ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • ヤッツィー(ヤムス)の遊び方

    2016-03-23 01:55



    ヤッツィーとはサイコロ5個で行うポーカーみたいなゲームです。
    2人~5人までで遊ぶことができ、プレイ時間は人数×5分程度です。


    ----------------ゲームの流れ----------------

    自分のターンが来ると自動的に5個サイコロが振られた状態でスタートします。
    次に、振りなおしたいサイコロを選択して振り直しをクリックします。
    振り直しは2回まで行うことができます。
    2回振りなおし終わるか役が完成した時点で得点表の任意の場所を選択して得点を入れます。
    得点表が全て埋まったらゲーム終了。得点が一番高い人が勝利です。




    --------------------役一覧---------------------


    ・1~6の目
    サイコロ5個のうち選択した目のサイコロの合計×目の数が点数になります。
    例)11424で1の目を選択した場合は1×2で2点、4の目なら8点


    ・ボーナス
    1~6の目の表に入れた点数の合計がヤッツィーなら63点、ヤムスなら60点以上の場合に30点追加で点数がもらえます。


    ・プラス、マイナス、デルタ(ヤムスのみ)
    プラスとマイナスの表を選択するとサイコロの目の合計が記入されます。
    デルタはプラスに入れた数ーマイナスに入れた数が表に記入され、デルタが点数になります。
    例)プラスに22、マイナスに11の場合、デルタが11になり11点入ります。


    ・3カード(ヤッツィーのみ)
    サイコロ5個のうち3つ以上が同じ目の時に選択すると全ての目の合計が点数になります。
    例)33346だとしたら22点


    ・小さいストレート
    サイコロ5個のうち4つ以上の目が連続しているときに選択すると点数になります。
    ヤッツィーなら15点、ヤムスなら45点入ります。
    例)12346、23455など


    ・大きいストレート
    サイコロ5個すべてが連続しているときに選択すると点数になります。
    ヤッツィーなら20点、ヤムスなら50点入ります。
    例)12345、23456の2通り


    ・フルハウス
    サイコロ5個のうち3つが同じ目A、2つが同じ目Bのときに選択すると点数になります。
    ヤッツィーならサイコロの目に関係なく30点。
    ヤムスなら30点+サイコロの目の合計が点数になります。
    例)11133の場合ヤッツィーは30点、ヤムスは39点入ります。


    ・4カード
    サイコロ5個のうち4つ以上が同じ目の時に選択すると全ての目の合計が点数になります。
    ヤムスの場合は40点+サイコロの目の合計が点数になります。
    例)66664の場合ヤッツィーは28点、ヤムスは68点入ります。


    ・ヤッツィー
    サイコロ5個すべてが同じ目の時に選択すると50点入ります。
    ヤムスの場合は50点+サイコロの目の合計が点数になります。
    例)11111なら55点、66666なら80点


    ・リゴール
    サイコロ5個のうち4つが同じ目で残りの1つが裏面の数字になっている時に選択すると点数になります。
    サイコロは表の数+裏の数が7になるので、7から4つゾロ目になっている数字を引くと裏面の数字が何かがわかります。
    ヤッツィーとヤムス関係なく50点入ります。
    例)11116、33334など


    ・チャンス(ヤッツィーのみ)
    選択するとすべてのサイコロの目の合計が点数になります。
    例)23466なら21点



    ------------------------------------------------------------------------------------------------

    BGAで遊ぶ場合はまずここをクリックします。
    もしくはBGAを開き、タブにあるゲームをクリックして、アブストラクトゲームから選択してください。






    上のリンクを開くとこのような画面になると思います。
    赤色の下線のこのゲームで新しいテーブルを作るをクリックします。







    卓を作ると上のような画面になると思います。

    野良を入れてやる場合や人数がそろったら赤色の下線の卓を作るをクリックしてそのあとにでるゲーム開始を押して全員が受け入れるを選択するとゲームが始まります。

    青色の下線の部分でヤッツィーかヤムスを選択することができます。

  • 広告
  • ボードゲームを始めよう!

    2016-03-18 11:21
    僕が最近はまっているもの、それが『ボードゲーム』

    ボードゲームと聞くと思い浮かぶのは人生ゲームやモノポリー、リバーシなどだと思います。
    実際僕も最近まではそれくらいしか知りませんでした(;・∀・)
    それにボードゲームってなんか古臭いし、今の時代楽しいゲームがたくさんある中わざわざボードゲーム?(笑)なんて風にも思っていました。


    そんな考えを変えたのが放課後さいころ倶楽部という漫画。



    この漫画はAmaz〇nで何かいいのないかな~と探しているときにたまたま見つけました。
    漫画の内容はざっくりいうとJK3人組がボードゲームをする話。
    元々3人全員がボードゲームを好きでみんながボードゲームに詳しいっていうわけではなく、たまたまいろいろな出会いが積み重なった結果、ボードゲームというものに出会い、ボードゲームの世界に引き込まれていく、そんなお話です。



    放課後さいころ倶楽部を読み終わった僕は実際にボードゲームをやってみたい!と思ったのですが、ボードゲームは実際に集まって机を囲ってやるもの。集まる場所もなければ遊ぶボードゲームも持っていない、これはもうおしまいだ・・・
    せっかく新しいものに出会えたのに遊ぶ機会がないために諦めなければいけないのか、そう落ち込んでいた僕のもとに朗報が!


    友T「ボードゲームで遊びたいの?BGAでもやれば?」


    ん・・・?
    BGA?なんだそれ?


    友T「ボードゲームをオンラインで遊べるサイトだよ」



    ・・・!!!!!!!



    ボードゲームをオンラインで、つまり自宅に居ながら遊べる、遊びたいボードゲームを実際に持っていなくても遊べる、そんな神のようなものが存在したのか・・・!


    早速そのBGAとやらを検索してみました。
    そのサイトがこちら




    オンラインでボードゲームをしよう!

    します、しますとも!

    遊べるゲームは現在88個!?(2016/3/18時点で)
    そんなに種類あるの!?しかも全部無料!?何回遊んでもただ!?

    こんな素晴らしいサイトが存在していたなんて・・・


    と、いうわけで会員登録しました。
    会員登録に必要なものはGoogleアカウントorFacebookアカウントorメールアドレス
    IDとパスワードを決めるだけで簡単に登録できました!



    会員登録できたら早速遊んでみましょう!
    遊び方は、まず左上のタブからゲームをクリック



    クリックしたら上のページに飛ぶと思います。
    ここで遊びたいゲームを選びます。
    ゲームは難易度別、プレイ時間別、テーマ別などから探すことができます。






    遊びたいゲームを選んだら、赤線の卓を立てるをクリックします。
    青線で囲ってある部分でゲームのルールを変更することができます。
    緑線の上の席の予約の右側にIDを入力するとフレンドを招待することもできます。
    また、1人でプレイする場合は緑線の下にこのゲームで遊びたい人がいるのでその人たちを誘ってみましょう!(誘わなくても人気のゲームは勝手に入って来るけどw)


    フレンドの仕方は、フレンドしたいプレイヤーの名前をクリックして友達に追加でフレンドすることができます。






    一度遊んだことのあるゲームは遊びたいゲームに追加され、次回から今すぐプレイをクリックすると遊びたいゲームに追加されているゲームの中で現在卓が立っているゲームが表示されるようになります。


    ここまで書きましたが、たぶんボードゲームを遊んだことがあまりない人からすると9割が知らなゲームだと思います。
    知らないゲームしかないから何が面白いかわかんないしルールもわからない!
    そんなあなたの為に簡単に遊べて面白いボードゲームをひとつ紹介したいと思います!





    その名も『ニムト(6 nimmt!)』




    ニムトはドイツで生まれたカードゲームで、プレイ人数は2~10人と幅広い人数で遊べます。
    また、1回のプレイ時間が10分ほどで手軽にできるところもおすすめです!


    ルールは簡単!
    ゲーム開始時に1~104までの数字が書かれたカードがランダムで10枚配られます。
    場には4枚のカードが4列に並べられます。
    プレイに自分の番というものはなく、全員が手札からカードを1枚選択します。
    出したカードは場の4列のいずれかに並べられます。
    並べ方は、全員が選択したカードの中から数字が小さい順番に並べられていきます。
    並べる位置は、選択したカードの数字よりも小さい場のカードの中で一番数字が大きい列
    6番目、もしくは場のどの列の一番右側のカードよりも小さい数字のカードを出した場合、その列のカードをすべて引き取り、そのカードに書かれている牛のマーク分点数が引かれます。
    持ち点は66点からスタートし、誰かの持ち点が0もしくはマイナスになったラウンドでゲーム終了。一番持ち点が大きい人が勝ちになります。



    ・・・わかりましたか?


    正直何言ってんだこいつって感じですよね、はい。
    書いてて思ったのが意外とルールを説明するのって難しい!w



    なので画像を使ってもう一度ルールを説明します!

    ------------------------------------------------------------------------------------------------

    ニムトのルール






    赤の下線が自分の手札になります。
    青色の枠が場のカードになります。
    緑色の枠が一緒にプレイしている人とその人の残り点数になります。
    点数はの左側に書かれている数字になります。


    ゲームが始まったら先ほど書いたように自分の手札からカードを一枚選択します。
    この時場のカードは上の列から順番に26,40,28,47となっています。
    とりあえず場のカードの中で一番小さい数字の26よりも大きい数字のカードを選んでみます。






    全員がカードを選択したらこのように全員が選んだカードの中から小さい順に並べられます。
    この時一番小さい数字のカードを選んだ人が選んだ数字は29なので、先ほど書いた赤字の部分

    選択したカードの数字よりも小さい場のカードの中で一番数字が大きい列

    つまり選択したカード29より小さい場のカードは26と28で、28のほうが大きい数字なので29のカードは28の右隣に置かれます。


    次に場におかれるカードは30のカードで、このカードは先ほど置かれた29の右隣に置かれます。
    このように列の一番右側にあるカードの数字がその列の最大の数字となります。
    全員の選んだカードが置かれたらまた手札からカードを1枚選択します。






    今回は場のカードが上から順番に26,40,33,49となっています。

    ここであえてどの列の数字よりも小さい数字のカードを選んでみました。
    僕が選んだ数字は1です。
    このように場のどの列よりも小さい数字を選ぶとどこか1列任意の場所のカードをすべてとらなければいけません。
    この時とったカードに書いてある牛のマークの数分自分の点数が引かれます。





    牛のマークは上の画像の赤線の部分に書かれているものになります。

    牛のマークの数には法則があり、
    5の倍数(10の倍数と55を除く)が牛のマーク2つ
    10の倍数(5の倍数を除く)が牛のマーク3つ
    ゾロ目の数(55を除く)が牛のマーク5つ
    55が牛のマーク7つ
    それ以外の数字が牛のマーク1つとなっています。

    上の画像だと左から牛のマークが1,2,3,5となっています。
    もしこのカード全てをとった場合は11点自分の点数から引かれます。




    先ほど僕が1のカードを選択した場面に戻ります。




    僕が選んだ列は26の数字が置かれていた列。
    26は牛のマークが1つなので持ち点が1引かれます。
    上の画像をよく見ると一番上のプレイヤー(僕です)の持ち点が65に変わっているのがわかると思います。

    このように1列すべてのカードをとった後は、1列とるときに使用したカードが新たにその列場のカードとなります。
    僕は1の数字のカードで1番上の列をとったので1番上の列の場のカードが1に変わっています。


    このように全員の選んだカードが置かれたらまた手札からカードを1枚選択、場に並べられる、列をとるを繰り返していきます。

    場のカードをとる条件は以下の2つです。
    1.各列の6番目にカードを置く
    2.場のどの列のカードよりも小さい数字のカードを出す


    手札のカードが全部なくなり、持ち点が0もしくはマイナスになっている人がいない場合は次のラウンドへといきます。
    またランダムに10枚手札が配られカードを出していきます。
    これを繰り返し誰かの持ち点が0もしくはマイナスになったラウンドでゲーム終了。
    ゲーム終了時に一番点数が高い人が勝利です。





    今回僕は2位でした。





    ゲームが終了したら一緒に遊んでくれたプレイヤーにグットと評価してあげましょう!

    ------------------------------------------------------------------------------------------------


    頑張って書きましたが、きっと僕の説明が下手でニムトがどういうゲームかよくわからなかったって人もいると思います。
    でも、そんな人も一度ニムトで遊んでもらいたいです。
    ルールを理解していなくても一度プレイするとわかることがきっとあります。
    そう、百聞は一見にしかず的な!100回ルール読み直すより一度プレイしたほうがわかるよってことです!w


    長くなりましたが、この記事をたまたま目にした人がこの記事をきっかけにボードゲームをはじめてくれたらうれしいです。
    また他のボードゲームを紹介する記事を書こうと思いますのでよろしくお願いします。




    それではまた!BGAで会いましょう!