• このエントリーをはてなブックマークに追加
タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ]・9文め・1段落め7行め・「Nevertheless ...」 2014年7月
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ]・9文め・1段落め7行め・「Nevertheless ...」 2014年7月

2014-07-28 01:09
    タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ]・9文め・1段落め7行め・「Nevertheless ...」

    過去門の本文を解説します!

    多摩美術大学・2013年度・B日程・[問題Ⅰ]の本文です!

    今回は、9文めです!

    1段落め7行め、「Nevertheless ...」からです!
        Nevertheless, I assumed I would be able to deal with it somehow.
        「しかしながら、私はどうにかしてそれに対処することができるだろうと想定していた。」

    ------------------------------------------------------------

    語句です!

        nevertheless    それにもかかわらず
        assume    想定する
        deal with    ~に対処(たいしょ)する
        somehow    どうにかして、なんらかの方法で、なんとかして

    ------------------------------------------------------------

    ちなみに、「nevertheless(しかしながら)」は今までにムサタマで何回か出ています。

    たとえば、ムサビ・2010年度・後期・[問題Ⅰ]・7.B.(4)やタマビ・2010年度・A日程・[問題Ⅲ]・2.a.です。

    「接続詞」が出ました。2010 | 美大英語.com
    http://bidaieigo.com/2011/02/setsuzokushigadetayo2010/

    「接続詞2」 2012 | 美大英語.com
    http://bidaieigo.com/2012/02/setsuzokushi2012-2/

    ------------------------------------------------------------

    主語は「I」です。

    ------------------------------------------------------------

    動詞は「assumed(想定していた)」です。

    「assume(想定する)」っていうのは、おおざっぱに言えば「思う」っていうことです。

    未来のことを想像してとりあえずそうなるだろうって定(さだ)めておくっていうことです。

    過去形にしたときの訳は「想定した」でも「想定していた」でもいいです。

    ------------------------------------------------------------

    その動詞「assumed(想定していた)」のあとに、さらに主語と動詞がつづきます。

    「that(ということ)」っていう単語が省略されているって考えるこが多いです。

    「that(ということ)」がなくても、「(主語)が(動詞)する、ということを想定した」っていう意味です。

    ------------------------------------------------------------

    「assumed(想定していた)」のあとの主語と動詞は「I would be」です。
        I would be able to deal with it somehow
        「私はどうにかしてそれに対処することができるだろう」

    ------------------------------------------------------------

    主語は「I(私)」です。

    動詞は「would be」です。

    助動詞の「would」がついています。

    ------------------------------------------------------------

    この「would」は、未来の「will」の過去形です。

    過去の話をしているところです。過去の時点で「assumed(想定していた)」って言っています。

    この過去の時点から先の未来のことをいうから、未来の「will」を過去形にします。「would」です。

    ------------------------------------------------------------

    「be able to do」です。

    「~することができる」です。

    「do」のところには動詞の原形が入ります。

    ------------------------------------------------------------

    「deal with」です。

    「~に対処(たいしょ)する」です。「with」を使います。

    ------------------------------------------------------------

    「it(それ)」です。

    これはすぐ前の2つの文の内容を指します。

    1段落め5行めの「The roof ...」からの2つの文です。
        The roof, however, had not been thatched for fifty years, and was near the end of its useful life.
        「その屋根は、しかしながら、50年間、葺(ふ)かれていなかった。そして、その役に立つ寿命の終わりに近かった。」
        Ferns and moss, even a few pine trees, grew rampant in the thatch, and there were numerous leaks when it rained.
        「シダやコケ、少しのマツの木でさえも、わらぶきの屋根の中に生い茂っていて、雨が降ったときにはたくさんの漏れがあった。」

    ようするに、「それ(it)」とは、雨漏りをするほど屋根の状態が悪いということ、です。

    ------------------------------------------------------------

    「somehow」です。

    「どうにかして」「なんとかして」「なんらかの方法で」です。

    『ジーニアス英和辞典』には「なんらかの方法で」「なんとかして」っていう訳がのっているけど、「how(どう)」っていうのが入っているから「どうにかして」っていう訳のほうがわかりやすいでしょう。

    ------------------------------------------------------------

    「somehow」のアクセントは前にあります。「somehow(サムハウ)」です。

    ------------------------------------------------------------

    以上です!
        Nevertheless, I assumed I would be able to deal with it somehow.
        「しかしながら、私はどうにかしてそれに対処することができるだろうと想定していた。」
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    美大英語チャンネル
    更新頻度: 月額分以上
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥2,160 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。