• S14  鋼統一 最高1957  レジスチルとグロスは技範囲殆ど同じ

    2019-04-03 20:19
    S14も鋼統一で潜り自己最高レートを更新した為、簡単に使用したポケモンを
    書きたいと思います。






    【個体紹介】

    メタグロス@メガ石 特性:通常:クリアボディ → メガ 固い爪



    性格:ようき 実数値:H 167 A189 B171 C112 D131 S173
    技:冷凍パンチ、地震、思念の頭突き、バレットパンチ

    準速ボーマンダ抜きにSを振り、最低限の耐久調整した一般的なメタグロス、
    終盤ボーマンダに抜かれる事が多く、グロスミラーで上を取られる事が
    多かった為、最速のが良いではないか?と疑問に思いながら結局最終日まで
    変えませんでした。

    前期クチートを使っていた分ボルトロス、ランドロス、リザードンにはそこまで
    苦戦する事無く↑から殴る事による怯み突破が無茶苦茶強かったです。


    レジスチル@イバンの実 特性:通常:クリアボディ 


    性格:勇敢 実数値:H 184 A139 B171 C95 D173 S50
    技:冷凍パンチ、地震、雷パンチ、ステルスロック

    H:4n
    D:ダウンロード対策でD20振り
    S:最遅ガルド意識で厳選

    エンペルトの命中不安を嫌ってゲッコウガ、ガルドを両方みれて、剣からの
    引き先として採用。ゲッコウ対面で雷パンチを見せると、身代わり→身代わり→カノン
    耐える→次出てきたポケモンにワンパンする事が出来たり、拘り解除のクッションとして
    採用しました。

    技はランドロス、ボーマンダに有効打取れる冷凍パンチ、ガルド対策の地震、
    ギャラドスとレヒレに有効打取れる雷パンチ、最後は襷潰しのステルスロックを採用しました。

    正直カバルドンが死ぬほど重かったので、ステルスロックより爆発のが強いと思います。
    18帯~19帯まで選出する機会が多く活躍してくれましたが、ルカリオに悪巧みされたり、
    ヒードランの火炎放射でイバン圏内に入らなかったり、火力は微妙だし、耐久ありすぎて
    困る部分が少しあったので、もう少し耐久調整する必要があると思いました。

    耐久目安:
    ヒードランのオーバヒート耐え、特化ランドロスの地震耐え、レボルトの気合ボールZ高乱数耐え

    良く言われてますが、あくまで耐えるだけで倒せないので、遂行できるポケモンを決めて
    選出してあげると活躍してくれます。メタグロスと同じ範囲だけど、ギルガルドと、ゲッコウガに対して強くでれるので、メタグロスの劣化じゃありません!!!

    今期のMVPは間違いなくこの子

    エアームドー@飛行Z 特性:がんじょう



    性格:意地っ張り 実数値:H 141 A:145 B:160 C:54 D90 S122
    技:剣の舞、挑発、ボディーパージ、ブレイブバード

    伝家の宝刀飛行Zエアームド、グライオンを起点にして全抜きを狙っていきます。

    型がバレバレなので、ヒードランと組ませて、ステルスロックを巻いてから
    剣の舞する動きをすると幸せな事が多々あったのでこれからは立ち回りをもう少し
    変えたいと思います。

    ヒードラン@ふうせん 特性:貰い火

    性格:控えめ 実数値:H 171 A:87 B:126 C:188 D137 S125
    技:噴煙、台地の力、めざこおり、ステルスロック

    臆病リザの気合玉まで振った控えめドラン、いつもの炎対策。
    クッションとステロを絶対に巻かないといけない時だけ選出。ドランミラーで負ける事が
    多かったので、こちらも最速を取った方が強いのではないか?と思ったので、来期は
    臆病を試す予定。

    クチート、レヒレ入りにはどうせレヒレが裏にいるので、出しても倒されるからヒードランを投げずスチルを投げてました。

    カミツルギ@スカーフ  特性ビースト・ブースト


    性格:意地っ張り 実数値: H:135 A:256 B:151 C:65 D:58 S:154
    技:リーフブレード、叩き落とす、聖なる剣、やつあたり

    コケコ、ゲッコウガの↑を取れるのが誰もいない為、スカーフを採用。正直
    ゲッコウガ対面必ず引かれるので、最終日は相手を信じてガルド引き読み、ガルドで対処してました。それ位読まれます。

    ただ制圧力は圧倒的に高く、スチルと合わせて選出してあげれば拘りも気になりません。

    正直臆病剣で打ち分け出来た方がつよいのでは?と思いましたが、ここも最近スカーフを読まれているので持ち物性格共に要検討枠だと思います。

    ギルガルド@気合の襷



    性格:うっかりや 実数値:H 135 A:71 B:170 C:112 D153 S112
    技:シャドーボール、影うち、聖なる剣、めざ氷

    バシャーモ対策と切り返し要因無理な相手を無理やり↑からシャドーボールでみていました。
    ゲッコウガの水手裏剣で落ちやすいので、D下降補正ではなく、B下降補正にした方が良いと
    終盤思う場面があったので、次回は型を変えて試行錯誤したいと思います。

    【総括】

    スチルを採用した事によって、ギルガルドを受ける事が可能になってからレートが爆上がりしました。

    結局ゲッコウガと、ギルガルド、増加したカビゴンをどう処理するかが鋼統一の課題だと思っているので、この3匹とカバルドン絡めたパーティに勝てるようなスチル以外のポケモンを来期は探す予定です。

    今回グロス軸を使用した感想としては、クチートは結局ランドも、リザードンも、ボルトロスに対しても↑を取れず不意打ち通すか、通さないかゲームになるので安定してレートを上げれないから前シーズン辛かったんだなと、今回メタグロスを使って改めて思いました、、、メタグロスが強すぎるんや・・・。

    統一界隈が今回盛り上がっていたので、鋼統一の強者になれるよう、今後とも
    がんばりたいと思います。

















  • 広告
  • S13 最高1841 素直ガルドとクチート守備隊 鋼統一

    2019-01-12 12:41
    S13鋼統一の人口が増えメタグロス民が増えた事により差別化を図る為、
    クチート軸で1シーズン潜ってみました。

    最高レート画像はジバコイル枠をメタグロスに変えて1戦潜って更新した時の画像です。







    S13初期コンセプト

    ①メガ枠をクチートにする(メタグロスに頼らない)

    ②マンネリ化防止

    【パーティ完成の流れ】
    ・クチートの鋼統一軸いないし、ツンデ・クチートの並び強そうだから使おう

    ・トリル展開しても・カバ・テッカグヤ・ゲッコウガでツンデが荷物になる→トリル軸解散

    ・取り合えず邪魔なカグヤを処理しないと勝てない→ツンデ out ピッキングジバコイル採用

    ・グロス軸以上に残飯ガルドが重く、AもCもSも欲しいから無補正ガルド入れよう

    ・神剣の耐久ライン・ドランの耐久ライン見直してPT完成

    【個体紹介】

    クチート@メガ石 特性:通常:威嚇 → メガ 力持ち


    性格:意地っ張り 努力値:H252 D60 余りA
    技:じゃれつく、叩き落とす、ふいうち、剣の舞

    耐久ライン
    無補正C252  メガルカリオ気合玉       乱数1発(37.5%)
    無補正無振り メガゲンガーシャドーボール   乱数2発(39.5%)
    無補正C60  ブレードガルドシャドーボール  確定3発
    補正有C252  レヒレのハイドロポンプZ    乱数1発(18.8%)  

    簡単に書きましたが、無振りだと、中乱数が高乱数になり、低乱数が中乱数になります。
    H252、A252を使用していましたが、不意のZ、重たい特殊ルカリオに何度も出オチ
    したので、ここまで耐久ラインを引き上げました。

    一般的なPTだとS60族抜きも有りだとは思いますが、最低限の仕事はして欲しい事もあり、
    過剰調整すると今度は火力が不足するので、この調整に落ち着きました。

    技については、一致のじゃれつく、先制技不意打ち、決定力・物理を起点に無理やり突破を試みる剣舞、ドヒデ、ガルド、カビ、ポリ2に対して有効打となりえる叩き落とすにしています。

    迷ったら不意打ちではなく、裏のポケモンで何とかなるから不意打ちを押すという風に、勝ち筋を決めてから打つようにしないと、相手にイージーウィンされます。何度もレートを配布しました。リザードンXがステロで半分削られたら、ジャレ押しましょう。

    ジバコイル@電気Z 特性:磁力 


    性格:控え目 努力値:H108 C156 S244
    技:10万、メザ氷、電磁浮遊、身代わり

    Cライン
    Z10万ボルトでH252クチート確定1発

    役割対処であるクチート、テッカグヤ、エアームド、エンペルトを迅速に処理して裏のカミツルギを通しやすくするピンポイントメタ枠。

    電磁浮遊は全くと言って良い程打たなかった為、汎用性を持たせるのであれば
    ラスターカノンで良いかな?と思いました。

    見たい相手が本当に上記の相手のみなので、この枠はランド・ボルト等を見れる枠でも
    良い気がします。

    ギルガルド@ゴーストZ


    性格:素直 努力値:H204 B4 C60 D12 S220
    技:シャドーボール、影打ち、聖なる剣、キングシールド

    耐久ライン(目安)
    補正有A252    ランドロス地震       乱数1発(37.5%)
    無補正C252    コケコZ 10万        確定2発(割合78.8%~93.1%)
    無補正C252    霊獣ボルトZ10万      確定2発(割合70.8%~83.8%)

    火力ライン(ゴーストZ)
    無振りコケコ 確定1
    H252霊獣ボルト  乱数1(18.8%) 無振りなら確定1発
    H252盾ギルガルド 確定1   

    S実数値:108
    記事見て臆病最速ガルドは切るとして、それ以外の残飯ガルドの最高数値が107だった
    為1上げ。

    クチートの引き先として、始め呑気ガルドを使用していたが、相手の残飯ガルドが重く
    どうにもならなかったので、Sを確認する事から開始。

    S11で高速エンペルトとガルドが対面した際、S実数値108で基本上を取っていた為ラインをそこまで引き上げた。

    ランド・耐久ノーマル・惡タイプ、ルカリオ、高速電気タイプに軒並み出し負けを取り
    たくない事、S振った事による火力不足が浮き彫りになった事、相手のギルガルドに対して、
    残飯だろうが、ゴーストZだろうが、上からZを放つ事によりギルガルドを倒せる為にZを持たせ、Z消費後火力不足を少しでも抑える事、水Zゲッコウガに不利を取りたく無い事から、聖なる剣を採用したかった為、性格補正無のガルドを採用した。

    頭おかしいガルドだとは思いましたが、ここまでS振った事によりZ消費後、ペリッパーに
    上取れたり。バンギの上取れる事もあったので、割かし強かったです。

    キノガッサがとてつもなく重たいので、身代わり入れた最速ガルドの採用もありかなと
    感じた時もありました。

    エアームドー@飛行Z 特性:がんじょう



    性格:意地っ張り 努力値:A252 S252 余りH 
    技:剣、挑発、ボディーパージ、ブレイブバード

    伝家の宝刀飛行Zエアームド、クチート軸に出てくるグライオンを起点にして
    全抜きを狙っていきます。

    最近鋼統一が増えているので、読まれる事が多くなってきたかもしれませんが、
    カグヤで止まるので選出は取り巻きで相談。

    この枠はガッサを見る為に一時期、寝言カグヤを採用していたのですが火力が無く、
    汎用性の欠片も無かったので結局エアームドに落ち着きました。

    ヒードラン@ふうせん 特性:貰い火

    性格:控えめ 努力値:H44 B4 D88 S220 余りC  
    技:火炎放射、台地の力、めざこおり、ステルスロック

    臆病リザの気合玉まで振った控えめドラン、いつもの炎対策。
    クチートの不意打ち圏内、襷潰しの為にステロを打つ場面が多かったです。

    ボーマンダが死ぬほど重たいので、サブウェポンはめざ氷1にしました。

    クチート攻撃後の後投げドランは、こちらも後投げドランで何とかするしかないので、今回の過労死枠は間違いなくこの子です。

    カミツルギ@スカーフ  特性ビースト・ブースト


    性格:意地っ張り  努力値:H4 A252 S準則ガブリアス抜き 余りD
    技:リーフブレード、叩き落とす、聖なる剣、やつあたり

    いつものPart3 ここまで低速が5体いるのと、水タイプが重いため上から処理できるように
    スカーフ剣を採用。

    最近スカーフ前提で動いてくる人が無茶苦茶いるので、臆病襷にしてブーストかかるように
    した方がいいかもしれないと検討中

    オフでも並び見て↑取れる子いないから、剣スカーフですよね?とか言われたので
    もうバレバレでも良いかもしれない。


    【基本選出】

    マンダ入りの共有パ  → ギルガルド、ドラン、剣 or クチート
    カグヤ・クチート入り → ジバコ、剣、クチート or ドラン
    雨          → ガルド、剣、クチート 
    ガッサ入り      → 剣、ガルド、ドラン or クチート

    【きつい相手】

    身代わり持ち:とりあえず身代わり押さないで下さい。
    リザードン:ステロで不意圏内入れても鬼火・羽休めが考慮する必要ありグロス軸より辛い。
    ウルガモス:無理、ドランで誤魔化すしかない。
    Hロトム :Z持ちやめませんか?木の実だと身代わり考慮する必要あるので厳しい。
    ヒードラン:ドランで誤魔化すしかない。ドランが落ちたら負け。
    馬車   :ステロ撒かれるタイミングで剣出すしかない。
    ゲッコウガ:身代わりやめて下さい。
    ランドロス:身代わりやめて下さい。クチートで相手せずドラン・剣で処理してました。
    残飯ガルド:ガルド採用するまでは玩具にされてました。身代わりやめて。
    キノガッサ:クチート軸は仕方ないとはいえ、剣とガルドで誤魔化すしかない。

    見てわかる通り身代わり持ちに無茶苦茶弱いです。

    トリル展開は1500~1700帯以下は通用する。1700~1900帯は通用しないかな?と私の
    中で感じました。使い方の問題もあるとは思いますが、ドータクン・ツンデ採用するより
    かは、選出されるポケモンに対してピンポイントメタを貼った方が強かったです。

    【今期振り返って】

    3Z構築ですが、実質ムドー、ジバコイルはピンポイントメタ枠な為選出機会は低いです。
    終盤増えたマゴランドにあの手この手で殺されたので↑から冷凍P打てるグロスやっぱり
    強いわ・・・という事を思い知らされたので、今期はジバコイルの枠をランドロス対策枠
    にして再度試行錯誤していきたいと思います。



  • S11 最高1934 高速移動エンぺ入り 鋼統一 

    2018-09-04 22:28
    S10に引き続き、過去最高レートを鋼統一で更新出来た事、今回新規採用したエンペルトが刺さっていたので、使用感と立ち回りを記載したいと思います。






    S11のコンセプト

    ①格闘Z・めざパ電気以外のゲッコウガに強くする

    ②高速電気を呼び込み裏のゲッコウガに引かせて対面で起点にする

    ③ギルガルドに強くする

    ④PTに切り返し要員を入れる

    【PT完成までの流れ】

    選出傾向を見ると、PTに電気技の一貫・SがグロスのS110と遅い為スカーフを持っていない
    電気タイプ・ランドロス(スカーフ)ゲッコウガ・ボーマンダ・ギルガルドが良く選出され、水技と氷技の通りが良い事が判明し、ボディーパージエアームドが強いのであれば、高速移動水Zエンペルトを使えば、勝てる範囲広がるのでは?と思いPTに投入。

    1850から、バシャーモに全く当たらず、受けまわしのPTに当たらなかった為、エンペルトの高速移動が決められなかった際、ボーマンダ・コケコ・氷4倍弱点ドラゴンに対してトリルからヒードラン・エンペルトが活躍出来るようトリルドータクンを採用。

    トリルを意識して、岩石封じドランをめざ氷ドランに変更し、火力不足を感じた為カミツルギを陽気から意地っ張りにしてPT完成。


    【個体紹介】

    エンペルト@水Z 特性:激流



    性格:控えめ  H:12 C:252 D20: S:220 余りb
    技:身代わり、こうそく移動、冷凍ビーム、ハイドロポンプ

    構築の要
    激流ゲッコウガが強ければ、激流移動エンペルトも強いに決まってるやろと思い採用。

    H:身代わり実数値40でギルガルドの影うちを43.8%で割れない
    C:臆病同数値で耐久調整するとカノンになるので、連射出来るポンプ採用する為ブッパ
    D:身代わり後無振りカグヤの火炎放射を身代わりが31.3%で割れない
    S:高速移動後準速スカーフランドロス抜き

    ゲッコウガ対面で̪死に出し後、高速移動を積み全抜きを狙う。補正無し252振りの悪の波動が確定3発なので、対面から起点にする事が可能。鋼統一で重たいテッカグヤも身代わりから入る事でヤドリギの種も火炎放射も透かせて負担をかける事が出来る。

    ゲッコウガがいるPTに対しては殆ど選出していました。
    PT単位で重たいポリゴン2も素ポンプ+激流水Zで落とせる為運に頼らず突破できるのが
    強みです。

    ドロポン当てた試合は勝つけど、外れた試合は負ける、ゲッコウガの体力が多い場合は
    必ず水Z押さないと押し負けます&ポンプ外れで負けます。

    無振りカバの地震を確定ではありませんが、高乱数耐えなので勝ちを広げるなら地震読みで
    移動積むこともありました。カバ・エンペルト対面は相手に地震以外打たれた事ありません。

    間違いなく今期のMVP

    ドータクン@オッカの実 特性:浮遊

    性格:生意気  H:252 A:252 余りC
    技:トリックルーム、大爆発、めざこおり、地震

    臆病コケコの電気Z耐え・補正有ギルガルドのシャドーボール耐え
    エンペルトの相方とPTのSをカバーする為にトリックルームの切り返し要員
    マンダ・ドランのサイクルを崩せるように地震を採用し、最低限の耐久があれば良いと思い
    爆発威力を高める為、Aは252に振りました。

    この枠は浮遊枠として、エアームドを採用していましたが、最終日エアームドの刺さりが無茶苦茶良かったので正直この枠は再度検討する必要があると思いました。

    ガルーラ入りにも出せず、今期一番腐ってた枠です。この枠は受けサイクル崩せる枠の方が
    良いと痛感。そして最終日仕事しないドータクンに心が折れました。恐らくもう採用しません。

    ヒードラン@ふうせん 特性:貰い火


    性格:控えめ 努力値:D92 S252 余りC 
    技:火炎放射、台地の力、めざこおり、ステルスロック

    鋼の炎対策・ボーマンダ入りの構築が増えてきていた為岩石封じからめざ氷個体に変えて
    運用。

    終盤リザードン入りのPTに当たってもリザードンを投げてくれる人が全くいないので、
    ガルーラ・ルカリオに良く惨殺されてました。

    エンペルトを通すステロを打てる・リザに強い・浮いている為マンダ・グライ・ランドロスに
    一発めざ氷で負担をかけれる。ドラン・マンダのサイクルに強く出れるのはめざ氷ドランの強い所だと思います。

    レート帯によっては技が刺さらないので潜りつつ技構成を変更しなければいけないなと
    思いました。

    ミツルギ@スカーフ  特性ビースト・ブースト



    性格:意地っ張り  努力値:A252 S252 余りH 
    技:リーフブレード、叩き落とす、聖なる剣、やつあたり

    陽気個体を使っていて、S負けする場面よりも火力不足を感じる部分があり、メガバシャーモに対して、ビーストブースト後倒せる可能性を残す為に意地っ張りを採用。

    ギャラドスには強いが、取り巻きのギルガルド・テッカグヤが辛い為エンペルトで崩してから、最後の掃除役として使用していました。

    シーズン通して臆病スカーフキュウコン・バカ力メガラグラージにやられた以外は
    困ることはなかったので、鋼統一のカミツルギに関しては雨に強く出たい場合を除き
    意地っ張りで良いと思います。

    ギルガルド@気合の襷



    性格:うっかりや 努力値:C252 S252 余りA
    技:シャドーボール、影うち、聖なる剣、めざ氷

    バシャーモ対策、対面から打ち合いミリ耐えされた後は強気のシャドーボールを押す。
    強気のシャドーボールが通れば、出てきた受けポケがグロス、カミツルギの圏内になるのが強みです。

    ゴースト・ノーマルの組み合わせに技構成が死ぬほど弱いので、今後技は要検討

    メガメタグロス@メガストーン



    性格:ようき 努力値:H124 A180 B4 D4 S196
    技:冷凍パンチ、地震、思念の頭突き、バレットパンチ

    ようきガブ抜き、耐久は特化ランドロスの地震確定耐え、特化マンダのA+1地震耐えです。
    鋼統一で結果を出している方からそのまま調整を使用させて頂きました。

    削れたリザードン・辛いボルトロス・ドヒドイデ・ボーマンダ等対面で見れるメガ枠

    正直エアームド等を強烈に呼ぶので地震を切って、めざ炎を採用するかしないか迷いましたが、どの技も切れず結局シーズン中一度も技構成は変えませんでした。

    唯一変更したい点があるとするれば、S振ったボーマンダに削れているとかてないので、
    準速ボーマンダ抜きに調整した方が良いくらいな為、来期はもう少しS振るかもしれません。

    【シーズンを通して】

    ムドー、ラッキー、グライオンのサイクルが崩せず終盤勝てない試合が多く、勝ちきれ無かった事、統一で2000を目指す以上絶対に勝てないという事を無くせない構築を組んでしまった事
    が心残りです。

    来シーズンは2000行けるような統一使い目指します。