• 【爆速で300万円を稼ぐ!】半年で成果を出したお金を生む圧倒的な方法を一部公開!

    2020-07-20 14:08

    こんにちわ!

    れいです!


    今回の記事では私が爆速で300万円を稼いだ方法の一部を公開します!


    この記事の内容は

    ・お金を稼ぐということの本質

    ・個人の力でお金のに必要なスキル

    ・実際にお金を稼ぐ方法について


    実際に個人でお金を稼げるか否か

    結論から言うと誰でも100万円〜1000万円までは可能です。
    1000万円も稼げるの?なら300万円を稼ぐのは簡単なのかな、、、


    先に言っておきますが、容易ではありません。

    楽して、数十万円の金額を個人で稼ぎ出すのは正しい勉強、正しい努力が必要になります。

    お金を稼ぐためにまず、お金を稼ぐ本質について学んでいきましょう。

    お金を稼ぐその本質について

    お金を稼ぐということはどういうことなのか

    考えたことはありますか?


    何にも考えずにアルバイト、サラリーマンをやってきている人は深く考えたことはないと思います。

    今みんながやっているのは時間と身体を使って時給(日給、月給も含む)としてお金をもらえているわけです。

    しかし、個人の力で今後お金を稼ぎたいのであれば、お金の本質を知る必要があります。


    お金を稼ぐということは、そのまま価値を集めるという行為になります。

    それ以外にも、人々の信頼や感謝を集める、という行為でもあるのです。

    ん?どういうこと?って思いましたよねw


    わかりやすく例をあげると

    世界からお金の価値がなくなり、物々交換すら成立しない世界になったとします。

    その時どんな人が引き続き他人からの支援を受けられるのかというと、それまで信用、信頼されてきた人、感謝されてきた人といった、何かしたらのブランディング(価値)がある人々です。

    自分に価値を作ることを「ブランディング」と言います。


    もちろん友達や恋人、家族といった身近な人間関係も含みます。

    当たり前のことですが、お金が価値をもたない世界で他人からサービスを受けるからには、その分の対等なサービスを自分から他人に与えなければ成立する事は難しいでしょう。


    お金で生活が成立している時代に産まれたわけですから、なかなか気づかないものです。

    お金の価値を裏付けているのは、人々のこうした信頼や感謝といった気持ちの存在です。


    資本主義では、信頼や感謝を伴った価値(モノ、サービス)の交換が、サイクルすることで成立しているのです。

    ですので通貨はもちろんこと、純金や不動産といった資産がなくても、信頼される・感謝される人間は、他人とそれまで通りの協力関係を継続しやすいのです。


    逆に、他人の役にあまり立とうとせず、自己満足で生きている人、他人に危害をくわえてばかりの人は、信頼、感謝のされない人間となるので、他人に見放されてしまいます。


    しかし人は、お金という単純化された数字を増やすことが人生の目的となり、冷めた発想で行動します。

    「お金の価値は人々の信頼や感謝からなりたっている」ということは知らずにいて、お金の本質を見誤ると、万が一、国が通貨危機のような状況に陥ったとき、足元をすくわれます。


    お金や株券、債権、純金、不動産、仮想通貨ありとあらゆる資産が、その価値を永遠に保証されているわけではありません。

    お金も本質的にはモノである以上、売買行為もつきつめてしまえば、それは物々交換と同じです。


    モノ・サービスの価値が変動するのと同じように、お金も円安・円高・インフレ・デフレなどによってその価値が変わっていきます。

    お金をはじめとする各資産が、人にとっていったいどんな価値や意味合いを持っているのか。

    副業したり、起業、資産運用(投資)をしたりするときには、改めて確認しておくべきことです。


    お金を稼ぐことの本質〜まとめ〜

    無人島で1人の力で生きて行く人であれば、お金、資産のことを気にする必要は一切ありません。

    しかし現代社会で生きている以上、私達は分業で支えあっているという意識を持たないといけません。


    電気、ガス、水道、食事、家などなど1人の力ではどうにもできないのです。


    だから生きていくには他人の力が必要なのです。

    他人と協力しあうには、感謝や信頼が必要。

    お金はそうした感謝や信頼の証。


    お金を稼ぐということはサービスの提供やモノの作るなど、他人に信頼、感謝されるような価値ある行為をするということ。


    そして私達がお金を稼ぐのは、他人の力を借りるためです。

    生きていくために他人の力を借りたければ、自分も他人の力になれるようなことをする。

    そう考えれば、お金を稼ぐ理由というのも、だいぶ整理できてくるのではないでしょうか。


    もちろんお金を稼ごうとする上で、しっかりとお金を稼げる仕組みを作っておかないと、ただのボランティアになってしまいます。

    マネタイズ(※1)の技術も重要になってくることは言うまでもありません。

    (※1)マネタイズとは、収益に繋げることを言います。


    しかしそれ以前にお金を稼ぐ上で、本質的に一番重要なのは、「誰かの役に立ちたい」と思う気持ちです。

    この点を、勘違いしないようにしましょう。


    お金の本質的な話はここまでです。

    理解できましたでしょうか?

    お金というのは、他人の力を借りるために稼がなければいけないもの、稼ぐには他人に力を貸せるようにサービス、モノを作らなければいけないのです。


    要は助け合いの精神ですねw


    ここからは自分の力でお金を稼ぐのに必要な力についてお話をしていきます。


    個人でお金を稼ぐのに必要なスキル

    個人で稼ぐのに必要なスキルがあります。

    それは

    ・専門スキル

    ・ヒューマンスキル

    この2つが主に重要だと言われてます。


    専門スキルの取得について


    当たり前のように新しいサービス、モノを提供するならばそれについての知識は網羅してないと話になりませんよね。

    ・専門性

    ・網羅性

    ・独自性

    この3つが重要になってくると思っています。


    ブロガー、アフィリエイターさんはあれ?って思った人もいるかもしれませんw

    これはgoogleがサイトの記事に求める3つと同じです。


    これは、サイトの記事と同じようにビジネスにも必要不可欠な要素だと私は考えています。


    ヒューマンスキルの取得について


    個人で活躍するのに必要なヒューマンスキルとは


    ヒューマンスキルは個人で稼ぐことに必要不可欠な「信用」を作ることに必要なスキルです。

    お金の本質の話でも伝えましたが、「個人で稼ぐ」とは言っても、完全に1人で収入に結び付くことはできません。


    例えば、ブログ(アフィリエイト)で稼ぐとは言っても

    ワードプレスのサービスを使って、有料テーマを買い、ASPから収益が発生する。

    ワードプレスも有料テーマ、ASPは自分以外のサービスを使っていることになります。


    物販でも同じ、メルカリ、ヤフオク、ebayなどのサービスを活用しなくては稼ぐ事は難しいでしょう。

    他人のサービスをどこまで上手く活用できるかが収益を上げるのに必要になります。

    その上でヒューマンスキルはなくてはならないものなのです。


    「個人で稼ぐ」のに必要なヒューマンスキルをいくつかあげます。


    ・コミュニケーション能力(文書、口頭など)

    まず、ヒューマンスキルで1番重要なのが、コミュニケーションです。

    お客様に話をしっかりと耳を傾けて、お客様の言葉の裏にある本質を読み取ることが大切です。

    また最近では、LINE、メールなどでのやり取りも多くなりがちですが、相手の表情が見えない言語だけのコミュニケーションになるため、特に言葉選びが重要になってきます。

    ヒヤリング力というのもありますが、お客様の要望に耳を傾ける事なので、ここでは分かりやすく、コミュニケーション能力とまとめます。


    ・交渉力

    協力会社や顧客などとの交渉力も重要です。

    サービスを提供する上で、顧客からの無理な要望への対応や、トラブルも発生する事があります。

    その際に、うまく拒否したり、こちら側の要望を通すなどに交渉力が必要になってきます。


    ・ロジカルシンキング

    ロジカルシンキングとは、「論理的思考」の事を言います。

    この思考を持つことによって、バラバラになった情報を単純に理解し、周りの人に分かりやすく伝える事ができます。


    ・向上心

    現状に満足する事なく、常に今より良いものを提供する意思を持つ事です。

    常に新しいことにアンテナを張り、スキルアップを目指す事が重要になります。


    個人で稼ぐのに必要なスキルについて話してきましたが、どうでしたでしょうか?

    これから稼いでいこうと思っている人は、この2つのスキルを取得する必要があるし、まだ成果が出てない人は、足りないスキルを身につける必要がありますね。


    次にお話しするのが実際にお金を稼ぐ方法についてですが、

    個人ではLINE、PayPayみたいな大きなサービスは作る事は99%不可能です。


    しかし、前頭でも言いましたが、個人でも100-1000万円まで稼ぐ事は容易ではないが可能です。


    絶対無理だろ?って思ってる人はそんな固い考えは一回捨ててください。


    実際にお金を稼ぐ方法について

    去年は副業元年とかいって盛り上がっていた時期があります。

    しかし、月に1万円稼げてる人の割合は

    副業参加者の全体3%


    何故かこんなに稼げる割合が少ないのか?

    それは、楽して稼げるという情報に踊らさせてるからです。


    『正しい人に正しい環境で正しい努力をしないと』


    結果は思うように付いてこない、これは極めて当たり前のことです。


    これから始める人、すでにはじめている人はそういった情報に踊らされないようにする事が大切です。


    相談を受けていて、わかることが正しい師匠をつけれてない人は6割近くいました。


    見分ける方法としては、

    ・楽して稼げるよ。

    ・不労所得作れます。

    ・何もせずにお金が生まれる

    これを謳ってる個人、グループは信用しないことが大事です。


    本題の僕が個人で稼ぐことの出来た方法について話していきます。


    私のビジネスモデルについて

    僕が実際に300万円を稼ぎ出した詳細は

    物販、アフィリエイト

    この2つが主なキャッシュポイントになりました。


    ・物販

    物販とは、物を仕入れて売ることです。

    Amazon、楽天市場のようにネット上で完結する仕組みを作り収益を上げます。


    ・アフィリエイト

    アフィリエイトとは、広告収入が主な収入源です。

    ユーチューバーと同じように、企業の商品をPRする事で収入を上げます。


    なぜこの2つを僕が選んだのか?


    それは、相性が良いと思ったからです。


    アフィリエイトの特徴


    アフィリエイトというのは、即金性がありません。

    毎日コツコツ続けることによりユーザーがサイトへのアクセスが増え収益も徐々に上がっていきます。


    だいたい、3ヶ月〜6ヶ月は収益がないと思った方が良いです。

    3ヶ月目で収益が出ても10円〜1000円くらいが普通ではないかと思います。


    でも、アフィリエイトはある期間から爆発的に収益が上がっていきます。

    ジャンルにもよりますが、100万円〜1000万円は個人で稼ぎ出せる仕事です。


    物販の特徴


    アフィリエイトとは真逆で、即金性があるビジネスモデルです。

    売れる物を見つけられれば、1ヶ月目から30万円〜50万円の収益が発生する事もあります。


    しかし、それは運が良い人だけ

    普通の人はそこまでは稼ぎ出せませんが、低くて10万円は利益がでます。


    アフィリエイトと物販の相性について

    即金性の高いビジネスモデル ✖︎ 即金性は低いが爆発的に収益が発生するビジネスモデル

    このコラボは最強でしたw


    アフィリエイトの稼げない数ヶ月間を物販でしのぎ、物販の利益を毎月上げていきながら、ある時アフィリエイトが爆発する。


    借金がなければ生活にも困らず、リスクが低く稼ぎやすくて固いビジネスモデルです。

    僕の場合は親の借金があったのでなかなかきつかったですが、物販で生活を支えることができました。


    周りを見たけど、これをやっている人が少ないことに気づいたのです。

    純粋にもったいない。


    今では、人を雇って物販、アフィリエイトをやらせています。


    人を雇い時間とお金を生み出す仕組み


    収益が100万円を超えた辺りから事務所を借りて2人を雇い、1人作業から3人作業に切り替えました。


    固定費で毎月60万円以上は、マイナスになりますが1人の時より作業量は3倍。


    3倍の威力は半端じゃない。


    初めはリスクを恐れましたが、ビビってはいけないと自分に喝を入れて動き出したのですが、予想を遥かに超える売上を初月からあげたのです。

    それなりの土台は僕が作っていたからというのもありますが、200...300.....500.....1000万円と売上が上がっていきました。


    今ではその2人を軸に回しています。


    まとめ


    お金を作り、人を雇うことで自分のお金と時間を増やすことが成功しました。


    お金の本質を深く理解すれば、サラリーマンでも給料+副収入の仕組みを作ることはできます。


    誰でも変われるのに人は動かない。

    人は変化に恐れる生き物です。


    現状維持バイアスという心理があります。

    現状維持バイアスとは「大きな変化や未知なるモノを避け、現状を維持したくなる」という心理作用です。


    例えば、

    同じ店で同じものを食べ、同じ通勤ルートを使い、同じ人と話す。

    頼んだことのないメニューを試してみれば、もっと美味しい新しいメニューと出会えるかもしれない。

    でも「もし、口に合わなかったらお昼代を損してしまう…」

    それが怖くて、同じものばかりオーダーしてしまいます。


    しかし、変化を求めるものにしか変化は訪れません。


    今の社会では、

    リストラ、AI開発(職が奪われる)、終身雇用制度の崩壊、物価の上昇などなど

    雇用者(アルバイト、サラリーマンなど)は他人事にはできない危機が目の前にあります。


    AI開発は、オックスフォード大の教授が10年〜20年のうちに今ある職50%がAIによって代替え可能だと発表しています。

    これは他人事ではなく、このnoteを読んだ2人に1人が仕事を失うリスクがあるということです。


    転職ができる限界の年齢が30歳だと言われています。

    30歳を超えてしまうと、転職が難しいです。


    30歳を超えたタイミングで、リストラにあったらどうなるか?

    もう想像つきますよね。


    これだけはわかります。

    国は守ってくれません。


    自分の身は自分で守らなければなりません。


    自ら行動しなければ、何も変化は生まれません。


    自分を変えたい、稼ぎたい、将来が不安、行動しいけど今何したらいいかわからない。


    このnoteを読んで、そう思った人はすぐに連絡ください。

    変化を望みかけた時に行動しないとまた通常の自分に戻ってしまいます。


    何か自分の心の中に変化が生まれたのであれば、今行動するべきです。


    そして、今行動するべきことは私のLINE@にメッセージを送って来ることが最善の行動です。

    「変わりたいです。」

    「稼ぎたいです。」

    「これからどうすればいいですか?」

    こんなメッセージでも構いません。

    行動出来たことが、大きな一歩になります。


    最後に


    今動けない人間が、いつ変われますか?

    変わりたいと思っていて、ここで行動できない人間はいつまで経っても変われず、チャンスすら掴めないで終わってしまいます。


    人生のターニングポイントは一生のうち片手で数えられる回数しか来ません。

    それを逃したら、10年、20年とターニングポイントは訪れないでしょう。


    チャンスさえ掴んでいれば、

    欲しいブランド物が買いたい時に手に入る。

    欲しい時計がいつでも買える。

    欲しい車も買える。

    行きたい時に海外旅行に行ける。

    親孝行もできる。

    人生の幸福感は今より良いものになっていたかもしれない。


    「未来の自分」をつくるのは、「過去の選択」です。


    今の現状に満足できないそう思っているのであれば、連絡してきてください。

                        

    それでは、こちらでこちらでお待ちしております。


  • 広告
  • 最短で貯金を100万円貯めるためのコツを、特別公開!!

    2020-07-02 16:29

    貯金をする人にとって最初の目標としては、キリのいい数字である100万円を目標にする人が多いのではないでしょうか。

    私も100万円を目標に貯金へ取り組んでいます。

    しかし100万円という数字となると大きいようですが、月にすると8万円円前後とギリギリどうにかなるって数字でもあります。

    しかし難しい数字であるっていうのも否めません。

    そこで今回は100万円を貯金するための秘訣を紹介していきます。

    まずは貯金についての調査結果について知ろう

    まずは貯金についての調査結果を知ることで、貯金についての意外な結果がわかるということを理解していきます。

    それでは調査内容についての項目になります。

    ・貯金できてる人はどれくらいいるの?
    ・貯金をしないと老後が不安?

    それではこの2つの項目について調査結果を解説していきます。

    貯金できてる人はどれくらいいるの?

    まずはちょっとした貯金に関する調査として、貯金をしている人の割合についてです。

    なんと貯金をしている人の割合は8割程度の人が貯金をしているそうです。
    貯金額は別としておおよその方が貯金をしているのです。この数字には私も多いとびっくりしました。

    調査結果からもわかるように、それだけ貯金に対する意識は大勢の人があるのです。

    しかし、100万円となると、割合は減るのが事実でもあります。

    貯金をしないと老後が不安?

    次の調査内容としては、貯金をしないと老後を不安と思っている人の割合です。

    調査結果によると老後までに貯金をしていないと生活に不安があるという人の割合はなんと7割だどいう調査結果です。

    昨今の話題となりました、2千万円問題でもありますように、政府が発表した結果で老後に貯金がないと生活できないのではないかと不安を煽る形となっているのです。

    年金も今度どうなるかわからない時代ですので、それだけ老後への不安として、誰しもがあるのかも知れません。

    貯金を100万円貯める秘訣を紹介

    それでは本題である貯金を100万円貯める秘訣についてですが、項目としては5つに分けて説明します。

    項目としてはこちらの5項目です。

    ・やりたいことリストを作成する
    ・100万円貯金するための目標を設定する
    ・毎月の予算を大きく設定する
    ・節約を楽しむ

    それぞれ貯金を100万円するためにかかせない項目ですので、参考にしてください。

    やりたいことリストを作成する

    まずはじめの項目はやりたいことリストを作成することです。

    どんな事でもいいので、やりたいことリストを作成します。

    例えば私の場合はこんな風に作成しました。

    ◎やりたいことリスト

    ・高級車を買って気になる子をデートに誘う
    ・オシャレなマンションに住む
    ・高級スーツで仕事をする
    ・リゾート地に旅行に行く
    ・家にシェフを呼ぶ
    ・家族でキャンプする
    ・起業する
    ・電車の借りきって飲み会を開く

    このように自分がやりたいことを思っているままを書き出していきます。

    目標としては、100個かけるようにしてください。
    1日ではなく1週間かけてもいいですのでじっくり書いてみましょう。
    くれぐれも100個は目安ですので、できる範囲で書いてください。

    そうすることで貯金をするための目標を定めていけるのです。

    100万円貯金するための目標を設定する

    いきなり何を言っているのかといわれそうですが、要するに100万円貯めるための目標設定になります。

    ついつい貯金の目標額を決めて貯金をしようとするのですが、急な出費や衝動買いなどで、ちょっとした無駄使いをしてしまいます。
    その都度、ストップをかけるためにも目標設定をするのです。

    例えば、来年の春には旅行をするために、100万円貯金をするなどの目標となる項目を決めるのです。
    そうすれば使うべきお金も制限されムダな買い物や出費が減るのです。

    毎月の予算を大きく設定する

    次の項目としては、毎月の予算を大きく設定することです。

    毎月の収入と収支を大きくですのでいいので設定しましょう。

    あくまでも大きくで大丈夫です。

    細かく設定していくのがベストではありますが、そうすると途中でやめる方が多くなる傾向になるので、まずは大きくがポイントです。

    節約を楽しむ

    次の項目はとにかく節約を楽しむことです。

    単に節約というと、貧乏生活でお金を切り詰めて生活水準もギリギリにするなどのイメージがありますが、そういった節約ではなくとにかく節約を楽しむのです。

    例えば、節約としてはお金を現金として銀行からおろすにしても手数料がかからないようにネットバンクを利用したりして、現状の最先端をいきつつ節約を楽しむなどの工夫をしていくのがポイントです。

    節約を楽しむための方法

    それでは上記でもふれましたが、節約を楽しむ方法を具体的に紹介します。

    節約を楽しむための方法としてはこちらになります。

    ・固定費を節約できるのか検討する
    ・節約できる部分を探し改善しながら楽しむ

    それではそれぞれの項目を解説していきます。

    固定費を節約できるのか検討する

    固定費を節約できるのか検討することも重要な項目です。

    この項目を読まれている方にとっては、固定費はできるだけ節約しているので見直す所などないと思われているかも知れませんが、ひとつずつ見直していくと節約できる部分がみつかります。

    例えば、定番でいくと保険料です。
    生命保険に自動車保険などが代表的な保険となっています。
    両方の保険でもオプションであまり関係ない部分にも保険料をかけている方は多いのです。保険料を節約するコツとしては、内容を理解するになります。
    ネットで調べるのもいいですが、問い合わせのコールセンターに電話をかけるとより詳しくわかるので、おすすめします。

    やはり、言葉でていねいに、わかりやすく説明してくれるので、理解しやすいです。またその場で質問ができるのもおすすめのポイントです。

    他にも節約できる固定費としては、携帯電話代です。

    大手キャリアから格安スマホにかえるなど、固定費の節約は結構な項目でみつかります。

    ぜひゆっくりと確実に見直してみてください。

    節約できる部分を探し改善しながら楽しむ

    節約に関しては、切り詰めると精神的に疲れてきます。
    ですので世界で通じる日本語として有名な”改善”を取り入れながら楽しむのが、節約を継続させるコツです。何事も改善しながら工夫していくと長続きします。

    例えば節約でエアコンの温度を冷房なら28℃、暖房なら20℃が節約できて、ギリギリ快適に過ごせる温度といわれています。
    しかし、エアコンがきかなければ、温度設定は変わってくるので、こまめなエアコンのフィルターの掃除が必要になります。

    しかし、こまめに掃除などめんどくさく、すぐに継続をしたくなくなるかもしません。

    そこで改善を導入するのです。

    考え方としては、エアコンのフィルターの掃除に10分かかっていたとして、次に掃除をする時には1分減らして9分で掃除できるようにするにはどんな工夫が必要なのかと対策を考えます。

    このように考えながら改善すると、節約にも楽しさを感じるようになります。
    こうなれば節約も継続できます。

    まとめ:まずは100万円を貯金してみよう!!

    記事として100万円を貯金する秘訣をまとめてみました。

    三者三葉でさまざまな方法があるかもしれません。

    しかし、目標を明確にして節約を楽しむのが貯金を100万円する近道です。

    貯金は将来に対し、心の余裕にもつながるので、少しならば無理をするのも今後のためにも良いかと考えています。

    ぜひとも貯金をするために、ひとつずつ項目を達成してみてください。


  • お金を貯金できない人の特徴を理解して貯金できる人へ生まれ変わるには!!

    2020-06-18 12:29


    お金を貯金したいけど、ついつい使ってしまって貯金ができない人は多いのではないでしょうか。

    やはり手持ちにお金があると、さまざまなことに使ってしまいます。
    だからといって少しでもお金を貯めとかないと、将来や急な予定が入った時に困りますよね。お金を貯金しとかないと不安のきっかけにもなります。

    そこで今回は、お金を貯金できない人の特徴を理解し、行動を把握することで、貯金ができる体質へと変えていこうという意味を込めて記事にしました。

    貯金ができない人の、少しでも参考になるような情報になっていますので是非とも読んでみてください。

    そもそもお金を貯める目的があるのか?


    そもそもお金を貯金するにしても目的があるのとないのでは、お金の使い方や貯め方に違いが出ます。

    やはり目的のないゴールには誰も向かってはいきません。

    それと同じようにお金を貯める目的を明確に決めるのが大事なポイントとなります。

    例えば新しく買おうと思っている車の頭金として50万円貯めるだったり、来年の友人の結婚式に出席するためにバックを購入するためだったりと、お金を貯める目的を立てましょう。

    ちなみに目的を立てたら、忘れないためにも、いつも目につく場所に貼っておくと常に意識して行動へと移っていきます。

    収入が低くてはお金の貯金はできない


    貯金をするにしても、収入が低すぎてはどんなに節約しても日常の生活をするだけで、カツカツの状態となり貯金どころではありません。

    お金を貯金するのも大事ですが、その前に生活できなければ生きていけません。
    ですので、収入を増やす努力も必要です。

    また、転職を考えている場合には、働きながら就職先を探すのがポイントとなります。

    やはり、一旦辞めてしまうとお金が入ってくる部分がなくなるので、生活に余裕がなくなり、心にも余裕がなくなります。

    心に余裕がないと、同じような低収入の仕事についてしまう可能性が高いので働きながら就活して今よりも高い収入を得られる職場を探しましょう。

    お金の管理ができれば必然と貯金もできる


    お金を貯金するのに、よく話題になっているのは節約する方法です。

    確かにムダなお金を使わないで節約するのは、お金を貯金するポイントではあります。

    しかし、節約する前に大事なのが、お金を管理することになるのです。

    お金を管理するとなると家計簿などを連想された方も多いと思います。

    究極の管理となれば家計簿ですが、まずはここでのお金の管理としては、自分の収入がどれくらいで収支がどれくらいかを理解することからはじめるのがコツです。

    大きな枠でも大丈夫ですのでお金の入りと出を把握するから管理をはじめてみましょう。

    お金を貯金できない人の特徴5つ


    それではようやく、本題である貯金ができない人の特徴を紹介していきます。

    あなたの普段の生活にあてはめてみて、該当する項目がひとつでもあれば、その部分を問題として改善するように試してみてください。

    それでは、お金を貯金できない人の特徴5つがこちらになります。

    ・給料前になると財布が空っぽ
    ・お金の管理から逃げる
    ・自分へのご褒美の回数が多い
    ・部屋が散らかっている
    ・買い物での衝動買いが多い

    それぞれについて詳しく解説していきます。

    給料前になると財布が空っぽ


    何気なくお金を使っていると、給料日前になると財布の中が空っぽになって、飲み会やランチに誘われても金欠なのでいけないと断るしかありません。

    このように給料日を待ち望んでいる方があなたの周りにもいるのではないでしょうか。

    しかし、その方の話を聞くと普段の生活では、「最近、エナジードリンクが好きで5本/日は飲んでるんだよね」だとか「昨日も暇だったんでパチンコに行ってましたよ」だったりと、はたして使うべきお金だったのかという内容の話が多いのではないでしょうか。

    あなた自身もそうならないようにして、ムダ使いを辞めて給料日前でもお金に余裕ができれば貯金できる状態へとつながっていくのです。

    お金の管理から逃げる


    お金に対して現実から逃げる方がいます。

    やはり、お金を貯金していくためにはお金を管理しないとはじまりません。

    お金を管理するのが出来ない方はやはりお金を貯金できないのです。

    お金を管理する方法としては、簡単なアプリを使うのが手っ取り早く簡単です。

    家計簿管理ソフトを利用すればクレジットカードの連携や現金で支払った分のレシートを写真でアップするだけで、反映させてくれます。

    はじめはめんどくさいかと思いますが、習慣化すればお金を管理するのが楽しくなります。

    普段のお金をどこに使っているのかを把握してお金の使い方を振り返るようにしてみてください。

    自分へのご褒美の回数が多い


    働いて仕事をしていると、辛いことや仕事での達成感など、自分へのご褒美をしたくなります。

    自分へのご褒美に居酒屋さんに飲みに行ったり、買い物でちょっと衝動買いとしてブランド物の服を買ったりとなどをしている方は多いのではないでしょうか。

    しかし、この自分へのご褒美への回数が多くなり過ぎるとお金を貯金するどころか足りなくなる何てことにもなりかねません。

    やはり、自分へのご褒美にしても大きな仕事での目標が達成できたらなどの計画を立て、頻度を減らしてみましょう。

    ご褒美の回数が多いと、それだけ嬉しさも半減しますので、バランスのれたご褒美を設定していきましょう。

    部屋が散らかっている


    お金を貯めることとは関係がなさそうですが、実は関係しています。
    その理由としては、部屋を片付けられない人はムダな買い物をしたりするからです。

    例えば、消耗品であるティッシュペーパーなどが切れて買い物にいき買ったが、家に帰るとゴミの下にあったなんてことがあります。

    このことを繰り返しているとムダな買い物をして、部屋も散らかりお金もムダに使ってしまいます。

    まさにお金の貯まらない方向へと進んでいくのです。

    このような状態にならないためにも、普段から整理整頓をして、ある程度自分の持ち物を把握しムダな買い物を減らすようにしていきましょう。

    少しずつ節約にもつながりってていくのです。

    買い物での衝動買いが多い


    お金を貯めることができない人の最後の特徴としては、買い物で衝動買いが多い人です。

    説明しなくてもわかるかも知れませんが、その場で今回限りにセール品や、タイムセールなどにばかり目がいき衝動買いを繰り返している人です。

    不必要とまではいいませんが、同じような服などを多く持っていて、結局友達にあげたなんてなっているのではないでしょうか。
    買ってしまって後で後悔する人でもあります。

    ショッピングをするとストレス発散になるとはいわれていますが、お得な買い物でも必要な物かどうかを適切に判断し、衝動買いをおさえるようにしていきましょう。

    まとめ:お金を計画的に使い貯金のできる生活を!!


    お金の貯まらない人の特徴について解説してきましたが、あなたはどれかの項目にあてはまりましたか?
    どれかひとつでも該当したら、少しずつ辞めていけるように普段の生活から心掛けてください。
    そうすれば、きっとお金を貯金できる体質へと変化していきます。

    また、お金についてよく考えていくと自ずと計画的にお金を使うようになっていきますので、ぜひ月の収入と収支を理解して、計画的にお金を使い貯金ができるようにしていきましょう。