【俺達の少女A】FrenchKisSおにいさんとは何だったのか?(前編)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【俺達の少女A】FrenchKisSおにいさんとは何だったのか?(前編)

2016-10-31 04:26
    俺達の少女Aという企画ニコ生をご存知でしょうか。

    これは司会の大作さん、よしひこさん、あいうえおさんの三名が、事前に視聴者から募集した
    「3分間のアイマスアイドルのプレゼン音源」を紹介し、視聴者とともにまだ知りえなかったアイドルの魅力を知っていく、という企画です。

    これまでに6回の放送が行われており、正攻法のスピーチ形式のプレゼンだけでなく、小芝居を交えたものや、佐藤心のハートビートレディオ

    のような名作が飛び出したりと、様々な手法でP達が切磋琢磨してきました。
    自分こと塚井Pは第4回と、直近の第6回で音源を送らせていただきました。


    さて、前置きが長くなりましたが、この記事の議題は
    第6回放送で自分がお送りした音源について、です。
    最終的に自分が作成した音源の内容をざっくりとまとめますと、
    「FrenchKisSおにいさんを名乗る謎の男性が、教育番組風のやけに高いテンションで
    宮本フレデリカと速水奏のユニット・FrenchKisSについて語る」
    というものでした。こちら、実際の生放送では
    「うっわきつ」
    「ど滑り」
    (この前のプレゼンで音声のバグがあったのを受け)ここでバグれや」
    「お前の人生それでいいのか」
    ……など、様々な温かいコメントを頂いたわけですが、

    何がどうなってこんなトンチキな音源を送り付けるに至ったのか、というのを
     1:アイドルの選定
     2:手法の確定
     3:内容の精査
    という三つのステップから解説、あるいは言い訳していこうと思います。


    1:アイドルの選定
    まず最初に、プレゼンするアイドルを決定しなければなりません。
    「俺の担当はただひとりだ、そんなことを考えるは必要ねぇ!!!!」
    という硬派なプロデューサーならばこの工程は不要となりますが、自分のような浮気者にすれば最初にして最大の難所です。

    幸い今回はタイミング的に総選挙に直結した物ではないため、特に票が欲しい子を推さなければならない、というような切迫感はありませんでした。
    なのである意味、誰のプレゼンをしてもよい状態でした。
    現在、自分はアイドルマスターシンデレラガールズにおいて4人のアイドルの担当を名乗っています。上条春菜、荒木比奈、喜多見柚、そして宮本フレデリカです。
    時間的な問題もあり、全員分のプレゼンを作成することはできません。

    上条春菜については、第4回の時点で一度プレゼンをお送りしています。
    荒木比奈については、第5回で複数のプロデューサーから紹介がありました。
    喜多見柚については、この時点ですでに何人かが音源を作成する雰囲気が窺えました。

    基本的に自分の思考は天邪鬼なので、悩んだ時には「他人がしないことをする」ように偏っています。この場合の他人には「過去の自分」も含まれます。
    そもそも文章構成も喋りも得意な方ではないので、印象に残るプレゼンをするためには多少なりともニッチなことをしなければ意味がない、という認識もありました。
    そんなこんなで、今回のプレゼン対象は宮本フレデリカにほぼほぼ内定。
    また前回がまじめなスピーチ形式だったので、これも外してネタ形式で行こうと考えました。
    一応Twitter上で俺達の少女A、次の四人だったら一番投稿者が多そうなのはなんてアンケートを取ったりもしていました。

    予想通りフレデリカで行く方は少なそうでしたので、そのまま続行しました。


    2:手法の確定
    さて、宮本フレデリカで、ネタ形式で3分間。どんな音源を作るか。
    前述のハートビートレディオ然り、プレゼンの中で笑いを取りに行く、というのは、リスキーではありますが印象にも残りやすいのです。
    とはいえ、ネタに時間を割く分、あまり内容を詰めることはできません。

    自分が宮本フレデリカについて語るときには大体「誤解されがちな彼女の人間性について」を押し出すのですが、正直これは3分間で収められる気がしませんでしたので早々に断念。
    興味がある方は「#宮本フレデリカは化物じゃない」をご覧ください。

    じゃあもっと気軽に推せて、デレステからの新規Pにも、そこそこ詳しい古参Pにも響くような要素はないか?などと考えながら、有志で行われていた練習生を眺めていたところ、参加者の一人であるみくもさんが「りんのの(渋谷凛と森久保乃々)」のプレゼンをされているのを耳にします。
    なるほど。
    今後の活躍に期待する、まだマイナーなユニットの情報を整理する。
    これならネタ成分を多めにしても、名前を覚えてもらえるだけで十分取れ高がある。

    ということで、今回のプレゼンは「FrenchKisSというユニットの認知と定着」を狙うことにしました。
    宮本フレデリカと速水奏の二人は個別の人気は高く、LiPPSやKroneといった人気ユニットでの接点もあったことで「かなデリカ」としては自分を含む一部のプロデューサーに支持されてはいましたが、FrenchKisSとしては初登場した1年以上前から出番が無く、ユーザーはおろか正直運営にすら忘れられているのでは?と思われるユニットでした。

    教育番組路線になったのは、単純にテンションが高い役柄を演じてみたかったから、でしょうか。
    正直この時点で提出期限が数日後に迫っていたので、自分でもよく覚えていませんが、
    序盤から「FrenchKisSおにいさん」というインパクトのあるワードを繰り返すことで視聴者の記憶の定着を図る、ということは狙い始めていました。


    ……予想より長くなってしまいましたので、後編に続きます。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。