• このエントリーをはてなブックマークに追加
タマビ・2013・B日程・[問題Ⅲ]・4. 2014年7月
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

タマビ・2013・B日程・[問題Ⅲ]・4. 2014年7月

2014-07-31 03:04
    タマビ・2013・B日程・[問題Ⅲ]・4.

    多摩美術大学・2013年度・B日程の[問題Ⅲ]をくわしく教えます!

    今回は、4.です!

    ************************************************************

    4.の設問はこうです!
        4.    著者によるルネッサンス期の patrons に関する説明として正しいものはどれか。
    3af8a0eb4243438415259e3662d45cd400203672
    photo credit: photographerglen via photopin cc

    ************************************************************

    選択肢です!
        a) 商人や市民、政治家であった。
        b) 建築や彫刻よりも絵画に関心をもった。
        c) 絵画よりも建築や彫刻に対する関心をもち、絵画に対する支援を打ち切った。
        d) カトリック教会に関わる作品を好んだ。

    ************************************************************

    本文の3カ所に「patrons(パトロン)」っていう単語が出てきます。

    まず、3段落め1行め、「During ...」からです!
        During this period of European history, the wealthy merchants and city or church officials were the main patrons of the artists.
        「ヨーロッパの歴史のこの期間には、裕福な商人と市や教会の役人が、芸術家たちのおもなパトロンだった。」

    次に、3段落め2行め、「However ...」からです!
        However, sadly for many artists, these patrons were often more interested in architecture than they were in painting.
        「しかしながら、多くの芸術家にとって残念なことに、これらのパトロンはしばしば、絵画よりも彫刻により興味を持っていた。」

    最後に、4段落め4行め、「Wealthy ...」からです!
        Wealthy patrons most often wanted works of art that had something to do with the Catholic Church.
        「裕福なパトロンは、もっとも多くは、カトリック教会に関係がある芸術作品を欲しがった。」

    ************************************************************

    語句です!

        patron    パトロン、後援者

        during    ~のあいだ
        period    期間、時期
        European    ヨーロッパの
        history    歴史
        wealthy    富裕(ふゆう)な、裕福(ゆうふく)な
        merchant    商人
        city    都市、市
        church    教会
        official    役人、職員
        main    おもな、主要な

        however    しかしながら
        sadly    残念なことには
        architecture    建築
        painting    絵画

        work    作品
        have something to do with    ~と関係がある
        Catholic    カトリックの
        church    教会
        the Catholic Church    カトリック教会

    ************************************************************

    「patron」は「パトロン」です!

    お金をくれる人です。

    英語の発音は「ペイ」です。「ペイトロン」です。もっと英語っぽく言えば「ペイチュロン」みたいな発音になります。

    芸術家らの活動を支援する資産家、企業のこと。

    ************************************************************

    「European(ヨーロッパの)」は、「美大英語.com」の「直前対策2012」で出てきていました!

    ヨーロッパ  Europe  European


    ************************************************************

    「have something to do with」です。

    「~とすることを持っている」っていう言い方をして、
    「~と関係がある」です。

    いっしょに次の表現も見ておきましょう。意味を考えて「関係がある・ない」って訳せばいいです。

        have something to do with    ~と(なにか)関係がある
        have nothing to do  with    ~と(なにも)関係がない
        have little to do with    ~とほとんど関係がない

    ちなみに、「have little to do with(~とはほとんど関係がない)」が、「ムサビ・2013・A日程・[問題Ⅰ]・3.の和訳の問題で出ていました。
    しばしば、これらは箱の中の食べ物とはほとんど関係がない。     Often these have little to do with the food inside the boxes.


    ちなみに、「often(しばしば)」もおなじところに出てきていました。
    「しばしば(often)」っていうのは、そういうことがよく起こる、っていう意味です。    漢字で書くと「屡々(しばしば)」「屢々(しばしば)」です。

    ************************************************************

    「Catholic」は「カトリックの」です。

    アクセントが珍しいです。アタマにあります。

    ふつうは、「-ic」で終わる単語は、「-ic」のすぐ前のところにアクセントがあります。「photographic」だったら「photoGRAphic」です。

    でも、「Catholic」は例外です!

    最初のところがいちばん強いです。「CAtholic」です。

    アクセントは例外です。でも、美術の歴史ではかならず出てくる単語です。覚えておきましょう。

    ************************************************************

    「church」は「教会」です。

    英語でも日本語でも、「church(教会)」っていうのは、建物のことを言うこともあるし、その宗教じたいのことを言うこともあります。

    「the Catholic Church」って言ったら、ひとつの建物じゃなくて、「カトリック教会」っていう宗教のことです。
    カトリック教会(カトリックきょうかい、ラテン語: Ecclesia Catholica)は、ローマ教皇を中心として全世界に12億人以上の信徒を有するキリスト教最大の教派。

    ************************************************************

    では、本文です!

    まず、3段落め1行め、「During ...」からです!
        During this period of European history, the wealthy merchants and city or church officials were the main patrons of the artists.
        「ヨーロッパの歴史のこの期間には、裕福な商人と市や教会の役人が、芸術家たちのおもなパトロンだった。」

        during    ~のあいだ
        period    期間、時期
        European    ヨーロッパの
        history    歴史
        wealthy    富裕(ふゆう)な、裕福(ゆうふく)な
        merchant    商人
        city    都市、市
        church    教会
        official    役人、職員
        main    おもな、主要な

    ************************************************************

    主語は「the wealthy merchants and city or church officials」です。「裕福な商人と市や教会の役人」です。

    「商人(merchants)」と「役人(officials)」です。

        the wealthy merchants
        「裕福な商人」

        city or church officials
        「市や教会の役人」

    ************************************************************

    動詞は、be動詞「were」です。

    そして、「パトロン」でした。

        the main patrons of the artists
        「芸術家たちのおもなパトロン」

    ************************************************************

    ふりかえります!

    3段落め1行め、「During ...」からです!
        During this period of European history, the wealthy merchants and city or church officials were the main patrons of the artists.
        「ヨーロッパの歴史のこの期間には、裕福な商人と市や教会の役人が、芸術家たちのおもなパトロンだった。」

    ここから、選択肢aがちがうっていうことがわかります!
        a) 商人や市民、政治家であった。

    「商人」はオッケーです。「市民」「政治家」がちがいます。

    本文では、「商人」と「市や教会の役人」です。これは、「市民」「政治家」とは言えません。

    ************************************************************

    次です!

    3段落め2行め、「However ...」からです!
        However, sadly for many artists, these patrons were often more interested in architecture than they were in painting.
        「しかしながら、多くの芸術家にとって残念なことに、これらのパトロンはしばしば、絵画よりも彫刻により興味を持っていた。」

        however    しかしながら
        sadly    残念なことには
        architecture    建築
        painting    絵画

    主語は「these patrons(これらのパトロン)」です。

    動詞は「were」です。

    ************************************************************

    「interested」です。

    「興味を持っている」です。興味っていう感情を感じています。

    感情を感じるのは受身です。「-ed」です。

    感情を感じさせるのは、「-ing」です。「interesting」です。

    ************************************************************

    「in」です。

    「~に興味を持っている」っていうのは「interested in」です。

    シンプルに書きかえてみてみると次のようになります。

        these patrons were interested in architecture
        「これらのパトロンは建築に興味を持っていた」

    ************************************************************

    これを比較にします!

    「more(より)」をつけます。

        these patrons were more interested in architecture
        「これらのパトロンは建築に、より興味を持っていた」

    ************************************************************

    「than」をつけます。

    「~よりも」です。

        these patrons were more interested in architecture than they were in painting
        「これらのパトロンは、絵画によりも、建築に、より興味を持っていた」

    「than」のあとはこんなふうに、「than」の前の部分のかたちをくり返すことがあります。

    そのほうが、どれとどれをくらべているのかがはっきりするからです。

    「they」は「these patrons(これらのパトロン)」のことですね。

    そして、「interested」は、「than」のあとでは省略されています。おぎなうと次のようになります。

        these patrons were more interested in architecture than they were interested in painting
        「これらのパトロンは、かれらが絵画に興味を持っていたよりも、建築により興味を持っていた」

    ************************************************************

    ふりかえります!

    3段落め2行め、「However ...」からです!
        However, sadly for many artists, these patrons were often more interested in architecture than they were in painting.
        「しかしながら、多くの芸術家にとって残念なことに、これらのパトロンはしばしば、絵画よりも彫刻により興味を持っていた。」

    ここから、選択肢bがまちがっているっていうことがわかります!
        b) 建築や彫刻よりも絵画に関心をもった。

    逆ですね。

    ************************************************************

    選択肢cは、後半の「支援を打ち切った」っていうのが、まちがいです。書いてありません。
        c) 絵画よりも建築や彫刻に対する関心をもち、絵画に対する支援を打ち切った。

    ************************************************************

    次です!

    最後に、4段落め4行め、「Wealthy ...」からです!
        Wealthy patrons most often wanted works of art that had something to do with the Catholic Church.
        「裕福なパトロンは、もっとも多くは、カトリック教会に関係がある芸術作品を欲しがった。」

        work    作品
        have something to do with    ~と関係がある
        Catholic    カトリックの
        church    教会
        the Catholic Church    カトリック教会

    主語は「Wealthy patrons(裕福なパトロン)」です。

    動詞は「wanted(欲しがった)」です。

    ************************************************************

    「作品」を欲しがりました。

        works of art
        芸術の作品

    名詞のかたまりになっています。

    ************************************************************

    「that」です!

    関係代名詞(かんけいだいめいし)です!

    「それ」っていう「代名詞」の意味があります。

    「そういう」っていう、前と後ろをつなげて説明する、「関係詞(かんけいし)」の意味があります。

        works of art that had something to do with the Catholic Church
        「(それが)カトリック教会に関係がある(そういう)芸術作品」

    ここでカッコに入れて訳した関係代名詞の意味は、和訳ではふつうは消えてしまいます。

    和訳では、関係代名詞じたいは、訳にあらわれないのがふつうです。

        works of art that had something to do with the Catholic Church
        「カトリック教会に関係がある芸術作品」
        「(それが)カトリック教会に関係がある(そういう)芸術作品」

    ************************************************************

    ふりかえります!

    4段落め4行め、「Wealthy ...」からです!
        Wealthy patrons most often wanted works of art that had something to do with the Catholic Church.
        「裕福なパトロンは、もっとも多くは、カトリック教会に関係がある芸術作品を欲しがった。」

    ここから、選択肢dが正しいことがわかります!
        d) カトリック教会に関わる作品を好んだ。

    ************************************************************

    まとめます!

    4.の設問はこうでした!
        4.    著者によるルネッサンス期の patrons に関する説明として正しいものはどれか。

    選択肢はこうでした1
        a) 商人や市民、政治家であった。
        b) 建築や彫刻よりも絵画に関心をもった。
        c) 絵画よりも建築や彫刻に対する関心をもち、絵画に対する支援を打ち切った。
        d) カトリック教会に関わる作品を好んだ。

    本文は3カ所見ました!

    3段落め1行め、「During ...」からはこうでした!
        During this period of European history, the wealthy merchants and city or church officials were the main patrons of the artists.
        「ヨーロッパの歴史のこの期間には、裕福な商人と市や教会の役人が、芸術家たちのおもなパトロンだった。」

    3段落め2行め、「However ...」からはこうでした!
        However, sadly for many artists, these patrons were often more interested in architecture than they were in painting.
        「しかしながら、多くの芸術家にとって残念なことに、これらのパトロンはしばしば、絵画よりも彫刻により興味を持っていた。」

    4段落め4行め、「Wealthy ...」からはこうでした!
        Wealthy patrons most often wanted works of art that had something to do with the Catholic Church.
        「裕福なパトロンは、もっとも多くは、カトリック教会に関係がある芸術作品を欲しがった。」

    っていうわけで、

    4.の正解は、選択肢dでした!
        d) カトリック教会に関わる作品を好んだ。

    ( ´∀`)bグッ!
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    美大英語チャンネル
    更新頻度: 月額分以上
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥2,160 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。