【ポケモン】ドヤ顔で新作発売日を予想していたのに盛大にあてを外した男の剣盾覚え書き
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ポケモン】ドヤ顔で新作発売日を予想していたのに盛大にあてを外した男の剣盾覚え書き

2019-06-12 22:49

    はじめに

    ~ある日の都内某所~

    僕「剣盾の開発は遅れてて、発売も大分遅くなると思いますね。でなければ発売日冬とかぼやかさないでしょ(ドヤ顔)」

    「従来だと11/21位に発売ですよね」

    僕「いや、もっと遅れますよ。でもクリスマス商戦に組み込みたいから12月頭かなーやっぱ(揺るぎないドヤ顔)」

    _人人人人人人人人_

    > 11月15日発売 <

     ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

    …ポケモンダイレクト、ニンテンドーダイレクト、ツリーハウスライブ視聴後の剣盾予想・願望なんでもありの殴り書きです。

    ツイッターに書くと収拾つかないんでここらで。

    ダイマックスについて

    ・演出について
    →マックス大変身!レベルアーップ

    →メガやZの事前動作も迫力があって好きだったけどこれはインパクトという面ではそれ以上。

    →5世代で好きだったズシーンが復活…というかやり過ぎなくらいのレベルになって嬉しい。

    →お前がでかくなるんかーいみたいなのをやりたいなあ。

    ・ダイマックス技について

    →通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のダイマックス母さんは好きですか?

    →共通してダイ○○ってのは安直でややダサくなりそうだけどわかりやすさという面ではZ技よりウケがいいのかもしれない。

    →威力が高いというより追加効果ましましみたいな感じのが多いのかな?

    マックスレイドバトルについて

    ・レイドバトルとは似て非なるもの

    →ポケモンGoのレイドバトルのような袋だたきシステムを予想してたが結構違った。

    →RPG感が増した、という感触。役割分担や相手の強靱さがやり応えにつながるといいなあ。

    →「あー!俺がダイマックスしようと思ってたのにー!!」で喧嘩多発必至。

    ・ふしぎなバリア

    →即死コンボ封じみたいな要素なのか?

    →まんまオクトパストラベラーのブレイクシステム。誰が捨て攻撃して誰の本命を当てるかみたいな行動順把握がチーム内で重要かも。

    ・ゲット報酬について

    →今回のポイア・ポイマ、飴回収要素ここっぽいよね…。

    →掲示板で回収レイド募集!みたいなのが流行るかもしれない。

    →1人4台体制!?

    ワイルドエリアについて

    ・疑似オープンワールド?

    →他のプレイヤーの姿が見えるというのは意外。自由度の高いアベニューの亜種みたいな感触も。コミュニケーションがどれくらいのレベルでとれるか。

    ・サファリゾーンの再来?

    →人気の高かった初代のサファリパークにちかい雰囲気を感じる。ここだけで遊び倒せそうな感じ。入り浸りたい。

    ・シンボルエンカウントについて

    →ピカブイもそうだったけど「生息している」感がたまらん。

    →今日雨降ってるからあれがいるかも!?みたいな遊び方ができると楽しい。金銀で朝早起きしてレディバ捕まえようとしてた頃を思い出す。

    →ピカブイで殿堂入り後最終進化形がうろちょろしてたみたいに魔境みたいなエリアがあると楽しそう。

    いわゆる「互換切り」について

    ・とうとう来たかというか、来るべくして来たというイメージ。

    →薄々感じていた開発サイドのキャパオーバー感。

    →肯定的に見るなら対戦環境の一新・リセットによる新規取り込みの可能性

    ・メガ、Z排除は確定か?

    →キャラクター要素であるメガシンカはなんだかんだスポイルされないと思っていたが今回の件でむしろ非実装が濃厚になった。

    →後のアップデートやマイチェン・ダイパリメイクなどで実装?スペレ導入やフリーのみ使用可などのパターンもあるかも。

    ・個人的には否定的な感触はあまり持っていない。

    →「カードゲームでのレギュレーション落ち」って表現見てしっくりきた。

    →本編を充実させるための取捨選択の一つとしてはまあなしではないって感じ。

    →XYバンク解禁前やSMシーズン1みたいな限定環境での対戦はなんだかんだ新しい要素が出てきそうで楽しみ。

    ・互換切りへの反応に対する対応について

    →初代ポケモンスタジアムやルビサファの経験からある程度予想できた反応。

    →今後なんの「対応」もないというのはむしろ非常に考えづらい。

    →マイチェンやダイパリメイク、今後のアップデートなどで順次実装?

    →あるいは別のプラットフォームが用意されるという線も…?「ポケモン本編」というある意味神格化されたハコ以上のものを用意できるか?

    ・登場ポケモンについて

    →新ポケモンとモチーフが被ってしまうポケモンの採用は怪しい(メリープやヤミカラス、ゼニガメなど)。

    →地理的な近さを表現するためにカロス、イッシュのポケモンの比率高い?(やや無理のある予想)

    →伝説ポケモンやフォルムチェンジ、特殊な進化方法のあるポケモンは期待薄。と、思いきやミミッキュやマーイーカ、ヨワシなんかがいるからなんとも言えない。

    →既に登場が内定しているポケモンの中での注目株はやっぱりミミッキュ。何かしらバランス調整があるとは思うけど、ダイマックスで特性を消す云々があるらしいので仕様面で割を食う相対的弱体化の線も。

    →スタジアムの観客席にいるから登場確定!ってのは早合点かもしれない。海外の観客が連れてきたポケモンでファンサービスを兼ねたモブ的登場にとどまり野生での出現がないという意地悪な考えが浮かんでしまった。

    新ポケモンについて

    ・サルノリの手乗り感好きすぎて進化させたくない。

    ・ウールーかわいいよウールー。

    ・アーマーガアが期待されてるけどこういう奴ほど両刀鈍足みたいな残念種族値になりそうという悪い予感。

    ・隠しきれないワタシラガの低種族値感。

    ・ザシアンくん歯の病気にならないか心配。

    ・シールド○イガー。

    ・ウールーもふもふだよウールー。

    対戦環境について

    ・どうあがいてもミミッキュ。

    ・いつでも環境にいる奴らことカビギャラゲン。今回もなんだかんだ使う人はいるだろう。

    ・ペリノオーバニラバンギカバなど天候ポケモンが多く見られるのが気になる。天気の変化はワイルドエリアにも影響するらしいし地味に力が入る要素なのかも?

    ・バチュルとかホエルオーみたいなダイマックスネタのためのポケモンがちらほら。

    ・ダイマックスの匙加減によってバランスはころころ変わりそう。

    ・アップデートによる環境変化みたいなのがシーズン毎とかに織り込まれると楽しい。それこそ未実装ポケモンの追加とか。前世代のメガ石逐次解禁が与える影響が軽微過ぎて印象が薄かったのでもっとダイナミックな変化があると面白そう。

    以上。何か思いついたらこっそり追記するかも。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。