結月ゆかりで高域増強にチャレンジ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

結月ゆかりで高域増強にチャレンジ

2014-12-23 01:05

    先日投稿した動画ですが、曲を作っている時にBメロまできてサビに差し掛かった所ではたと気が付いた。

    「あら?サビの部分で高域弱いゾーンに突入すんじゃね?」

    そうなんです。
    ゆかりさんは高域に突入すると若干パワーダウンしてしまうゾーンが存在するのです。
    中低域ではあんなにパワーがあるのに。。。

    しかし、今更キーを下げるわけにもいかず、高域のパワーも欲しい。。。
    どうしたものか考えていろいろと実験してみた成果を、同じゆかり使いさん達と共有できたらと思い記事にすることにしました。

    まず、普通に書き出してみました。(GEN=40)
    https://soundcloud.com/bumpyurushi/01a
    ※ 残念なことに万能なSoundCloudのプレイヤーはブロマガにはじかれてしまいました。。。不覚

    すっごくキュートなんですけど、やはり高域で細くなる印象が否めないですね。。。
    この曲は力強さが欲しかったので、このままではちょっと弱いです。

    「それなら、ゆかりさんのパワーある音域で歌わせたらいいのではないか?」

    ということで、4ピッチ下げたパワー領域でGEN=110(オカマ声)にして書き出し、DAW側に貼り付けてから4ピッチ上げてみました。
    https://soundcloud.com/bumpyurushi/02a

    ここで重要なのがフォルマントを維持しないで4ピッチ上げるということです。
    なぜならフォルマントを維持したまま4ピッチ上げると、恐らくオカマちゃんのままピッチが上がってしまうからです。
    フォルマントが変化する(縮まる)のを見越してGEN=110で書き出したわけなのです。

    こちらの音源ではゆかりさんの音声の太さを維持しつつ高域を歌い上げていますが、今度は若干何を歌っていらっしゃるのか聴き取りにくい印象が否めません。。。
    う~む。。。そうは簡単にはいきませんでした。。。

    余談ですが、GEN=40のまま4ピッチ下げて書き出し、DAW側でフォルマントを維持したまま4ピッチ上げるという手もありますが、個人的にDAW側の計算によって波形が崩れるイメージがあるので試してみませんでした。
    これを試してみるのも良いかも知れません。

    話を戻して。。。

    「それなら、両方混ぜたらいいんじゃね?」

    もうこうなったら重ねてみるしかありません。
    ということで、上の2つの音声を若干デチューン(ピッチを微妙にずらす)させて重ねてみました。
    https://soundcloud.com/bumpyurushi/03a

    おおお!?
    なんかうまくいったっぽいです!!
    そのまま書き出した音声が言葉の輪郭となり、ピッチ4下げたものが太さとなり、とてもパワーのある音声になったのではないかと思います。

    そしてできあがったのがこちらです。


    あ、気付いてしまいましたか。
    そうです動画の宣伝乙です。

    いや、でもサビの高域増強法は試してみる価値はあると思います。
    2種類書き出して重ねるだけですので、結構簡単にできると思います。

    そしてそして、実はこの曲をそのまま「VOCALOID4 結月ゆかり 凛」という来年発売予定のパワー系のゆかりさんで試してみたのですが。。。(制作中のプロトタイプです)
    なんと、こんな高域増強法とか使わずともそのまま書き出すだけで高域のパワーが維持されてました。
    それがこちらです。
    https://soundcloud.com/vocalomakets/vocaloid4-2

    一応、ピッチ4下げたオカマ声のものも書き出してもらったのですが、重ねる際に試しに外してみたら、そのままパワーを維持していたのでビックリしました。
    さすが「結月ゆかり 凛」。。。恐るべきパワーです。。。

    ということで、ゆかりさんの高域増強についての研究レポートでした。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。