• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • <緊急告知>本日代官山へお越しの方々へ

    2024-04-12 15:2017時間前

     菊地成孔です。私が数を読み間違え「2~300人だろう」と思っていたところ、ゲートを開いた瞬間に600名に達しました。うれしい悲鳴とはこのことではありますが、以下、これが杞憂であることを願いますが、2期を愛してくださる敬虔な方で、「クラブでギュー詰になったまま踊る」ということ自体が初めての方が多いのではないか?と予想します。

    以下、極々一般的なクラブマナーですので、お目通しくださるよう、お願いいたします。
     

    *     *     *      *      *
     

    まず、代官山UNITはコインロッカーが少うございます。お召し物を着替えたい(大汗をかくのは残念ながら避けられませんので)方は、ロッカーを使用できなかった場合に際し、ご自分なりに備えてください。

    勢い、お1人様の占有スペースは非常に狭く、しかし私は音楽家としてダンスを焚き付ける事を自分から制限することができません。最悪軽傷害事故に類する事も予想されます。

    そして、ダンス衝動というのは、「気をつけ」れば、自制できるようなものではありませんし、「周りに気を遣いながら踊る」という事は、余りに馬鹿馬鹿しい上に、むしろ事故の元です。

    従いまして、以下を本日の禁則並びにご提案とさせて頂きます。対象は<性自認が如何なるものであれ、等しくフロアの皆様全員>とさせて頂きます。
     

    1)余りに高いピンヒールをご用意の方は、フラットにしろとまでは申しません、お洋服との合わせギリギリまでヒールは低くして頂けるとありがたく存じます。
     

    2)フィンガーアクセ、グラブ等々、手指に装着する装飾品、非常に長巻のネックレス(踊ると旋回してしまうほどの)、等々に関しても同上です
     

    3)どれだけ暑さに強い方でも、大量の発汗を余儀なくされると思います。パーティー終了後に、汗をかいたまま外に出るのは危険です。タオルを御持参ください。


    4)これは私のフェティッシュが本の少々も関わっていない、と潔白を証明する方法を持ちませんが、スイムウエア&フラットシューズは(過度に露出的で、フロアを動揺させてしまうような極端なものを除けば)このパーティーに非常に機能的です。つまり、規制はありません。


    (実際、タイ国、バンコクで公演があった際に、最前列の女の子たちは、非常に可愛い水着で、びしょびしょになるまで踊りまくり、終演後は建物の影で各々がバスタオルでフェンスを作って着替え、バスタオルを渡しに振りながら帰って行きました)


    「イビサ レイヴ」でご検索くだされば、目視でご確認いただけると思われます。「今会社だよ、そんな暇ねえわ」という方々には伏して、手遅れを謝罪させて頂きます)

     では4時間後に。みなさんを愛しています!! 岩澤さんもどこかできっと!!!
     

     菊地成孔(スパンクハッピー主幹)

  • <ethic>歌詞

    2024-04-10 12:00

    ethic> 
    作詞 / / 編 菊地成孔



        夜の高速道路

        青いヴェルヴェットの上を 

        車は走る あたし達を乗せて

        ああ  honey dew ダイアモンドと メロンの味がする

        あなたのKissは文学的

         「ねえ?みんなの言ってる、あなたのことなんて、嘘でしょう?」

        って あたしが言った

     

        痛みを喜びに 変える魔法を唱える

        高層ホテルの ルームライト数え

         mein muse 花束と 生肉の香りがする

        君のベッドは宗教的

         「ああいつからこの国はこんなふうになっちまったんだ」

        って あなたが言った 


        脱ぎ捨てたのは ethic

        教わらなかったのは 滅びゆくものは

        ethic / ethic

        こんなにまでも あたしたちを

        だめにだめに 

        だめにしてしまう
     

          (alto sax


        ローションの水槽と あなたの書いた論文で

        愛しあえる 夜のあたし

        あたしを裸にして 誰かに祈り捧げる

        疲れ果てた夜のあなた

        安定剤 吸入器 「興奮しすぎたっていいのに」

        って あたしは思った

     

        着せられたのはfetish

        教わったのは 口を塞ぐのは

        fetish / ethic

        こんなにまでも あたしたちを  

        だめにだめに

        だめにしてしまう 


        このまま どこまでいくのかしら?

        車は どこまで走るかしら?

        金星は いつまで見てるかしら?

        高速は どこまで続くかしら?

        2人は 愛しあってるかしら?

        2人は かなしくなるのかしら?

        このまま どこまでいくのかしら?

        車は どこまで走るかしら?

        金星は いつまで見てるかしら?

        高速は どこまで続くかしら?

  • <菊地成孔の日記 2024年 / 4月8日(月曜)>

    2024-04-09 10:009
    220pt

    2024年 / 48日(月曜)。ずっとアレからも、前回と同じ作業の繰り返しだ。「ダブセクステットは準備良いの?」と、退行じみたネットの声のような声が届いているが笑、「良いの?」と聞かれれば「良いの」としか答えられず笑、何というか、とにかく疲れ切っている。誰だサスティナブルとか最初に言った奴は。こっちゃあ疲れが大変にサスティナブルである笑(エコの人々の「未来の子供達のためにも」も、正直、この人たち、物を考える力があるのかな?としか思えない。自分の子供が可愛良いのは、単に平均的なことだ。未来永劫まで考えるか、もう何も考えないかのどっちかしかねえんだよ!!!地球は!!!!!)。

    例えば、20世紀になって、石炭から石油にエネルギー源が動いたことは知っているけれども、そもそも産油国ではない(石炭ばっかとれた)イギリスがアメリカ(産油国)と、中東の石油をどうしようとして、どんなことが起こって、どういうふうに今につながっているか一切知らなくてもCO2の排出量がどうのこうとかいう話は今の人々にできる。というか、盛んにしている。