真・カルドラフトオンライン
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

真・カルドラフトオンライン

2015-04-10 11:16
    ■大会概要
    期日:2015年4月11日 14時~17時半頃まで
    募集:ハイジ含め4名(3DS版カルドセプトの対人戦経験がありカードをコンプリートしている方)
    →現在タカユキさん参加予定
    マップ:マルセスブルク 7000G 40R 土地シャッフル 禁止カードあり(後述)
    放送:ハイジのコミュ(co308116)にて
    タイムテーブル
    14時:参加者募集、ルール説明
    14時半:ドラフト開始
    15時半:休憩、ブック編集
    16時:試合開始
    17時半頃:表彰、反省会

    ■真・カルドラフトオンライン ルール(仮)
    1:主がランダムで12枚のカードを引きます。その様子をウェブカメラで撮影します。



    ※カード名が読めませんがご安心ください。文字ベースでお伝えします。
    上の場合は、トウテツ・グラニットアイドル・カウンターシールド・ナイトフィーンド・スクォンク・オーラブレード・カメレオンアーマー・ケツアルコアトル・ソウルブラスト・ティアリングハロー・アーチャー・イビルブラストでした。

    2:プレイヤー4名がこの中から欲しいカード3枚を、同時にコメントで宣言します。
    そのカードが他のプレイヤーとかぶっていない場合は、そのプレイヤーのものとなります。ここで駆け引きが生まれるのです。絶対的に強いカウンターシールドやイビルブラストは欲しいのですが、他のプレイヤーとかぶるとゲットできない。そこで無難にアーチャーにしておくかという葛藤や苦悩が生まれ楽しくなります。全くかぶらなかった場合は3枚取得できるということになります。

    3:他プレイヤーと欲しいカードがかぶった場合。
    ここでプレイヤーではないけど見ている視聴者も参加できるアンケートを考えました。具体的には下記のようなアンケートを取ります。



    かぶったプレイヤーの名前とあと2つの選択肢を提示します。勝って欲しいオシメンに投票するもよし、このカード自体をこの試合から除外(3)したほうが荒れて楽しいと思うならそれも良し、次のドラフトの回に持ち越してもう一度取り合ってもらうのが面白そうだ(4)とかんがえるもよし。全てはアンケートの結果に従います。
    こんな形でカードを取り合い、1回のドラフトで各プレイヤーが0枚から3枚のカードを取得することになります。

    4:各プレイヤーが取得したカードをプレイヤー、視聴者が見えるように表示します
    5:1~4をドラフト1回(1R)とします。次Rに持ち越したカードを含め再び12枚になるようにカードをランダムに主が引いてきます。これを10R 繰り返します。10Rでドラフトは終了となります。各プレイヤーはだいたい15枚から30枚のカードを取得できていると予想されます。
    6:特別ルールとして、ホーリーワード8ドレインマジックは各プレイヤーに配ります。これらのカードが場に存在しないとただのすごろくになってしまうという過去の教訓からです

    7:1~5で取得したカードと6でもらった2枚。これらを全て使用してブックを編集します。(例えば全部で32種のカードを取得した場合は、32種50枚のブックを作ってもらいます。どんなに使えないカードでもあなたが選んだカードですから必ず1枚はブックに入れてください)
    8:できたブックで対戦します。

    9:除外カード
    イクリプス・オーロラ・コラプション・グレイス・ディスビリーフ・ピルグリム・プレッシャー・オファリング・シンリュウ・ソルティス・マジックブースト
    護符マップでないと全く使えない護符カードは元々のカードストックから除外しています。それとマジブとソルティス
    は1人のプレイヤーが持つと強すぎるので除外対象としています

    10:ルール改
    ウェブカメラで表示する12枚のうち1枚は裏向きでもいいかなと考えてみました。もしかすると強カード?でもゲットするまではわからないというドキドキ感がある気がします。

    当日も募集しますが参加者、質問・意見など下のコメント欄でお待ちしております。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。