• このエントリーをはてなブックマークに追加
タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ]・15文め・3段落め1行め・「The ...」 2014年7月
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ]・15文め・3段落め1行め・「The ...」 2014年7月

2014-07-28 01:15
    タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ]・15文め・3段落め1行め・「The ...」

    過去門の本文を解説します!

    多摩美術大学・2013年度・B日程・[問題Ⅰ]の本文です!

    今回は、15文めです!

    3段落め1行め、「The ...」からです!
        The reason the negotiations took so long in my case was not because of any particular problem with selling the house ― it was mostly a problem of language.
        「私の場合に交渉がそれほど長い時間を必要とした理由は、家を売ることについての何か特有の問題のためではなかった。それは主に言語の問題だった。」

    ------------------------------------------------------------

    語句です!

        reason    理由
        negotiation    交渉(こうしょう)
        took    「take」の過去形
        take    ~を必要とする、(時間)がかかる
        long    長い時間
        case    場合
        because of    ~のために、~の理由で
        particular    特定の、特有の
        with    ~に関して、~について
        mostly    主に、たいていは、ほとんどは
        language    言語

    ------------------------------------------------------------

    まず、ダッシュ(―)の前までです。
        The reason the negotiations took so long in my case was not because of any particular problem with selling the house
        「私の場合に交渉がそれほど長い時間を必要とした理由は、家を売ることについての何か特有の問題のためではなかった」

    ------------------------------------------------------------

    主語は、短く言えば「The reason(理由)」です。

    長く言えば、動詞「was」のすぐ前までです。

        The reason the negotiations took so long in my case
        「私の場合に交渉がそれほど長い時間を必要とした理由」

    ------------------------------------------------------------

    名詞「The reason(理由)」のすぐあとに、主語と動詞のセットがつづきます。

    主語と動詞をそのままつづけることで、すぐ前の名詞を説明しています。

    そこの主語は「the negotiations(交渉)」で、動詞は「took(必要とした)」です。

    ------------------------------------------------------------

    「took」は、「take」の過去形です。

    ここでは「take」は、なにかを「必要とする」っていう意味です。

    ここでは「so long(それほど長い時間)」っていう時間を「必要とする」って言っています。

    ------------------------------------------------------------

    「(時間)がかかる」っていう訳し方もできます。その場合は、今回の文は「交渉に時間がかかる」っていう日本語になります。

        The reason the negotiations took so long in my case
        「私の場合に交渉にそれほど長い時間がかかった理由」
        =「私の場合に交渉がそれほど長い時間を必要とした理由」

    ------------------------------------------------------------

    「long」はここでは名詞です。

    「長い時間」です。

    「so long」で「それほど長い時間」です。

    ------------------------------------------------------------

    「in my case」で「私の場合に」です。

    「in」を使うんですね。

    ------------------------------------------------------------

    以上が文ぜんたいの主語です。

        The reason the negotiations took so long in my case
        「私の場合に交渉がそれほど長い時間を必要とした理由」

    ------------------------------------------------------------

    この主語にたいする動詞は、be動詞の「was not」です。

        The reason the negotiations took so long in my case was not because of any particular problem with selling the house
        「私の場合に交渉がそれほど長い時間を必要とした理由は、家を売ることについての何か特有の問題のためではなかった

    「not」は「was」にくっついて「was not」になっているって考えてもいいし、ここでは後ろの「because of」にくっついているって考えてもいいです。意味はあまり変わりません。訳はおなじです。

    ------------------------------------------------------------

    「because of」のあとには名詞がつづきます。

    「because」をつかって理由をあらわすときに、すぐうしろに主語と動詞を持ってくるときは、「because」のままで、すぐうしろに名詞のかたまりだけを持ってくるときは「of」をつかって「because of」にします。

    「~の理由で」「~のために」です。

    ------------------------------------------------------------

    「any」は「なにか」です。

    「not」といっしょにつかって「なにか」「なにも」です。

    くわしく言うと「なんでもいいからなにか」っていう意味です。

    「なにか~ない」っていうときは、「なにかがない」っていうんじゃなくて「なんでもいいからなにかっていってもなにもない」っていうことです。

    だから否定の表現のときは「any」を使います。

    ------------------------------------------------------------

    「particular」は「特定の」です。

    ここでは「特有の」っていう訳のほうが意味的にいいです。

    「特定」「特別」っていう日本語がむずかしいけど、ようするに「特別な」っていうのとだいたいおなじです。

    ------------------------------------------------------------

    ここでは、「particular(特有の)」は、うしろの「with ...」の表現とセットになっています。

        any particular problem with selling the house
        「家を売ることについての何か特有の問題」

    「with」はここでは「~に関する」「~についての」です。

    ------------------------------------------------------------

    「with」のうしろには名詞が来ます。

    ここでは動詞を動名詞にしています。「selling(売ること)」です。

    ------------------------------------------------------------

    つまり、「particular(特有の)」っていうのは、「with ...」の部分とセットで、「家を売ることそのものが特に持っている問題」っていうことです。

        any particular problem with selling the house
        「家を売ることについての何か特有の問題」

    ------------------------------------------------------------

    では、ダッシュ(―)のあとです。
        it was mostly a problem of language.
        「それは主に言語の問題だった。」

    ------------------------------------------------------------

    主語は「it(それ)」です。

    前半の主語とおなじものを指します。

    短く言えば「The reason(理由)」です。

        The reason the negotiations took so long in my case
        「私の場合に交渉がそれほど長い時間を必要とした理由」

    ------------------------------------------------------------

    動詞は「was」です。

    前半の動詞とおなじです。

    ------------------------------------------------------------

    つまり、ダッシュの前と後はおなじような文のかたちになっています。

    そして、前半は「not」がついている否定文でした。後半は「not」はありません。肯定文(こうていぶん)です。

    「~ではなかった。~だった」って言っています。

    ------------------------------------------------------------

    「mostly」は「主に」です。

    「most」が「大多数の」「ほとんどの」「たいていの」です。

    「most」に「-ly」をつけて副詞にします。「大多数は」「ほとんどは」「たいていは」です。

    今回の文では「主(おも)に」っていう意味です。「ほとんどの部分は」っていうかんじです。
        it was mostly a problem of language.
        「それは主に言語の問題だった。」

    ------------------------------------------------------------

    で、「problem(問題)」だった、って言っています。

    今回は「言語の問題」です。

        a problem of language
        「言語の問題」

    ------------------------------------------------------------

    この「of」は「problem(問題)」の内容を言うための表現です。

    「~という」って訳してもいいです。

        a problem of language
        「言語という問題」

    今回は訳は「の」でいいでしょう。そのほうが今回の文では日本語として自然です。

    ------------------------------------------------------------

    以上です!
        The reason the negotiations took so long in my case was not because of any particular problem with selling the house ― it was mostly a problem of language.
        「私の場合に交渉がそれほど長い時間を必要とした理由は、家を売ることについての何か特有の問題のためではなかった。それは主に言語の問題だった。」
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    美大英語チャンネル
    更新頻度: 月額分以上
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥2,160 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。