• このエントリーをはてなブックマークに追加
タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ]・22文め・4段落め4行め・「I ...」 2014年7月
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ]・22文め・4段落め4行め・「I ...」 2014年7月

2014-07-28 01:22
    タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ]・22文め・4段落め4行め・「I ...」

    過去門の本文を解説します!

    多摩美術大学・2013年度・B日程・[問題Ⅰ]の本文です!

    今回は、22文めです!

    4段落め4行め、「I ...」からです!
        I was barely hanging on to the conversation, but I took comfort from the knowledge that my Tokyo friend would explain the nuances afterwards.
        「私はかろうじて会話にしがみついていたが、私の東京の友達があとでニュアンスを説明してくれるという知識から慰めを得ていた。」

    ------------------------------------------------------------

    語句です!

        barely    かろうじて、なんとか
        hang on    しがみつく
        conversation    会話
        comfort    快適さ、慰め
        take comfort from    ~から慰めを得る
        knowledge    知識、知っていること
        explain    説明する
        nuance    ニュアンス
        afterwards    あとで

    ------------------------------------------------------------

    まず前半です。

    コンマ(,)の前までです。
        I was barely hanging on to the conversation
        「私はかろうじて会話にしがみついていた」

    ------------------------------------------------------------

    主語は「I(私)」です。

    ------------------------------------------------------------

    動詞は「was ... hanging on」です。

    「しがみついていた」です。

    「hang on」で「しがみつく」です。

    「hang on」は、電話なんかで「ちょっと待つ」っていう意味にも使います。

    ------------------------------------------------------------

    「barely」は「かろうじて」です。

    いちおうはできた、っていうときに使います。

    ------------------------------------------------------------

    「to the conversation」です。

    「会話に」しがみついていた、って言っています。

    「会話にかろうじてしがみついていた」っていうことは「会話にギリギリついていけてはいた」っていうことでしょう。

    ------------------------------------------------------------

    後半です!

    コンマ(,)のあと、「but」からです。
        but I took comfort from the knowledge that my Tokyo friend would explain the nuances afterwards.
        「しかし、私の東京の友達があとでニュアンスを説明してくれるという知識から慰めを得ていた。」

    ------------------------------------------------------------

    主語は「I(私)」です。

    ------------------------------------------------------------

    動詞は「took」です。

    「take」の過去形です。

    ------------------------------------------------------------

    「take」は「取る」「持っていく」っていう意味が基本です。

    ここでは「得る」っていう意味です。

    『ジーニアス英和辞典』には、「take comfort from」で熟語としてのっています。「comfort」の名詞の2の例文です。「~から慰めを得る」っていう意味です。

    ------------------------------------------------------------

    「the knowledge」です。

    「knowledge」は「知識」「知っていること」です。動詞「know(知っている)」の名詞のかたちです。

    ------------------------------------------------------------

    そのあとに「that」があって主語と動詞がつづきます。

    この「that ...」の部分は、すぐ前の名詞「the knowledge(知識)」を説明しています。

    「知識」の内容を説明するために言い換えています。

    こういうのを同格(どうかく)って言います。

    同格(どうかく)にはいろいろあるけど、こういうふうに「that」を使ってものもあります。

    ほかには、「of」を使ったものとか、コンマ(,)とかコロン(:)でくぎったりくぎらなかったりして名詞をならべるだけっていうのもありましたね。

    ------------------------------------------------------------

    「that」のあとの主語は「my Tokyo friend(私の東京の友達)」です。

    動詞は「would explain(説明するだろう)」です。

    ------------------------------------------------------------

    「would」は、最終的な和訳には出てこないけど、「だろう」です。

    過去の話をしているときに、その過去よりも未来のことを話しています。未来の「will(だろう)」を過去形にしています。

    ------------------------------------------------------------

    「the nuances」です。

    和訳は「ニュアンス」でいいでしょう。

    アクセントは「ニュ」を強く言ってもいいし「ア」を強く言ってもいいです。

    ------------------------------------------------------------

    「afterwards」です。

    「あとで」です。

    ------------------------------------------------------------

    後半をふりかえります。
        but I took comfort from the knowledge that my Tokyo friend would explain the nuances afterwards.
        「しかし、私の東京の友達があとでニュアンスを説明してくれるという知識から慰めを得ていた。」

    「~という知識から慰めを得ていた」っていうのは、ようするに「~ということになっていたからなんとかなるだろうと思っていた」っていうことです。

    アレックス・カーさんは、四国の方言がわからなくてギリギリ会話についていくくらいでした。つまり、ほとんどわかりませんでした。

    その四国の方言を東京の友達が説明してくれるって思っていたみたいです。だいじょうぶでしょうか。

    ------------------------------------------------------------

    以上です!
        I was barely hanging on to the conversation, but I took comfort from the knowledge that my Tokyo friend would explain the nuances afterwards.
        「私はかろうじて会話にしがみついていたが、私の東京の友達があとでニュアンスを説明してくれるという知識から慰めを得ていた。」
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    美大英語チャンネル
    更新頻度: 月額分以上
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥2,160 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。