第5期MMD剣王戦 開催概要告知
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第5期MMD剣王戦 開催概要告知

2020-07-06 01:11



    MMD剣王戦は
    どりーみー・ふぁんたずむ様により開催されていた
    ソードアクションinMMDの後継イベントです!

    刀剣とキャラが織り成すアクションを静止画で表現し、匿名にてその粋を競い合います!

    開催用Twitter(@mmdgunandsword)に静画をダイレクトメッセージ送信すれば、エントリーは完了です!

    参加者の方には、限定の参加賞モデルもご用意いたしております!

    奮ってご参加ください!

    第5期剣王戦 開催概要詳細

    ①参加のルール
    • キャラクターと刀剣のモデルを各1種類以上ずつ用いてMikuMikuDanceおよびその派生ソフトで制作された静止画を作成し、勝敗を競う。
    • 参加者は参加賞、優勝者は参加賞に加え優勝賞品と半年の間「剣王」のタイトル称号を名乗る権利を得る。
    • 開催にはTwitterの開催用アカウント(@mmdgunandsword)を用いる。参加者はフォローが必須となる。投票するだけならフォロー不要。
    • 本戦参加者にはエントリーナンバーが割り振られ、匿名で競う。エントリーナンバーや、参加していること自体も他者に明かしてはならないが、開催用アカウントのツイートは全て自由にリツイートすることができる。
    • 敗退または優勝した時点で、自分がどのエントリーナンバーで参加していたかを明かしてよい。運営からは優勝者を除き公表されない。
    • 敗退後または優勝後は、自身の作品を自身のTwitterやニコニコ静画等で投稿してよい。
    • エントリーおよび締め切り時刻を過ぎた場合は、失格とする。ただし、5分までの遅刻は許容範囲内とする。また、災害等のやむを得ない事由がみとめられる場合も出場権を喪失しない。なお、エントリー自体が成立している場合は失格となっても参加賞を受け取ることができる。
    • 途中で自己の意志により棄権することは可とする。この場合も参加賞は贈呈される。また、締め切り前であれば復活申請も可。
    • 質問は開催用アカウントまたはアサシンP(@ruin1110)までダイレクトメッセージで送ること。
    ②制作のルール
    • サイズは1280x720のみとする。サイズを誤った場合も受理されるが、大きい場合は縮小、小さい場合は拡大せずそのままとする。いずれも余白は黒色で塗り潰される。
    • モデルやアクセサリ、エフェクト、背景画像の使用制限は無い。ジャンルも問わない。
    • ペイントソフトを用いての加工は、MMD作品であることが誰の目にも明らかである程度にとどまる場合、必要最低限の加工を可とする。あくまでもMMD作品の出来栄えで競われることが本大会の前提である。
    • エロ・グロの規定は設けないが、使用したモデルの規約を順守すること。また、著しく公序良俗に反している場合は運営側で参加対象外と判断し、作り直しが要求される。再提出がなかった場合は失格。
    • 刀剣モデルは刃物であれば基本的に可とし、明確な基準は設けないこととする。日本刀、バスタードソード、レイピアなどはもちろん、槍、斧、カッターナイフ、手術用メス、テーブルナイフ、手裏剣なども可。ただし剣(特攻機)やGSX1100Sカタナ、手刀など、それ自体が刀剣類ではない物は不可。
    • 理論上刀剣類ではあるが、刀剣男子等の刀剣擬人化キャラクターのみでの制作は不可。別途刀剣類のモデルを使用すること。
    • キャラクターモデルはジャンル等問わず自由。必要に応じて改造も可。
    ③投稿のルール
    • エントリーはTwitterの開催用アカウントへ、一次予選用の画像をダイレクトメッセージで送信することで完了する。
    • 画像にタイトルは付けない。
    • クレジットは後述する書式に基づき入力されたものをダイレクトメッセージで付記した場合に限り、連投ツイートとして投稿される。
    • 画像拡張子はPNGまたはJPGとする。
    • 投稿締め切りまでであれば、何度でも送信し直すことができる。
    • 次回以降の試合の画像を、その前の試合が決着するより前に送信することはできない(混乱防止の為)。
    • 途中からTwitterアカウントを変更して送信することはできない。開催期間中にやむを得ずアカウントを移行する場合は、移行前に申し出ること。ただしアカウントが凍結された場合を除く。
    ・クレジット書式

    モデル名:作者名
    モデル名:作者名
    アクセサリ名:作者名
    ステージ名:作者名
    エフェクト名:作者名
    エフェクト名:作者名
    エフェクト名:作者名
     このように、「素材名+全角コロン+作者名」という書式で書いて改行を繰り返す。途中で位置揃えのためのスペースなどは打たない。モデル等の作者本人が参加する場合を想定し、敬称は付けない。
    また、<br>等のhtmlタグは付けず、エンターキーで改行すること。あらかじめテキストエディタなどで書き上げてからのコピペ推奨。

    ④評価のルール
    • 勝敗はTwitterの投票機能を用いて決定される。
    • 投票ツイートは連投ツイートとして投稿される。
    • 万一同点となった場合は、さらに1時間の決選投票が行なわれ、勝敗が決するまで続く。
    ・エキシビション部門
    • 本戦には参加せず、1回の投稿のみを行なう部門。
    • 参加者は本戦と同じルールのもと、静画を1枚作成する。1人1枚まで。
    • エントリー締め切りは本戦1回戦と同時。
    • 参加賞は本戦と同様に授与される。
    • エントリー締め切りまでであれば、エキシビションから本戦、本戦からエキシビションへ切り換えることも可。締め切り以後本戦から外れる場合は途中棄権とする。
    • 開催用アカウントで作品が発表され次第、自身のTwitterやニコニコ静画等へ投稿してよい。
    • 本戦とのダブルエントリーは不可。

    第5期剣王戦 実施方式

     方式は一次ブロック予選、二次ブロック予選、準決勝、決勝からなる。

    ①一次ブロック予選

     参加者がランダムに選ばれたブロックに最大4名ずつで割り振られ、各ブロック得票率1位の1名が勝ち抜きとなる。
     勝ち抜き者は合計で最大15名。そのため、エントリー総数が60名を超えた場合は一次ブロック予選が2回以上行なわれる。

    ②二次ブロック予選

     一次勝ち抜き者15名に加え、前期剣王1名を加えた最大16名で競われる。
     新たにエントリーナンバーが割り振られ、配置がシャッフルされる。最大4名のブロックで競われ、各ブロック上位1名が準決勝へ進出する。

    ③準決勝・決勝

     準決勝以降は1対1のトーナメント戦となる。決勝での勝者が次期剣王となる。

     なお、これらの形式やブロック割り当て人数は参加人数によって変更される。


    第5期剣王戦 開催日程

    • エントリー開始:2020年8月1日0時0分0秒。
    • エントリー締切:2020年8月31日23時59分59秒。5分までの遅刻は許容。
    • 一次ブロック予選開始:9月1日22時00分。
    • 一次ブロック予選投票開始:9月1日23時00分。
    • 投票期間は24時間とする。
    • 以後、勝ち抜き者の送信締め切りは投票終了から7日後の終了時点まで。2日23時に決着したブロックの勝ち抜き者送信締め切りは、9日23時59分となる。
    • この日程は、運営側の都合等により延期する場合がある。

    第5期剣王戦 参加賞

     参加賞(本戦・エキシビション共通)
     「未定」

     参加賞選択は不可。第4期の参加賞「蛍丸写し」は第5期開催終了後に一般公開。

     本戦参加者はこれに加え、さらに本戦参加勲章モデルが追加で授与される。
     優勝者にはさらに優勝記念モデルが授与される。

    おわりに

     皆様のご参加を、心よりお待ち申し上げております。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。