「ニコニコ動画の在り方」について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「ニコニコ動画の在り方」について

2015-10-04 01:27
    今回はゲーム業界というより、「ニコニコ動画の在り方について」です。
    ニコ動のブロマガを利用する身として、もちろんニコ動が好きですので記事として取り扱いたいと思います。

                     元記事はこの3つ
                       ↓↓↓












    3番目(一番下)はちょっとサムネ怖いですねw 気をつけてください。





    この記事を開いて下さった皆さんは上の動画達を知っていますでしょうか?
    いずれも「ニコ動が、運営がおかしくなってきている」という内容の動画です。



    みなさんは率直に今のニコニコ動画・運営がおかしくなってきていると思いますか?
    私は「運営がおかしくなってきている・もしくは手遅れかも」と思っています。
    2009年からニコ動は利用していますが(このアカウントも2009年からのものです)
    「テレビにとって替わりたいんだろうな~」という印象ですね、最近は。



    恐らくですが、運営は「ネットメディアNo1」を目指しているのではないかと思います。
    全てをひっくるめたメディアになりたいのでしょうね。


    確実に昔の様なアングラ感というものは無くなりました。もちろん、有名になったことで
    アングラ感が無くなるのは至極当然なのですが、企業の割り込み具合・チラつきが非常に気になる。ウザイ。同じ気持ちを感じている方はこれに尽きると思います。


    何と言いますか、「動画アップ者・ユーザーが作り上げてきたニコ動」から
    「企業・運営が作り上げるニコ動」になってきたのではと感じています。








    少し前のランキング画像です。ランキングも凄い事になっていましたね。
    やっぱり金の力は偉大です。マネーイズパワー。
    特にゲーム部門。このブロマガはゲームを題材に使うのが主ですのでこの部門は当然注目
    です。


    なぜこんなにマリオメーカーだらけのランキングになっていたのかというと、任天堂が「クリエイター推奨プログラム」というものを使って「任天堂のゲームを広めて頂きたい。広めて頂ける報酬としてお金を支払います。」と公式で認めた事によってユーザーが「ゲームもできるし、お金も稼げるしで一石二鳥だな!これ使おう!」と感じた結果ですよね。当然の流れです。人間やっぱり誰だってお金は欲しいです。当たり前です。


    恐らく、この辺りの事柄が、上の3動画のコメントでも見かける「ランキングが荒らされる」「何が本当に人気なのか分からない」などと感じる要因になっているのではないかと思います。これからもこれが続くと、見る動画の偏りが意図的に発生する可能性はあります。




    長くなりますので、ちょっとここまでの記述をまとめます。

    ・ニコ動が面白くなくなってきている。運営がおかしくなってきている

    ・現在、ランキングを金で買収しているようなもので、本当に面白い動画が上がってこない


    ・これからもこれが続くと、見る動画の偏りが意図的に発生する可能性がある


    まとめてみましたが、次はちょっと逆の見方をしてみたいと思います。




    上で逆の見方をしてみたいと言いました。それは
    そもそもこのマリオメーカーだらけのランキング以前からランキング工作やマイリス工作はあったのではないかということです。


    マイリス工作の噂が出ている方々やマイリス工作ツールなるものは2013年ぐらいから出ていました。ランキング工作もこの問題以前から話題には上がっていました。今になってまた話題になっているのはそれが顕著化した証ですね。


    また、ランキングやマイリス数で見る動画を決めてしまっていないか、ランキングでしか動画は見れないのか?という事もあると思います。本当に面白いものを探す方法はまだまだあると言う事ですね。タグ検索とか。



    他にもこういう探し方があります。それはニコニコ解析サイトを使うという方法です。


                 紹介するサイト様はこちら
                     ↓↓↓
                http://www.nicovideo.me/





    こちらのサイト様は有名・人気動画投稿者に左右されない、動画の力だけのランキング
    というものを解析ツールを使って運営しております。是非おすすめしたいサイト様です。




    さて、ここまで記事の文章が長くなってしまいましたがようやく感想のまとめに入りたいと
    思います。




    個人的には、真偽は別にしてランキング工作類は確かにうっとおしく感じています。作られた感が凄い。そして、表に出ていない工作類もあるのではないか、今出ているのは氷山の一角なのではないかとも思います。なので、ニコニコ解析サイトなどを使ってどんどん他の動画を漁って見てください。ランキング工作に左右されない良動画が沢山出てきます。

    そして、任天堂のマリオメーカー問題に対しては、ぶっちゃけると任天堂がやっていること自体はおかしいとは思いません。むしろ、ユーチューバーなどゲームでお金が稼げる時代になってきている事自体は歓迎です。ただ、批判が起こっているということは正しくないと感じている方々がいるという事も事実です。そこはしっかり受け止めないといけません。

    そして、運営がおかしくなってきていると感じる点は、昔はYouTubeの丸パクリサイトだったものが今やテレビにとって替わろうとしている点。テレビと違う、差別化できていたから、ユーザーが作り上げてきたからこそ、ここまで成長してこれたと感じているのです。

    ニコ生自体はいいシステムです。現にニコ生のプレミアム会員数増加のおかげで収益が拡大していますから。ただ、只のテレビの替わりになってしまっては、いずれコンプライアンスの渦に巻き込まれるのは必死です。

    最後に、前の記事で書いた様に、ニコ動も基本的にマンガ業界のようなカオスな状態になって欲しい。ゲーム動画だけではなく他の分野の動画も面白いものは沢山あります。
    「カオスな状態こそがニコニコ動画の在り方」だと思います。



    非常に長くなりましたが、ニコニコ動画の在り方については以上です。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。