3)    (1)と(2)の両方

        (4)    neither (1) nor (2)
        (4)    (1)でも(2)でもない

    ( ゚ρ゚ )アゥー

    選択肢をいっこずつ見ていきます。

    まず、選択肢(1)です!
        (1)    whether the cereal is a new product
        (1)    そのシリアルが新しい商品であるかどうか

        whether    ~かどうか
        cereal    シリアル
        product    製品、商品

    主語は、「the cereal(そのシリアル)」です。

    動詞は、be動詞の「is」ですね。

    (ノ∀`)タハー

    「whether(~かどうか)」を抜かすとこうです。

        the cereal is a new product
        そのシリアルは新しい商品である

    ここで「シリアルが」にするか「シリアルは」にするかは、あまりたいしたことじゃありません。日本語として自然な表現になるほうを選びます。

    これに、「whether(~かどうか)」がくっつきます。

        whether the cereal is a new product
        そのシリアルが新しい商品であるかどうか

    (*´Д`)

    さて、これは疑問文じゃありません!

        whether the cereal is a new product
        そのシリアルが新しい商品であるかどうか

    ぜんたいで、名詞のかたまりみたいになっています。

    「そのシリアルが新しい商品であるかどうか、ということ」っていう意味です。
        (1)    whether the cereal is a new product
        (1)    そのシリアルが新しい商品であるかどうか

    (^o-)

    選択肢(2)です!
        (2)    whether the cereal can be bought at a lower price than usual
        (2)    そのシリアルがいつもよりも低い値段で買うことができるかどうか

        bought    「buy(買う)」の過去分詞(かこぶんし)
        low    低い
        price    値段
        at a low price    低い値段で
        usual    いつもの
        than usual    いつもよりも

    主語は、「the cereal(そのシリアル)」です。

    動詞は、「can be bought(買われることができる)」です。受け身で、助動詞がついています。

    (゜-゜)

    英語では、受け身の表現になっています。

    でも、日本語にするときは、「買うことができる」っていうふうに訳したほうがいいでしょう。そのほうが日本語として自然です。日本語では、受け身じゃないような表現になります。

    英語では、主語が「the cereal(そのシリアル)」だから、それに合わせて、動詞はしっかり受け身にします。

    買うのは人間であって、主語の「the cereal(そのシリアル)」は「買われる」っていう受け身の立場だからです。
        (2)    whether the cereal can be bought at a lower price than usual
        (2)    そのシリアルがいつもよりも低い値段で買うことができるかどうか

    ( ゚∀゚ )

    あとは、どういうかんじで買うことができるか、っていうのがつづきます。

        at a lower price than usual
        いつもよりも低い値段で

    どんな値段で、っていうときに「at」を使います。

        at a low price
        低い値段で

    これを比較級(ひかくきゅう)にします。「より低い(lower)」です。

        at a lower price
        より低い値段で

    何より低いのかを、「than(~よりも)」を使って言います。

        than usual
        いつもよりも

        at a lower price than usual
        いつもよりも低い値段で

    (=^・^=)

    この「usual(いつもの)」っていうのは、だいたい形容詞で使われることが多いです。

    でも、ここでは熟語です。「than usual」で「いつもよりも」です。

    ついでにいえば、「as usual(いつものように)」っていうのもあります。

        than usual    いつもよりも
        as usual    いつものように
        (2)    whether the cereal can be bought at a lower price than usual
        (2)    そのシリアルがいつもよりも低い値段で買うことができるかどうか

    Σ(´∀`;)

    選択肢(3)です!
        (3)    both (1) and (2)
        (3)    (1)と(2)の両方

        both A and B    AとBの両方

    選択肢(1)はこうでした。
        (1)    whether the cereal is a new product
        (1)    そのシリアルが新しい商品であるかどうか

    選択肢(2)はこうでした。
        (2)    whether the cereal can be bought at a lower price than usual
        (2)    そのシリアルがいつもよりも低い値段で買うことができるかどうか

    つまり、選択肢(3)の「(1)と(2)の両方」っていうのは、

    「そのシリアルが新しい商品であるかどうか」と
    「そのシリアルがいつもよりも低い値段で買うことができるかどうか」
    の両方です。

    その両方が、「シリアルを買う客が迷う要因」として第1段落であげられている、っていうのが、選択肢(3)が言っていることです。
        (3)    both (1) and (2)
        (3)    (1)と(2)の両方

    (^_^)/

    選択肢(4)です!
        (4)    neither (1) nor (2)
        (4)    (1)でも(2)でもない

    つまり、
    「そのシリアルが新しい商品であるかどうか」でも、
    「そのシリアルがいつもよりも低い値段で買うことができるかどうか」でもないっていうことです。

    そのどちらも、「シリアルを買う客が迷う要因」として第1段落であげられていない、っていうのが、選択肢(4)が言っていることです。
        (4)    neither (1) nor (2)
        (4)    (1)でも(2)でもない

    ( ゚Д゚)ウヒョー

    では、正解を出すために、いよいよ本文を見ていきます!

    (=^・・^=)

    まず、語句を見ておきましょう。

        should    ~するべきだ
        coupon    クーポン
        funny    おかしい、おもしろい
        ad    =advertisement(広告)
        on TV    テレビで
        sale    セール
        on sale    セール中で

    「coupon(クーポン)」っていう単語の発音は、アメリカでは、なぜか「キューポ―ン」みたいな発音になることが多いです。

    (ー_ー)!!

    ちなみに、過去には、ムサビでは5年連続でadv-で始まる単語が問われたことがあります。
        ムサビでは5年連続でadv-で始まる単語が問われました。
        「adv-」ムサビ 直前対策2011 | 美大英語.com

    (。_゚)〃ドテッ!

    さて、いよいよ本文を見てみましょう!

    設問に、親切に「第1段落で」って書いてあります。やさしいです。
        1.    第1段落でシリアルを買う客が迷う要因があげられている。あてはまるものを選び、その番号をマークしなさい。

    (^◇^)

    しっかり正解を出すためには、1段落めのぜんぶをしっかり見ないといけません。

    とくに、1段落めの3行めの「Should ...」から、その段落のさいごまでです。

    ここに、「シリアルを買う客が迷う要因」が、いくつかならべられています。

    その中から、選択肢にあてはまるものがあるかを見て正解を出します。

    (゜o゜;

    今回は、正解の選択肢の内容にあたる部分だけを見ます。

    正解は、選択肢(2)でした。
        (2)    whether the cereal can be bought at a lower price than usual
        (2)    そのシリアルがいつもよりも低い値段で買うことができるかどうか

    本文1段落めの4行めのさいご、「Or ...」からを見てみましょう!
        Or should she buy the one she has a coupon for, or the one with the funny ad on TV, or the one that is on sale?
        それとも、彼女はクーポンを持っているものを買うべきだろうか、それとも、テレビでおもしろい広告があるものだろうか、それとも、セール中のものだろうか。

        should    ~するべきだ
        coupon    クーポン
        funny    おかしい、おもしろい
        ad    =advertisement(広告)
        on TV    テレビで
        sale    セール
        on sale    セール中で

    (・_・)

    この部分の前から、ずっと「迷う要因」がならんでいます。だから、それにつづけて、「Or(それとも)」っていう言葉から始まっています。

    (^o^)/

    3つあります。

    「コンマ(,)」でわかれています。「or(それとも)」でつながっています。

    いっこずつ見てみましょう。

    「or」も、とっぱらって見てみます。
        should she buy the one she has a coupon for
        彼女はクーポンを持っているものを買うべきだろうか

    疑問文(ぎもんぶん)です。

    だから、助動詞が主語の前に出てきています。「should she」です。

    (^^)

    疑問文じゃないもとのかたちを、平叙文(へいじょぶん)って言います。

    その平叙文(へいじょぶん)に戻して見てみましょう。

        she should buy the one she has a coupon for
        彼女は、彼女がクーポンを持っているものを買うべきだ

    (・ε・)プップクプー

    「she(彼女)」っていうのが、2回出てきます。さっきまでは、くどいから、和訳では1回分しか訳しませんでした。ここからは、わかりやすくするために、両方とも訳していきます。

        she should buy the one she has a coupon for
        彼女は彼女がクーポンを持っているものを買うべきだ


    )^o^(

    「the one(もの)」っていうのは、「the cereal(シリアル)」のことです。

    置きかえて見てみましょう。

        she should buy the cereal she has a coupon for
        彼女は、彼女がクーポンを持っているシリアルを買うべきだ

    その「the cereal(シリアル)」のあとに、主語と動詞がつづきます。この主語と動詞のセットは、前の「the cereal(シリアル)」を説明しています。

        the cereal she has a coupon for
        彼女がクーポンを持っているシリアル

    これぜんたいで、名詞みたいになっています。「シリアル」っていうのを「こういうシリアル」っていうふうにくわしく言っているだけです。

    ヽ(´Д`;)ノアゥア…

    さいごに「for」がくっついています。

    つぎの表現をヒントに考えます。

        she has a coupon for the cereal
        彼女はそのシリアルのためのクーポンを持っている

    「for」を「ための」って訳しました。「の」でもいいです。なんのクーポンか、っていうのを、「for」を使っていうんですね。

    この「for」が残って、つぎの表現ができます。

        the cereal she has a coupon for
        彼女がクーポンを持っているシリアル

    「彼女が(そのシリアルのための)クーポンをもっている、そういうシリアル」っていうかんじです。

    (~O~)

    本文のかたちにもどしていきましょう。

    まず、このかたち。

        she should buy the cereal she has a coupon for
        彼女は、彼女がクーポンを持っているシリアルを買うべきだ

    ここから、「the cereal(シリアル)」を「the one(もの)」に変えます。

        she should buy the one she has a coupon for
        彼女は、彼女がクーポンを持っているものを買うべきだ

    疑問文に変えます。助動詞の「should」を前に出します。

        should she buy the one she has a coupon for
        彼女は、彼女がクーポンを持っているものを買うべきだろうか

    「or(それとも)」をくっつければ、本文のかたちです。

        Or should she buy the one she has a coupon for, or the one with the funny ad on TV, or the one that is on sale?
        それとも、彼女はクーポンを持っているものを買うべきだろうか、それとも、テレビでおもしろい広告があるものだろうか、それとも、セール中のものだろうか。

    ( ゚д゚)ハッ!

    正解の選択肢(2)の内容にあたるところは、コンマ(,)で3コにわかれていました。

    そのうちのさいしょの部分を見ました。
        Or should she buy the one she has a coupon for
        それとも、彼女はクーポンを持っているものを買うべきだろうか

    ここだけでも、選択肢(2)の内容は正しいっていうのがわかります。クーポンがあれば、安いはずだからです。
        (2)    whether the cereal can be bought at a lower price than usual
        (2)    そのシリアルがいつもよりも低い値段で買うことができるかどうか

    (-_-)zzz

    「or」でつながっているうちの、2こめは解答には関係がありません。
        the one with the funny ad on TV
        テレビでおもしろい広告があるもの

    これも、「the one(もの)」は、「the cereal(シリアル)」のことです。

    「広告(ad)」とかは、今やっている設問の選択肢とは関係がありません。
        the one with the funny ad on TV
        テレビでおもしろい広告があるもの

    (@^^)/~~~

    「or」でつながっているうちの、3コめを見てみましょう。
        the one that is on sale?
        セール中のものだろうか。

    これもやっぱり「the one(もの)」っていうのは、「the cereal(シリアル)」のことです。

    置きかえて見てみましょう。

        the cereal that is on sale
        セール中のシリアル

    (#^.^#)

    「that」は、関係代名詞(かんけいだいめいし)っていうものです。

    ここでは「which」とおなじです。

    関係代名詞は、「関係・代名詞」っていうふうに、代名詞です。いっかい「それ」って訳してみてみるとわかりやすいです。

    ここでは、そこからあとの部分で主語にもなっています。だから、「それが」です。

        the cereal that is on sale
        (それが)セール中であるシリアル

    (^O^)/

    関係代名詞が、ただの代名詞と違うのは、「関係・代名詞」っていうふうに、「関係」をあらわすところです。前と後ろをつなげます。

    なんでつなげるかって言うと、説明するためです。前の名詞「シリアル」をくわしく言っています。「そういう」シリアルだ、って言っています。

        the cereal that is on sale
        (それが)セール中である(、そういう)シリアル

    ( ゚∀゚ )

    というわけで、ここの関係代名詞「that」には、「それが」「そういう」っていう、2つの意味がありました。

    でも、和訳では、ふつうは、まるで関係代名詞を訳さないような訳し方になります。くどいからです。

        the cereal that is on sale
        (それが)セール中である(、そういう)シリアル

    これが、つぎのようになります。かっこの中が消えます。

        the cereal that is on sale
        セール中であるシリアル

    (´・ω・`)やあ

    「the cereal(シリアル)」を、本文で使われている「the one(もの)」にもどします。

        the one that is on sale?
        セール中のものだろうか。

    これが、まさに選択肢(2)の内容にあてはまります!
        (2)    whether the cereal can be bought at a lower price than usual
        (2)    そのシリアルがいつもよりも低い値段で買うことができるかどうか

    (´゚д゚`)

    さあ、今まで、1段落めの4行めからの「Or ...」の文を、3つに分けて見てきました。

    1つの文にまとめましょう!
        Or should she buy the one she has a coupon for, or the one with the funny ad on TV, or the one that is on sale?
        それとも、彼女はクーポンを持っているものを買うべきだろうか、それとも、テレビでおもしろい広告があるものだろうか、それとも、セール中のものだろうか。

    「should she buy(彼女は買うべきだろうか)」につづいて、「the one ...」「the one ...」「the one ...」っていうふうに、名詞のかたまりが3コならんでいます。

    2コめと3コめの「the one ...」のところは、「should she buy(彼女は買うべきだろうか)」っていうのが省略されているって考えるとわかりやすいです。

    「それとも、こういうシリアルを買うべきだろうか? それとも、こういうシリアル(を買うべき)だろうか? それとも、こういうシリアル(を買うべき)だろうか?」って、3つならんでいます。

    (ヽ'ω`)

    さあ、まとめます!

    設問はこうでした!
        1.    第1段落でシリアルを買う客が迷う要因があげられている。あてはまるものを選び、その番号をマークしなさい。
            (1)    whether the cereal is a new product
            (2)    whether the cereal can be bought at a lower price than usual
            (3)    both (1) and (2)
            (4)    neither (1) nor (2)

    正解は、(2)です!
        (2)    whether the cereal can be bought at a lower price than usual
        (2)    そのシリアルがいつもよりも低い値段で買うことができるかどうか

    正解を出す根拠は、本文の1段落め4行めのさいごにある「Or ...」からの文です。
        Or should she buy the one she has a coupon for, or the one with the funny ad on TV, or the one that is on sale?
        それとも、彼女はクーポンを持っているものを買うべきだろうか、それとも、テレビでおもしろい広告があるものだろうか、それとも、セール中のものだろうか。

    「クーポンを持っているもの」とか「セール中のもの」とかって言っています。

    これが、選択肢(2)の「いつもよりも低い値段で買うことができる」っていうことですね。

    というわけで、1.の正解は、選択肢(2)でした!
        (2)    whether the cereal can be bought at a lower price than usual
        (2)    そのシリアルがいつもよりも低い値段で買うことができるかどうか

    (・ω<)
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    美大英語チャンネル
    更新頻度: 月額分以上
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥2,160 (税込)
    現在、入会を受け付けておりません。
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。