• このエントリーをはてなブックマークに追加
タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ]・17文め・3段落め3行め・「A ...」 2014年7月
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ]・17文め・3段落め3行め・「A ...」 2014年7月

2014-07-28 01:17
    タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ]・17文め・3段落め3行め・「A ...」

    過去門の本文を解説します!

    多摩美術大学・2013年度・B日程・[問題Ⅰ]の本文です!

    今回は、17文めです!

    3段落め3行め、「A ...」からです!
        A neighbor would say, "Denwa zo narioru" ('the phone is ringing') ― denwa (telephone) is twentieth century, narioru is Shikoku dialect and zo is an archaic particle dating from Heian court language.
        「近所の人は『デンワ ゾ ナリオル』(『電話が鳴っている』)と言うだろう。デンワ(電話)は20世紀で、ナリオルは四国方言で、ゾは平安の宮廷語(きゅうていご)からつづく古語の助詞(じょし)である。」

    ------------------------------------------------------------

    語句です!

        neighbor    近所の人
        ring    鳴る(なる)
        telephone    電話
        twentieth    20番目の、第20の
        century    世紀(せいき)
        Shikoku    四国(しこく)
        dialect    方言
        archaic    古語の
        particle    辞(じ)、接辞(せつじ)、助詞(じょし)
        date    始まる、さかのぼる、(~から)つづく
        Heian    平安(へいあん)
        court    宮廷(きゅうてい)

    ------------------------------------------------------------

    この部分には、正確には4文あります。

    引用符("")の中の部分もわけると5文あります。

    ダッシュ(―)とか「and」とかでつながっています。

    わけて見てみます。

        A neighbor would say, "Denwa zo narioru" ('the phone is ringing')
        近所の人は『デンワ ゾ ナリオル』(『電話が鳴っている』)と言うだろう。

        denwa (telephone) is twentieth century
        デンワ(電話)は20世紀である。

        narioru is Shikoku dialect
        ナリオルは四国方言である。

        zo is an archaic particle dating from Heian court language
        ゾは平安の宮廷語(きゅうていご)からつづく古語の助詞(じょし)である

    ------------------------------------------------------------

    まず、最初です。
        A neighbor would say, "Denwa zo narioru" ('the phone is ringing')
        近所の人は『デンワ ゾ ナリオル』(『電話が鳴っている』)と言うだろう。

    ------------------------------------------------------------

    主語は「A neighbor(近所の人)」です。

    動詞は「would say(言うだろう)」です。

    ------------------------------------------------------------

    この助動詞「would」は「だろう」です。

    今のことについて「だろう」「かもしれない」って言っています。推量(すいりょう)って言います。

    「will」の過去形が「would」だけど、ここでは「will」よりもひかえめに言うために過去形を使っています。

    または、この「would」は過去のことについて「~したものだった」って言っているって考えてもいいです。

    でも、ここではあとにつづく文が「is」って言っていて現在形だから、意味を考えると今のことについて言っているって考えたほうがいいです。「だろう」です。

    ------------------------------------------------------------

    「would say(言うだろう)」のあとに、セリフがダブル・クオーテーションマーク("")に囲まれています。

        "Denwa zo narioru"
        「デンワ ゾ ナリオル」

    「デンワ ゾ ナリオル」("Denwa zo narioru")は日本語ですね。方言です。

    ------------------------------------------------------------

    そのあとに英語の訳がカッコ()に入って続きます。

    さらにシングル・クオーテーションマーク('')で囲まれています。

        ('the phone is ringing')
        (『電話が鳴っている』)

    ------------------------------------------------------------

    この部分の主語は「the phone(電話)」です。

    動詞は「is ringing(鳴っている)」です。「ring(鳴る)」の現在進行形です。

    ------------------------------------------------------------

    この日本語の方言のセリフを説明する文がつづきます。

    つぎの文です。
        denwa (telephone) is twentieth century
        デンワ(電話)は20世紀である。

    ------------------------------------------------------------

    主語は「denwa (telephone)」です。「電話」です。

    動詞はbe動詞の「is」です。

    ------------------------------------------------------------

    そして「twentieth century(20世紀)」であるって言っています。

    正確に言えば「デンワは20世紀の言葉である」っていうことでしょう。

    でも、ここではシンプルに「デンワは20世紀である」っていう言い方をしています。

    ------------------------------------------------------------

    コンマ(,)でくぎって、つぎの文です。
        narioru is Shikoku dialect
        ナリオルは四国方言である。

    ------------------------------------------------------------

    主語は「narioru(ナリオル)」です。

    動詞はbe動詞の「is」です。

    ------------------------------------------------------------

    そして「Shikoku dialect(四国方言)」です。

    ここでも、正確に言えば「ナリオルは四国方言の表現である」って言ったほうがよさそうなところです。

    「方言(dialect)」っていうのは本当は、単語とか文法とかを含むその言語ぜんたいのことです。

    でも、日本語でも、方言の単語っていうのを、ただ「方言」っていうことがあります。

    おなじように英語でもここでは「ナリオルは四国方言の表現である」っていう意味で「ナリオルは四国方言である」って言っています。

    ------------------------------------------------------------

    つぎの文です。

    「and」でつながって、そのあとです。
        zo is an archaic particle dating from Heian court language
        ゾは平安の宮廷語(きゅうていご)からつづく古語の助詞(じょし)である

    ------------------------------------------------------------

    主語は「zo(ゾ)」です。

    動詞はbe動詞「is」です。

    ------------------------------------------------------------

    そして「an archaic particle(古語の助詞)」である、って言っています。

    ------------------------------------------------------------

    「archaic」は「古語の」「古代の」っていう意味です。

    「アルカイック・スマイル(Archaic smile)」の「アルカイック(Archaic)」と同じ言葉ですね。

    英語の発音は「アーケイイク」です。

    ------------------------------------------------------------

    で も、正確に言うと、「アルカイック・スマイル」の「アルカイック(Archaic)」は古代ギリシアの中の「アルカイック時代」っていう一つの時代を指す 言葉です。「Archaic」っていうふうに大文字で始まっています。固有名詞(こゆうめいし)です。一つの決まった時代の名前です。

    アルカイク・スマイル - Wikipedia
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%AB

    ------------------------------------------------------------

    でも、今回の文で使われている「archaic」は、大文字で始まっていません。しかも、日本の話しだから古代ギリシアとは関係がありません。

    今回の「archaic」は、ただ「古代の」「古語の」っていう意味です。

    ------------------------------------------------------------

    「particle」はここでは「助詞(じょし)」です。

    ちっちゃい「粒(つぶ)」っていうのがもとの意味です。

    ------------------------------------------------------------

    ここでは文法用語です。文法用語としては2種類の意味があります。

    『ジーニアス英和辞典』や『Weblio辞書』によると「不変化詞」か「小辞」です。

    「不変化詞(ふへんかし)」っていうのは「語形変化のない副詞・前置詞・接続詞など」っていう説明が『ジーニアス英和辞典』にはのっています。

    particleの意味 - 英和辞典 Weblio辞書
    http://ejje.weblio.jp/content/particle

    ------------------------------------------------------------

    今回の文では「particle」は「小辞」です。

    ウィキペディアによると、とくに「Japanese particles」っていうと、ようするに「助詞(じょし)」のことです。

    Japanese particles - Wikipedia, the free encyclopedia
    http://en.wikipedia.org/wiki/Japanese_particles

    ------------------------------------------------------------

    「particle(助詞)」のあとに「dating」がつづきます。

    ここでは「from(から)」とセットになって、それが「(~っていう時代)からつづく」っていう意味です。それが、自分が「dateする」っていう言い方です。自動詞(じどうし)って言います。

    1段落めの2行めの「dating」はそのすぐあとに「it」がつづいていました。「それをdateする」って言っています。他動詞(たどうし)って言います。「それの年代を示す」って訳しました。

    自動詞(じどうし)でも他動詞(たどうし)でも、言い方は違うけど、どっちも年代が「そのくらい昔にさかのぼる」っていうことをあらわします。

    「-ing」のかたちになってすぐまえの名詞「particle(助詞)」を説明しています。

        an archaic particle dating from Heian court language
        平安の宮廷言葉からつづく古語の助詞(じょし)

    ------------------------------------------------------------

    「Heian(平安)」は日本の平安時代のことですね。

    ------------------------------------------------------------

    「court」は「宮廷(きゅうてい)」です。王族や貴族がいる建物です。

    その「宮廷(court)」で使われている「language(言語)」です。

    こういうふうに名詞をただならべるだけで前の名詞が後ろの名詞を説明することができます。

    「court language(宮廷の言語)」です。

    「宮廷語(きゅうていご)」っていう言葉が『広辞苑』『コトバンク』や『goo辞書』にはのっています。

    ------------------------------------------------------------

    以上です!
        A neighbor would say, "Denwa zo narioru" ('the phone is ringing') ― denwa (telephone) is twentieth century, narioru is Shikoku dialect and zo is an archaic particle dating from Heian court language.
        「近所の人は『デンワ ゾ ナリオル』(『電話が鳴っている』)と言うだろう。デンワ(電話)は20世紀で、ナリオルは四国方言で、ゾは平安の宮廷語(きゅうていご)からつづく古語の助詞(じょし)である。」
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    美大英語チャンネル
    更新頻度: 月額分以上
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥2,160 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。