• このエントリーをはてなブックマークに追加
タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ]・27文め・5段落め4行め・「Still ...」 2014年7月
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ]・27文め・5段落め4行め・「Still ...」 2014年7月

2014-07-28 01:27
    タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ]・27文め・5段落め4行め・「Still ...」

    過去門の本文を解説します!

    多摩美術大学・2013年度・B日程・[問題Ⅰ]の本文です!

    今回は、27文めです!

    5段落め4行め、「Still ...」からです!
        Still a college student, I did not have that much, but a family friend from the time when we lived in Yokohama in the 1960s agreed to lend me the money.
        「まだ大学生だったので、私はそれほど多くを持っていなかったが、1960年代に私たちが横浜に住んでいたときからの家族の友だちが、私にお金を貸すことに同意した。」

    ------------------------------------------------------------

    この文は、設問に答えるためのヒントになっています。

    この記事は、下の記事と内容が一部重なります。

    タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ] ・問1・9.:美大英語チャンネル:美大英語チャンネル(美大英語.com) - ニコニコチャンネル:生活
    http://ch.nicovideo.jp/bidaieigo/blomaga/ar321490

    ------------------------------------------------------------

    語句です!

        college    大学
        agree    同意する
        lend    貸す

    ------------------------------------------------------------

    「貸す」っていう動詞は、「ムサビ・2013・B日程」にも、出てきました。

    ムサビ・2013・B日程・[問題Ⅰ]・6.(3):美大英語チャンネル:美大英語チャンネル(美大英語.com) - ニコニコチャンネル:生活
    http://ch.nicovideo.jp/bidaieigo/blomaga/ar294620

    ------------------------------------------------------------

    まず、最初のコンマ(,)までです。
        Still a college student,
        「まだ大学生だったので、」

    ------------------------------------------------------------

    「still」は「まだ」です。

    そして、ただ「大学生(a college student)」って言っているだけです。

    これだけで、「まだ大学生だったので、」っていう意味になります。

    「still」は「まだ」って言っているだけだから、ようするに名詞のかたまりをそのまま置いているだけです。

    ------------------------------------------------------------

    くわしく言うと、「being(~であって)」が省略されているって考えることが多いです。

    分詞構文(ぶんしこうぶん)です。

        (Being) still a college student,
        「まだ大学生であって、」

    分詞構文(ぶんしこうぶん)は、つなげているだけです。

    ------------------------------------------------------------

    分詞構文の訳し方は、まず「~て」か「~と」で訳してみるといいです。

    「~して」か「~すると」です。

    ここでは「being」だから、「~であって」か「~であると」です。

        (Being) still a college student,
        「まだ大学生であって、」

    ------------------------------------------------------------

    さらに文の意味を考えて、もっと良い訳し方を考えることもあります。

    ここでは理由をあらわしています。「~ので」で訳すといいです。

    ここでは「be(~である)」を使っていて、さらに過去の話だから、「~だったので」です。

        (Being) still a college student,
        「まだ大学生であったので、」
        ←「まだ大学生であって、」

    今回のこの文がもし和訳の問題だったら、できれば「~ので」で訳した方が点数が高いかもしれません。

    ------------------------------------------------------------

    「being」が省略されているって考えて説明しました。

    分詞構文(ぶんしこうぶん)です。

    そして、分詞構文(ぶんしこうぶん)なのに、分詞の「being」が省略されています。

    つまり、分詞がなくても、名詞とか形容詞をただ置いて、コンマ(,)でつなげるだけで、分詞構文(ぶんしこうぶん)になる、って考えていいです。

    そして、分詞構文(ぶんしこうぶん)じたいにはそんなに意味はありません。ただつなげているだけです。

    「~であって」です。

        (Being) still a college student,
        「まだ大学生であって、」

    ------------------------------------------------------------

    次です。

    最初のコンマ(,)のあとから、次のコンマ(,)の前までです。

    文になっています。
        I did not have that much,
        「私はそれほど多くを持っていなかった」

    ------------------------------------------------------------

    主語は「I(私)」です。

    動詞は「did not have(持っていなかった)」です。

    ------------------------------------------------------------

    「that much」って言っています。

    「そんなに多く(のお金)」です。

    ------------------------------------------------------------

    「much」で「多く」です。ようするに「多く(のお金)」です。

    数えられない名詞に「多く」っていうときは「much」です。「水(water)」とか「お金(money)」とかのときです。

    数えられる名詞に「多く」っていうときは「many」ですね。

    ------------------------------------------------------------

    「that」はここでは「much」にくっついています。

    「that」はふつう「それ」「その」です。

    ここでは「much(多く)」にくっついて、「それくらい多く(that much)」「それほど多く」です。

    ふつうは「それほど多く」は「so much(それくらい多く)」って言います。

    この「so」のかわりに「that」をつかって「that much」っていうのは、少しくだけた言い方です。

    英作文のテストのときは、みなさんは使わない方がいいでしょう。

    「so much」のほうがいいです。

    ------------------------------------------------------------

    次です。

    2コめのコンマ(,)のすぐあと、「but」からの文です。
        but a family friend from the time when we lived in Yokohama in the 1960s agreed to lend me the money.
        「しかし、1960年代に私たちが横浜に住んでいたときからの家族の友だちが、私にお金を貸すことに同意した。」

    ------------------------------------------------------------

    主語は、1単語で言えば、「friend(ともだち)」です!

    長く言えば、「a family friend from the time when we lived in Yokohama in the 1960s」です。

    「1960年代に私たちが横浜に住んでいたときからの家族の友だちが」です。

    このぜんたいが、ひとまとまりで、この文の主語になっています。

    ------------------------------------------------------------

    「the time(とき)」を「when ...」からあとの部分が説明しています。

        the time when we lived in Yokohama in the 1960s
        「1960年代に私たちが横浜に住んでいたとき」

    ------------------------------------------------------------

    この「when」は関係副詞(かんけい・ふくし)です。

    かんたんです。

    すぐ前の名詞を説明しています。

    関係副詞(かんけい・ふくし)っていうと副詞って言っているけど、関係詞です。関係・副詞(関係・ふくし)です。

    ------------------------------------------------------------

    関係詞(かんけいし)はようするに前の名詞を説明しているだけです。

    「when」からあとの部分は、前の名詞の、ここでは「time(とき)」にくっついているだけです。

    「『そういう』とき」って言っているだけです。

    ------------------------------------------------------------

    関係・副詞(かんけい・ふくし)の副詞っていうのは、ようするに、「when」からあとに部分で副詞のはたらきをしているっていうことです。「そのとき」です。

    ------------------------------------------------------------

    そして、「when」のあとには主語と動詞がつづきます。

    この関係副詞「when」には「そのとき」「そういう」っていう2つの意味があります。

    「『そのとき』(主語)が(動詞)する『そういう』とき」です。

    ------------------------------------------------------------

    ただし、和訳では関係詞の意味は言葉にはあらわれないことがふつうです。

    つまり、つぎのようになります。

    「(主語)が(動詞)するとき」です。

    ようするに、主語と動詞のセットが前の名詞「time」を説明しているだけです。

        the time when we lived in Yokohama in the 1960s
        「1960年代に私たちが横浜に住んでいたとき」

    ------------------------------------------------------------

    ここでは「when」のあとの主語は「we(私たち)」です。

    著者のアレックス・カーさんの家族のことでしょう。

    ------------------------------------------------------------

    動詞は「lived(住んでいた)」です。過去形です。

    ------------------------------------------------------------

    「in Yokohama」です。

    「横浜に」です。

    ------------------------------------------------------------

    「in the 1960s」です。

    「1960年代に」です。

    「19(nineteen)60s(sixties)」です。

    「the」をつけて、「s」をつけて複数形にして「~年代」っていう意味になります。

    ------------------------------------------------------------

    さて、関係副詞「when」には「そのとき」「そういう」っていう2つの意味がある、って言っていました。

    その「そのとき」「そういう」っていう「when」の意味をカッコにくくって入れた訳をつくってみます。

    次のようになります。

        the time when we lived in Yokohama in the 1960s
        「(そのとき)1960年代に私たちが横浜に住んでいた(そういう)とき」

    ------------------------------------------------------------

    ここで「in the 1960s(1960年代に)」っていう時間をあらわす表現が重なっていてややこしいから、これを省いて見てみましょう。

        the time when we lived in Yokohama
        「私たちが横浜に住んでいたとき」
        ←「(そのとき)私たちが横浜に住んでいた(そういう)とき」

    ------------------------------------------------------------

    さて、主語は「a family friend from the time when we lived in Yokohama in the 1960s」でした。

    「1960年代に私たちが横浜に住んでいたときからの家族の友だちが」です。

        but a family friend from the time when we lived in Yokohama in the 1960s agreed to lend me the money.
        「しかし、1960年代に私たちが横浜に住んでいたときからの家族の友だちが、私にお金を貸すことに同意した。」

    ------------------------------------------------------------

    動詞は「agreed(同意した)」です!

    貸すことに同意しました。

        agreed to lend
        貸すことに同意した

    ------------------------------------------------------------

    「お金を」貸すのは「lend」です!

        lend me the money
        私にお金を貸す

    ------------------------------------------------------------

    ちなみに、「お金をもらって」貸すのは「rent」です!

    「ムサビ・2013・B日程・[問題Ⅰ]」に出てきていました。

    ムサビ・2013・B日程・[問題Ⅰ]・6.(3):美大英語チャンネル:美大英語チャンネル(美大英語.com) - ニコニコチャンネル:生活
    http://ch.nicovideo.jp/bidaieigo/blomaga/ar294620

    ------------------------------------------------------------

    以上です!
        Still a college student, I did not have that much, but a family friend from the time when we lived in Yokohama in the 1960s agreed to lend me the money.
        「まだ大学生だったので、私はそれほど多くを持っていなかったが、1960年代に私たちが横浜に住んでいたときからの家族の友だちが、私にお金を貸すことに同意した。」
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    美大英語チャンネル
    更新頻度: 月額分以上
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥2,160 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。