バカタール加藤さん のコメント

userPhoto
バカタール加藤
>>1
たしかに、ちょっとそう読めますね。
No.2
62ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
先日、会社の偉い人に カニを食べに 連れて行ってもらった話です。 連れて行ってもらったのは シンガポール・シーフード・リパブリック というお店でした。 その、お店の入口には、日本では 「幻の高級カニ」と呼ばれている(らしい←お店のHPそのまま!) マッドクラブ というカニが こちらを見ながら、うごめきつつ、 シャワーを浴びていました 。 こんな感じです。 こんなカッコいいカニは初めて見たので、 まじまじと見ていたら、けっこう目が合ってしまい、 それでも、むこうはガン飛ばし続けてくるので、 こっちも負けじとガン見してやりました。 でも、 あちらもあちらで、かなり譲らないので、甲殻類の中でも、 けっこうツッパリ系の素養があるメンバーのようです。 ▲かなりの ガン見 ぶり。ガン見選手権では1回戦ではあたりたくない相手です。 …とはいっても、 まあ、そのしばらくあとには、そんなツッパッていたカニさんたちも ▲変わり果てたウマウマそうな姿に。 ▲強さと香ばしさを兼ね備えた、スポーティかつテイスティなフォルム! ▲いかにも武器が作れそうな部位ですが、うまい! …とまあ、こんな姿になっていました。合掌。 人間様のボロ勝ち!?(とは言い切れなかったのです。理由はあとで…)  このカニさんたちは肉に甘味があり、なかなかおいしかったのですが、 個人的には カレー風 がめちゃウマで、やみつきになりそうでした。 パン&揚げパンもとてもおいしかったのですが、 カレーは、もうライス(タイ米)との相性が抜群でした! それから、食後には、 こんなシャレオツなデザートの盛り合わせが!! これって、たぶん… これ!!( © 2014 商用利用可能な無料写真素材-ActivePhotoStyle.biz) ……ですよね!! お金持ちが旅行に行って、ここの屋上プールに入って写真を撮っては、みなSNSに アップするという、 あの、 シンガポールの超高級ホテル 「 マリーナ・ベイ・サンズ 」風 ですね!! ってわけで、 偉い人に連れられて、カニを食べに行ったら、 幻のカニを食べたあとに、 物理的にあぶなっかしい盛り付けの、 いかにもシンガポールなデザート が出てきた! というわけです。 なんというか、 料理人さんが 物理的にがんばった作品 というか、 地元( シンガポール )愛を立体的に表現した一品 というか、 日本のお金持ちが喜びそうな空気感を見事に読み切った商品 というか、 いろいろな意味で、素敵なデザートでした。 ちなみに、このお皿を回してくれているのは、M沢さんという女性です。 なんだか、シンガポールにもこういうスタイルのデザートとかがたくさん ありそうだし、ちょっと行ってみたくなりました。 一度も行ったことがないので…。 尚、このブロマガや自分の投稿動画でおなじみの 青山ガゾーさん は、あまりのおいしさに カニを貪り食いまくった結果、 手が傷だらけになってしまい、 翌日、絆創膏を貼って仕事をしていたのは ナイショ です。
崖の上のバカタール加藤です。

くだらないこととか、ちょっと役に立つこととか、本当に役に立たないこととかを、日本語で平易に書いていきます。日本語読める人はラッキー!