【東方SS】東方饗夜雀【ブラウザゲー妄想】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【東方SS】東方饗夜雀【ブラウザゲー妄想】

2016-10-01 03:49

    某キッチンゲームがこの前始まってそれやってるので、何となく作ってみただけです。一日もかけて何やってんだ……

    ちまちま書いてるおかみすちーの話を某所でよくありそうな感じに作ってみました。たぶん、東方饗夜雀をブラゲ化したらこんな感じかな? という具合に。こういうのって18禁にするかどうかすごい悩むね

    とても酷い妄想な上に完成度も無茶苦茶低いので特に見ていただかなくて大丈夫です。時々自己満足でこういうのやりたくなるだけなので……小学生みたいだ私w
    生暖かい目で見てもらえれば

    (以下全て妄想です)
















    【名称】東方饗夜雀

    【課金】基本無料(アイテム課金)

    【ジャンル】育成RPG風SLGなAVG




    ごちゃっとしすぎて背景ほとんど見えてませんね。センスの無さが窺えます
    このPCにはフォトショ入れてないのでAviUtlでの編集です。言い訳にもなりませんが

    ともあれ

    店舗レベルを上げてお店を拡張していくゲームの想定です。主人公はミスティアですが、ほぼ第三者視点です。

    【店舗レベル】
    お店のレベルです。レベルを上げると、メニュー拡大やホール拡張などができるようになります。レベルを上げるとポイントを入手できます。
    経験値は様々な所で入手可能(後述参照)
    ポイントは店舗やメニュー拡大、機材の搬入に「コスト」として使用します。レベルアップにより入手したポイントを「店舗」「メニュー」「機材」に任意で割り振り、割り振られたポイント内で各種設置や拡大を行います。

    例)店舗ポイント10の状態
      ホール拡大(カウンター席2追加)必要コスト4

    この場合、店舗ポイントに割り振った10のうち4を消費して店内改装を行います。カウンターの席を2つ増やす事になります。
    改装に時間はかかりません。一瞬でつけたりはずしたりできます(ご都合主義)



    【行動可能時間】
    その日に行動可能な時間を示しています。何らかのアクションを取ると時間が経過し、その日のうちに行動できる時間が減っていきます。リアルタイムでは減りません。他のゲームでいう体力みたいなものです。
    行動可能時間を延ばすアイテムの一種に、「1日券」があります。これは、1日分だけどんな行動をしても時間が全く過ぎなかった体で話が進むものです。表示上は時間が延びた風になりますが、日数が経過しません。1日券のメリットは、時間経過を待たずして行動可能な最大時間を再度消費できるようになるほか、日数が増えないのでその日にしか起きないイベントを倍の時間堪能できるところにあります。使い道はエンディング後になります(後述参照)。
    諸々で消費する時間の最低数は15分です。15分単位でのみ増減します。
    1日10時間を使い切ると次の日となります。クリア前は、次の日となると再び10時間が補充されるので、実質待機時間はありません。エンディング後は回復制になり、1日の10時間を消費し次の日を迎えるには、一定の時間経過を待たなければなりません。ただし、10時間まるまる回復する前に時間を使う事も可能です。
    表記は次のようになります。

    3日目 現在4/10時間 本日あと6時間消費で次の日

    これは「行動可能時間」にカーソルを合わせると表示されます。また、「行動可能時間」をクリックすることで詳細な日時を確認できます。

    30日のうち7日、14日、21日、28日の4日間は行動可能時間が18時間に増えます。
    また、行動可能時間は特定のアイテムで最大値を18時間まで延ばす事が可能です(エンディング後にのみ可能です)。
    反対に、ランダムですが8時間しか行動できない日もあります。


    *日数について
    1日に行動できる時間は、基本的に10時間です。日によって変わります。10時間分アクションを起こすと1日が経過します。1日目→2日目と過ぎていき、30日目が最終です。30日目を過ぎると1日目に戻ります。
    30日目に決算を行うので、ひとまずはここを目指して動いていくことになります。


    *決算について
    その月の成果を計算し、評価します。評価に応じて諏訪子から報酬をもらうことができます。諏訪子からしか手に入らないアイテムもあります。好成績を収め続けると諏訪子の信頼度が上がり、新たなシステムを楽しむ事が可能となります(後述の温泉イベント参照)。







    【開店】
    <お食事処おかみすちー>を開店します。5時間消費します。開店を行う場合、ミスティアは必ず開店メンバーに居なければなりません。
    開店すると用意していたメニュー(食材)を消費し、売り上げを出すことができます。来店する客はランダムですが、予め知る手段もあります。
    開店ボタンを押すと開店準備メニューへ移行し、労働メンバーと食材と機材を選べます。選んだ人や物、開店した時間によってその日の売り上げが変わります。

    *労働メンバーについて
    店員として雇ったメンバーを「勤務登録」できます。勤務登録したキャラはその日の開店時間、お店で指定された仕事を行います。人物やモチベーションで働きが変わります(店員の項目参照)

    *食材、機材について
    所持している食材や設置している機材から使用するものを選びます。機材は一度設置すれば永久に使えますので、補助アイテムを選択する事がほとんどです。
    取得しているメニューを参考に、食材を選びます。必要数を選択するというよりは、使わない食材を選ぶ感じです。
    選んだ食材や機材でその日の仕上がりや売り上げが変わります。全自動選択も可能です。

    *その他準備について
    ホールの掃除や用意する調味料等、厨房周り以外にも設定を行う事ができます。店内の衛生を保つには箒等が必要になります。初期で所持しているものがありますが、性能の良いものを入手できればより良い数字を取ることができるでしょう。

    *開店中の操作について
    ここはSLG部分ですので開店すれば眺めているだけで完了しますが、客からの突飛な注文に対応したり非常事態への対応が求められたりするときは操作が必要です。放置しても営業は終了しますが、売り上げや評判に影響します。
    なお、全スキップも可能ですが、非常時への対応はランダムになります。初期状態で成功率は30%です。アイテムの使用で、スキップ時の成功率が上がります。

    *結果画面について
    営業が終了すると結果画面に移行します。売り上げ、粗利、諸経費、評判の算出が行われます。計算は全自動です。
    評判が良いと、アイテムがもらえたりすることもあります。クエストが増える事もあります(クエスト参照)

    *昼夜の概念について
    AVGパート以外にも昼夜の概念は存在します。
    一日10時間の中で営業を行いますが、想定では閉店が0時で計算してあるので、最速午後2時開店となります(拡張後は午前9時が最速。9時以前は開店できない)。最遅は午後7時で、これ以降は「開店」を行えません。
    来客する人物、人数、客のコンディションなども時間で変化します。ベストは午後5時~7時までの所で行う開店ですが、昼過ぎにしか現れない客もいたりします。

    *夜雀デー、妖狐デーについて
    月に一度だけ訪れる特別な日です。この日は強制的に一部メニューに割引がかかりますが、関係する食材の仕入れが安くなるほか来客数が150%となるので、いつも以上の売り上げが見込めます。ミスティアは開店に居合わせなければならないので問題ないですが、妖狐デーを開催するなら藍が必要になります。藍を派遣で出している(派遣は後述参照)等で不在にしている間は妖狐デーを開催できません。
    はじめのうちは、これら特定イベントの営業は日が決まっていて、こちらで設定することができません。ただしエンディングを迎えれば、妖狐デーなどを独自に設定できるようになります。







    【調理】
    開店準備に必要なメニューを開発したり、メニューレベルを上げることができます。
    このゲームの要となるシステムです。

    例)
    松茸の土瓶蒸し Lv1 を選択

    調理コマンド選択後、「練習する」を選択

    松茸の土瓶蒸しのレベルが上がる

    ある程度までメニューレベルが上がらなければお店に出せないものもあります。レシピを手に入れても、調理で練習しなければ利益になりません。
    メニューレベルが上がれば効率が上がり、粗利も上昇します。他、機材の耐久減少が少なくなったり、客の満足度も変わってきます(満足度は隠しステータスです。満足度が高いと営業結果時にアイテムがもらえたりすることがあります)

    調理(練習)は時間を消費します。メニューやコンディションでかかる時間が変わります。

    新メニューの開発もここで行いますが、取得にはレシピが必要です。レシピはクエストで手に入れたり客からもらったりします。イベントで取得するメニューもあります。
    調理画面では料理のほかに、使用機材の入れ替えなども行えます。新メニューには食材だけでなく特定の機材が必要な場合もあります。

    また、初期では料理人はミスティアだけですが、日数経過(特定イベント)で咲夜が参入したりします。最終的には輝夜に厨房を任せるなどする事もできます(この場合ミスティアは別の仕事で配置する必要があります)。
    他のキャラクターが調理を行うには特定のイベントをクリアしなければならず、調理可能となった後は料理レベルを上げなければ使い物になりません。
    メニューのレベルだけでなく、個人の料理レベルも上がっていくのが「調理」です。

    開店中と同じく調理でも使用機材(包丁など)の耐久度が下がっていきます。初期で所持しているものは耐久度が無く無限に使用できますが、性能が高くは無いので開店・調理共に序盤でしか追いつかない事になるでしょう。






    【帳簿】
    所持金や経費の計算を行う事ができます。店内大掃除を行って経費を浮かせたりする事もできます。
    また、開店準備画面と同じく、どの日にどんなイベントがあってどんな客が来る事が予想されるかなどの情報を見る事もできます(開店準備時は当日の情報のみ)
    また、現在取引を行っている相手も確認できます。セールやキャンペーンを行っている取引先がいないか確認するのもこの画面です。

    所持金や粗利、諸経費の換算は全て自動ですが、所持金の枠を超えない範囲で、手動でお金を割り振ることができます。頑張っている店員にボーナスを渡すなどもできます。
    機材や食材に多く資金を回すか、人件費を重んじるか、貯蓄するか、全てはプレイヤー次第です。

    また、クエスト等で取引可能となった取引先へかける発注の調整も行えます。ごく稀に、新たな取引先が増える事もあります。華扇とのお酒取引なんかは、発注調整を行っている際に発生するランダムイベントです。メインストーリー中にも手伝ってはくれますが、恒久的に上質なお酒を入手するには、ランダムイベントを発生させて華扇を取引相手として迎えなければなりません。

    初期の帳簿担当は藍です。条件を満たせば担当するキャラクターの変更も可能になります。






    【ショップ】
    このアクションでは時間を消費しませんが、購入する食材や機材によっては到着が遅れることもあります(別注扱いとなります)
    ショップは大きく分けて二つあります。
    1.里の市場(ゲーム内通貨で売買できるお店)
    2.幻想市場(課金で買えるアイテムのお店)

    <里の市場>
    里へ赴き、食材や機材を売買できます。
    クエストをクリアするなどして市場拡大を行う事ができます。初期では、簡単な野菜や肉などしか買うことができません。なお、諸事情により鶏肉は本作には一切登場しません。卵は「それに代わる特別な何か」として登場します。
    たまにしか現れない行商人なども登場します。仲間になったキャラクター次第でも市場拡大や行商人の登場頻度が変わってきます。

    <幻想市場>
    課金ショップです。店主はにとりです。
    リアルマネーを課金してアイテムを購入できます。
    1日券などもここで購入できます(無課金でも入手のチャンスはあります)
    また、いわゆるガチャもここで行う事ができます。ガチャには便利アイテムのほか、特定のキャラクターを雇える券なども入手できます。強力な装備品なども登場することがあります。
    ほか、後述するクエストに必要なアイテムや、AVGパートで説明します「デート券」なども入手可能です。
    課金アイテムを入手すれば楽にプレイしたりできますが、課金アイテムが無いと攻略が不可能になったりはしません。あくまで便利アイテムです。






    【クエスト】
    このゲームのRPG要素部分です。クエスト時は行動選択のみならず、マウス利用でキャラクターを操作しフィールドを歩かせたり会話したりします(後述の「クエスト時の操作について」参照)

    クエストは主に、「依頼を受けて行うもの」「自ら考案するもの」の2種があります。

    <クエストの依頼>
    早苗が窓口となり、店の外からクエストを受注できます。受注できるクエストは、調理関係なら店舗レベルに、討伐関係ならハンターレベル(後述参照)に依存します。クエスト画面よりクエスト選択できます。各種イベントや営業成績に応じてクエストが増えていきます。客や業者からクエストを依頼されることもあります。中には身内が依頼してくるものもあるとか。

    *調理関係のクエストについて
    主には料理の依頼です。出張で料理を行ったり、完成した料理を届けたりします。相手は妖怪限定となります。
    中には2日分出張でキャラクターを外へ出すこともあるので、そのキャラクターがいない状態で開店を迎えるようなことになる場合もあります。
    また、採取の依頼が来る事もあります。所持している食材に要望されているものがなければ、フィールドに出て食材を探す事になります。本来するはずの無い依頼ですが、早苗の取り計らいにより間口が広がったおかげ(せい?)で、この系統のクエストも来ます。

    *討伐系のクエストについて
    まず、大前提として「ハンターレベル」があります。これは、討伐系のクエスト、採取系のクエストを行うことで上がっていきます。このハンターレベルによって受けられるクエストも変わってきます。

    討伐系のクエストは、主に暴れている妖怪の討伐です(殺しはしません)

    例)「氷上の大爆笑」
    クリア目標:西の湖に現れるチルノを懲らしめる
     失敗条件:パーティの全滅
     内容詳細:痩せ型の男「ついこの前湖へ釣りに行ったら、ものの見事にごくごく一部だけ水が凍っていたんだ。湖全体が凍ってるわけじゃないから逆に不思議だったんだけど、ちょっと様子を見てきてもらえないだろうか?」

    上記一例の場合、現地へ様子見へ行き原因であるチルノを懲らしめる(HPを0にする)事が目的です。
    クエストをクリアすると経験値を入手でき、店舗レベルに貢献できます。裏ステータスとして「開店経験値」と「クエスト経験値」で大きく分けられていて、主にデートイベントにて判定が必要な隠しステータスとなっています。

    クエスト時は普段とは異なり、各キャラクターのステータスが調理のものとは別のものになります。HP、MP、攻撃力、防御力、魔法攻撃、魔法防御、すばやさ等のステータスが設定され、本格的なRPGのゲームへと変わります。
    アイテムも専用の画面・内容になり、キャラクターに武器や防具などを装備させることもできます。
    それぞれのキャラクターには特性があり、専用のコマンドも存在します。全てのキャラクターが妖術を使えますが、例えばミスティアの妖術と藍の妖術では性能に大きな差があります。それぞれ得意なコマンド苦手なコマンドも存在します。

    例)パチュリーの専用コマンド「魔法」にて「メテオ」を使用した場合


    パチュリーは専用コマンドとして「魔法」が用意されています。レベルアップやレシピの取得で新しい魔法を次々と覚えていきます。強力な魔法を得るためには、それなりのボスを倒す必要があります。

    他にも、藍なら「超妖術」妖夢なら「剣術」と、それぞれ特化したコマンドが存在します。

    また、一定ターンが経過するといわゆる「必殺技」を使う事ができるようになります。1回使うとまたターン経過を待たなければ使用できませんが、どれもかなり強力な技となっています。

    *キャラクターのステータスについて
    先述した基本ステータスのほかに、「アビリティ」の要素があります。レベルアップや装備でアビリティポイントを入手でき、覚えたアビリティをセットできます(FF9やBVDFみたいに)
    なお、レベルの最高は100です(限界突破の実装があるかもしれません)

    *装備について
    入手している装備をセットできます。物によっては装備できないものが各キャラごとに存在します。専用アイテムもその一つです。
    装備の入手は制作かボスドロップです。ガチャでも入手可能なことがあります。それぞれの最強武器はしかるべき相手からのドロップとなります。例えば、早苗の最強武器のお払い棒は霊夢が落とします。レベルをしっかり上げてきちんと準備しないと勝てない相手です。

    *クエストにおけるキャラ詳細画面について
    クエストは独立したゲーム要素となるので、クエストにおけるキャラ詳細は戦闘関係専用のものとなります。ステータス、装備、アビリティ、設定などがセットできます。

    *ボスについて
    様々な妖怪がボスとなり相手になります。メインストーリーのクエストは一度しかクリアできませんが、そのほかのクエストは何度でもクリア可能です。そのため、各ボスは何度でも討伐可能です。ゲームをダウンロードした時点で、条件を満たしていれば全てのボスと戦える状態ですが、配信で新しいクエストを入手したりして更に強いボスとも戦うことができます。ボスの強さはクエスト依存なので、同じクエストで強さが大きく変わることはありません。

    例)クエスト「最高の食材を求めて」
     登場ボス:八雲紫
     ボスHP:958320
    推奨攻略レベル:平均60

     クエスト「下克上……なるか!?」
     登場ボス:八雲紫
     ボスHP:1980000
    推奨攻略レベル:平均87

    「最高の食材を求めて」は最短でクリア後少ししてから受けることが可能なクエストですが、次の「下克上……なるか!?」は藍のイベントを全てクリアした後になるのでエンディングを迎えてから暫くプレイしなければ登場しません。このため、ボスのHPに大きく差が出てきています。ちなみに一番強い紫は更に上のクエストが存在するのでそちらとなります。


    <自ら考案するクエスト>
    主にAVGパートで増えるクエストです。必要食材を探しに出かけるクエストであったり、何かを行うために交渉に出たり戦闘したりのクエストとなります。発生が完全ランダムなクエストもありますので、全てのクエストを出現させられるかは運次第となります。
    また特定のキャラクターがキーとなって発生するクエスト(イベント)もあるので、例えば同じ相手とのデートイベント(後述「デートイベントについて」参照)でもその時お店にいる人物で新しいイベントが発生する事があるかもしれません。

    また、自ら難易度や達成目標を設定してクエストを作成することもできます。報酬は設定できるボスや目標から自動で算出されますが、同等難易度のクエストを一度クリアしていないと作成は行えません。
    例えば、紫がボスのクエストを作りたければ「最高の食材を求めて」のクエストをクリアし、いつでも遊べる状態にしていなければなりません。条件を満たしていない相手や目標は一覧に表示されず、制作に組み込むことができません。
    また独自に作ったクエストを配信することもできます。ただしハンターレベルは自動で設定されるため、例えばまだ紫と戦えない状態にあるプレイヤーが他のプレイヤーの作った紫をボスとするクエストをプレイする事は基本的にできません。ただ、内容によっては先行した討伐が行えるクエストを組めるため、例外も存在します。



    *時間について
    クエストごとに消費する時間が異なります。場合によっては一切の開店が出来ないこともあります。ただ、店員の人数によってはRPGパートと同時進行で開店を行うこともできます。当たり前ですが、討伐に出かけたメンバーは開店に居合わせる事はできません。
    また、クエストにも昼夜の概念が存在します。例えば、1時間消費のクエストを行う際、午後3時に出かける時と午後11時に出かける時とでは入手できるアイテムが多少異なります。また、昼にしか無いクエスト夜にしか無いクエストなんかも存在します。一例では、エンディング後の強ボスの一人、永琳が相手となるクエストの多くは夜の時間帯にしか受けることができません。

    【派遣について】
    調理パートとの併用を行う際のクエストへ出すメンバー達を言います。
    満足な人数の店員がいる場合、クエストと営業の同時進行が可能になります。時間経過は基本的にミスティアを軸に計算されているので、他のメンバーがクエストにかけた時間が行動可能時間から減らされる事はありません。ただし、ミスティア≒プレイヤーなので、クエストのクリア可否にプレイヤーは介入できなくなります。自分でプレイすれば確実に成功するクエストでも失敗して帰ってくる可能性も出てきます。
    派遣が成功するかどうかは戦闘力が主になって判断されますが、成功率100%には絶対にならないようになっています。クエストの必要戦闘力にどれだけ差をつけて派遣しても、最大で99%の成功率となります。反対に、必要戦闘力を満たしていればどれだけ低くても成功率は10%でそれ以下にはなりません。
    また、派遣の場合はクエストクリアに必要な時間が50%増しになります。1時間のクエストなら1時間30分かかります。
    成功率や戦闘力を上げるアイテムや派遣時間を短くするアイテムも存在します。








    【食材・装備・店員について】
    食材・装備については、所持しているアイテムを見たり整理したりすることができるものです。各食材や装備から、それぞれ調理やクエスト時のステータス画面にとぶ事もできます。機材は装備画面の別タグで開くことができます。

    *店員について
    お店の中のキャラクターステータスを見る事ができる画面になります。
    得意、苦手、料理レベル、コンディション(モチベーション)、信頼度などを参照できます。体力の設定はありませんが、酷使するとコンディションが最悪になり、働くことができなくなったりします。酷いと「永遠亭送り」なんて事にもなるかもしれません。
    コンディションはその日によって変わったり、その日の行動で変化したりします。特にコンディションが良いキャラクターはホーム画面左下に表示されます(後述参照)。コンディションのよしあしでクエストの必要時間に影響したりします。1時間のクエストへの派遣でも、調子が良いと45分だったり、調子が悪いと1時間30分かかったり。
    また、信頼度はコンディションにも影響します。信頼度が高いと、多少コンディションが悪くても結果を出してくれたりします。信頼度については後述のデートイベント参照です。






    【その他、未説明部分】

    *左下の一覧について
    「稼働率アップ中!」となっているキャラクターが表示されます。画像では、輝夜とこいしが本日好調です。他にも「修行ばっちこい!」や「なんだか値切れそうな気がする!」など様々な要素があります。表示優先順位は稼働率系が最優先となります。

    *左下のハートの箱について
    外から入手したアイテムは「アイテムボックス」に入り、アイテムボックスへのアクセスはこのハート箱をクリックすることで行えます。箱が表示されているということは、何らかのアイテムが届いているということです。注文に時間がかかったアイテムなどもここへ届きます。

    *ハート箱の下の表示について
    外から依頼があり未読のクエストの数が表示されています。画像では4件の未読クエスト依頼が来ている事になります。こちらも、全て既読であれば表示されることはありません。

    *表示されているキャラクターについて
    初期はミスティアですが、任意で変えることができます。キャラをクリックすると右下の台詞が変わり、色々喋ってくれます。時折ヒントみたいなことを話してくれるキャラクターもいます。
    また、エンディング後は背景を変更することもできるようになります。

    *左下の1/1とかについて
    画像用意した後で気づきました。ただのミスですがはずしかたわからないのでもうこのままで……





    【AVGパートについて】
    このゲームの目的は「お食事処おかみすちーを成功させる」事です。ゲームで行う全ての内容はこれを目標に行っている事になります。
    このゲームにはエンディングが存在し、一度エンディングを迎えればあとは無制限に遊ぶことができます。
    AVGとは、後に出ている画像のような形式で会話(話の展開)を楽しむゲームのことです。特別な操作は不要で、左クリックで台詞や文章を送っていきます。

    エンディングの条件としては
    1.最低でも30日(1ヶ月)が過ぎている
    2.必須イベントを全て見ている
    3.討伐クエストにてレミリアを倒している
    の三つです。

    原作では1ヶ月の営業という話ですので、最低でも30日はお店を続けなければなりません。
    また、レミリアの討伐は必須イベントに含まれていますが、自動発生ではないため記載しています。

    *必須イベントとは?
    エンディングまではメインストーリーが存在します。要所要所でAVGパートが入り、イベントが発生します。これを必須イベントと言います。
    エンディングまでは頻繁に発生する事になりますが、AVGパートはスキップすることも可能です。

    *AVGパートとは
    下画像のような画面になり、物語が進行するイベントです。



    キャラ達の会話イベントになります。ほのぼのした日常から緊迫した状況まで様々な物語が用意されています。台詞はフルボイスです(妄想しすぎ)
    エンディングまではいわゆるメインストーリーですが、クリア後は各キャラに特化したイベントか、何気ない日常イベントになります。専用イベント以外はランダムに流れるので同じイベントが再度流れる事もあります(スキップできます)

    *画面説明
    左上は現在経過している日数、右下の中を向いてる矢印はセーブ、反対はロード、本と歯車のマークは環境設定です。

    *操作説明
    左クリックで台詞を次に進めることができます。
    右クリックでウィンドウを消去できます。
    また、ショートカット操作として、右クリでドラッグを左に持っていくと画面の最小化、ドラッグ右でオートモード(オートのボタン作るの忘れてました)、ドラッグ上でシーンバック、ドラッグ下でウィンドウオフです(要するにあれや、千桃と同じ)
    イベントスキップは経過日数のマークをダブルクリックで行えます。うん、メッセージスキップのことも忘れてた。


    【デートイベントについて】
    特定の条件化でのみ発生するイベントです。ゲーム内、もしくは課金で入手できる「デート券」を使用する事でも見る事が可能です。
    基本的にAVGパートでのイベントになりますが、話の最後にボスが登場するイベントもあります。選択肢が登場し、会話が変化することもあります。
    デートイベントといっても主人公はミスティアなので、ミスティアが誰かとデートすることになります。恋心が芽生えてうっふー、なんて事にはなりませんが、赤面するような展開くらいは多々用意されています。
    また、特別イベントとして店員にパチュリーがいる場合、パチュリーを主人公としたレミリアとのデートイベントが発生する事があります(完全私の趣味)。
    他にも、特定のキャラクターがそろっていないと発生しないイベントもあります。橙とのイベントを発生させるには藍がその日店にいなければならない、などです。
    デートイベントを経験したキャラクターはステータスが強化され、信頼度が上昇します。信頼度が上昇すると、営業で良い結果が残せたりします。
    イベント中に出現する事がある選択肢でも、信頼度の上昇率が変わります。
    また、開店経験値とクエスト経験値の比率に応じて変化するイベントもあります。早苗やにとりなどがこれに該当します。イベント中の言動が違っていたり、信頼度の上昇率が異なっていたりします。ただし開店経験値とクエスト経験値はプレイヤーが詳細な数値を確認できるものではないので、イベントを狙うなら独自に調整が必要です。どちらが高いかは店舗レベルの画面で確認できます(比率で表示されます)。

    *信頼度について
    デートイベントを経験することで大きく上昇しますが、戦闘中に回復してあげたりしても僅かに上昇していきます。反対に、信頼を失うような言動をしてしまうと信頼度が下がってしまうこともあります。
    信頼度は10段階で表示されていますが、隠しステータス上では0~100の数値で管理されています。



    【温泉イベントについて】
    決算時に良い結果を出し続けると、諏訪子から新たなアイテム購入が可能になるほか、新たなゲームを紹介してもらえます。諏訪子が地底の妖怪と協力して、宝探しを計画していたのです。画像には出ていませんが、「トレジャー」の項目が追加されます。
    これは、温泉掘りを基盤としたアイテム採掘のゲームです。
    温泉イベントとは、AVGパートにて温泉に入る少女達のイベントを見る事ができるようになります。個別から大勢と、大事なところは白い煙で見えませんが、温泉を楽しむ少女たちの会話を楽しむ事ができます。温泉イベントは完全ランダム制なので、見たい少女のイベントを引き当てられるかどうかは運次第です。


    煙はないけど見えていないからセーフ(単に加工忘れただけ)



    *トレジャーについて
    その名の通り、宝物を探して採掘を行うシステムです。諏訪子の信頼度を高めることで開放されます。
    使用機材と人員、各種アイテムを設定してトレジャーに出かけます。全自動で行うのが基本です。初期は「妖怪の山」しか探索できませんが、クリアするなど条件を満たすと新しい場所が追加されていきます。また、探索を行うことで発生するクエストも存在します。採取クエストから討伐クエストまで様々出現するので、同じ場所でも組み方を変えるなどして探索を行うといいかもしれません。
    基本的には採掘となるので、入手できるアイテムはだいたいが機材に関するものになります。機材の強化、整備は勿論、新機材導入に必要な材料も手に入ります。また、トレジャーでしか発見できないアイテムもあります。合成武器の多くはトレジャーでの入手となります。



    【クエスト時のキャラ操作について】
    AVGパートやお店では行動を選択して進めますが、クエスト時はキャラクター(主にミスティア)にマップ上を走らせる事になります。よくあるクリゲーのイメージです。
    左クリックした所めがけてキャラクターが走っていきます。



    (手抜き感満載ですが)

    実際の操作画面イメージです。
    現在魔理沙を選択しています。羽がカーソル代わりです。選択された人や物は下にオーラみたいなのが出て、名称が表示されます。
    「?」マークはクエスト達成し報告が可能な相手に表示されます。画面中央左にクエストのショートカットを1つだけ表示することができます。
    「!」マークは何らかのクエストをその人物から受ける事ができる時に表示されます。何も表示されていないキャラクターは会話のみ行えます。
    簡単な会話(通常会話やクエスト関連のもの)はその場で行えますが、イベントを挟む場合はAVGパートでの会話となります。

    日付の下にある一覧は左から、アイテム、装備、クエストの画面を開くことができるアイコンです。
    右下の一覧は、プレイ中のキャラクターとそのレベル、HP、MP、BPが表示されています。戦闘はRPGパートでのみ行う事になるのでこの画面での戦闘は発生しませんが、時間経過でHPやMPは回復していくので目安となります。
    右下のキャラ簡易ステータス一覧の上に表示されているアイコンは、左から、未読クエスト数、未取得アイテム数、環境設定です。
    右上に書いてあるのは今いる場所です。地名と地区名が表示されます。

    *BPについて
    BPとは、バトルポイントの略です。☆の数が数値を表します。最大☆6つです。
    バトルポイントとは、簡単に言えば☆を消費して一時的にキャラの性能アップできる、というシステムです。各種ステータスが上昇するほか、BP技という強力な技を使う事もできるようになります。












    と、ここまで妄想して力尽きた。クエストとか各キャラの特性や技なんかも色々浮かんでるけどそこまで書くと収集つかなくなりそうですので。色々矛盾も沢山あるだろうし、その辺はもうね……というかはやく違うことしたい。

    どこかで見たようなシステムの寄せ合わせですが、なんかこんなゲーム自分で作れたらずっと遊んでるだろうなぁと思って。めちゃくちゃ幼稚な発想ですけどねw
    ところがプログラミングどころか絵も音楽も才能ないので構想が出来上がっていても何一つ行動に移せません。残念。

    もしもここまで読んでくださった方がおられましたら、お時間取らせてごめんなさい。私の頭の中だいたいいつもこんな感じなんです。変人でしょ。

    使用した動画は投稿して埋め込むやり方しか知らないので一旦投稿という形になりました。他のやり方知らないのよ、ごめんなさいね。この記事を消す時がきた時にあっちも消す予定です。画像ともども、使わせてもらった諸々、ありがとうございます。何らかの形できちんと動画等に起こせる事がありましたら、木・クレジット共にきちんと表記させていただきます。


    さて、妄想はこれくらいにします。いや、普段から色々書いたりしてるやつも全部妄想なんですけどね……
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。