「護衛兵士の剣」WEAPON STORY
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「護衛兵士の剣」WEAPON STORY

2019-05-12 18:25

    この剣の元の所持者は、かつて封印騎士団に所属し、
    “竜の子”と呼ばれる者の先輩騎士であった。

    稽古にかこつけて、懲らしめるつもりで、“竜の子”と試合をし、
    逆に無様にも敗れ去ったこの剣の元の所持者は、
    鍛錬を積み重ね、護衛兵士にまで昇格した。

    護衛兵士として小隊の指揮をとっていたその者は、
    ある時、“隻眼の男”と呼ばれる反逆者に、自分の隊を殲滅され、
    恐怖のあまり逃げ出した。

    騎士団に戻れなくなったその者は、
    騎士の命ともいえる武器をも、なくし、何処かに消えたという。


    目次へ戻る

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。