• 人類史 メモ に

    2020-02-05 19:49



     人間・・・つまりはホモ・サピエンスとその他の動物には大きな違いがある。

    それは幼年期、大人になるまでの期間である。

    分かり易く言えば、生まれてから学生生活が終わり就職して独り立ちするまでの期間だ。

    他の動物たちは幼年期が人間に比べ非常に短く、直ぐに巣立つ。

    人間はこの幼年期が長いお陰でより多くの学習機会を得ることが可能となり、
    知能が発達したとも言われている。

    が、それは結果としてそうなったのではないか?ともいえる。



     仮に猿人であるアウストラロピテクスを最古の人類とするならば、
    人類が地球に誕生してから今まで約600万年の月日が流れていることになる。

    その長きに渡る年月の中で人が集落を形成し灌漑農業を始め、
    安定した食糧と文明文化・・・都市国家の形成に至ったのは紀元前2700年ごろ、
    今からおよそ5000年前の話である。

    つまりは人類史上600万年の歴史の中で599万5000年の歳月・・・10分の9の時間を狩猟採取による食糧確保の生活を続け、道具の使用に至っては簡易的な打製石器のみだった。

    それがたったの5,000年前に突如として灌漑技術を手に入れ、近代で人類は宇宙に到達したのである。


     古代旧石器時代は今の地上と違い大陸や島々の位置も異なっていて、
    さらには気候についても同様だった。

    その中で人類に最も大きな影響をもたらした変化が約3万年前におきた北半球の大陸氷河の後退だった。

    氷河期は地球上で何度も繰り返されており、最古の氷河期はヒューロ二アン氷河時代と呼ばれ、今から約22億年前に起きている。

    そして現在は第四紀氷河時代と呼ばれ、更新世である約258万年前に始まり北半球の氷床が拡大し始めた。

    それ以来地球では4万年と10万年の周期で氷床の発達と後退を繰り返している。
    この内、氷床の拡大期間を氷期と言い、後退期を間氷期と言う。

    地球は現在間氷期にあり、最後の氷期である最終氷期は約1万年前に終わった。
    グリーンランドや南極大陸にある氷床はその残りである。




     つまり現在地球上で生きている多くの生物は地球が温暖化したことによって繁殖することができている。
    温暖化の恩恵を受け繁殖できた人類がその温暖化により滅ぶかもしれないのは実に皮肉である。



     少し話は逸れるが、この広大な宇宙の中にある太陽系の地球という星は、
    生物が生まれ活動することができるハビタブルゾーン(十分な大気圧と液体の水が存在できる空間)にある。

    更に言えば宇宙の誕生よりしばらくの間は原子炉の様な状態になっており、膨大な熱エネルギーを含んでいた。

    そして原子の運動が落ち着き、それらが組み合わさり様々な分子が生まれ、塵となり、それらが集まったことで星となった。

    宇宙空間にある全ての星々は高エネルギー(高温)だった宇宙空間が低エネルギー(低温)状態になることにより存在できている。

    しかし、現在の安定している宇宙がいつ電子レンジへ変わるかは分からない。

    つまり我々人類は、地球は次の瞬間滅亡する可能性を常に孕んでいる。


     こんなこと言うのも何だけど、スペース移民とか考えるより先に異世界にでも行く方法を考えた方がいい気がする。

     不老不死とか宇宙世紀とか成し遂げたとしても同一世界である限り人類は確実に滅亡する。
    もしかしたらこの宇宙で生まれ出た知的生命体はとうの昔にこの宇宙を脱しているのかもしれない。


     美しく言えば、今この瞬間に生きているのは奇跡だ。










  • 広告
  • 人類史 メモ いち

    2020-01-25 23:55

     人類史の始まりは約600万年前〜400万年前と推定される。

    ・約540万年前、現在における最古の猿人と言われるアウストラロピテクス属が登場

    アウストラロピテクス属は人に近いDNAの塩基配列を持つ。

    アフリカで生まれた初期の人類的な猿。

    約400〜200万年前に生存、今では絶滅している。

    食料は植物採取が中心で小動物なども狩ってた。



    ・約50万年前、原人が登場。

    火を使い始める。

    控えめに言ってまだ猿。

    猿と人間のハーフ並に猿。

    洞穴などに住み、採取や狩猟が生業。



    ・約40万年前にネアンデルタール人が出現


    最近の学説だと4万年前に絶滅したらしい。

    ちょっと前まで旧人などと言われていたが、研究により人間の祖先ではなく亜種だと判明。

    つまりDNA的に言えばイメージとして猿とチンパンジー並に違う。

    人類に比べ喉の発達が異なり分節言語を発声する能力が低いと言われている。

    白い肌で赤い髪だった説があるので、アニメや漫画のキャラクターはもしかしたらネアンデルタール人が混じっているのかもしれない。

    人を食べる、つまりは共食いする。

    積極的な火の利用が始まる。
    がしかし、実際に火を起こす方法を知っていたかは不明である。

    洞窟に絵を描いていたりネックレスなどが発見されている。

    絶滅の原因は謎。

    この頃まで身長は160㎝ほど。




    ・約4万年前クロマニョン人が登場。


    新人とも呼ばれている。

    骨格が丈夫で身長が180㎝ありヨーロッパ人の祖先の一部と言われている。

    精密な石器や埋葬、呪術、洞窟画、彫刻、呪術など進んだ文化を持っていた。

    狩猟採取生活で大型動物などが減少や絶滅し滅亡。






     ここから先が今の人類となるが、ここまでの原始人はいずれもダーウィンの進化論が前提となっている。

    そもそも生き物の文明が進化するにはいくつかの条件がある。

    その中で最も重要なのは十分な食糧の確保である。

    食糧の確保ができなければ種の絶対数が増えることはなく一定に保たれるはずである。

    そして旧石器時代においては狩猟採取生活が主である為、定住による食糧の確保はある程度絶対数が決まっており、キャパシティを超えた繁殖は不可能である。

    つまり、人間がここまで世界的に繁殖できたのには一定の食糧確保が可能な農耕や牧畜によるものが大きい。


    しかし人類史において最も謎なのが農耕や牧畜、火の使用なども含めどこからそんな技術や文化が生まれた、もしくはもたらされたのかだ。


    第一に現代でもそんな文化を持つものは人間以外存在しえない。

    もしも進化論が正しいのであれば人間以外の何らかの知的生命体がいないというのはおかしな話である。

    例えDNAに突発的な変化が起きたとしてもそれが自然なレベルならアルビノの様なものだろう。

    金髪美少女か黒髪美少女か・・・そんな感じの話になる。

    種族が変化するというのは人間が突如エルフやドワーフになったり、鯉が滝を登って龍になる様なことだ。


    猿人の登場から原人になる為に500万年もの時間を費やしたのに対し、クロマニョン人の登場から現代人になる為にかかった時間は僅かに4万年にすぎない。


    明らかに文明などの進化スピードを考えればおかしい。


    それにDNAに関しても外的な要因が加わったことは否定できない。


    仮に猿人や原人レベルまでなら自然進化があり得たとしても、それ以降は絶対に宇宙人の仕業だと思う。


    日本人の平均身長が伸びたのは明治以降外国人との混血が進んだからだろう。
    江戸以前、偶に高身長の人が生まれてもそれ以降身長の高い人間が生まれる様になったなんて話もまず聞かない。

    つまり集団的変化は外的要因がなければ成立しない。


    間違いなく宇宙人。



     以上。












     
  • 歴史勉強 メモ

    2018-05-16 00:40


     どうも、捻くれ猫です
    現在歴史を個人的に勉強しつつ、MMD紙芝居動画の制作にも着手しています


    それで勉強して思ったこととか適当に書き込んでいきます(笑)





     初めに、歴史を・・・艦これなどの影響で特に近代史を勉強しているのですが、


    「歴史を勉強すれば、世界平和も実現できると僕は感じましたし、確信しています。」



     今、2009年にNHKで放送された「日本海軍400時間の証言」を書籍化した

    「日本海軍400時間の証言~軍令部・参謀たちが語った敗戦~」
      出版:新潮文庫 著:NHKスペシャル取材班 


     と言う本を読んでいます





     第二次世界大戦・・・太平洋戦争で最も異質だったのは



    「特攻」を国家が主導してやった



    と言う所です




    殆どの人が特攻は自ら志願してお国の為に死んでいった


    などの美談を思い浮かべるかもしれないがそれは嘘です




    実際「特攻」が採用されるまでの道のりは大まかに書くとこうです





    1941年(昭和16年)太平洋戦争が始まる

    1941年(昭和16年)真珠湾攻撃(作戦成功をメディアが大々的に取り上げ国民が歓喜、以後戦争の早期解決や平和交渉が困難に・・・アメリカは航空戦力の重要性を再認)

    1941年(昭和16年)マレー沖海戦(対英、日本が世界で初めて航空機による攻撃で戦艦を沈める、世界が航空戦の重要性を知る)

    1942年(昭和17年)インド洋作戦(米軍との本格的な戦争が始まる)

    1942年(昭和17年)ミッドウェー海戦(赤城、加賀、飛龍、蒼龍、主力空母四隻を喪失し、多くの熟練パイロットを失い、それまで拮抗していた軍事力が崩れ去り、敗戦が始まる)

    1942年(昭和17年)ガダルカナル島の戦い(南方本面での初めての敗戦、ミッドウェーの三倍以上の航空機及び搭乗員を喪失、更に如月などをはじめ多くの駆逐艦や輸送船を喪失)

    1942~1944年(昭和17~19年)ラバウル~マリアナ沖と敗戦(ここに来て帝国海軍の軍令部は航空戦力の重要性を確認・・・時すでに遅し)



    (1945年、昭和20年終戦。日本は小国であるにも関わらず4年間もアメリカと戦争を続けた)



     大きく航空戦力を消耗した帝国海軍にとって新人パイロット育成は急務だった


     しかし、戦況は悪く新人を育成する時間は無かった


     そこで考案されたのが特攻


     特攻兵器は晩年と思われるが、神風特攻隊設立(1944年、昭和19年)以前から特攻兵器は大本営により研究されていた




    ・特攻までの軍令部の動き

    1943年(昭和18年)7月頃、軍令部二部部長黒島を中心に特攻兵器の研究が始まる

    1944年(昭和19年)2月、人間魚雷の試作命令が下る

    1944年(昭和19年)4月、黒島軍令部二部部長によ特攻兵器、震洋・回天・海龍などが提案され、軍令部は許可し、実験が始まる

    1944年(昭和19年)5月、太田 正一少尉(パイロットではないただの偵察員)の提案により桜花の開発が始まる

    1944年(昭和19年)6月、元帥会議で伏見宮博恭王が特殊兵器開発を進めるよう進言、これにより国家主導での特攻兵器開発が始まる
    この時事態を憂慮した昭和天皇が考え直すよう書類を突き返すも、軍がこれを押し切り、書類に判を押した
    マリアナ沖海戦がこの月に起きる

    1944年(昭和19年)9月、海軍省特攻部が発足、特攻兵器の研究・調査・企画を掌握し実行促進を行う

    1944年(昭和19年)10月、神風特別攻撃隊が大西瀧治郎少佐により設立
    この当時から新任のパイロットは飛行することがやっとであり、6月に起きたマリアナ沖海戦では新人の練度不足により次々と撃墜され、アメリカに七面鳥撃ちなどと揶揄された
    この時歯がゆい思いをしていた一部のパイロットからは「敵に撃ち落されるくらいなら、いっそ敵艦に突撃した方がましだ」と意見が出て、大西少佐も戦場で無駄死にするくらいならと、これを許可したのが始まり
    しかしこれは軍令部とは関係のない現場の判断だった

    1944年(昭和19年)同じく10月、特攻作戦を知らなかった昭和天皇は説明を受け米内海軍大臣に「かくまでせねばならぬとは、まことに遺憾である。神風特別攻撃隊はよくやった。隊員諸氏には哀惜の情にたえぬ。」と言った
    これはあくまでも特攻で亡くなった方に対する言葉だが、これを逆手にとった軍令部は神風特別攻撃隊を拡大していき、終戦である1945年(昭和20年)8月15日まで続いた






     最後に、終戦後GHQ主導の東京裁判において裁かれたのは陸軍だけであり
    海軍の軍人は一人も死んではいない


     それは、特攻兵器を開発し多くの無駄死にを出した責任を
    海軍軍令部は誰一人として背負っていないと言うことである


     そんな生き残った人間達が、今の日本を作り、海上自衛隊を作った



     今の日本社会に少しは危機感を覚えた方がいいのではないか?