• このエントリーをはてなブックマークに追加
タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ]・28文め・5段落め6行め・「For ...」 2014年7月
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ]・28文め・5段落め6行め・「For ...」 2014年7月

2014-07-28 01:28
    タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ]・28文め・5段落め6行め・「For ...」

    過去門の本文を解説します!

    多摩美術大学・2013年度・B日程・[問題Ⅰ]の本文です!

    今回は、28文めです!

    5段落め6行め、「For ...」からです!
        For me it was an enormous sum; it took over five years to pay it back.
        「私にとってはそれは莫大な金額だった。それを返済するのに5年より多くかかった。」

    ------------------------------------------------------------

    この文には、下線部9が入っています。

    下線部は問2の設問になっています。

    タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ] ・問2:美大英語チャンネル:美大英語チャンネル(美大英語.com) - ニコニコチャンネル:生活
    http://ch.nicovideo.jp/bidaieigo/blomaga/ar329023

    ------------------------------------------------------------

    語句です!

        enormous    莫大(ばくだい)な、巨大な
        sum    合計、金額
        took    「take」の過去形
        take    (時間)を必要とする、(時間)がかかる
        over    ~より多く
        pay    払う(はらう)
        pay back    返済する

    ------------------------------------------------------------

    まず、セミコロン(;)の前までです。
        For me it was an enormous sum;
        「私にとってはそれは莫大な金額だった。」

    ------------------------------------------------------------

    「For me」で「私にとっては」です。

    ------------------------------------------------------------

    主語は「it(それ)」です。

    前の方ででてきた「380,000 yen(38万円)」っていうお金のことです。

    ------------------------------------------------------------

    動詞はbe動詞の「was」です。

    ------------------------------------------------------------

    「This is a pen」の「a pen」の部分は「an enormous sum(莫大な金額)」です。

    とってもたくさんのお金です。

    ------------------------------------------------------------

    「sum」は「合計」っていう意味です。

    ここではお金の「合計」です。「金額」です。

    ------------------------------------------------------------

    セミコロン(;)は、くぎっているだけです。

    訳は、マル(。)でくぎるだけでいいです。

    ------------------------------------------------------------

    では、セミコロン(;)のあとです。
        it took over five years to pay it back
        「それを返済するのに5年より多くかかった。」

    ------------------------------------------------------------

    わかりやすくするために、もう少しシンプルな文に書きかえて見てみましょう。

        it took five years to pay it
        「それを払うのに5年かかった。」

    ------------------------------------------------------------

    主語は「it」で、動詞は「took」です。

    ------------------------------------------------------------

    「took」は「take」の過去形です。

    「(時間)を必要とする」「(時間)がかかる」っていう意味です。

    すぐ後ろに時間をあらわす表現がつづきます。ここでは「five years(5年)」です。

    「5年を必要とした」「5年かかった」っていう訳し方ができます。

    ------------------------------------------------------------

    そのあとに不定詞がつづきます。

        to pay it
        「それを払うのに」です。

    ------------------------------------------------------------

    この「それ(it)」は、前半の主語とおなじです。「380,000 yen(38万円)」っていうお金のことです。

    ------------------------------------------------------------

    ぜんたいで「それを払うのに5年かかった」っていう意味になります。

        it took five years to pay it
        「それを払うのに5年かかった。」

    少しシンプルに書きかえて見てみました。

    ------------------------------------------------------------

    本文のもとのカタチに戻しましょう。

        it took over five years to pay it back
        「それを返済するのに5年より多くかかった。」

    ------------------------------------------------------------

    「over」は数字にくっついて「~より多く」です。

    「over five years(5年より多く)」です。

    くわしく言うと日本語で「5年以上」は「5年ぴったり」をふくみます。

    「5年より多く」は「5年ぴったり」をふくみません。

    和訳の答えに書くんじゃなければ、あまり気にしなくてもいいかもしれません。

    和訳の答えなら「5年より多く」って書いたほうがいいです。

    ------------------------------------------------------------

    そして不定詞がつづきます。

    「to pay it back」です。

    「pay」が「払(はら)う」で、「back」が「返して」っていうかんじだから、「それを払い返す」っていうかんじで「それを返済する」っていう意味です。

    「それ(it)」は、前半の主語とおなじです。「380,000 yen(38万円)」っていうお金のことです。

    ------------------------------------------------------------

    ちなみに、くわしく言うと、この意味で「take」を使うときに「it」っていうのはどういう意味なのかっていうのが、つきつめて考えると難しい問題になります。

    わかりやすくするために、シンプルな文に書きかえて見てみましょう。

        it took five years to pay it
        「それを払うのに5年かかった。」

    「took」は「take」の過去形です。

    「(時間)を必要とする」「(時間)がかかる」っていう意味です。

    今回の場合は、「it」はカタチだけの仮(かり)の主語(仮主語、形式主語)で、「to pay」がリアルな主語(真主語)だって考えることが多いです。

    つまり、「それを払うこと(to pay it)が、5年(five years)、を必要とした(took)」です。

    または、この「it」は、「It's 10 o'clock.」とか「It's sunny today.」とかとおなじで、あんまり意味がないって考えることもあります。そう考える場合は、今回の文の不定詞の部分は「~するために」っていう意味です。

    つまり、「5年を必要とした(it took five years)、それを払うために(to pay it)」です。

    このどっちが正しいかを考えることはあまり意味がありません。

    とにかく「~するのに、~を必要とした」「~するのに、~かかった」っていう意味になります。

        it took five years to pay it
        「それを払うのに5年かかった。」

    ------------------------------------------------------------

    以上です!
        For me it was an enormous sum; it took over five years to pay it back.
        「私にとってはそれは莫大な金額だった。それを返済するのに5年より多くかかった。」

    ------------------------------------------------------------

    ちなみに、

    セミコロン(;)は、コロン(:)よりも強いくぎりで、ピリオド(.)よりは弱いです。

    区切りが強い順にならべると次のようになります。

        「.」    ピリオド    period
        「;」    セミコロン    semicolon
        「:」    コロン    colon
        「,」    コンマ    comma

    コロン(:)とセミコロン(;)は、ピリオド(.)とコンマ(,)のあいだです。

    セミコロン(;)のほうがコロン(:)よりも区切りが強いです。

    セミコロン(semicolon)のセミ(semi-)っていうのは「半分」っていう意味があります。

    そして、セミ(semi-)がついているぶん、セミコロン(;)のほうがコロン(:)よりも弱いかと思いったらじつはそうじゃなくて、セミコロン(;)のほうがコロン(:)よりも強いです。
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    美大英語チャンネル
    更新頻度: 月額分以上
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥2,160 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。