• 【ドラマシアタートライアスロン】第2種目:コメディドラマ 参加作品褒め紹介

    2020-03-26 00:48
    ドラマシアタートライアスロン第2種目:コメディドラマが公開されました。(ツイッター企画アカウント:https://mobile.twitter.com/DraTheaButokai)

    作る側としてはなかなかタイトなスケジュールですが楽しいですね。
    ここで差がつくのか、それとも拮抗した状態で最終局面を迎えるのか。
    大事なフェーズだと言えるでしょう。
    といったところで早速参加作品の軽い紹介をしていきます。
    紹介なので褒めオンリーです。

    気になるものがあれば是非実際に見て、投票もしてみてくださいね。
    参加作品は↓から見られます。(※他種目の投票期間中は非公開の場合があります)
    それではいきましょう。第2種目のお題は「カプセル」。
    しれっと自作にも触れますがご了承ください。

    1.ゴー☆
    シュール系に分類したくなる作品。ズレる2人と、それを横目に淡々と進めるもう1人。面白いトリオですね。
    2.カプセルじゃなく、夢を買っているんだ
    ジュリアがちゃんとツッコんでくれる安心感。いつも通りの人が一番面白いと思いました。
    3.気分の良くなるアロマ
    可憐がトスを上げて亜利沙が全部持ってくような感じです。トスを上げ始めてからが本番かな。りっちゃんちょっと分が悪いか。
    4.だって私は、如月千早だから。
    セリフ自体は同じものが繰り返されますが、キレのある印象を受けました。終始冷静なツッコミなのが良いですよね。
    5.おいでよ!どうぶつのカプセル
    細かく緩急をつけている印象です。最後の盛り上がりが好き。
    6.ドッキリを仕掛けよう
    遊びを楽しんでる感が伝わってきました。笑顔が怖いですねぇ。この後どうなるのか興味があります。
    7.衝撃スクープ!事務所を守る為なら私...
    中盤の黒ちゃん辺りからフルスロットルですなぁ。この話においては感情全開でのツッコミがナイスです。
    8.最近流行っているらしい
    スパーンと駆け抜ける居合抜きスタイル。字面を真面目に追うと面白い光景だなぁと想像しました。
    9.回して楽しいカプセルガチャ
    シュール系に(ry じっくり見ていくと彼女が仕組んでるってのが分かります。変わり身の早さにほっこりしました。
    10.良い思い出ばかりとは限らない
    あれの続きですね。ナチュラルに飛んでることを言っても佐竹美奈子ならおかしくないと思ってしまう不思議。サムネの2人ですがハイライトさんが消えてるように見える…w
    11.千早「カプセルトイを回してみたら」
    そうなのよね。登録商標なのよね。それはさておき絶妙にありがたみの薄いものばっかり挙げおってw 結構好きなノリです。
    12.全種類出るまで!?
    登場人物とテーマでここまで被る。こちらは暴走するおかしみな訳ですが。「カプセルトイ」の言葉の使い方がナイスだと思いました。
    13.HANABI団流!必殺!仲間召喚の儀!!
    苦労人やなぁ…w ツッコミって人によって合うスタイル合わないスタイルがあるんだなって思いました。のり子は確かにこっちのタイプだわ。
    14.10年後の音無小鳥3×歳
    ※元のタイトルは「×」に環境依存文字を使っているっぽいのでそこだけ代用しています
    あれの直接的な続きというよりはシリーズの一環みたいな感じでしょうか。そしてねじ込んでくるスタイル。年下よりもくるくる表情が変わるピヨちゃん良いですね。
    15.7年目の真実
    傍から見ている分には面白い、そんな光景でした。3種類目からの数コマが好きです。
    16.漫才「謎のカプセル」
    こちらは正統派の漫才。バランスの良いコンビです。茜ちゃん場を回すの上手いな。
    17.カプセルホイホイ
    オチが最高でした。その表情なのがまた良い。そこまでの溜めもしっかり作ってますよこれ。
    18.お前がパパになるんだよ!
    ムズムズする感じの前半と引っ掻き回す後半と。強かですねぇ。とあるシーンの嫌そうな顔がツボです。
    19.コメディって?
    フリーダムに展開していきます。ちょくちょく入るメタ表現がズルい。ここの亜美は茜ちゃんを信頼して動いている気がする。
    20.笑いの暴走特急、なんやいね白石
    てんやわんやしてるのを見て楽しむお話ですかね。これは良い一人相撲。ゲームとリアルの関係がとある映画を彷彿とさせます。
    21.ポケモンやないか!
    莉緒姉がトスしてこのみさんが打つ。ひたすらその繰り返しで畳みかけてきます。段々勢いを増していくのがナイス。
    22.すんごいやんばいにんがい
    自然体な面白さって感じでした。3人とも生き生き動いていますね。

    と、いったところで第2種目の作品達でした。気になるものには是非投票してみてくださいね。
    投票アンケートは↓。(投票期間3/27まで)
    https://mobile.twitter.com/DraTheaButokai/status/1242443652565102592

  • 広告
  • NEUTRINO(歌声合成エンジン)にはシンプルな楽譜を読ませたい話(タベルヤ・コーラス裏話)

    2020-03-22 22:19
    「たべるんごのうた」ブームがまだまだ終わっていないように見える3/22現在。
    私も乗っかっちゃってますが。もう3つもやってる。

    簡易的なマッシュアップ、ゴリ押し的な人力とやって3作目↓ではNEUTRINO(歌声合成エンジン)に手を出しまして。

    今回の記事ではその時のあれこれを書いてみようと思います。

    まず参考にした動画が↓。

    導入から歌わせるまでの流れが丁寧に解説されていて、大変助かりました。
    作者様には深くお礼申し上げます。

    で、動画の内容に従って楽譜の準備に「MuseScore」をインストールして。
    midiを取り込んで歌わせたいところだけ引っこ抜いて歌詞も入れて。(↓がその時の譜面)

    さあNEUTRINO実行だ!とやってみたら全然思った感じになりません。

    歌詞が飛び飛びなところがあったことから、和音と1つの音符に歌詞を2文字以上詰め込んだのが原因かと思いましてね。
    ・和音は全部単音にする
    ・1つの音符につき歌詞は1文字のみにする(必要なら音符そのものを増やす)
    という修正をしてみたら今度はちゃんと歌詞を拾ってくれたのでした。(↓が修正後の譜面)



    ちょっと動かしただけの勝手な想像ですが、NEUTRINOであんまり複雑な譜面は処理できないのかもしれません。
    歌ってことを考えても、人間が歌いやすい譜面の方がAIにとっても歌いやすいでしょうしね。
    NEUTRINOで何かやる時はなるべく楽譜をシンプルにした方が良いのかな、なんて風に思いました。
    (今回だと32分音符でめっちゃ細かいところを16分音符の形に間引いたりしました)

    あとさらっとしか触れていませんが「MuseScore」。
    これもなかなか良さげなソフトな印象です。動かしててちょっと楽しかった。


    こんなところでしょうか。
    読んでいただきありがとうございました。
  • 【ドラマシアタートライアスロン】第1種目:日常ドラマ 参加作品褒め紹介

    2020-03-20 22:16
    作者を伏せてドラマの内容だけで勝負する「ドラマシアター武闘会」。久々にやって参りました。(ツイッター企画アカウント:https://mobile.twitter.com/DraTheaButokai)
    今回は新形式「ドラマシアタートライアスロン」での開催です。

    ・参加者は日常・コメディ・シリアスの3つのドラマを作る
    ・ジャンルごとに投票を行い、得票数が多いほど高ポイントを得られる
    ・最終的に3種目の合計ポイントが最も高かった人が優勝
    といった流れで進んでいきます。まずは第1種目:日常ドラマな訳ですね。

    という訳でいつものように、参加作品それぞれについて軽い紹介をしようと思います。
    紹介なので褒めオンリーです。

    気になるものがあれば是非実際に見てみてくださいね。
    参加作品は↓から見られます。(※他種目の投票期間中は非公開の場合があります)
    それではいきましょう。第1種目のお題は「風」。
    例によって私も参加しています。しれっと自作にも触れますがご了承ください。

    1.だれとはなしているの?れいか
    奇妙な出来事もまた日常。流石は麗花さんや。サムネの構図がナイスですね。
    2.仮題 豪風の巫女姫
    この2人も結構遠慮のない関係ですよね。こういう関係好き。「※」も良い味出してます。
    3.冷たい風と気象台
    落ち着いた雰囲気の、何気ない会話って感じが良いですね。サムネの絵から「動き」が感じられました。
    4.最高の一枚は難しい。
    珍しいところにフォーカスしてる気がする。でもありそう。りっちゃん登場のくだりでニヤッとしましたね。
    5.ノ虱のいたずら
    何でその漢字で通したんですかね…w 読む時は適宜読み替えるのがよろしいかと。強風の情景が浮かんで来るようでした。わたわたするのかわいい。
    6.風が吹けば何とやら
    今回の作品群、時事ネタを除けばトレンドはこの諺。縦に3つ並ぶのは最早奇跡。ギアッチョみたいな難癖が笑いを誘います。長尺の台詞でもくどくない感じがするのはすごいなぁ。
    7.大人色カフェオレ
    タイトルがドストライクなやつ。話としてはリアリティがあってオチまで完備。シンプルに好きなタイプの話でした。
    8.風が吹けば
    こっちではそんなにボロクソに言われない諺くん。説明とは相手が分かってこそのものなのです。それにしても百合子は動きますね。走り出す描写が良い。
    9.idolよ会話は快適か?
    昴の的確なツッコミが良いなぁと思いました。感情面のリアリティは高めかも。こうする方がフェアだと思うので書いておきますが、後半の展開はちょっと人を選ぶかもしれません。
    10.風が吹けば千早が儲かる
    実は諺の話ではない三男。初見では分かりませんでしたが3本立てなんすねこれ。多分最後のがやりたかったんだろうなぁと思ってます。ノリとしては結構好きです。
    11.例えばさ…
    面白い状況で会話が進みます。豪胆と言うか何と言うか。これどちらかと言うと男子中学生の会話なのでは…w
    12.土属性どこ行ったんだ?
    何だその理屈は。でも3人とも楽しそうなのでオッケーなんでしょう。あと「おっしゃる通り」の場面のまみかわ。ちなみに残りの2つは何担当なんですかね?
    13.はるかぜとともに
    振り回される年下。美也のセリフが正にそれって感じでした。和やかで良い空気ですなぁ。
    14.事務員音無小鳥2×歳
    ※元のタイトルは「×」に環境依存文字を使っているっぽいのでそこだけ代用しています
    この活用は新しい。言われた方には悪いがクスッときました。ピヨちゃんってロマンチストよね。
    15.ノッてけ!ウィンドロード!
    実に爽やか。こういうことをさらっと言えるのがのり子の良いところだなと思います。
    16.徒然なるままに見つめて
    北沢さんめんどくさいですね(誉め言葉)。何だかんだで欲望に忠実なのが良い。
    17.39プロジェクトフェス!in風の森ホール
    1人のセリフで(厳密には2人ですが)この分量を回すのが素直にすごいと思います。電話のシーン1つとっても書き手によって大分変わるんですねぇ。見ていて安心する感じでした。
    18.フルスイング!
    ほんのり切なくてビター。でもあんまり重くならないのが良いなぁと思いました。キーファクターの人何気に超人では。
    19.風の生まれる場所
    このサムネはズルい。本文通して見ても良いコンビでした。途中の間だったり綺麗な表現だったり、話として引き込む力が強いのかな。
    20.事務所でよく見られる光景です
    忘れた頃にやって来るやつ。その発想に脱帽です。知らぬが仏とはこのことか。
    21.麗花さんとこぶん~一陣の風を添えて~
    時間の流れや見る光景を、一緒に体験するようなお話でした。「みんなにも」のセリフが好きです。地の文って自由なのではなどと思いつきを書いてみる。
    22.風にもてあそばれて
    野暮ですが系統違うからそうするのって結構難しい気がします。ということはきっとすげー技術なんでしょう。お姉さんなロコも良いものだ。

    と、いったところで第1種目の作品達でした。第2種目をお楽しみに。(3/24~予定)