最短で貯金を100万円貯めるためのコツを、特別公開!!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

最短で貯金を100万円貯めるためのコツを、特別公開!!

2020-07-02 16:29

    貯金をする人にとって最初の目標としては、キリのいい数字である100万円を目標にする人が多いのではないでしょうか。

    私も100万円を目標に貯金へ取り組んでいます。

    しかし100万円という数字となると大きいようですが、月にすると8万円円前後とギリギリどうにかなるって数字でもあります。

    しかし難しい数字であるっていうのも否めません。

    そこで今回は100万円を貯金するための秘訣を紹介していきます。

    まずは貯金についての調査結果について知ろう

    まずは貯金についての調査結果を知ることで、貯金についての意外な結果がわかるということを理解していきます。

    それでは調査内容についての項目になります。

    ・貯金できてる人はどれくらいいるの?
    ・貯金をしないと老後が不安?

    それではこの2つの項目について調査結果を解説していきます。

    貯金できてる人はどれくらいいるの?

    まずはちょっとした貯金に関する調査として、貯金をしている人の割合についてです。

    なんと貯金をしている人の割合は8割程度の人が貯金をしているそうです。
    貯金額は別としておおよその方が貯金をしているのです。この数字には私も多いとびっくりしました。

    調査結果からもわかるように、それだけ貯金に対する意識は大勢の人があるのです。

    しかし、100万円となると、割合は減るのが事実でもあります。

    貯金をしないと老後が不安?

    次の調査内容としては、貯金をしないと老後を不安と思っている人の割合です。

    調査結果によると老後までに貯金をしていないと生活に不安があるという人の割合はなんと7割だどいう調査結果です。

    昨今の話題となりました、2千万円問題でもありますように、政府が発表した結果で老後に貯金がないと生活できないのではないかと不安を煽る形となっているのです。

    年金も今度どうなるかわからない時代ですので、それだけ老後への不安として、誰しもがあるのかも知れません。

    貯金を100万円貯める秘訣を紹介

    それでは本題である貯金を100万円貯める秘訣についてですが、項目としては5つに分けて説明します。

    項目としてはこちらの5項目です。

    ・やりたいことリストを作成する
    ・100万円貯金するための目標を設定する
    ・毎月の予算を大きく設定する
    ・節約を楽しむ

    それぞれ貯金を100万円するためにかかせない項目ですので、参考にしてください。

    やりたいことリストを作成する

    まずはじめの項目はやりたいことリストを作成することです。

    どんな事でもいいので、やりたいことリストを作成します。

    例えば私の場合はこんな風に作成しました。

    ◎やりたいことリスト

    ・高級車を買って気になる子をデートに誘う
    ・オシャレなマンションに住む
    ・高級スーツで仕事をする
    ・リゾート地に旅行に行く
    ・家にシェフを呼ぶ
    ・家族でキャンプする
    ・起業する
    ・電車の借りきって飲み会を開く

    このように自分がやりたいことを思っているままを書き出していきます。

    目標としては、100個かけるようにしてください。
    1日ではなく1週間かけてもいいですのでじっくり書いてみましょう。
    くれぐれも100個は目安ですので、できる範囲で書いてください。

    そうすることで貯金をするための目標を定めていけるのです。

    100万円貯金するための目標を設定する

    いきなり何を言っているのかといわれそうですが、要するに100万円貯めるための目標設定になります。

    ついつい貯金の目標額を決めて貯金をしようとするのですが、急な出費や衝動買いなどで、ちょっとした無駄使いをしてしまいます。
    その都度、ストップをかけるためにも目標設定をするのです。

    例えば、来年の春には旅行をするために、100万円貯金をするなどの目標となる項目を決めるのです。
    そうすれば使うべきお金も制限されムダな買い物や出費が減るのです。

    毎月の予算を大きく設定する

    次の項目としては、毎月の予算を大きく設定することです。

    毎月の収入と収支を大きくですのでいいので設定しましょう。

    あくまでも大きくで大丈夫です。

    細かく設定していくのがベストではありますが、そうすると途中でやめる方が多くなる傾向になるので、まずは大きくがポイントです。

    節約を楽しむ

    次の項目はとにかく節約を楽しむことです。

    単に節約というと、貧乏生活でお金を切り詰めて生活水準もギリギリにするなどのイメージがありますが、そういった節約ではなくとにかく節約を楽しむのです。

    例えば、節約としてはお金を現金として銀行からおろすにしても手数料がかからないようにネットバンクを利用したりして、現状の最先端をいきつつ節約を楽しむなどの工夫をしていくのがポイントです。

    節約を楽しむための方法

    それでは上記でもふれましたが、節約を楽しむ方法を具体的に紹介します。

    節約を楽しむための方法としてはこちらになります。

    ・固定費を節約できるのか検討する
    ・節約できる部分を探し改善しながら楽しむ

    それではそれぞれの項目を解説していきます。

    固定費を節約できるのか検討する

    固定費を節約できるのか検討することも重要な項目です。

    この項目を読まれている方にとっては、固定費はできるだけ節約しているので見直す所などないと思われているかも知れませんが、ひとつずつ見直していくと節約できる部分がみつかります。

    例えば、定番でいくと保険料です。
    生命保険に自動車保険などが代表的な保険となっています。
    両方の保険でもオプションであまり関係ない部分にも保険料をかけている方は多いのです。保険料を節約するコツとしては、内容を理解するになります。
    ネットで調べるのもいいですが、問い合わせのコールセンターに電話をかけるとより詳しくわかるので、おすすめします。

    やはり、言葉でていねいに、わかりやすく説明してくれるので、理解しやすいです。またその場で質問ができるのもおすすめのポイントです。

    他にも節約できる固定費としては、携帯電話代です。

    大手キャリアから格安スマホにかえるなど、固定費の節約は結構な項目でみつかります。

    ぜひゆっくりと確実に見直してみてください。

    節約できる部分を探し改善しながら楽しむ

    節約に関しては、切り詰めると精神的に疲れてきます。
    ですので世界で通じる日本語として有名な”改善”を取り入れながら楽しむのが、節約を継続させるコツです。何事も改善しながら工夫していくと長続きします。

    例えば節約でエアコンの温度を冷房なら28℃、暖房なら20℃が節約できて、ギリギリ快適に過ごせる温度といわれています。
    しかし、エアコンがきかなければ、温度設定は変わってくるので、こまめなエアコンのフィルターの掃除が必要になります。

    しかし、こまめに掃除などめんどくさく、すぐに継続をしたくなくなるかもしません。

    そこで改善を導入するのです。

    考え方としては、エアコンのフィルターの掃除に10分かかっていたとして、次に掃除をする時には1分減らして9分で掃除できるようにするにはどんな工夫が必要なのかと対策を考えます。

    このように考えながら改善すると、節約にも楽しさを感じるようになります。
    こうなれば節約も継続できます。

    まとめ:まずは100万円を貯金してみよう!!

    記事として100万円を貯金する秘訣をまとめてみました。

    三者三葉でさまざまな方法があるかもしれません。

    しかし、目標を明確にして節約を楽しむのが貯金を100万円する近道です。

    貯金は将来に対し、心の余裕にもつながるので、少しならば無理をするのも今後のためにも良いかと考えています。

    ぜひとも貯金をするために、ひとつずつ項目を達成してみてください。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。