ある日の麻雀格闘倶楽部(思い出の1枚編)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ある日の麻雀格闘倶楽部(思い出の1枚編)

2015-06-20 10:30



    これはとある日にまったりMFC(麻雀格闘倶楽部の略)をやってたんです。
    私のサブカードは3麻オンリーだったんですけど、最近半荘もチャレンジしてみようかとやってみたらSSみてもわかるように2700点しかありませんΣ(・ω・ノ)ノ!
    他家の方々は結構余裕だったのでカンやリーチで私の精神崩壊を狙ってたに違いない!(笑)
    ・・・Σ(゚Д゚)ギャアーーーーー!!!

    ①放銃しないように安牌で逃げる(でもみんなテンパイだと・・・っていうか2人は確実にテンパイなので、ほぼ死亡フラグ)

    ②負けてもいいや~って放銃覚悟で立ち向かう(諦めは敗北以下という言葉が頭に響きますね・・・ははは)

    の選択肢だったんですけど、南家には5・8ピンは通るので大丈夫なので逃げてるとピンズが~めっちゃくるんですけどーーーーー!?(嬉しいけどね)
    逆転の可能性と逃げを踏まえやってたら自模ってくれたっていう奇跡の1枚です。



    清一色ではなく九連宝燈というものらしく、自分はそんな役満に詳しくはないので呆気にとられて放心状態でしたが、ほんと良かったーーー!!!(感涙)
    親だったので逆転満塁ホームランでした。ありがとう~ございます( ;∀;)
    3麻では国士無双や字一色など和了は何度か見てきましたが、半荘で和了できたというのもかなり自分では驚いてます。
    この時の配牌や自模のことは深く頭に残ってます(笑)

    半荘リーグはSになることができましたが、この奇跡から一気に絶不調になったのは言うまでもない(笑)
    私の場合店内NO1~10雀士などの称号が付くと途端に不調になるんですよ~
    ほんとです・・・こればっかりはどうすることもできないので流れに任せますけどね。

    でも麻雀好きなので止められない(=゚ω゚)ノ


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。