不安症を解消する8つの補完的アプローチ。アナタならその中から何を選びますか?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

不安症を解消する8つの補完的アプローチ。アナタならその中から何を選びますか?

2019-07-06 09:08

    今回は不安に対する補完医療について。


    このブログは、医学と健康に関して後悔しないような選択肢をとってもらうために、 科学的根拠の高い論文などを紹介し、それをどう使っていくべきなのか?を私が解説・提案していくブログです。 メールアドレスでの登録も宜しくお願い致します。


    不安を解消するために利用するべき?補完医療についてそれぞれの効果を科学的根拠があるのかを調査しているものをまとめて紹介します。



    不安に対する鍼治療に関するいくつかの研究は肯定的な結果をもたらしているが、一般に、不安に対する鍼治療に関する研究の多くは方法論の質が劣っているか統計的に有意ではない。

    さらに、研究は非常に多様であるため(例:経穴の数と種類、セッションの頻度、治療期間)、潜在的な利益について確固たる結論を引き出すことは困難です。

    研究から得られた証拠は?


    ・2012年の32件の研究では、いくつかの肯定的な成果、一般的に貧弱な方法論を使用し、

    アウトカム指標の広い範囲で組み合わせた品質、ポイントの数と種類、セッションの頻度、および治療期間から、確固たる結論を引き出すことが困難とされるものになりました。

    ・2014年の1034人の参加者を対象にした14件の研究のメタアナリシスでは、

    手術前の不安を解消するための鍼治療は、プラセボまたは無治療のコントロールに統計学的に有意な効果の相対を持っていることがわかったが、サンプルサイズが小さかったです。

    メタアナリシスは、鍼治療が術前の不安についてプラセボより優れている可能性を支持しています。

    安全性


    鍼治療は、一般的に滅菌済みの針を使用して経験豊富な開業医によって行われたときに安全と見なされています。


    鍼治療に関連する重篤な有害事象の報告はまれですが、感染症や穿刺臓器が含まれます。


    マッサージ療法

    いくつかの研究では、マッサージ療法は癌や他の併存する病状を持つ人々の不安を軽減するのに役立ちました。

    しかし、他の研究では統計的に有意な有益な効果は見られませんでした。

    不安障害のためのマッサージに関する研究はほとんど行われておらず、結果は矛盾しています。

    研究から得られた証拠は?


    続きは臨床家KeiSのブログで!!



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。