ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 個人的中国ウィルスまとめ

    2020-03-19 23:39


     ・昨年12月中旬に中国武漢で発生

     ・症状はインフルエンザに酷似し、感染力が強い。
    種類がいくつかあるらしく、症状の重さも違う。
    基礎疾患と高齢者の死亡率が非常に高い。

    ・人為的に作られている為、抗体やワクチン製造までに時間がかかっている。


     ・3・19現在(ロイター)少なくとも感染者数218,910人、死者数8,925人

     ・死亡率4.1%、回復率39.2% 残りは治療中



     日本では3月17日18時現在 (河野防衛大臣Twitterより)

    国内感染者873  
    退院191  
    入院中580   
    軽中度338   
    人工呼吸/ICU 46   
    確認中187   
    待機中9  
    陽性無症状入院70  
    症状有無確認中3  
    死亡29


    クルーズ船(3月17日)
    陽性712
    帰国40
    退院527
    死亡7
    入院中138



     日本は比較的抑えられておりパンデミックを起こした欧州も日本をモデルに対応を検討している。


    ・中国

     最低でも全世界の感染、死者数の半分は中国。
    バイオテロを全世界に引き起こした確信犯。

     疑いようの無いテロ国家。

     なんでも昔アメリカの大学からウィルスなどを持ち出しサーズやマーズなどを世界に撒き散らしている。

     近年の感染症やインフルエンザなど、世界各国の衛生面を考えるとどう考えても人為的なものが多いらしく、その発生源は大体中国。

     ウイグル人の臓器を売ってお金を稼いだり、人体実験の材料にしている。

     衛生面は最悪で実験に使った生き物の肉を食べたり市場に出荷したりしている。
    落ちているマスクを拾って他者に高額な値段で売りつけるなど商魂たくましい。
    日本のマスクを買い占め転売してるのも主にこいつら。

     日本のマスク工場が中国にある為差し押さえている。
    日本でマスクの供給が間に合わないのはこいつらのせい。

     プーさんが3月からの国内新規感染者数はゼロであるといった結果、本当にゼロになった。
    今の主な感染源は入国者のみらしい。

     パンデミックの原因は日本と韓国の仕業という。
    ウィルスを持ち込んだのは米軍の仕業らしい。

     経済政策をせずに全ての工場や商業施設の運営を再開させると公言。
    アップルストアも中国だけはやってる。
    リンゴ信者には朗報だろう。


     日本のオールドメディア(NHK含む)の会社の重役は殆どが中韓。


     沖縄基地反対もこいつら。時給2,000円で募集してるらしい。


     今回の一件で多くの国民が難民として国外逃亡してるらしい。




    ・韓国

     韓国は反日により日本への渡航を全面禁止。
    おかげで日本に被害はない。

     韓国は感染疑いのあるものに検査を促し医療崩壊。
    国内の宗教団体によりパンデミックが日々起こっている。

     政府発表では新規感染者は減っているらしいが、医療崩壊により検査できてないだけだと思われる。

     通貨協定や渡航禁止解除を世界から断られたが、プライドの高さ故に自ら断ったなどと言う。

     株価やウォンが大暴落し、国内経済は虫の息。


     的中率99%の検査キットの開発に成功したとか平気で嘘をつく。


     クルーズ船ダイヤモンドプリンセス号で散々文句を言ってたのもこいつらや在日韓国人。
    その後お国へお帰りになった。
    それ以外の国の人々は日本に大きく感謝しており、テレビの取材やインスタグラムなどでその意を評している。


     日本で多くの犯罪を犯しているが何故か報道されない。


     レイプ大国でもある。
    ベトナム戦争のライダイハンを忘れてはならない。



     反日活動を日々海外でも行っている。生活が困らないほどの大金がもらえるらしい。



     歴史改竄はお手の物。


     国際条約や契約などを破るのが大得意。


     G20で世界に中国ウィルス感染被害国として大金を貰おうとする乞食。


     ・日本

    以下ロイターより引用

    [東京 18日 ロイター] - 感染状況:1626人(国内での感染914人、クルーズ船712人)

    (厚生労働省などまとめ、18日現在)

    3月18日

    ・イタリア、スペイン、スイスの一部地域およびアイスランドを入国拒否対象地域に追加

    ・欧州とイラン、エジプトの38カ国からの入国者は14日間の待機要請

    3月17日

    ・政府専門家会議

    「海外からの帰国者などがウイルスを持ち込む可能性への対応を要望」

    「欧州や東南アジア、エジプトからの入国者に2週間の健康観察実施を厚労省に求める」

    ・日米財務相会談

    「世界経済を下方リスクから守るため、全ての適切な政策手段を用いる」

    3月16日

    ・G7首脳会議

    「コロナ対策を最優先課題とし、保健対策で協調体制」

    「金融・財政政策を含めあらゆる手段を総動員」

    安倍首相「東京五輪・パラリンピックは完全な形で実施する」

    ・日銀が緊急会合で追加緩和策決定

    「ETF・REITの買い入れ倍増、CP・社債で追加購入枠」

    「企業金融支援で新たなオペ導入」

    3月14日

    ・安倍首相が会見

    「現時点で緊急事態を宣言する状況ではない」

    「(緊急事態宣言)必要であれば手続きにのっとり、実行する」


    「機動的に必要かつ十分な経済財政政策を間髪を入れず講じる」

    3月13日

    ・新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案が可決、成立

    3月12日

    ・外務省、欧州・中東の14カ国と米国ワシントン州に感染症危険情報の4段階で最も低いレベル1を新たに発出

    3月10日

    ・新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案を閣議決定

    ・新型コロナウイルス感染症を巡る対応を「歴史的緊急事態」に指定

    ・緊急対応策第2弾とりまとめ

    財政措置4308億円、金融支援1.6兆円

    イベント自粛は10日間程度の延長を要請、19日に再度判断   

    イタリア北部などからの入国を拒否

    3月9日

    ・新型コロナウイルス政府専門家会議が現状認識を公表

    「爆発的な感染状況には進んでおらず、一定程度持ちこたえている」

    「感染者数は当面増加傾向、警戒を緩めることはできない」

    「北海道の緊急事態宣言に基づく対策の効果を検証、19日めどに公表」

    3月6日

    ・PCR検査、公的医療保険適用開始

    3月5日

    ・中国、韓国からの入国者に2週間の待機要請(9日午前0時から)

    3月4日

    ADVERTISEMENT

    ・クルーズ船含む国内感染者が1000人超す

    3月2日

    ・日銀総裁談話「今後の動向を注視し、潤沢な資金供給と金融市場の安定確保に努めていく」

    2月29日

    ・安倍首相が会見

    「今後1、2週間は国内の感染拡大防止にあらゆる手を尽くすべき」

    「世界経済の動向も注視し、そのインパクトに見合う経済財政政策を行う」

    2月27日

    ・安倍首相、全国の小中高・特別支援学校に3月2日から春休みまでの休校を要請

    2月25日

    ・政府が新型コロナウイルス感染症対策の基本方針

    「今後の国内での健康被害を最小限に抑える上で、極めて重要な時期」  

    ━企業に対し、発熱等の症状が見られる職員等への休暇取得の勧奨、テレワークや時差出勤の推進等を強力に呼びかけ 

    ─イベント等の開催は全国一律の自粛要請を行うものではないが、感染の広がり、会場の状況等を踏まえ、開催の必要性を改めて検討するよう要請

    2月19日

    ・クルーズ船「ダイヤモンドプリンセス」、陰性の乗客の下船開始(21日まで)

    2月13日

    ・政府、新型コロナウイルス対策第1弾を決定。総額153億円。

    帰国者支援30億円、国内感染対策強化65億円、水際対策強化34億円など

    ・国内で初の死者

    2月1日

    ・新型コロナウイルスによる肺炎など「指定感染症」に

    1月29日ー2月17日 


    ・中国・武漢からのチャーター機、第1─5便が帰国

    1月16日

    ・新型コロナウイルス、国内で初の感染確認

    以上ロイターより


     感染者の早期出現やクルーズ船などがありパンデミックが懸念されたが、何故か割と抑えられてる。

     世界中が大規模な経済支援を画策する中、何故か弱腰。
    個人的に消費税減税と一人当たり10万円の給付金がいいと思う。

    給付金も減税も片方では効果がないと思われる。

    この状況で財政支出を気にしたり、財政健全化を考えてるアホが多い。

    昨年12月には前民主党政権の国際誓約により引き上げざるを得なかった消費税10%の影響が出始め景気が後退していた。

     日銀がEFT(上場投資信託)に出資し株価下落を支えようとしたが時既にお寿司。

     特別措置法など野党が足を引っ張り制定に遅れる。

     未だに野党は桜問題に大はしゃぎ。

     自民二階は中国に大量の献金を受けている疑惑。

     多くの地方の政治家が国内備蓄のマスクや防護服を中国に送ったり、朝鮮人学校に税金を使って資金援助をしたりした。

     地方の多くでは何故か中韓外国人の生活保護申請が秒で通り、日本人は門前払いされる。
    生活保護は法律で国民しか受けられないと定められている。

     ちなみに在日朝鮮人と在日中国人に払っている金や、中韓に払っている金を合わせると国家予算に匹敵する。
    税金の無駄遣いである。

     オリンピックは延期の可能性が大きいし、そうしたいが、IOCが先に宣言しなければ日本が莫大な補償金を求められる。
    そのIOCもWHOの指示に従うと発言しており、事態は混迷を極める。

     
     今回のウィルスで廃業に追い込まれた企業のほとんどは以前から危険と言われながらも中国依存を続けた無能な経営者の責任だろう。

     これを気に国内での工場建設や雇用促進など内需拡大が進めばいいと思う。

     それと無能な個人起業家が多く露見した。


     マスクの国内製造がシャープなどにより行われ、4〜5月辺りには十分供給できるのでは無いだろうか?

     アホなデマでトイレットペーパーやティッシュの買い占めが行われる。
    買い占めているのはテンバイヤーとオールドメディアに踊らされた老人である。

     老害の顕在化。



     ・その他、欧州やアメリカ、世界


     ウクライナでは無能な野党がいなかった為スムーズに国境封鎖など多くの対策をできた。
    台湾も同様。


     EU圏では多くの国が地続きであり、パンデミックは始まったばかりである。
    ハグやキスなどの文化や街の衛生の悪さが原因。

    イタリア、世界で一番の高齢化を誇り死者数が急増。

    EU諸国にはイスラム教信者の多くが難民として入り込んでおり、治安と経済の悪化が起こり10人に1人の割合で女性がレイプされている。
    イスラムは男尊女卑、一夫多妻であり、経済的に貧しい為、海外の刑務所は彼らにとって天国らしい。再犯率も高い。
    ちなみにキリスト教も人身売買や性的搾取などは日常茶飯である。

     アメリカ、トランプ大統領の迅速な行動と発言力は頼もしく思える。
    国民に対する十万円支給は日本も見習ってほしい。

    しかしインフルエンザの流行などが相まって早期発見が遅れ感染が拡大している。

     OPECにロシアが反発し石油価格を下げた。
    これにサウジアラビが応酬し原油先物は大幅に下落している。
    その結果世界経済の更なる悪化が予想される。

     ただ2030年以降欧州ではEV車(電気自動車)以外の販売を禁止する為、石油の需要は徐々に減るかもしれない。


     アフリカ大陸でも感染が発見されたが、イナゴの大量発生による飢饉の方が大変である。



     世界経済は今株価などの底が抜けており、どこまで下落するか分からない状況にある。

    各国政府がうまく対応しなければ、リーマンショック以降最大の世界恐慌が引き起こされる。

    今こそ多くの人が政治経済に関心を持ち、世の中を少しでも良くしていけるよう議論することが求められる。



     もしかしたら人類は時代に試されているのかもしれない。





















  • 広告
  • 人類史 メモ さん

    2020-03-19 20:57



     約1万年前を境に氷河期が終わり人類は徐々にその数を増やしていった。


    紀元前5,000年前、灌漑農業と集落の形成。


     紀元前4,000〜3,500年頃に巨石文化が存在する。
    ・例、ストーンヘンジ

    この巨石文化の担い手はハプログループG2a(Y染色体)と考えられ、ハプログループG系が生息していたのは主に中東、メソポタミア等。分かり易く言えばカルデア人など。
    9,500〜30,000年前に誕生。
    彼らは農耕技術を携えてヨーロッパへ拡散されたとされる。

    ヨーロッパにはハプログループR1b(Y染色体)が存在。
    バスク人やケルト系民族など。
    ハプログループR系は西アジア発祥だが世界に広く分布している。


    ・ハプログループとは分子人類学で使われる用語。
    人間の細胞の中に存在するミトコンドリアDNAの塩基配列によって人類をグループ分けしたもの。


     日本人のハプログループはD系統でありD1a2である。

     このD系統は世界で極めてまれな系統であり、チベットD1a1やアンダマン諸島D1a3などが主である。

     また、ネアンデルタール人はYーCに次いでYーD系統に属しており、現存する人種では日本人が一番ネアンデルタール人に近いと言われいる。

     ちなみにアイヌは約85%、琉球約40%、本州は35%の高頻度でDNAを受け継いでいる。
    このことから日本に住んでいるのは皆同じ民族と言える。



     ・そしてこのハプログループの出現により人類はアフリカ大陸から世界中に広がったものとほぼ確信されている。


     現在のアフリカは殆どが砂漠だが、約5,000年前までは緑のサハラと呼ばれる森林地帯があった。
    アフリカの緑化は周期的に繰り返されており、急激な変化は民族に大きな影響を及ぼし人類は世界に広がっていったと考えられる。
























  • 人類史 メモ に

    2020-02-05 19:49



     人間・・・つまりはホモ・サピエンスとその他の動物には大きな違いがある。

    それは幼年期、大人になるまでの期間である。

    分かり易く言えば、生まれてから学生生活が終わり就職して独り立ちするまでの期間だ。

    他の動物たちは幼年期が人間に比べ非常に短く、直ぐに巣立つ。

    人間はこの幼年期が長いお陰でより多くの学習機会を得ることが可能となり、
    知能が発達したとも言われている。

    が、それは結果としてそうなったのではないか?ともいえる。



     仮に猿人であるアウストラロピテクスを最古の人類とするならば、
    人類が地球に誕生してから今まで約600万年の月日が流れていることになる。

    その長きに渡る年月の中で人が集落を形成し灌漑農業を始め、
    安定した食糧と文明文化・・・都市国家の形成に至ったのは紀元前2700年ごろ、
    今からおよそ5000年前の話である。

    つまりは人類史上600万年の歴史の中で599万5000年の歳月・・・10分の9の時間を狩猟採取による食糧確保の生活を続け、道具の使用に至っては簡易的な打製石器のみだった。

    それがたったの5,000年前に突如として灌漑技術を手に入れ、近代で人類は宇宙に到達したのである。


     古代旧石器時代は今の地上と違い大陸や島々の位置も異なっていて、
    さらには気候についても同様だった。

    その中で人類に最も大きな影響をもたらした変化が約3万年前におきた北半球の大陸氷河の後退だった。

    氷河期は地球上で何度も繰り返されており、最古の氷河期はヒューロ二アン氷河時代と呼ばれ、今から約22億年前に起きている。

    そして現在は第四紀氷河時代と呼ばれ、更新世である約258万年前に始まり北半球の氷床が拡大し始めた。

    それ以来地球では4万年と10万年の周期で氷床の発達と後退を繰り返している。
    この内、氷床の拡大期間を氷期と言い、後退期を間氷期と言う。

    地球は現在間氷期にあり、最後の氷期である最終氷期は約1万年前に終わった。
    グリーンランドや南極大陸にある氷床はその残りである。




     つまり現在地球上で生きている多くの生物は地球が温暖化したことによって繁殖することができている。
    温暖化の恩恵を受け繁殖できた人類がその温暖化により滅ぶかもしれないのは実に皮肉である。



     少し話は逸れるが、この広大な宇宙の中にある太陽系の地球という星は、
    生物が生まれ活動することができるハビタブルゾーン(十分な大気圧と液体の水が存在できる空間)にある。

    更に言えば宇宙の誕生よりしばらくの間は原子炉の様な状態になっており、膨大な熱エネルギーを含んでいた。

    そして原子の運動が落ち着き、それらが組み合わさり様々な分子が生まれ、塵となり、それらが集まったことで星となった。

    宇宙空間にある全ての星々は高エネルギー(高温)だった宇宙空間が低エネルギー(低温)状態になることにより存在できている。

    しかし、現在の安定している宇宙がいつ電子レンジへ変わるかは分からない。

    つまり我々人類は、地球は次の瞬間滅亡する可能性を常に孕んでいる。


     こんなこと言うのも何だけど、スペース移民とか考えるより先に異世界にでも行く方法を考えた方がいい気がする。

     不老不死とか宇宙世紀とか成し遂げたとしても同一世界である限り人類は確実に滅亡する。
    もしかしたらこの宇宙で生まれ出た知的生命体はとうの昔にこの宇宙を脱しているのかもしれない。


     美しく言えば、今この瞬間に生きているのは奇跡だ。