RUN AWAYS 逃げるは恥ではなく、負けるが勝ち
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

RUN AWAYS 逃げるは恥ではなく、負けるが勝ち

2020-06-30 00:21
    ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」は大ヒットしたが私は、逃げるのは恥ではなく負けるが勝ちだとあえて掲げよう。ベッドルームにUターンしろって族にはJターンでもしておけとか言っとく。最近気づいたのだが菊地先生の言葉が色んなところにリンクし始めたところだ。シュリンクなんてしないがマークジェイコブスのKRINKのペンが液漏れした時にはご立腹したというのは冗談だが、莫迦な気狂いな私だがそれはマニアックってことで多くの音楽に敬意を表しつつあなた達のfunだったよ10年くらい前までは、今ではfanだ。でもそれは特定の人物ではなく特定の作品にとってのファンだということだ。



    新教の心境など知ったこっちゃないが、シャネルズのランナウェイは好きだ。きっと亡くなった喜劇王も同じだろう。





    黒く肌を塗った彼等の美しさ。白線など必要ないさ。BLMより前に黒板のような音楽を与えてくれたDeath Gripsにリスペクトをしつつ毒舌なペプシマンに頭を冷やせよとあなたに今夜コーラをふりかけたい。





    そんなこの曲からRUN AWAYS!!





    そんな彼等に向けて勝利のVサインと平和のピースのダブルピースで井上順さんみたいなポーズをとる。そして筒美京平さんへhonorを捧げる。




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。