【ポケモン】クリスタルVCドーブルのスケッチ旅日記 Part5
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ポケモン】クリスタルVCドーブルのスケッチ旅日記 Part5

2018-03-03 01:10

    ※本記事はポケモンクリスタルVCの縛りプレイ日記です。

    「2月中にクリアするといったな、あれは嘘だ」第5回です。孵化とかも並行してやってたし、ま、多少はね?

    前回(Part4)はこちら↓

    http://ch.nicovideo.jp/cafe_ratte_notlatte/blomaga/ar1425101

    ※さいしょからはじめる(Part1)

    http://ch.nicovideo.jp/cafe_ratte_notlatte/blomaga/ar1412925

    ~ひと月前僕「ミルタンクさえ越すことができればね、後はもう消化試合ですよ(笑)」

                          【38番道路~タンバジム攻略まで】~ 

     エンジュジム攻略後から始めていきます。技のバリエーションもだいぶ増えてきましたが、攻撃技ばかりで脳筋感ありますね。ドーブルたちのステータス的にも搦め手がほしくなってきました。

     というわけで38番道路で技を物色。



    (l v l  )

    …特に意味はありません。サニーゴかわいいですね。








     なかなかいろいろなバリエーションがありますね。

     そんな中選択したのは「でんじは」。眠りなどと違って半永続的に効果が持続するので、敵を倒すのに時間がかかる犬っころ君たちにはよきかもと思ってのチョイスです。



     が、地味にスケッチが難しい。なぜかというと、相手に「でんじは」を撃たれると、スケッチしようと思った次のターンに先手で違う技を撃たれて上手くスケッチができないんですねー。

     と、いうわけで神器「せんせいのツメ」を使用。これで「でんじは」を撃たれても先手が取れますね。



     …まあ実際には痺れて動けなかったり、ここぞというタイミングでツメが発動しなかったりで10回くらいリセットする羽目になりましたが。ともあれゲットです。

     さて、アサギシティにつきましたが、灯台イベントをこなさないとジムリーダーのミカンさんが降臨しないのでせっせと灯台登りをしていきます。



     と、ここで意外な強敵が。ふなのりのユキマサ氏が、ワンリキーを2体所持しており、ちんたらやってたらなんか負けてしまいました。

     …あ、あれ?これシジマ大丈夫かな…?なんかミルタンク攻略してあとはサクサクだぜー、とか思ってたけどもしかしてこれきついんじゃ…?

     …いやいやいや、まあレベル上げてるし大丈夫でしょう、うん…。

     さて、ミカンさんから「おうお前ちょっとクスリもらってこいや」とのパシリ指令を受け、タンバシティへと旅立ちます。ウツギ博士からもらって放置してたワニノコ君に乗って海を渡ります。



     …なんか負けてばっかりだな。「あばれる」の火力が高く受けきれず、「でんきショック」もイマイチな打点なのでちょっときつい。

     「あばれる」もワンチャン採用あるかもなので、ここは一旦スルーで。

     で、タンバシティ到着。何度も言いますがクリスタル初見プレイなのでスイクンがいるのにびっくりしたり。



     ↑物陰から推しを眺めるファンの鑑



     さて、格闘タイプのジムということで一抹の不安がありながらもタンバジムに突入。ミルタンクを倒したドーブルたちの実力、見せてやるぜ!



    ダ メ で し た。

     一人目のからておうが繰り出すサワムラーが思いのほか鬼門。レベルの低い(Lv27)『きゅび』『ろはん』が「とびげり」一撃で沈む厳しい状況。レベルの高い(Lv35)『あきぐも』が一撃耐えること、そして先手で打てる『きゅび』の「でんじは」が攻略のポイントですかね。



     9回目のチャレンジでよーやく突破。しびれを引くタイミングと、マグニチュードの出目、そして…



     …まあそういうことですわ。



     二人目のからておうはエビワラー使い。2世代のときは三色パンチは特殊技扱いなので攻撃力が低く、サワムラーの苛烈さから一転、割と余裕があります。



     というわけでスケッチチャーンス!イブキ・ワタルあたりを見据えて氷技がほしいと思っていたのでここらで一つ確保しておきましょう。

     さて、からておうも三人目。ワンリキー&ゴーリキー使いですね。こいつがまあーーーーーー強い。というかゴーリキーが強い。

     マッチョボディの持つ耐久力と「からてチョップ」の破壊力がドーブル軍団に刺さる刺さる。



     戦法としてはサワムラーと同じく、「でんじは」を使った方針で。いやーこの技取っといてよかったー。「けたぐり」を利用したまひるみでじわじわ削りながら「マグニチュード」の出目に賭けます。



     ↑比較的高出力の「マグニチュード8」でもこのHPを削れません。9~10を引き続けないと厳しいですね…。



     なんと14回目でやっと突破。…真の難所はミルタンクではなくタンバジムだったのか…。震える手で4人目のからておうへ。彼の手持ちはマンキー×2とオコリザルのスリーマンセル。ワンリキー&ゴーリキーの2体体制でも苦戦したのに3体とは…。

     と思ったけど、耐久が少なく打点が期待できたので割とすんなり突破。



     さて。いよいよメインディッシュですな。



     シジマはオコリザルとニョロボンの2体。オコリザルは前述のとおり耐久が低いので比較的なんとかなるほうですが、問題はニョロボン。ゴーリキーよりも高い耐久力からタイプ一致技を連発してきます。果たして何回リセットすることになるやら…。





     ななななんと一発でクリア!ニョロボンの「さいみんじゅつ」を避けたり、いいところで痺れを引いたのがうまく作用しました。「ばくれつパンチ」を使われず攻撃がダメージを抑えられる「なみのり」中心だったのも助かりました。

     というわけでタンバジム最強のポケモンはゴーリキーに決定しました。ありがとうございました。

     最後にここまでのパーティメンバーの紹介です。4匹目を育てるか否か迷いどころですね。







     また、現在「そのうちスケッチするかも?」と思って取ってある技は現在「さいみんじゅつ」「10まんボルト」「あばれる」です。

     更なる格闘ポケモンとの戦いに備えてエスパー技、強力なドラゴン使いに備えてもう一つ氷技をそれぞれ習得したいところ。催眠・一撃・滅びは単調な運ゲーになりそうなのでもし見かけても最後の手段にしたいところですが果たして。

    ではまた。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。