Lord of Walkureとかいう私の中の神ゲーム【ただの独り言】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Lord of Walkureとかいう私の中の神ゲーム【ただの独り言】

2018-05-11 02:16
    2012年12月よりサービスを開始したDMMのブラウザゲームです。
    それがこのたび、終了する運びとなりました。
    この記事では普段と違い、その事についてつらつらと書いていくので、いつもご覧いただいている方も、特に見ていただく必要はありません。LoWってなんやねんってレベルだと思うし。
    まぁ、なんとなくそういうのをここに書きたい気分になったのです。


    当時はたぶんまだDMMのR18オンラインゲームって全然盛んじゃなかった時期だと思います。
    これからそういうのを流行らせていくぞ、っていう意気込みの一つがこのゲームだったような印象です。

    当時からネット各所で宣伝なんかを見ていたため、このゲームの事はプレイする前から私は知っていました。カミュとかメアがよく広告塔になってたなぁ。


    私がこのゲームをやる切欠になったのは、LoWの派生ゲームである、BoW(バトルマーチオブワルキューレ)をプレイした事でした。
    私はパカパカ携帯からスマートホンにかえるのが遅く、かえた頃にはもうこの手のゲームやアプリが結構盛んになってきていたのですよね。私はスマホにかえた事でポケモンGOやら色々アプリを入れて楽しんでいたのですが、そのうちの一つにBoWがありました。

    DMMのIDは昔から持っていたのですが、ゲームの方は全然興味が無いというか全く見ておらず、丁度いい?から何かやってみようと思ってDMMゲームのドアを叩きました。
    その時目に留まったのがBoWでした。特に理由も何もありません。ただ、カミュとメアは広告のおかげさまでどんな見た目のキャラか知っていたので、あぁこのゲームのやつかと思って、それを始めました。
    広告ってバカにならないですよね。こうして、その当時は全く触れなくても、後になってそれをおもいだしてプレイする事になるんですから。

    さて、BoWですが、始めたばかりの私には状況などわかるはずもなく……ものの1ヶ月でそのゲームは終了してしまいましたw
    不調だったのかーい! と非常に複雑な思いでしたが、この時点では特に思い入れもないので仕方ないかってくらいでした。

    しかし丁度その頃、私はずっとやっていたオンラインゲームPSO2に一区切りつけていました。
    プレイ中のオンラインゲームが全く無くなった状態でしたので、何となく手持ち無沙汰になった私は、本当にこれまた何となく、LoWの公式ページを覗いてみたのです。
    その当時は、本家(LoW)がカードで戦うRPG(カードバトルではなく、キャラのステータスをカード形式で表示)とは知らず、正直「なにそれ?」っていう感じだったのを覚えてます。

    MHF、PSO2(他にも2種)と物によっては廃プレイもしてきた私はだいぶんそういうのに疲れていたので、のんびりとできそうなLoWをやり始める事にしました。


    LoWの世界は思ったよりも過酷で、この時代によくあった、札束で殴りあうゲーム、のようでした。実際、強いカードを手に入れるために課金はほぼ必須で、無課金で手に入れたり遊んだりしようにも自分が強くならなければできないという、当たり前だけどとてももどかしい状況でした。
    ただ、私はゲームに課金するのを厭わないタイプの人間なので、しょっぱなから課金してましたねw ただ、最初はシステムもよくわかっていなかったので、とても勿体無い課金の仕方をしてしまっていましたけど(でも最初だけ)

    プレイを始めて数日、早速限界が訪れました。
    いわゆるソシャゲというのは、本当に自分が強くならない限りは、ソロでは攻略が難しいものです。LoWも例外に漏れず、手軽に楽しむためには誰かの協力が必要でした。
    まぁこの辺はオンゲずっとしてきてるので特に抵抗も無く公式掲示板で声をかけることで、戦友様(フレンド)を募り、ご協力いただきました。
    ただまぁ、私は課金要素使ってガンガン突き進むタイプですので、「えっ」と思われた方も少なくはなかったでしょう。事実、そのようなご指摘をいただきもしました。

    ただ、私は私で、エンドコンテンツに追いつこうという気持ちがある反面、現在楽しめるコンテンツを精一杯楽しんでもいました。
    レベル上げしている最中が一番楽しいとはよく言ったもので、それまで倒せなかったボスをなんとかかんとかやりくりして倒せるようになった時の喜びはLoWでも味わう事ができました(討伐戦団でね)

    ただこのゲームのバランス良いと思ったところは、装備に関してです。エンドコンテンツにはすぐ追いつけるけど、唯一難しいのが装飾品の装備の強化で、こればっかりは時間をかけてじっくり強化していかねばならず、アクセサリを見れば「あっこいつ成り上がりだ」ってすぐにバレました。

    でもまぁ、先へ先へと気持ちが逸る私です、戦友様のご協力をいただきつつ、エンドコンテンツには割とすぐに追いついてしまいました。

    このゲーム、カードそろえてクエスト進めてボス倒すだけです。別枠で強力なボスを倒したり調査に出かけたりと色々遊べるところはあるものの、どれもとても単純なものばかり。戦闘もRPGでありながら全自動で、しかもカードと騎士様(主人公)が強ければそのまま勝ててしまうっていう戦略も何もあったもんじゃないゲームです。

    だけど、どうしてでしょうね。私が飽きる事は全くありませんでした。

    新しいイベントやカードが来たら即攻略したり即そろえてみたり、お気に入りのキャラができたらその娘のカードを集めまくってみたり、装備を強化してみたり……
    単純な事の繰り返ししかしてないのに、それが私にはとても楽しい時間でした(思えばMHFも似たようなもので、私はそういうゲームが好きなのかもしれません)


    開始して3ヶ月経つ頃には、私は他の騎士様と比べても遜色ないレベルまできていたと思います。カードだけで言えばトップクラスに並んでいたと思います(それだけ課金もした、ということです)

    ここまできて、ようやく自分の楽しみ方を追求するレベルになってきました。
    ある程度一人で何でもできる、ここまでくれば一番そのゲームを楽しめる所に来たも同然。私は、自分が好きなキャラに思いを込める事に力を入れようと思いました。


    ある意味、このゲームを一番楽しんでいる層にいたと思います。
    だって、成り上がりですから、新しい強力なボス(討伐戦団)がやってきたら勝てないんですもんw そいつに勝つために色々工面する日々が始まり、やっとこさ倒して喜んで。
    暫くそれの繰り返しでしたね。これが本物のトップレベルになってしまうと、新しいボスが来てもなんてことなく倒せてしまいます。最終的には私もそうなりましたし、あの頃から今のようになっているとまた一つ違っていたでしょうね。



    LoWの魅力の一つには、キャラクターがあります。
    可愛いキャラに良い性格、カードの絵柄が綺麗だったり萌えたりと、ゲームとして楽しまなくても飽きさせないのがLoW。
    私は、こんな名前ですから、当然のように「アリス」は集めましたが、お気に入りのキャラとしては「シェリー」と「メア」でしたね。なんとどっちも初期キャラ。メアは広告塔でもあったので知ってましたが、シェリーは気に入った後で知りましたね。
    まぁこの二人に関しては、新しいのが出るたびに3枚4M(限凸)を作りましたねw

    まず、このゲームのシステムとして、カードの強化には二種類あります。
    一つは、カードにいわゆる餌を合成していって、カードそのものの強さをあげるもの。
    もう一つは、同じカードを2枚合成する事でひとつランクの高い同じカードを作るというもの。
    お察しの通り、4Mの4とは、同じカードを4枚使って作る、該当カードの最高ランクです。つまり、該当カードを一番強くしようと思うなら、同じカードを4枚そろえないといけないわけです。
    Mというのは最大強化済みという意味です。(一枚目フル強化+二枚目フル強化)×2=4M 強化済みカードを4枚合成して作るので、4M
    限凸ですが、このゲームではカードの強さを限界突破させる事で、更に強化値を増やす事ができます。簡単に言えば、それまでは8000が限界だった強さが、限界突破をする事で10000になるということです。それが凸、突破のとつ。限とは何かというと、イベント中ならそのイベントに沿った特別な限界突破がある場合があります。これは通常の限界突破よりも質が高く、8000が10000のところを12000になったりします。
    ただしそう簡単にできるものではなく、該当のイベントアイテムを集めたりしないといけません。これがまた大変で、ニートでもない限り、期間中に1セット集められたら上出来ってレベルです。
    ただ、課金でなんとかなる場合がほとんどですので、近道はできます(それでもゲームは多少やりこまないといけませんが)

    さて、こんな4M(限凸)を最低3セット……もう自分でもアホと思ってますけど、キャラ愛って怖いですね。運営の思う壺です、はい。
    ただ、LoWにはとても沢山のキャラがいるので、自分のお気に入りのキャラが新カードとして登場するのは数ヶ月に一度くらいです。贔屓されてるキャラなら(稼ぎ頭なので)何度も登場する事もありますが、シェリーもメアもそう毎回登場するキャラではなかった。メアの方が多いけど、それでも毎度って事はなかった。

    他にも、究極カードがあったりそれの凸があったりと、色んなカードや強化があるのですが……正直、全ては楽しみきれてないですね。好きなキャラ程は頑張りましたけど、そうでないキャラばかりのイベントのときはさらっとやるくらいで終わる事もありましたし。

    まぁ、この手のゲームではよくある、キャラでもってたゲームでしたねw
    でも、登場人物皆女っていうタイプの作品ってどうしても希少価値というか、感覚が薄れちゃって個々の魅力も一緒に薄れていってしまう現象が起きるものですが、このゲームは不思議とそれがありませんでした。
    沢山いる中の一人、ではなく、本当に個々が生きていたのですよね。ものすごく単純な話とかしかないのにね。たぶんこれ運営開発も狙ってやれたわけじゃないと思うw

    シェリーに街イベントがなかったり一つだけ4Mそろえられなかったカードがあったりと多少は不満のような何かが残りはしてますが、総合的に見ても個人の目から見ても、魅力の多いキャラたちでした。


    一つこのゲームを純粋に楽しめた理由の一つに、LoWのフレンド状況があると思います。
    オンラインゲームではだいたいチャットしてコミュニケーションをとったり、協力はできるけど一切話ができなかったり、両極端な事が多いです。でもLoWはそれぞれがBBSを持っていて、そこでのみ会話ができます。
    この着かず離れずの距離感が丁度よくて、私は最後の方ほとんど誰とも話をしなかったわけですけど、それがよかったのです。
    あ、でもそれは、フレンド付き合いが面倒とかわずらわしいとかいう意味では決してありません。いろいろアドバイスいただいたり励ましていただいたりしたのはとてもありがたい事ですし、雑談で盛り上がれたのもとても素敵な良い思い出です。
    ただ、そういう面の話ではなくて、いわゆるフレンド関係のもつれ、みたいな事を考えなくてすむのがよかった、という所に丁度良さを感じていたのです。

    コミュニケーションがリアルタイムできちんと取れるゲームは、人間関係がどうしても付きまといます。すると必ずと言っていいほどいつか何かが起きますし、それが原因でゲームを辞めなくてはならなくなったりします。
    ちなみに私もその被害に遭った事があって、色んな酷い事や話を沢山捏造されてそのゲームを辞めてしまいました。そのゲームもかなり好きだったのですが、あれは今でも思い返すとイラッとしますねぇ。報復したらその時点で同レベルですので何もせずフェードアウトしましたけど。

    さて閑話休題。

    そんなこんなで二年くらいかな、LoWを続けてきたわけですが……去年の何月からでしたか、確か8月25日のリゾートプールイベントを最後に、更新が途絶えたのですね。
    そこから一ヶ月公式からの連絡が何も無く宙ぶらりんの時期が続き、9月上旬に新イベントの発表がありました。
    この時点でもうかなり怪しかったのですが、新イベントもきちんとしたイベントではなく、ありあわせのお粗末なもの。
    社長が逃げただなんだ公式ではネタで?言ってましたが……他のゲームは問題なく動いていた事から、LoWの責任者が蒸発したとかなんか特殊な事情があったのだと思います。売り上げで言ったって盛況時に比べたら劣るものの運営不可能ってレベルじゃなかったはずだし……支出多すぎたのかもだけど。
    まぁ事情は私達にはわかりませんが、そういうわけでありあわせのイベントが始まったのです。

    しかしそれさえも忘れられてしまったかのように、今年の4月18日に至るまでずっとただ放置の状態が続きました。
    サーバーメンテすらしてなかったんじゃないかな? DMM全体メンテのお知らせは掲示されていましたが、鯖メンテの話は無かったし。鯖メンテないのによく走ってるなとは思ってたけど……

    そうしてやってきた4月上旬、ついに終了のお知らせが届いたのです。
    まぁ私は今年に入ってからほとんど触っていなかったので、知ったのは昨日(5月10日)なのですが……

    好意的に考えるとしたら、何らかの特殊な事情により更新が困難になったがチームの強い要望により拮抗状態が続いていた……なんて、それなら途中連絡くらいしろよって話で。結局ただの怠慢だったのかなぁと思うと残念でなりません。
    本当に何があったんだろう……まぁ開発のメインが総勢デモ起こしたとかぶっちしたとか、そういう話のような気はする。技術担当さえいれば、あとは会社の一声あれば普通にゲームは作れるわけだし。9月のイベントのお粗末具合からして、運営が取り残されてどうしようもなくなった状態なんじゃないかなとは思う。
    もしかしてこの辺の発表あった? 好きなゲームだっただけに、気にはなりますね


    そうしてむかえた今月18日。一応ちゃんと完結はしてくれました。
    物語りも、強引だけど終わらせたし、最後にナヴィ(ある意味主人公)のカードとRシーンは作ってくれたし。まぁこれくらいはっていう、会社の最終的な判断でしょうねぇ。課金要素も一切無し。儲けゼロの状態でここまでしてくれたのは、評価できますね。お詫び文だけで済ませる事もできたのに。まぁそんな事したら他のゲームに影響出るけど。




    しかし……

    好きなゲームが終わりを迎えるというのはなんとも寂しいもので。
    これのオフゲやデータ集作ってくださいよ! って感じです。普通に3万くらいなら出しますよw プレイしていて終了を迎えたほかのオンゲでもそうですけど、ゲーム自体はとても好きなものばかり。まぁそうでなければ続けてないですしね。そういうのって、たまにでいいから眺めてみたりすると沢山の思い出がよみがえったりして、すごく幸せな気分になるんですよ(そう思うと、毎日きちんと生きないとなとも思いますが)

    特にLoWって自分にとって色んな部分が丁度良かったゲームですから、このまま何も無しに消えてしまうのはかなり寂しい……書籍や音楽、ゲームも出ていますからそれらは購入済みですが、そこでしか世界観が残らないというのは、うん……

    やはりデータを配るべきだ



    いやぁ、なんていいますか、うん。書くとずっと書き続けちゃいますね。
    また書きたくなったらこの記事にこっそり追記して自分の気を晴らすとします。

    わざわざ読んだ人はいないと思うけど、お目汚しすみませんでした。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。