BotW ビンゴツールを作成しました
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

BotW ビンゴツールを作成しました

2020-09-22 06:19
    GoogleChromeを導入している方限定…のはず
    初めに
    このツールはBotWのビンゴカードを配信画面にキレイに乗せたり、毎回ウィンドウソースでとってきて配置しなおして…とかいう手順を省くものです(割と自己満)
    使用法(ツール本体編)
    ツールはこちらからダウンロード、解凍してdistフォルダの中のBingoCard.exeを実行してください
    https://drive.google.com/drive/folders/1VIhfQh66_1Jt-yn4CnK4wpghFMKEVQkI?usp=sharing



    このような画面が出てきます

    1つ目の機能は5*5ビンゴカードの生成です。
    左側の【type,seed,mode】を入力し、HTML生成をクリックすると入力内容に対応したdistフォルダにBingoCard.HTMLが生成されます。生成時に勝手にGoogleChromeが立ち上がりますが、完全なページの読み込みが完了するまでChromeを閉じないでください。こちらの機能は2つ目の機能を利用するために先に行う必要があります。

    2つ目の機能は、選択した列を横向きに表示するDefCard.htmlを生成します。
    基本的にはこのDefCard.htmlをOBSのブラウザソースのローカルファイルでとってきてもらうことになります。1つ目のhtmlファイルは並走ミラー配信者くらいしか使わないと思われ。
    列決定は、右上の2つの部分でやってもらうことになります。1つ目の入力で(ROW,COL,TL-BR,BL-TR)を選び、2つ目の入力でCOL(など)1~5の選択をします。
    列決定をクリックで対応したDefCard.htmlが生成されます。
    使用法(OBS編)
    OBSのソースでブラウザソースをクリック、追加します。



    ローカルファイルにチェックを入れて、distフォルダ内のDefCard.htmlを選択します。
    幅を600、高さを140にしてOKにします。



    高さが少し過剰気味な気もしますが、タスクの文字が長かった場合は枠が縦に伸びるので随時変えるかこのままにするかお好みで。

    次にこの列カードを操作するやり方です



    ソースから、先ほど置いたブラウザソースを右クリック、「対話」をクリックするとウィンドウが出てきます。



    この画面では列カードのタスクをクリックして色を変えられます。



    機能としては以上になります。
    新しいカードや列カードを生成した場合はブラウザソースを右クリック、「プロパティ」から
    「現在のページを再読込」を押してください。
    • SmaSurf Quick Search
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。