• このエントリーをはてなブックマークに追加
タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ]・20文め・4段落め2行め・「Village ...」 2014年7月
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ]・20文め・4段落め2行め・「Village ...」 2014年7月

2014-07-28 01:20
    タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ]・20文め・4段落め2行め・「Village ...」

    過去門の本文を解説します!

    多摩美術大学・2013年度・B日程・[問題Ⅰ]の本文です!

    今回は、20文めです!

    4段落め2行め、「Village ...」からです!
        Village etiquette required that I accept a cup of sake from every man in the room, not once but several times.
        「村の礼儀は、私が部屋のすべての男から1杯のサケを一度ではなく何度も受け入れることを要求した。」

    ------------------------------------------------------------

    この文は、設問を答えるためのヒントになっています。

    この記事は、下の記事と内容が一部重なります。

    タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ] ・問1・7.:美大英語チャンネル:美大英語チャンネル(美大英語.com) - ニコニコチャンネル:生活
    http://ch.nicovideo.jp/bidaieigo/blomaga/ar321485

    ------------------------------------------------------------

    語句です!

        village    村
        etiquette    エチケット、礼儀、作法
        require    要求する、必要とする
        accept    受け入れる
        a cup of    1杯の
        sake    日本酒、サケ
        not A but B    AではなくB
        once    一度、一回
        several    いくつかの
        time    ~度、~回

    ------------------------------------------------------------

    まず、この文ぜんたいの主語と動詞です。

    主語は「Village etiquette」です。

    「ムラのエチケット」です。

    動詞は「required(要求した)」です。

    ------------------------------------------------------------

    この動詞「required」のうしろに「that」節がつづいています。

    「that(~ということ)」のあとに主語と動詞です。

    ------------------------------------------------------------

    「that」のあとの主語は「I(私)」です。

    動詞は「accept(受け入れる)」です。原形です。

    ------------------------------------------------------------

    文ぜんたいの動詞は「required(要求した)」でした。

    この「require(要求する)」っていう動詞を使うときは、そのあとの「that」の中の動詞は原形を使います。

    ここでは「accept」です。

    過去形にもならないし、三単現とかにもなりません。原形です。

    難しい言葉で仮定法現在(かていほうげんざい)って言います。

    ------------------------------------------------------------

    または、「should」をつけることもあります。

    「should accept」です。

    これはイギリス英語に多いです。

        Village etiquette required that I accept a cup of sake
        =Village etiquette required that I should accept a cup of sake
        「村の礼儀は、私が部屋のすべての男から1杯のサケを受け入れることを要求した。」

    ------------------------------------------------------------

    「a cup of sake」で「1杯のサケ」です。

    「sake」は「日本酒」のことです。日本語の「サケ」から来ています。

    英語での発音は「サーキ」みたいになります。

    「saki」って書かれることもあります。

    ------------------------------------------------------------

    「from」です。

    「部屋のすべての男から」です。

        from every man in the room
        「部屋のすべての男から」

    ------------------------------------------------------------

    「every(すべての)」は単数形の名詞につきます。

    ここでは「man」です。単数形です。もし複数形なら「men」ですね。

    ------------------------------------------------------------

    「not A but B」です。

    「AではなくB」です。

    「once(一度)」ではなく「several times(何度も)」です。

        not once but several times
        「一度ではなく何度も」

    ------------------------------------------------------------

    「not only A but also B」とおなじです。

    「only」とか「also」とかなくても、「not A but B」で「AではなくB」です。

        not (only) A but (also) B
        A(だけ)ではなくB(も)

    ------------------------------------------------------------

    「several」は「いくつかの」です。

    同じ意味で「some」を使うこともあります。

    「いくつかの回数(several times)」で「何度も」「何回も」です。一回じゃないっていうことです。

    ------------------------------------------------------------

    さて、「村のエチケットが、私がサケを受け入れることを要求した」っていうことは、ようするに「村のエチケットにしたがって、私はサケを受け入れなければいけなかった」っていうことです。

    ------------------------------------------------------------

    以上です!
        Village etiquette required that I accept a cup of sake from every man in the room, not once but several times.
        「村の礼儀は、私が部屋のすべての男から1杯のサケを一度ではなく何度も受け入れることを要求した。」
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    美大英語チャンネル
    更新頻度: 月額分以上
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥2,160 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。