• このエントリーをはてなブックマークに追加
タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ]・14文め・2段落め4行め・「The ...」 2014年7月
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ]・14文め・2段落め4行め・「The ...」 2014年7月

2014-07-28 01:14
    タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ]・14文め・2段落め4行め・「The ...」

    過去門の本文を解説します!

    多摩美術大学・2013年度・B日程・[問題Ⅰ]の本文です!

    今回は、14文めです!

    2段落め4行め、「The ...」からです!
        The discussion may apparently have little to do with the matter at hand, but it is absolutely indispensable, and many an impatient foreign businessman has met his doom by disregarding this Law.
        「話し合いは、見たところ手もとの問題とはほとんど関係がないかもしれないが、絶対に避ける事ができず、我慢のできない多くの外国人のビジネスマンが、この法則を軽視することによって滅んできた。」

    ------------------------------------------------------------

    この文には下線部4が入っています。

    「disregarding」です。

    タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ] ・問2:美大英語チャンネル:美大英語チャンネル(美大英語.com) - ニコニコチャンネル:生活
    http://ch.nicovideo.jp/bidaieigo/blomaga/ar329023

    ------------------------------------------------------------

    語句です!

        discussion    議論、話し合い
        apparently    見たところは、~のようだ、~らしい
        have little to do with    ~とはほとんど関係がない
        matter    問題
        at hand    手もとの、近くの

        absolutely    完全に、まったく、絶対に
        indispensable    欠くことのできない、不可欠な、絶対必要な、避けることのできない

        impatient    我慢できない、いらいらしている
        foreign    外国の
        businessman    ビジネスマン、実業家
        met    「meet」の過去分詞
        doom    悪い運命、悲運、破滅、死
        meet one's doom    滅(ほろ)びる、死ぬ
        disregard    無視する、軽視する
        law    法則

    ------------------------------------------------------------

    「and」と「but」でつながって、3カ所にわかれます。

        The discussion may apparently have little to do with the matter at hand
        「話し合いは、見たところ手もとの問題とはほとんど関係がないかもしれない」

        it is absolutely indispensable
        「絶対に避ける事ができない」

        many an impatient foreign businessman has met his doom by disregarding this Law
        「我慢のできない多くの外国人のビジネスマンが、この法則を軽視することによって滅んできた。」

    ------------------------------------------------------------

    まず、最初の部分です。
        The discussion may apparently have little to do with the matter at hand
        「話し合いは、見たところ手もとの問題とはほとんど関係がないかもしれない」

    ------------------------------------------------------------

    主語は「The discussion(話し合い)」です。

    ------------------------------------------------------------

    動詞は、助動詞「may」がついて、「apparently(見たところは)」がはさまって、「have」です。

    「have」は「持っている」っていう意味です。

    「~には~がある」っていう訳し方をすると良い感じの日本語になることがあります。

    ------------------------------------------------------------

    ここでは、動詞の「have」は、つぎの熟語になっています。

        have little to do with    ~とはほとんど関係がない

    まず、「little」だけで「ほとんどない」です。

    「have」は「~を持っている」か「~がある」です。

    「ほとんどないのがある(have little)」で、ようするに「ほとんどない(have little)」です。

    不定詞の「to do」をつけて、「することがほとんどない(have little to do)」です。

    「with(~と)」をつけます。「~とはすることがほとんどない(have little to do with)」です。これが、つまり「~とはほとんど関係がない」っていう訳になります。

        have little to do with    ~とはほとんど関係がない

    ------------------------------------------------------------

    ちなみに、「have little to do with(~とはほとんど関係がない)」は、ムサビの2013年度A日程にも出ていました。

    ムサビ・2013・A日程・[問題Ⅰ]・11文め・2段落め3行め・「(2)Often ...」:美大英語チャンネル:美大英語チャンネル(美大英語.com) - ニコニコチャンネル:生活
    http://ch.nicovideo.jp/bidaieigo/blomaga/ar347059

    ------------------------------------------------------------

    ちなみに、「have something to do with(~と関係がある)」っていうのが、「タマビ・2013・B日程・[問題Ⅲ]」に出ていました。

    タマビ・2013・B日程・[問題Ⅲ]・4.:美大英語チャンネル:美大英語チャンネル(美大英語.com) - ニコニコチャンネル:生活
    http://ch.nicovideo.jp/bidaieigo/blomaga/ar329062

    ------------------------------------------------------------

    「apparently」です。

    ここでは「見たところは」っていう意味です。

    「~らしい」「~のようだ」っていう訳にもなります。

    じっさいは違うかもしれないけど、見た目はそう見えるっていうときに使います。

    ------------------------------------------------------------

    または、「apparently」は「明らかに」っていう意味にもなります。

    じっさいもそうだし、見た目もそう見えるっていうときに使います。

    ------------------------------------------------------------

    今回の文ではこのどっちの意味ともとれます。

    問題そのものには関係がないから、じっさいに関係がないとも言えるし、
    問題を解決するためには必要だから、じっさいは関係があるとも言えます。

    訳は「見たところ」でいいでしょう。

    ------------------------------------------------------------

    「matter」です。

    「問題」って訳しておけばいいでしょう。

    話し合っている「事柄(ことがら)」です。

    「事柄(ことがら)」「こと」って訳してもいいです。

    ------------------------------------------------------------

    「at hand」です。

    「近くに」っていう意味が辞書にはのっています。

    「at」は場所をあらわして「hand」は「手」だから「手もとに」です。そこから「近くに」っていう意味になります。

    でも、とくに今回の文の場合は、意味を考えると「近くに」よりも「手もとに」で訳した方がいいでしょう。

    ------------------------------------------------------------

    名詞のすぐうしろに「~に」「~で」っていう場所をあらわす表現を持ってくることですぐ前の名詞を説明することができます。

    「~で」「~に」が「~の」になります。

        the matter at hand
        手もとの問題

    ------------------------------------------------------------

    次です。

    「but」のあとです。
        it is absolutely indispensable
        「絶対に避ける事ができない」

    ------------------------------------------------------------

    主語は「it」で、動詞は「is」です。

    ------------------------------------------------------------

    「it」は「The discussion(話し合い)」のことです。

    「but」の前と主語はおなじです。

    ------------------------------------------------------------

    「absolutely」は「完全に」「絶対に」です。

    形容詞を説明しています。副詞です。

    もとになっているのは「absolute(完全な、絶対的な)」です。

    「-ly」をつけて副詞にしてあります。

    ------------------------------------------------------------

    「indispensable」は「不可欠な」「避ける事ができない」です。

    ちなみに、もとになっている単語は「dispense」です。「キャッシュディスペンサー(cash dispenser)」の「dispense」とおなじ単語です。「キャッシュディスペンサー」の「dispense」はお金を「与える」「あげる」っていう意味です。

    ほかには「dispense」は「免除(めんじょ)を与える」っていう意味にもなります。するべきことをしなくてもいいっていう許可をあたえるっていうことです。

    ここから「dispensable」は、「免除を与えることができる」っていうことで、「なくても済む」「重要ではない」っていう意味になります。

    これに否定の意味をあらわす「in-」をくっつけて、「indispensable」は「なくても済まない」「じゅうようではなくなはい」っていうことで、「不可欠な」「避ける事ができない」っていう意味になります。

    ------------------------------------------------------------

    最後です。

    「and」のあとからです。
        many an impatient foreign businessman has met his doom by disregarding this Law
        「我慢のできない多くの外国人のビジネスマンが、この法則を軽視することによって滅んできた。」

    ------------------------------------------------------------

    主語は「many an impatient foreign businessman」です。

    「多くの我慢のできない外国人のビジネスマン」です。

    「many(多くの)」が単数の名詞のかたまりについています。しかも「an」の前にくっついています。

    こういう言い方があるんですね。

    複数形にくっつけたときと意味はおなじです。

        many an impatient foreign businessman
        =many impatient foreign businessmen
        「多くの我慢のできない外国人のビジネスマン」

    ------------------------------------------------------------

    「impatient」は「我慢のできない」です。

    「patient」が形容詞で「我慢強い」「忍耐強い」です。

    「patient」は名詞だと「患者(かんじゃ)」っていう意味にもなります。病気やケガに耐えている人っていう感じです。

    ------------------------------------------------------------

    「im-」をつけて否定の意味をつけます。

    「impatient」で、「我慢強くない」「忍耐強くない」っていうことで、「我慢のできない」「いらいらしている」っていう意味になります。

    ------------------------------------------------------------

    動詞は「has met」です。

    完了形です。

    「met」は「meet」の過去分詞です。

    「meet one's doom」で「滅(ほろ)ぶ」「死ぬ」っていう意味になります。

    「one's」のところには「~の」っていう意味の言葉が入ります。今回は「his」です。

    「doom」は「悪い運命」です。極端な場合だと「破滅」「死」です。

        doom    悪い運命、悲運、破滅、死

    「meet his doom」で「彼の悪い運命(破滅、死)に会う」っていうことで「滅びる」「死ぬ」っていう意味になります。

    ------------------------------------------------------------

    これが今回は現在完了になっています。

    過去から今までに、たくさんの外国人のビジネスマンが「滅んできた」って言っています。

    まあじっさい死んだわけじゃないだろうから、ここでは熟語で「滅ぶ(meet his doom)」って考えるよりも、単語ごとに直訳して「悲運に会う」って訳してもいいでしょう。

    ようするに「失敗してきた」っていうことです。

    ------------------------------------------------------------

    「by」です。

    「~によって」です。

    「by」みたいな前置詞のすぐあとには名詞が来るはずです。

    動詞なら動名詞にします。

    ------------------------------------------------------------

    「disregarding(軽視すること)」です。
        by disregarding this Law
        「この法則を軽視することによって」

    ------------------------------------------------------------

    「disregard」は「軽視する」「無視する」です。

    今回の文ではどっちとも取れます。

    「軽視する」のほうが意味が広いから今回は「軽視する」で訳しました。「無視する」っていうのは「軽視する」に含まれます。

    ------------------------------------------------------------

    「regard」が「考える」「考慮(こうりょ)に入れる」です。

    これに「dis-」をつけて、「考えない」「考慮(こうりょ)に入れない」になって、「軽視する」「無視する」っていう意味になります。

    ------------------------------------------------------------

    「this Law」は「この法則」です。

    2段落め2行めの「law number six(第6の法則)」のことです。

    もっと長く言えば、「law number six of my Ten Laws of Japanese Life, namely, the Law of Palaver」です。「私の日本の生活の10法則の第6の法則、つまり、長話(ながばなし)の法則」です。

    ------------------------------------------------------------

    以上です!
        The discussion may apparently have little to do with the matter at hand, but it is absolutely indispensable, and many an impatient foreign businessman has met his doom by disregarding this Law.
        「話し合いは、見たところ手もとの問題とはほとんど関係がないかもしれないが、絶対に避ける事ができず、我慢のできない多くの外国人のビジネスマンが、この法則を軽視することによって滅んできた。」
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    美大英語チャンネル
    更新頻度: 月額分以上
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥2,160 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。