• このエントリーをはてなブックマークに追加
タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ] ・問1・3. 2014年7月
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ] ・問1・3. 2014年7月

2014-07-30 01:03
    タマビ・2013・B日程・[問題Ⅰ] ・問1・3.

    多摩美術大学・2013年度・B日程の[問題Ⅰ]をくわしく教えます!

    今回は、問1の、3.です!

    ◇◇=*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*=◇◇

    今回は、3.です!
        3.    Alex discovered that the thatched roof [3] .
            a) was in good condition
            b) had recently been thatched
            c) was leaking in a few places
            d) would need a lot of work
    a45bad00426533e51af4cdce851af4ba30e62421
    photo credit: llamnudds via photopin cc

    ヒントになるのは、本文の1段落め5行めの「The roof ...」からと、本文1段落め7行めの「there were ...」からの部分です!

    1段落め5行め「The roof ...」からはこうです。
        The roof, however, had not been thatched for fifty years, and was near the end of its useful life.
        「その屋根は、しかしながら、50年間、葺(ふ)かれていなかった。そして、その役に立つ寿命の終わりに近かった。」

    1段落め7行め、「there were ...」からはこうです。
        there were numerous leaks when it rained.
        「雨が降ったときには、たくさんの漏れがあった。」

    ◇◇=*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*=◇◇

    語句です!

        discover    発見する
        thatch    (屋根を)わらぶきにする
        roof    屋根(やね)

        recently    最近に
        leak    漏れる
        work    作業、仕事

        however    しかしながら
        useful    役に立つ、有用な
        life    (物の)寿命(じゅみょう)、耐用期間

        numerous    たくさんの、数多くの
        leak    漏れ(もれ)

    ◇◇=*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*=◇◇

    まず、問題文をくわしく見てみましょう!
        3.    Alex discovered that the thatched roof [3] .
        「アレックスは、わらぶきの屋根が、[3]ということを発見した。」

        discover    発見する
        thatch    (屋根を)わらぶきにする
        roof    屋根(やね)

    主語は「Alex(アレックス)」で、動詞は「discovered(発見した)」です。

    アレックスさんは何かを発見しました。

    ◇◇=*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*=◇◇

    「that(ということ)」からあとの内容を、発見しました。

    主語と動詞がつづきます。

    その「that」からあとの部分の主語は、「the thatched roof(わらぶきの屋根)」です。

    「thatch(わらぶきにする)」っていう動詞を、過去分詞にして「thatched(わらぶきにされた)」です。

    つまり、この問題は、わらぶきの屋根が「どうする」「どうである」ということをアレックスさんが発見をしたのか、っていう問題です。

    あてはまるものを選択肢から選びます。

    ◇◇=*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*=◇◇

    じゃあ、選択肢を見ていきましょう!

        a) was in good condition
        「いい状態だった」

        b) had recently been thatched
        「最近ふかれていた」

        c) was leaking in a few places
        「すこしの場所で漏れていた」

        d) would need a lot of work
        「多くの作業を必要とするようだった」

        recently    最近に
        leak    漏れる
        work    作業、仕事

    ◇◇=*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*=◇◇

    では、本文を見ていきましょう!

    ヒントになるのは、本文の1段落め5行めの「The roof ...」からと、本文1段落め7行めの「there were ...」からの部分です!

    ◇◇=*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*=◇◇

    まず、1段落め5行め「The roof ...」からです!
        The roof, however, had not been thatched for fifty years, and was near the end of its useful life.
        「その屋根は、しかしながら、50年間、葺(ふ)かれていなかった。そして、その役に立つ寿命の終わりに近かった。」

        however    しかしながら
        useful    役に立つ、有用な
        life    (物の)寿命(じゅみょう)、耐用期間

    主語は「The roof(その屋根)」です。

    ◇◇=*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*=◇◇

    動詞は、まず「had not been thatched(ふかれていなかった)」です。

        The roof, however, had not been thatched for fifty years,
        「その屋根は、しかしながら、50年間、葺(ふ)かれていなかった。」

    受身で過去完了です。

    受身の「be動詞+過去分詞」の部分が「been thatched」で、
    過去完了の「had+過去分詞」の部分が「had been」です。

    ◇◇=*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*=◇◇

    「葺(ふ)かれていなかった」っていうのは、ここでは「葺(ふ)き替えられていなかった」っていうことでしょう。

    屋根の表面になんかをのせて屋根を仕上げることを、屋根を「葺く(ふく)」って言います。「瓦葺き(かわらぶき)」とか「藁葺き(わらぶき)」とかがあります。

    わらぶきの屋根は、長い間たつと古くなるから、新しくワラをのせかえないといけないんですね。

    ◇◇=*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*=◇◇

    「50年間」です。

        for fifty years
        50年間

    完了形といっしょに使われています。この「for」は「~のあいだ」っていう時間の長さをあらわします。

    ◇◇=*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*=◇◇

    っていうわけで、本文のこの部分では、屋根のワラを新しく葺き替えることが、長い間されていなかった、っていうことが書かれています。
        The roof, however, had not been thatched for fifty years,
        「その屋根は、しかしながら、50年間、葺(ふ)かれていなかった。」

    ここから、選択肢bの内容が間違っているっていうことがわかります。
        b) had recently been thatched
        「最近ふかれていた」

    ◇◇=*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*=◇◇

    「and」でつながって、動詞がもうひとつあります。

    be動詞「was」です。
        and was near the end of its useful life.
        「そして、その役に立つ寿命の終わりに近かった。」

    ◇◇=*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*=◇◇

    「near」でなにかに近かったって言っています。

        the end of its useful life.
        「その役に立つ寿命の終わり」

    この「life」は「寿命(じゅみょう)」です。

    物の「寿命」です。「耐用年数(たいようねんすう)」っていう言葉もあります。

    ◇◇=*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*=◇◇

    では、1段落め5行め「The roof ...」からをふりかえります!
        The roof, however, had not been thatched for fifty years, and was near the end of its useful life.
        「その屋根は、しかしながら、50年間、葺(ふ)かれていなかった。そして、その役に立つ寿命の終わりに近かった。」

    ここから、選択肢bの内容が間違っているっていうことがわかりました。
        b) had recently been thatched
        「最近ふかれていた」

    50年間ふかれていなくて、寿命の終わりに近かったっていうことは、いい状態じゃありません。

    選択肢aの内容も違うっていうことがわかります。
        a) was in good condition
        「いい状態だった」

    ◇◇=*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*=◇◇

    次に、1段落め7行め、「there were ...」からを見てみましょう!
        there were numerous leaks when it rained.
        「雨が降ったときには、たくさんの漏れがあった。」

        numerous    たくさんの、数多くの
        leak    漏れ(もれ)

    ◇◇=*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*=◇◇

    「there is/are」構文です!

    なにかが「ある」か「ない」かを言っています。

    ここでは「were」だから、過去形で「あった」です。

    ◇◇=*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*=◇◇

    「なにが」あったか、っていう意味上の主語は、1単語で言うと「leaks(漏れ)」です。

    ここでは「leak」は名詞です。主語になっています。

    ◇◇=*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*=◇◇

    「numerous」は「たくさんの」ですね。

    「number(数)」っていう単語と似ています。「数多くの」っていうかんじです。

    ここから、選択肢cの内容が間違っているということがわかります。
        c) was leaking in a few places
        「すこしの場所で漏れていた」

    「すこし(a few)」じゃないっていうことです。「たくさん(numerous)」です。

    ◇◇=*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*=◇◇

    「雨が降ったときに」です。

        there were numerous leaks when it rained.
        「雨が降ったときには、たくさんの漏れがあった。」

    雨が降ったときに、「漏れ」があったっていうことは、雨漏り(あまもり)のことですね。

    屋根の状態が悪いと、雨がもれます。修理しないといけません。

    ◇◇=*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*=◇◇

    まとめます!

    今回は、3.でした!
        3.    Alex discovered that the thatched roof [3] .
            a) was in good condition
            b) had recently been thatched
            c) was leaking in a few places
            d) would need a lot of work

    1段落め5行め「The roof ...」からはこうでした!
        The roof, however, had not been thatched for fifty years, and was near the end of its useful life.
        「その屋根は、しかしながら、50年間、葺(ふ)かれていなかった。そして、その役に立つ寿命の終わりに近かった。」

    1段落め7行め、「there were ...」からはこうでした!
        there were numerous leaks when it rained.
        「雨が降ったときには、たくさんの漏れがあった。」

    っていうことで、選択肢のa、b、cが間違っているっていうことがわかります。
        a) was in good condition
        「いい状態だった」
        b) had recently been thatched
        「最近ふかれていた」
        c) was leaking in a few places
        「すこしの場所で漏れていた」

    消去法で、選択肢dです!
        d) would need a lot of work
        「多くの作業を必要とするようだった」

    「すこし」とは言っても、「漏れ」がある状態です。しかも、50年間、葺き替えられていなかったっていうことは、葺き替えないといけません。直さないといけません。

    「多くの作業を必要とする」って言えるでしょう。

    っていうわけで、

    3.の正解は、選択肢dでした!
        d) would need a lot of work
        「多くの作業を必要とするようだった」

    (^o^)v
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    美大英語チャンネル
    更新頻度: 月額分以上
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥2,160 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。