【サルでも絶対にわかる!】Unityの使い方【操作の基本中の基本中の基本編】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【サルでも絶対にわかる!】Unityの使い方【操作の基本中の基本中の基本編】

2018-05-04 22:29
    どうもどうも、burowです!

    前回は起動の前まで進めましたね?(前回→http://ch.nicovideo.jp/burow/blomaga/ar1514025)

    今回は実際に起動して、操作画面の説明をしたいと思います!

    というわけで、早速起動じゃい!


    ~目次~

    • 1.プロジェクトを作成してみよう!
    • 2.操作に慣れよう!


    1.プロジェクトを作成してみよう!



    起動して、「New」をクリックすると新しいゲームプロジェクトを作成します!

    ちなみにLearnをクリックすると、Unityの公式アセットのDLやチュートリアルを見ることができますが、今が触れないでおきます。







    クリックすると、上の画像のような画面がでます。

    収益化については、ご自由に。ただし初心者はしなくても問題ありません。

    アセットについては次の記事でお話します。

    それぞれ打ち込んだら青色のボタン「Create project」をクリックしましょう。




    2.操作になれよう!

    まずは画面について大雑把な説明をします。




    Scene
    フィールドやオブジェをマウスで操作する画面です。と、言ってもできることは視点を変えることとオブジェクトの軽い設定です。後ろからだとどんな画面になるかなどわかりやすいです。

    Game
    これはゲームを遊ぶプレイヤーから見た画面です。上の画面で確認し、実際プレイしたときにどうなるかわかるようになっています。また、パソコンだけでなくIOSやAndroidでやったときの画面も試すことができます。

    Hierarcy
    ここは今、Scene画面にどんなアセットやオブジェがあるかわかる画面になっております。実際に建物や道、標識や車などを置いていくとな何があって何がないのかわからなくなってしまいます。そこでこのヒエラルキー画面で、何があるのか一目でわかるようになっています。主みたいな要領が悪い人にはマジで助かる画面ですねw

    Project
    ここではアセットやオブジェクトをまとめることができます。例えば、「建物リスト」とか「人リスト」などパソコンでいうといろんなファイル(アセット)をまとめる(フォルダ)ための画面です。ヒエラルキーと違うのは、アセットを編集するときにこの画面からアセットを選ぶので、それぞれのカテゴリーでまとめないと編集しようにもできなくなります。ヒエラルキーはあくまで一覧なのでいいのですが、プロジェクト画面はなおさら整理しないといけなさそうですね・・・

    Inspector
    アセットを具体的に編集する画面です。例えば、座標を決めたり角度を決めたり、大きさなどの設定。そして前回の記事(→http://ch.nicovideo.jp/burow/blomaga/ar1514025)でも言いましたが、プログラミングするときもここからプログラミングします。ここは操作を最優先で理解した方がよろしいと思われます。



    また、ほかの機能も説明します!簡単に説明なので、名称とかは間違っていると思います汗




    Sceneツールバー
    もう一度言います。あくまで初心者にわかりやすくしてるために勝手に命名しているだけで、本当の名称は違います。

    バイザウェイ、ここではScene画面での操作で使うツールバーです。

    手のマークがただの画面移動です。オブジェクトが見切れたけどオブジェクトを動かさないで画面だけ動かしたいという時に使います。

    十字マークがオブジェクトの移動。オブジェクトを選択すると縦、横、高さの矢印がでますのでオブジェクトを移動させたいときに使います。基本これですね。

    ここからはInspector画面を使わずに大雑把にオブジェクトを編集するツールになります。
    リバースマークがオブジェクトの回転です。それだけ。

    四角形から四方向に飛び出ているマークがオブジェクトの拡縮です。

    四角形のマークがUIサイズ変更です。ただ初心者であまり使うことはないと思います。ゲームがある程度製作できるようになったらUnityの公式チュートリアルで見るほうがはやいですね。

    画面のレイアウト
    これは画面の配置を変えるツールです。上の画像が「2 by 3」になっています。たいていの人はこのレイアウトですね。

    ちなみに各レイアウトは以下の画像のようになります。

    4 Split



    正直、これについては使い道がわかりません。すみません。

    Default



    Game画面がない配置になっています。確かにGame画面がなくてもいいですが、あったほうが楽です。初めて開いた人は必ずこの画面になっているはずですので「2 by 3」にしてください。あ、「このままでも全然ええんやで」という人はそのままでも結構です。


    Tall



    Scene画面が高さ的に見やすくなった画面です。高い建造物を設置する人は中々使えるレイアウトです。



    Wide



    Scene画面が横に広がったレイアウトです。ぶっちゃけDefaultとあまり変わらない気がするワイドタイプなので、広いフィールドを設置するときに編集しやすいですね!






    ざっとこんな感じにレイアウトを紹介してみました!本当は個人にあったレイアウトが一番ですが、初心者の人はどんな感じかわからないと思いますので、主のおすすめはくどいようですが「2 by 3」です。




    あとは説明することはありませんね。説明画像のままです。



    いかがだったでしょうか。わからないところがあったら遠慮せずに Twitter burow034  までご連絡ください!


    次回は軽く3Dゲームをつくってみたいとおもいます!!!

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。