• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 『ラディカルな意志のスタイルズ』アーティスト写真

    2022-11-24 13:00
    ef0435b5592fedf916c5b8230e832e2f5742a8bf

    d08da0ef04476f65b3175253f39a223c0b8e6e46

    Photography: TOKI
    Hair: Yuki Oshiro
    Make: KOTOMi
    Costume: HATRA
    Art Direction: HATRA

  • <菊地成孔の日記 2022年11月18日午後5時記す>

    2022-11-19 11:0019
    220pt

     今、大阪湾岸にあるクラブパルティッタの控え室で書いている。ラジオデイズでも言ったが、どうして京都は普通に前売りが出ているのに、大阪が驚くほど少ないのだろうと思っていて、訳知り顔のバカどもは「近いからだよ(場所と日時が)」と言ったが、僕は自分が利口だと思って疑わないバカの言う事は一番耳を貸さない。天王寺のやばいホテル(東京では見たこともない大きさのドンキの上がホテル)から、ここまで移動して、クラブに着いて全てがわかった。会社が終わってここに踊りにこれる人は少ない。それは、場所が遠いから。だけではない。もう東京にはこうしたバイブスの場所はない。そうだよねベーグルヘッズ。 

     

    *     *     *     *     * 

     

    <昨日 某時某分 大久保 石森管楽器>

     

     

     長沼が楽器車で走るので、一人で新幹線移動し、大阪に前入りすることにした。仮眠2時間で重い体を引きづり起こし、タク
  • <菊地成孔の日記 2022年11月17日午後4時記す>

    2022-11-17 23:0027
    220pt

      今、のぞみ49号の5号車15番E席に着席して、すべての荷物を整えたところだ。 

     

    *     *     *     *     *

     

     

    <前々夜 某時某分> 

     

     まだ全てが未決事項だが、ある映画プロデューサーから、作品一本を丸々「新音楽制作工房」に任せたい。という申し出があった。「キクチカメラ 高崎編」にある、僕がPC2台を使ってフラフラになっていた作業は、この作品に新音楽のカタログサイトから、画面に当たると効果を発揮するだろう楽曲をほぼ徹夜で選択し、貼り付ける工程である。

     

     以下は、誰の名誉も誹謗するものではない。ただ「日本映画の最大の欠点は、作品そのものよりも、制作現場の方がずっと面白い。という点だ」というのは本当だ。

     

     プロデューサー氏、並びに脚本家氏が、やや困った顔で現れた。なにが困っているかは考えるまでもない。両氏は僕の貼り付けた音楽により、映画が良くなったと判断したが、監督がしていない。もちろん監督はジェントルで、ヒステリックに否定したりはしていないが、別の撮影で東京におらず。なので直接話せず、音楽の微調整リクエストシートを送り、プロデューサー氏が代読する、という形になった。