遠北千南がそこにいるということ/遠北千南 個人ボイス レビュー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

遠北千南がそこにいるということ/遠北千南 個人ボイス レビュー

2020-03-23 23:27



    三月末で引退する遠北千南。その活動の最後に期間限定で発売された、正真正銘ラストのボイス集である。引退するため再販もない。
    販売ページは以下から。
    【期間限定】遠北千南 個人ボイス
    このレビューが、一人でも購入に繋がれば本レビューに意味があると信じている。


    では概要から説明していこう。本ボイスは全体で三セットのボイス集であり、フルセットを買うと\3,000。おまけでボーナストラックも同梱する。セットごとの内訳は以下になる。

    短めボイスセット(3トラック) \300
    シチュエーションボイスセット(3トラック) \1,400
    フリートーク \1,300

    セット内の詳細な内容は販売ページには記載されていないが、配信で内容に触れたことがあったため、特に制限のないものと解釈して記述する。
    また筆者はフルセットを購入したため、本記事ではボーナストラックにも触れていこうと思う。それではレビューに移ろう。


    まず、短めボイスセット。三種類のボイスが収録されている。詳細は以下の通り。

    応援ボイス
    泣きボイス
    笑いボイス

    各ボイスは20~30秒程度。ファイル名通りの内容が収録されているが、ただ泣いている、笑っているというわけではなく、なんとなく情景が想起されるような、シーンを切り取った内容になっている。言わばミニシチュエーションボイスであり、この内容で\300は正直安売りしすぎのようにも思う。値段に対するコストパフォーマンスはピカイチと言えるかもしれない。同時に、遠北千南の演技力も光る内容となっている。本ボイスが発売する前日に投稿された動画、「あゝオオサカdreamin' night」でも彼女の演技力は惜しみなく発揮されていた。彼女を初めて知り、もっと深く知りたいと思った、そんな人にこそこのセットはお勧めできる。




    次にシチュエーションボイスセット。こちらも三種類のボイスが収録されているが、一つあたりの収録時間が長いため個別に解説したい。内容は以下の通り。

    ツンデレボイス
    ひなちゃん台本
    同居ボイス

    ツンデレボイス。分かりやすいデレはそんなにないんだけどだからむしろ遠北っぽさが強い。でもたぶん実際に褒めまくったらもっと褒めて!とか言い出したり分かりやすく照れたりするんだろうなぁとも思う。良くも悪くもツンデレというテーマに沿った、ファンタジー遠北千南と言ったところか。
    あと全然関係ないんだけど下のツイートも絡めて思うところがあったのでかなり深く刺さった。みんなも思い残すところがないよう褒めようね。



    ひなちゃん台本。元にじさんじSEEDs二期生、同期の飛鳥ひなが台本を執筆したボイスになる。飛鳥ひなの台本の信頼性は既知の方も多いことだろう……とはいえそれで片付けてしまってはあまりにももったいない内容だった。ので、軽く触れる。
    卒業式。と聞いて、何を思い浮かべるだろうか。本ボイスは卒業式を終えた後の一幕になる。甘酸っぱいようなあれこれはない。別れについてのボイスだ。正直なところ、これは聞くのに相応の覚悟が必要なボイスだと思う。そういう風に書かれている。しかしながら、このボイスが助けになるような誰かも確実にいるのだろうと思う。
    卒業という言葉に思うところがある。そういう人こそ、このボイスはきっと聞くべきなのだろう。これは本番でも何でもない、単なるボイスでしかない。それでも、彼女の口から聞きたかった最後の一言がこのボイスにはある。その言葉がきっと誰かの杖になる。
    迂遠な表現で申し訳ないが、あまり内容に触れすぎると本来ボイスを聞いて初めて得られる感情が薄れてしまう。これが筆者にできる限界の表現なのだ。よく分からなければ、本当に申し訳ない。他の二つのレビューで購入を判断していただきたい。

    同居ボイス。非常に生活に根差した会話が多い。これまで季節ボイスを購入してきた方にこそ聞いてほしい。これはその延長線上にあるボイス、未来のボイスである。直接的な甘い会話は少ないが、親密な関係であることは察せられるやり取り。背景にあるここに至るまでの想像をかき立てられる。酸いも甘いもあったのであろうと思わせられる。その補完をしてくれるのが、今まで発売された季節ボイスなのではないかと、思わないではいられないのだ。
    聞く順序としては、もしかしたら飛鳥ひな台本のボイスの後に位置するものだろうか。つまりは紹介順、ファイルの名前順であるが、その方が全体の流れとして自然なように思うのである。もちろん番号が振られているわけではないため、どの順番で聞こうとも自由なのだが……遠北千南に思い入れがあればあるほど、精神を揺さぶられることになるファイル群だ。聞く順番も一考してはいかがだろうか。


    そしてフリートーク。こちらは1ファイルのみで、なおかつ台本らしいものが感じられない。いや、もしかしたら裏で用意をしているのかもしれないが、普段の無軌道雑談のそれと空気がよく似ているのだ。
    そう、このトークは非常に雑談みが強い。一般的には遠北千南と言えば声真似!という印象が強いかもしれないが、ファンからしてみれば、遠北千南と言えば雑談なのである。それは過去の配信内容の数を単純に比較しても、雑談配信が多いことから明らかだろう。
    言わば雑談配信のショートバージョン。なればこそ、このフリートークは彼女のリスナー、ちな民にこそ勧めたい。懐に余裕のあるリスナーならフルセットを買っているのではないかと思うのだが……もちろんそうでないリスナーも存在するはずだ。だからもしリスナーで手持ちがなくて迷うようであれば、このフリートークの購入を一番に勧めたい。
    彼女が引退すれば、当然のことアーカイブは削除される。他チャンネル等で配信されたコラボアーカイブこそ残るが、ソロの雑談アーカイブは彼女のチャンネルにしか存在しない。つまり、彼女の雑談配信は、本当にもう二度と聞けないことになる。
    このフリートークは、引退した後でも公的に聞ける唯一の雑談配信アーカイブなのだ。彼女の雑談が好きだった、彼女の声が好きだった、彼女の言葉が好きだった、リスナーはそういう人たちの集まりだと思う。だったらどうか買ってほしい。そんなあなたにこそ、これは、必要な音声だから。


    最後にフルセット特典。本人がツイッターで公開した動画でも出ているが、添い寝音声だ。衣擦れの音や距離の近いささやき声など、彼女がこれまで重視していた「質感」がとても高い内容になっている。正直個人的には「は!?添い寝!?おまっ……お前っそれ……ダメだろ……おま……おまー!!」となっていたのだが、まぁそれはそれとして。ASMRにも近い楽しみ方もできるので、就寝前に聞いて寝付きを良くする目的にも使えるのではないだろうか。特典ボイスらしくさらっとした内容ではあるが、フルセットを買うような重度のファンであれば、間違いなく満足できる内容だろう。お小遣いや給料を前借りしてでも買うことを推奨したい。



    以上となる。かなり散文的な内容になってしまい、レビューとも感想ともつかない文章となってしまった。これで買う動機につながるか……?という疑問は持っているが、買うのを迷っている人の判断材料になればとも思う。ファン目線ではこのように感じたという一例だ。知ったばかりの人から我こそはちな民と自負する猛者まで、広い対象にアプローチできる内容となっている。繰り返し言うが、再販はない。後からファンになっても後悔しないよう、是非購入を勧めたい。
    最後に、本人のボイスサンプルツイートを貼付して終わろうと思ったのだが……どうもリンクがうまくいかないので、URLを直接貼って終わることにする。
    ボイスサンプル付きツイートリンク

    遠北千南がそこにいるということ。このボイスは、その最後の記録なのだ。

    記事のタイトル、実は前からこれにしようって決めてたんだけどね。偶然って怖いね。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。