ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • なんかレビュー:映画「シン・ゴジラ」

    2016-07-31 14:14
    昨日、レイトショーで、会社の同期2人と見て参りました。

    先のブロマガ(ar1068966)で、自分の好きな映画シリーズとしてスターウォーズ、インデペンデンス・デイ、そしてゴジラを挙げました。
    ええ、2016年7月はそのうち2つの新作が劇場公開されるという神がかったタイミングでした。
    奇しくも、シン・ゴジラの英題は「GODZILLA resurgence」、インデペンデンス・デイと同じく「リサージェンス(復活)」の副題が付けられています。


    …まあ、ID4の方はアレでしたけど。

    正直言えば、ゴジラ2000がそんなに(個人的に)面白くなかったのもあって、
    「東宝ゴジラ復活発表!」の時は、不安の方が大きかったのです。
    もちろんそれはマグロ食ってるやつと違って、レジェンダリー版ゴジラがちゃんとゴジラに敬意を払って、「ゴジラ映画」としても「ハリウッド映画」としても面白いものを作ってもらったというのもあります。
    しかし、庵野・樋口コンビが監督、特技監督を務めると聞いてから、
    これは「面白くなるのではないか…?」と期待が大きくなり、
    PVを見て非常に期待できると確信しました。
    あいつらめっちゃ自衛隊好きやもん、絶対自衛隊かっこええわ…。



    ここから感想。






















    面白いぜFOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!







    もうね、大興奮ですよ。
    期待以上、新たな「日本のゴジラ」として、これ以上ない作品だったと思います。
    ああ、もう一回劇場に行けるだろうか…。

    以下、ネタバレしながら。
















    開幕から、
    普通の怪獣映画では、物語が始まって怪獣の予兆が見えてきて…というサスペンスな導入があるのが普通だと思います。
    怪獣映画の1つの到達点だと思っている平成ガメラシリーズや、レジェンダリー版ゴジラもそうですね。

    今作も東京湾で漂流しているボートを海上保安庁が捜索するシーンから始まります。
    84版ゴジラのように、デカいフナでもいるのか…と身構えましたが、
    揃えられた靴と折り鶴があるだけ……と思ったらドーーーーーン!!

    アクアトンネルドーン!尻尾ドーン!なんか川上ってきてドーン!
    いきなりゴジラか?!なんだなんだ!




    ……なんだぁ~こいつ!?なんか気持ち悪いやつきたぁ~!



    のちにゴジラの第2形態(あのゴジラは第4形態)と判明しますが、
    出てきたのは目がギョロっとして、デカいエラから血反吐はいてる気色悪い怪獣。
    思わずジョイマンのジョイマンじゃない方みたいになってしまいました。

    開幕から怒涛の展開で、
    主人公の矢口内閣官房副長官の視点から、政府の対応が図られるシーンが続き…。



    とまあ開幕から飛ばしてたんで、映画の構成的に2時間もつのかとも思いましたが、
    ゴジラ出現、海に逃げる→矢口班による生態調査→ゴジラ出現、自衛隊、米軍による迎撃作戦、東京火の海に→ゴジラ休息、熱核攻撃決定とヤシオリ作戦立案→ヤシオリ作戦決行と、ちゃんと盛り上がりの波があって、2時間釘づけにされていました。
    ロ○ランド・エメリ○ヒは庵野秀明に頭下げて教えてもらえばいい。
    あ、○ーランド・○メリッヒってマグロ食ってるやつやんけ!(錯乱)



    すこし心配されていたフルCGという点も、
    「日本にしては頑張ってる」から「アメリカには勝てないけど頑張ってる」くらいまでレベルアップしてるんではないでしょうか。
    ラストのヤシオリ作戦中の動き(シッポ振り回すアレ)だけはちょっとCG感出ちゃってるな~と
    思いましたが、熱戦のシーン含め違和感なく見ることができました。
    …いや、違和感なくというのは間違いですね。東京の町中にデーンと居座るゴジラは非常に違和感があります。そりゃそうだ、普段見ている町中にあんなデカい生き物がいたら現実感なさ過ぎて違和感しかないでしょう。レジェ版は夜ばかりだったんであまり気にならなかったんですが、今作は今までの怪獣映画と違って、もう一周回って現実感ないレベルまで到達しちゃった印象を受けました。





    とまあ自分としてはいろいろと不満もあるものの、非常に大満足だったんですが、
    一緒に来ていた同期はすこし不満げでした。





    「あれ、エヴァゲリオンじゃない?」





    これwwwwww
    ていうか批判的なレビュー(思ったより世間に受けてるみたいですが)って
    こういう意見が多いんじゃないかなと思います。

    なるほど、確かにそうです。
    自分はTVシリーズと旧劇だけで、新劇場版は見ていないんですが、
    エヴァンゲリオンを知っている人は、エヴァに近すぎだと印象受けるでしょうし、
    自分もちょっとやりすぎではと思いました。
    なにせ劇伴そのままですからね。デーンデーンデーンデーンデンデン♪のアレです。
    同期の総評も「ゴジラの皮を被ったエヴァンゲリオン」と言っていました。



    個人的には、何を言っているんだ、エヴァンゲリオンこそ「ロボットアニメの皮を被った怪獣特撮」だと思うんです。

    早いカット割りや、専門用語をまくしたてる登場人物、戦闘ヘリのバックショットなどの妙なカメラアングル、やたら出る電線、ちょくちょく挟まる無言のカット…
    エヴァンゲリオンでやっていた、庵野秀明監督ならではの演出ですが、
    これは庵野監督が巨大怪獣映画でやりたかった演出だと思うし、実際個人的にはもうハマりにハマっていると思います。まあ庵野さんならゴジラよりウルトラマンやりたかったんでしょうけど。

    問題の「Decisive battle」(デーンデーン…のアレ)も、まあああいう場面のBGMといえばやっぱこれだな、という感じはしますし。アニメの劇伴はよくTV番組でも使用されますし、例の曲もBGMとしてよく耳にします。逆にそれがドキュメンタリー感を出す効果があったと思うんではないかなと思います(作曲者本人も言及していますね)。

    その友人は石原さとみさんについてもちょっと…という感じでした。
    確かにアレだったら外人やハーフを使ってほしかったですけどね…。

    劇伴といえば一番最後に使われたのが一番好きな「メカゴジラ発進」でしたね。
    あの曲を劇場で聞けるなんて思わなかったのでちょっと感動しました。









    今作、「ファンタジーはゴジラだけ」と言われているように、
    徹底的なリアリティにこだわっているようで、実際それは成功していると思います。
    なにせ、自分たちは5年前にそれを経験しているわけですから。
    災害報道や政府の対応、瓦礫と一緒に押し寄せる津波から逃げる人、一般人にも浸透している放射線の単位……危急の大災害の時には、政府関係者はあの青い防災服を着るというのも、いまや皆が知っています。
    ゴジラを災害ととらえ、リアルに描けば、経験と相まってそれだけで説得力のある不安や恐怖になる…。
    戦後すぐに作られたゴジラが「戦争・核兵器のメタファー」として作られたように、
    今回のシン・ゴジラが「大災害・(原発事故による)放射能汚染のメタファー」として、納得できる恐怖として作られたんではないかなあと感じました。

    あとやっぱり決定的にレジェ版と違うのはキャストの多さでしょう。ゴジラ役の野村萬斎さん
    含め329名!
    あと読ませる気もないくせに画面にいちいちでる肩書。
    例えば市川実日子さん演じる尾頭ヒロミの肩書は「環境省自然環境局野生生物課課長補佐」、塚本さん演じる「間 国立城北大学大学院生物園科学研究科准教授」、野間口さん演じる「立川 資源エネルギー庁電力・ガス事業部原子力政策課長」
    …長い!
    でも、これ、社会人の人なら別に冗談でもなんでもないですよね。
    環境省にいて、自然環境局にいて、野生生物課にいて、課長補佐やってたら上記みたいな肩書になります。もうほんと日本人めんどくさいw
    このキャストと肩書の多さに、もうどうしようもなく日本人らしさを感じていました。
    日本にはブロディ大尉みたいなスーパーマンはおらんのやで…。
    (この辺は辛口でおなじみの「超映画批評」が詳しく解説しておられました。)

    とにかくこれは日本にしか作れない日本の「ゴジラ」であるといえる作品だったなあと思います。
    ああ面白かった。











    これだけ言わせて。

    キャスト表を見たとき気になった名前がありました。


    「マフィア梶田」


    おい。




    おい!




    自分は「杉田智和のアニゲラ!ディドゥーン」リスナーなので彼のことはよく知っていますが、わからない人は調べてみてください。ゲーム情報サイト「4gamer」のライターさんです。

    果たしてどこで出てくるのか…と思っていたんです。
    調べるとすぐにわかりますが、スキンヘッド、グラサン、ヒゲ、と非常に悪人面特徴的な顔をしてらっしゃいます。
    なので出てきたらすぐわかるな~、やっぱ逃げる群衆なのかな~と思ってました。












    SP業復活してんじゃんねーよお前!
    (SP田中でggって下さい)





    まさかの石原さとみのSPwwwwwwww
    わりと重要ポジで、セリフこそありませんが牧教授の資料をメインキャスト陣の前で広げるというかなりおいしい役どころでした。
    ほんまなんやねんあいつ!
















    だいぶ長くなってしまいました。
    いや~ほんと、観れてよかったです。
    あと、これだけは言わせてください。これだけでシン・ゴジラを見に行く価値があります。



















    無人在来線爆弾

    なんだそれwwwwwwwwww最高かよwwwwwwwwwwwww


  • 広告
  • なんかレビュー:映画「インデペンデンスデイ・リサージェンス」

    2016-07-17 02:51
    ブロマガですって。
    なんとなく初めてしまいました。
    閲覧数が伸びる気はしませんが、いろいろ紹介したいことを書いていこうかと思います。
    そのうちアイマスばっかりになるでしょう。

    さて、突然こんなもの始めてしまった切っ掛けは今日見た映画です。


    自分にとって、スターウォーズやゴジラシリーズにならんで大好きな映画の一つに、
    「インデペンデンス・デイ」があります。

    大ヒットを飛ばした映画ながら、ザ・USA!が強すぎるとか、ご都合主義とか、「風邪(笑)」などのトンデモSF設定とか、賛否の分かれる映画でもあります。

    個人的には、それがどうしたと一笑に付せるほど、大好きなのです。
    静かなOPからすこしずつ忍びよる異変、いざ現れた超巨大円盤の脅威、シティデストロイヤーの破壊の絶望感、明かされるエリア51の謎……大統領の演説や、ラッセル・ケイスの最期は何度見ても胸が熱くなります。
    この映画に「日本よ、これが映画だ」とキャッチコピーをつけるなら、なんの反論もできねぇわと思います。

    こんななので、続編の発表にはとても喜んだのです。
    (スターウォーズの時かな?予告編で思わず声を上げてしまいました)




    で、すこし遅くなりましたが今日見て参りました。
    しかも、初体験となるMX4D(椅子が動いたり水や風が出るアレです)。


    MX4Dは予想以上に動きました。アトラクション感満載です。
    3200円出してまで…と思ってしまうとアレですけど…。
    1シーンだけ、足元のカサカサはマジでびっくりして良かったですが。
    水が眼鏡にかかるんですわ…



    ここから感想。







    う~ん、まあ映像はすごかったよ?







    俺の大好きなID4が、○ランス○ォーマーになってしまった…。



    満足かガッカリかで言えば、ガッカリに近いです。

    今作は監督の過去作で最低だと思っている「2012」程ではないですが、それに近い印象を受けてしまいました。
    ご都合主義や粗は脳内設定で補完するようにしていますが、
    正直「なんだかなぁ…」と思ってしまいます。


    ここからネタバレしていきます。






    頭からストーリーを追っていくといたるところで粗が目立ちます。

    2016年という時代設定なのに、
    ただの作業艇が大気圏突入、突破するほどの機能を有しているのはこの際問題ではありません。エイリアンテクノロジー万歳。

    前半、話題の敵母船が着陸するまではまだいいです。
    このあたりはエメリッヒお得意のまさにディザスタームービー。
    最初はこの敵母船、デカァァァァァいッ説明不要!!4800km‼な為、
    重力が発生してしまう程の質量だから吸い寄せられるのかと思ってました。
    ロンドンでは吸い上げて落とす、という攻撃をしていたので操っているみたいですね。
    大気圏外からそれをやる意味はあったのか。

    なんだかんだで宇宙人対策本部になったエリア51にみんな集結。
    (恐らく)地球防衛の核となり、もっとも堅固な拠点であるはずのエリア51に、
    将軍以外に大統領はじめアメリカ政府要人が誰もいなかったは疑問ですが。

    で、人類の反抗作戦が開始されますが。
    捕虜のエイリアンが都合よく余計な事をベラベラしゃべったおかげで女王が来ていることが判明。宇宙船の真ん中にあるデカい赤外線反応を女王と想定し、総攻撃をかけます。
    前作あれだけ必死こいてバリアを解除したのに、特に対策せずに全軍突撃。
    結果新主人公勢は揃って宇宙船内に取り残されます。

    そして現れたエイリアンの敵、機械生命体。
    前作以上の絶望的な状況にどう解決するのかと思っていましたが、
    まさかのイスカンダル人パターン。まあいいでしょう、王道です。












    「機械生命体を隔離してダミーの信号で(機械生命体を狙っている)女王を誘きだし、核で木っ端微塵にしよう!」









    え~……
    そしてそれに特に意見しない(高度な知能をもつ)機械生命体。
    まあ機械生命体からしたら、人類を助けるためにいろいろ用意した船を
    冒頭で人類に吹っ飛ばされたので、何をすることもできないのでしょう。

    結局ホイットモア前大統領の犠牲で女王船を撃破。
    ここがやけにあっさり過ぎて、まだなんかあるんだろうな~と思ったら、
    案の定、女王が巨大モンスターと化し登場。まさかの怪獣映画でした。

    あの大統領の娘パトリシアちゃんが勇敢にも女王のバリアを破りますが、
    反撃に遭いあえなく墜落。
    しかし核爆発に耐えた女王のバリアが戦闘機の機銃でやられるとは…

    敵母船のドリルがセントラルドグマ、もとい地球の核に到達するまであと数分…
    ここで敵母船から宇宙船を奪ってきた主人公勢が登場!
    女王を撃破し、エイリアンはそそくさと宇宙に帰っていきました。









    あとちょっとやんけ、仕事終わらせろや!

    女王が倒れた瞬間、女王を守っていた敵戦闘機はカトンボのようにぼとぼとと墜落し、
    地球のコアを吸い取るための敵母船は、任務完遂まであと1分ほどのところで、
    女王の死を察知し、掘削をやめて逃げ帰ります。
    しかも、直径1.6km、コアすぐ近くまで掘り進んでいた穴は律儀にも塞いでくれたのか、
    特にそれに関して目立った被害はありませんでした。





    そして機械生命体は人類をべた褒め。
    対エイリアン軍の指揮を人類に執って欲しいとのこと。
    いいの?!ほんとにそれでいいの!?










    もうね、脳内補完のし過ぎで頭が痛い。

    全体を通してみると、起伏がなくただシーンの連続を見ているようでした。
    盛り上がりに欠けるというところでしょうか。
    ホイットモア大統領の死に様も、ストーリー上無駄死にになるのは仕方ないですが、
    それにしたってあっさりし過ぎでしょう。
    今作もホイットモア大統領はかっこよかったのに!

    違う人のレビューでもありましたが、感情移入しづらいというのも大きいです。
    人類の科学が進歩しすぎて、スターウォーズのような架空の世界のSF映画を見ている感覚でした。
    前作のF/A-18ホーネットめっちゃかっこよかったのに!
    巨大船の絶望感も、デカ過ぎてイメージしづらいのか何が起こってるのかよくわからなかったというのが本音です。


    登場人物も「ほんとにその人必要だった?」という方がちらほら…
    敵戦闘機をわざわざ複座型にしてまで生き残った新主人公勢4人は恐らく次回作で編隊を組むのでしょうが…どうせならこの4人⁺パトリシアを軸にじっくり作ってくれればよかったのに、
    結局はデイビットさんとホイットモア元大統領頼み。思えばスターウォーズ7は新主人公勢はみんな魅力的でした。
    お父さん、前作は「風邪」というキーワードを出した、ある意味人類の救世主ですが、
    今作ではマジで必要ないです。
    あとデイビットの彼女らしき人。コニーさんとヨリ戻したんじゃなかったっけ…?





    前作以上に学習しないアホなエイリアンと人類。
    次回作ではついに星間戦争に突入です。
    独立記念日ってなんだっけ?











    さて…つらつらと文句を書き連ねてまいりました。
    文章を書くのは大変ですね。
    うまくまとまりません。

    結局のところ、「期待しすぎ」。
    何かいろいろと惜しいなあと個人的に思う作品でした。


    あ、各レビューではまさかのオーキン博士続投&大活躍が良い点に挙げられていますが、
    個人的にアダムス将軍役のウィリアム・フィクナーがかっこいい!
    リベリオンやダークナイトにも出演されていた方で、なんか好きなんですよね。
    ゲイリー・オールドマンみたいな、こういう名脇役みたいな人。





    さて、先にあげたスターウォーズ、インデペンデンス・デイに続き、
    今月はゴジラも新作があります。

    スターウォーズが期待に応えてくれたものの、ID4はダメダメ、
    これで1勝1敗。
    なんとか勝ち越してもらいたいなあと思う次第です。


    おわり。