Escape RX-E+について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Escape RX-E+について

2019-08-18 23:59
    久しぶりすぎる更新。しかも艦これの話題と全然関係ないけど、どこかに
    まとめたかったので、ご容赦を。

     実は、先週こんなものを買った。


     この自転車、GIANTのe-bikeであるEscape RX-E+については、インプレッションとかが
    見られるけど、細かいところについての話が全然見当たらない。なので、自分が
    気付いたこととかをつらつらとまとめてみた。

    ・カスタマイズ箇所

     1.グリップ
       手のひらを乗せる部分のあるグリップをいつも使ってるので、一番最初に
       カスタマイズを考えた箇所。GIANTの純正で、ねじ止めのタイプなら
       交換可能。

     2.ペダル
       大き目のペダルが好きなので、色々調べて三ヶ島のオールウェイズを取り付け。

     3.サドル
       細いサドルには長時間乗ってられないので、前から使ってたクロスバイクの
       サドルを流用。

     その他、スマホのホルダーとかリアキャリアも付けた。

     ・バッテリーの持ち具合
       坂が、橋に上がってくところくらいしかないほぼ平坦なコースで、ECO+
      (上から3番目のモード)で、バッテリー1%あたり1.5kmくらい走った。で、
       NORMAL(上から2番目)だともっと減るかと思ったが、平坦基調では
       ECO+の時とあんまり変わらなかった。たぶん、どちらも時速22kmくらいで
       走ってたので、バッテリーの消費が似たような感じになってたんじゃないだろうか。
       もちろん、漕ぎ出しはNORMALの方が結構楽だったけど。
       これは、スマホをナビで使用して常に給電した状態でもほぼ変わらなかった。

       夜にも走って、ライトとスマホ給電の状態での減り具合を見たが、こちらだと
       平均1.2km程度走って1%減ってた感じだった。

     ・アシスト具合
       時速22km前後の平坦を走る際でも、アシストが掛かってる感覚はある。もちろん
       NORMALの方が効いてる感じはあるが。平坦であるならECO+で十分な感じがする
       (ある程度スポーツバイク乗った人前提で)。
       坂道はさすがにNORMALでないと効いてる感じがしにくい。また、モードを変える
       だけでは不十分で、坂に合わせた変速が必要ではある。

       ちなみに、二之瀬峠(6km、平均勾配6%ぐらい)を、アシストモードSPORT
       (一番上)で、リア34T(一番軽い)にした状態で、時速10km前後で
       立ち漕ぎなし、途中で止まるのなし、心拍150(ちょっと強度が高い運動程度)で
       最後まで登れたので、かなり楽だった。とはいえ、登るだけでバッテリーを30%
       消費したので、連続での峠越えは厳しいと思う。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。