• このエントリーをはてなブックマークに追加
タマビ・2013・B日程・[問題Ⅲ]・6. 2014年7月
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

タマビ・2013・B日程・[問題Ⅲ]・6. 2014年7月

2014-07-31 03:06
    タマビ・2013・B日程・[問題Ⅲ]・6.

    多摩美術大学・2013年度・B日程の[問題Ⅲ]をくわしく教えます!

    今回は、6.です!

    ------------------------------------------------------------

    6.の設問はこうです!
        6.    3)artists were often limited to the Bible when choosing what to paint とあるが、その理由として最も適切なものはどれか。[36]
    9e98b467ab6b15de9b125eff78b2a51a4b8c8db0
    photo credit: Waiting For The Word via photopin cc

    下線部3は、本文の4段落め6行めからにあります。

    ------------------------------------------------------------

    選択肢です!
        a) パトロンがもたらす富によって芸術家が自由に創作活動をできるようになったから。
        b) ヒューマニズムによる変化が大きかったから。
        c) 当時のイタリアの人びとが宗教的作品を好んだから。
        d) 新しい技術や素材が発展したから。

    ------------------------------------------------------------

    本文のなかの解答の手がかりです!

    4段落め2行めからの文です!
        In spite of the changes brought about by humanism, the Italian population remained, more than anything else, quite religious.
        「ヒューマニズムによって引き起こされた変化にもかかわらず、イタリアの人びとは、ほかのなによりも、かなり信心深いままであった。」

    ------------------------------------------------------------

    語句です!

        limit    かぎる
        the Bible    聖書
        choose    選ぶ
        paint    絵の具で描く

        in spite of    ~にもかかわらず
        change    変化
        brought    「bring(もたらす)」の過去分詞(かこぶんし)
        bring about    ひきおこす、なしとげる

        Italian    イタリアの
        population    住民、人びと
        remain    ~のままである
        quite    かなり、とても
        religious    宗教の、信心深い

    ------------------------------------------------------------

    まず、下線部です!

    下線部3は、本文の4段落め6行めからにあります。
        artists were often limited to the Bible when choosing what to paint
        「芸術家たちは、なにを描くかを選ぶときに、たびたび聖書にかぎられた」

    主語は「artists(芸術家たち)」です。

    動詞は「were」です。受身で「were limited(かぎられた)」です。

    ------------------------------------------------------------

    「often」がはさまっています。

    たびたび、聖書に、かぎられました。

        artists were often limited to the Bible
        「芸術家たちは、たびたび聖書にかぎられた」

    ------------------------------------------------------------

    「when」です。

    「選ぶときに」です。

        when choosing
        「選ぶときに」

    ------------------------------------------------------------

    「what to paint」です。

    「何を書くべきか」「何を描くか」です。

        when choosing what to paint
        「なにを描くかを選ぶときに」

    ------------------------------------------------------------

    ふりかえります!

    下線部3です。
        artists were often limited to the Bible when choosing what to paint
        「芸術家たちは、なにを描くかを選ぶときに、たびたび聖書にかぎられた」

    ------------------------------------------------------------

    では、本文です!

    まず、最初のコンマ(,)までです!
        In spite of the changes brought about by humanism,
        「ヒューマニズムによって引き起こされた変化にもかかわらず、」

        in spite of    ~にもかかわらず
        change    変化
        brought    「bring(もたらす)」の過去分詞(かこぶんし)
        bring about    ひきおこす、なしとげる

    ------------------------------------------------------------

    「変化にもかかわらず」って言っています。

        In spite of the changes
        「変化にもかかわらず、」

    そのあとに「changes(変化)」っていう名詞を、過去分詞でうしろから説明しています。「brought about(ひきおこされた)」です。

        the changes brought about
        「引き起こされた変化」

    そして、「by humanism(ヒューマニズムによって)」です。

        In spite of the changes brought about by humanism,
        「ヒューマニズムによって引き起こされた変化にもかかわらず、」

    ------------------------------------------------------------

    では、文のメインの部分です!
        the Italian population remained, more than anything else, quite religious.
        「イタリアの人びとは、ほかのなによりも、かなり信心深いままであった。」

        Italian    イタリアの
        population    住民、人びと
        remain    ~のままである
        quite    かなり、とても
        religious    宗教の、信心深い

    ------------------------------------------------------------

    シンプルに書きかえます!

        the Italian population remained religious.
        「イタリアの人びとは、信心深いままであった。」

    主語は「the Italian population(イタリアの人びと)」です。

    「population」はここでは「人びと」っていう意味です。「人口(じんこう)」っていう意味もあります。覚えておいてください。

    動詞は「remained(~のままであった)」です。

    そのときよりももっと前からと変わらず、そのときもそうだったって言っています。ルネッサンスの前は信心深かったし、ルネッサンスの時も、前と変わらず、信心深いままだったって言っています。

    ------------------------------------------------------------

    あいだに「more than anything else」がはさまっています。

    「ほかのなによりも」です。

        more than anything else
        「ほかのなによりも」

    ------------------------------------------------------------

    「quite」は「かなり」です。

    「quite(かなり)」っていう言葉は意味がわかりにくいと思います。

    こまかく言えば、イギリス英語とアメリカ英語でも意味が少しちがってきます。

    ざっくり言い切っておきます。

    「かなり」っていうのは「とても」とだいたいおなじ意味です!

    「quite」は「very」とだいたいおなじです!

    とりあえず「quite」は「かなり」っていう訳をまず覚えましょう!

    ------------------------------------------------------------

    ふりかえります!

    本文の4段落め2行めからの文です!
        In spite of the changes brought about by humanism, the Italian population remained, more than anything else, quite religious.
        「ヒューマニズムによって引き起こされた変化にもかかわらず、イタリアの人びとは、ほかのなによりも、かなり信心深いままであった。」

    この内容にあてはまるのが、正解の選択肢cです!
        c) 当時のイタリアの人びとが宗教的作品を好んだから。

    ------------------------------------------------------------

    まとめます!

    6.の設問はこうでした!
        6.    3)artists were often limited to the Bible when choosing what to paint とあるが、その理由として最も適切なものはどれか。[36]

    選択肢はこうでした!
        a) パトロンがもたらす富によって芸術家が自由に創作活動をできるようになったから。
        b) ヒューマニズムによる変化が大きかったから。
        c) 当時のイタリアの人びとが宗教的作品を好んだから。
        d) 新しい技術や素材が発展したから。

    下線部3はこうでした!
        artists were often limited to the Bible when choosing what to paint
        「芸術家たちは、なにを描くかを選ぶときに、たびたび聖書にかぎられた」

    本文の4段落め2行めからの文はこうでした!
        In spite of the changes brought about by humanism, the Italian population remained, more than anything else, quite religious.
        「ヒューマニズムによって引き起こされた変化にもかかわらず、イタリアの人びとは、ほかのなによりも、かなり信心深いままであった。」

    っていうわけで、

    6.の正解は、選択肢cです!
        c) 当時のイタリアの人びとが宗教的作品を好んだから。

    ------------------------------------------------------------

    これで、タマビ・2013・B日程の設問についての解説は終わりです!

    おつかれさまでした!

    (@^^)/~~~
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    美大英語チャンネル
    更新頻度: 月額分以上
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥2,160 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。