• このエントリーをはてなブックマークに追加
タマビ・2013・B日程・[問題Ⅲ]・5文め・2段落め6行め・「In ...」 2014年7月
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

タマビ・2013・B日程・[問題Ⅲ]・5文め・2段落め6行め・「In ...」 2014年7月

2014-07-29 01:05
    タマビ・2013・B日程・[問題Ⅲ]・5文め・2段落め6行め・「In ...」

    過去門の本文を解説します!

    多摩美術大学・2013年度・B日程・[問題Ⅲ]の本文です!

    今回は、5文めです!

    2段落め6行め、「In ...」からです!
        In keeping with the principles of humanism, Renaissance scholars studied and respected the works of the ancient Greeks and Romans for their own sake, rather than for their connection to the Roman Catholic Church or any particular beliefs.
        「ヒューマニズムの原則を続けるにあたって、ローマ・カトリック教会またはなんらかの特定の信仰とのつながりのためというよりもむしろ、それ自身が目的でルネサンスの学者たちは古代ギリシア人とローマ人の作品を学び尊敬した。」

    ──────────────────────────────

    語句です!

        principle    原理、原則
        humanism    ヒューマニズム
        Renaissance    ルネサンス
        scholar    学者
        respect    尊敬する
        works    作品
        ancient    古代の
        Greek    ギリシア人
        Roman    ローマ人
        sake    ため、目的、理由
        for its own sake    それ自身が目的で、それに興味があるので、好きだから
        rather than    ~よりもむしろ
        connection    関係、つながり
        Catholic    カトリックの
        church    教会
        Roman Catholic Church    ローマ・カトリック教会
        particular    特定の
        belief    信仰

    ──────────────────────────────

    最初に「In ...」のところです。

    コンマ(,)までを見ます。
        In keeping with the principles of humanism,
        「ヒューマニズムの原則を続けるにあたって、」

    ──────────────────────────────

    「in」のうしろに動詞の「-ing」のかたちです。

    「in doing」はそのまま考えれば「~することの中で」です。

    いろんな意味になります。

    たとえば、

    『総合英語 Forest』によると「~しているあいだに/~する時に」です。197ページです。

    でも、あんまり「する時に」っていうふうに「時」だと思わないほうがよさそうです。

    『ジーニアス英和辞典』によると「〔…している〕ときに,…して」または「…によって」です。「in」の前置詞の3[所属・従属・活動]のb、または、「in」の11[手段]です。

    『英文法解説』っていう本には次のようにあります。358ページです。
        「~することにおいて」が基本的な意味である。

    単純に「~することの中で」から「~することにおいて」っていうふうになります。

    いろんなことについて使えます。

    今回は「~するにあたって」って訳しました。

    ──────────────────────────────

    「keep with」です。

    熟語で『ジーニアス英和辞典』にのっています。
        keep (up) with O
        〈研究など〉をやり続ける
    今回の文では「続ける」って訳しました。

    でも、「原理(principle)」を「続ける」っていうのはちょっと日本語として変かもしれません。

    たとえば「従(したが)う」って訳してもいいでしょう。

    ──────────────────────────────

    次です。

    最初のコンマ(,)から次のコンマ(,)までです。
        Renaissance scholars studied and respected the works of the ancient Greeks and Romans for their own sake
        「それ自身が目的でルネサンスの学者たちは古代ギリシア人とローマ人の作品を学び尊敬した。」

    ──────────────────────────────

    主語は「Renaissance scholars(ルネサンスの学者たち)」です。

    ──────────────────────────────

    動詞は「studied and respected」です。「学んで尊敬した」です。

    ──────────────────────────────

    「the works of the ancient Greeks and Romans」です。

    「古代ギリシャ人とローマ人の作品」です。

    ──────────────────────────────

    「work」は数えられる名詞として「作品」っていう意味になります。

    ──────────────────────────────

    「ancient(古代の)」はここでは「Greeks(ギリシャ人)」と「Romans(ローマ人)」の両方にくっついています。

    でも、ただ「Roman」っていうだけで「古代ローマ人」っていう意味にもなります。

    日本語でも「古代ローマ人」とか「古代ローマ」のことをたんに「ローマ人」「ローマ」っていう意味にもなります。それとおなじです。
        ギリシャ
        Greece
        Greek
        「国名2」ヨーロッパ1 ムサタマ直前対策 | 美大英語.com
    http://bidaieigo.com/2010/02/kokumei2europe12010/

    ──────────────────────────────

    「for their own sake」です。

    「それ自身のために」です。

    『ジーニアス英和辞典』では「for its own sake」でのっています。

        それ自信が目的で,それに興味があるので

    さらにその例文には次のようにあります。
        study math for its own sake
        (他の目的のためではなく)数学が好きだから勉強する.

    この「好きだから」っていう訳が、意訳だけどいちばんわかりやすいでしょう。

    そして、「他の目的のためではなく」っていうことです。

    信仰のためじゃなくて、「それ自体が好きだから」「それ自体が目的で」「それに興味があるから」、ルネサンスの学者たちは古代ギリシャ・ローマ人の作品を学びました。

    ──────────────────────────────

    この例文の「its」は「数学(math)の」っていうことです。
        study math for its own sake
        (他の目的のためではなく)数学が好きだから勉強する.

    だから、今回の文でも、複数形になって「their」ってなっているのは「works(作品)」が複数形だからです。

        Renaissance scholars studied and respected the works of the ancient Greeks and Romans for their own sake
        「それ自身が目的でルネサンスの学者たちは古代ギリシア人とローマ人の作品を学び尊敬した。」

    ──────────────────────────────

    最後です。

    2コめのコンマ(,)のあとから最後までです。
        rather than for their connection to the Roman Catholic Church or any particular beliefs.
        「ローマ・カトリック教会またはなんらかの特定の信仰とのつながりのためというよりもむしろ」

    ──────────────────────────────

    「rather than」で「~よりもむしろ」です。

    訳は「むしろ」はなくて「よりも」でもいいです。

    『ジーニアス英和辞典』の例文では「~でなくて」っていう訳し方もあります。

    「rather」の副詞の2の例文の2コめです。
        It rained rather than snowed.
        雪でなくて雨だった(=It rained instead of snowing.)

    ──────────────────────────────

    「for」です。

        for their connection to the Roman Catholic Church or any particular beliefs.
        「ローマ・カトリック教会またはなんらかの特定の信仰とのつながりのために」

    「~のために」です。

    「rather than」の前の「for their own sake(それ自身のために)」とくらべています。

    ──────────────────────────────

    「their connection」です。

    「つながり」「関係」です。

    この「their」はさっきの「for their own sake」の「their」とおなじで、「(古代ギリシャ/ローマ人の)作品(the works)の」っていうことです。

    ──────────────────────────────

    なにとのつながりかっていうのを「to」を使って言います。

        their connection to the Roman Catholic Church
        「ローマ・カトリック教会とのつながり」

    ──────────────────────────────

    「the Roman Catholic Church」は「ローマ・カトリック教会」です。

    だいたい日本語で「カトリック」って言われる宗教です。
        カトリック教会(カトリックきょうかい、ラテン語: Ecclesia Catholica)は、ローマ教皇を中心として全世界に12億人以上の信徒を有するキリスト教最大の教派。
        カトリック教会 - Wikipedia
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E6%95%99%E4%BC%9A
        その中心をローマの司教座におくことからローマ教会、ローマ・カトリック教会とも呼ばれる[1]。
        カトリック教会 - Wikipedia
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E6%95%99%E4%BC%9A

    ただし、本当は「カトリック」っていう言葉じたいはひとつの宗教のことを指すわけじゃありません。
        単に「カトリック」の語彙を以てローマ・カトリック教会を指す用例も多いが、これは略称として誤りではないものの、「カトリック(普遍性)」を自認・自 称する教派はローマ教皇を首長とするローマ・カトリック教会だけではない上に、「カトリック」の語彙は教派名にとどまらない概念を指し示す普通名詞・形容 詞であるため[1]、文脈によっては普通名詞・形容詞として用いられている場合に注意が必要である。
        カトリック - Wikipedia
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF

    ──────────────────────────────

    「Catholic」は「カトリックの」です。

    アクセントが珍しいです。アタマにあります。

    ふつうは、「-ic」で終わる単語は、「-ic」のすぐ前のところにアクセントがあります。「photographic」だったら「photoGRAphic」です。

    でも、「Catholic」は例外です。

    最初のところがいちばん強いです。「CAtholic」です。

    ──────────────────────────────

    「church」は「教会」です。

    英語でも日本語でも、「church(教会)」っていうのは、建物のことを言うこともあるし、その宗教じたいのことを言うこともあります。

    「the Roman Catholic Church」って言ったら、ひとつの建物じゃなくて、「ローマ・カトリック教会」っていう宗教のことです。

    ──────────────────────────────

    「or」です。

    「あるいは」「または」です。

        the Roman Catholic Church or any particular beliefs
        「ローマ・カトリック教会またはなんらかの特定の信仰」

    「the Roman Catholic Church(ローマ・カトリック教会)」と
    「any particular beliefs(なんらかの特定の信仰)」をつなげています。

    ──────────────────────────────

    「any」です。

    否定文か疑問文では「なにか」っていう意味で使われます。

    肯定文では「any」は「どんな~でも」っていう意味になります。

    今回の文では「rather than(~よりもむしろ)」のあとの部分でつかわれています。

    「rather than」は「~でなくて」っていう訳し方もありました。否定に似ています。

    だから、今回の文でも「any」は、そんなに「どんな信仰でも」って訳すとちょっとヘンです。

    「なにか」でいいです。今回は「なんらかの」って訳しました。

    ──────────────────────────────

    「particular」は「特定の」です。

    学者さんたちのひとりひとりの興味とは関係なく「特に決まっている」信仰っていう意味です。

    ──────────────────────────────

    「belief」は「信仰」です。

    動詞の「believe(信じる)」を名詞にしたものです。ただ「信じること」って言っているだけです。

    ──────────────────────────────

    「信仰」っていうのは「宗教」の一部だって考えることもあります。

    「信仰心」です。
        「宗教」という語が、組織や制度までも含めて指す包括的な語であるのに対し、「信仰」や「信心」は人(あるいは人々)の意識に焦点をあてた語である。
        信仰 - Wikipedia
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E4%BB%B0

    ──────────────────────────────

    または、「宗教(religion)」っていうほどじゃない小さい「宗教」のことを「信仰(belief)」っていうこともあります。

    たとえば、山岳信仰(さんがくしんこう)とか精霊信仰(せいれいしんこう)とかです。

    たとえば、ローマ・カトリック教会みたいにしっかりとした教義があって聖書があって組織があるものだけが「宗教」だって考えることがあります。

    そう考えるとき、たとえば、山の神様に祈ったり、精霊がいるって信じたりするのは、宗教っていうほどのことじゃないです。でも、信じていることです。「信仰」です。

    ──────────────────────────────

    以上です!
        In keeping with the principles of humanism, Renaissance scholars studied and respected the works of the ancient Greeks and Romans for their own sake, rather than for their connection to the Roman Catholic Church or any particular beliefs.
        「ヒューマニズムの原則を続けるにあたって、ローマ・カトリック教会またはなんらかの特定の信仰とのつながりのためというよりもむしろ、それ自身が目的でルネサンスの学者たちは古代ギリシア人とローマ人の作品を学び尊敬した。」

    ──────────────────────────────

    ちなみに、

    「ギリシャ」のカタカナの「ヤ」は大きくても小さくてもいいみたいです。
        歴史・地理・人文系ではギリシアという表記もされるが、国会の制定法や外務省、およびギリシャの在日大使館のサイトではギリシャと表記される。
        ギリシャ - Wikipedia
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%A3

    ──────────────────────────────

    ちなみに、

    日本語で「ギリシャ」「ギリシア」っていうのは、ポルトガル語がもとになっています。
        ギリシャあるいはギリシアという名称は、ラテン語名のGraecia (グラエキア)がポルトガル語でGrecia (グレスィア)となり、これが宣教師によって日本にもたらされ変容したとされる。
        ギリシャ - Wikipedia
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%A3
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    美大英語チャンネル
    更新頻度: 月額分以上
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥2,160 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。