【FE】青獅子クリアしたけど皆いい子すぎて黒鷲ルート行ったら多分泣く【風花雪月】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【FE】青獅子クリアしたけど皆いい子すぎて黒鷲ルート行ったら多分泣く【風花雪月】

2019-08-18 22:52

     「ファイアーエムブレム風花雪月」、青獅子ルートクリアしたのでキャラクターの雑感なんかも書いてみます。ネタバレ不可避なので作品自体の感想とは別記事にしてみました。

    作品全体の感想

    https://ch.nicovideo.jp/cafe_ratte_notlatte/blomaga/ar1801153

    黒鷲(帝国)編

    https://ch.nicovideo.jp/cafe_ratte_notlatte/blomaga/ar1821920


    ※以下、「ファイアーエムブレム風花雪月」、特に青獅子ルートについての深刻なネタバレが含まれますので未プレイの方は了承の上ご覧下さい。


    先生(主人公)


     剣士系を経由したのに速さがへたれにへたれたポンコツ教師。ニルヴァーナで全く速さが伸びないのでソドマスで使わざるを得ないところもちらほら。最終的にドーピングなしだとラスボスに追撃できない(26くらいでストップした)残念っぷり。天帝の覇剣よりサンダーソード+のほうが使いやすい疑惑も。

     いわゆる無口主人公的な存在でしたが、時折垣間見せる傭兵時代の物騒な雰囲気が結構かっこよかったと思います。


    優秀な我が学級の生徒達(青獅子学級のキャラ)


    ディミトリ


     ソシアル・パラディンを経由して専用職へ。今回馬職の成長率補正が残念らしいのですが、そんなことをものともしない良成長で、むしろ機動力を活かして戦場を縦横無尽に駆け回る活躍を見せました。名実ともにリーダーという感じでしたね。

     ストーリー面では一部の好青年っぷりが眩しすぎて曇って欲しくねえなと常に思っていました。発売前情報の時点で大分怪しかったのですが、二部では想像以上にゴリゴリに闇墜ちしててかなり悲しかったです。その分彼が再生し、王への道を歩んでいくストーリーは気持ちが良かったですね。

     共に前線で壁として戦ったドゥドゥーとペアエンド。主従としても友人としても互いに揺るぎない信頼があるのを感じました。


    ドゥドゥー


     アーマー系を経由しましたが最終的に弱点の速さを補えるウォーマスターに落ち着きました。斧と拳で鎧を砕く破壊神にして、最強のタンク。成長が偏りすぎてて(HP力守備ばっか)途中二軍落ちも懸念されましたが、結局最後まで主力として活躍し続けました。

     二部開始直後に合流せず死亡したと言われてたのでこれはジルやスズカゼみたいに支援が足りなかったやつだなと思いましたが、外伝が条件だったようで無事遅れて合流。生きてるのがわかった瞬間めっちゃ嬉しかった…。料理関係の支援が好きです。


    フェリクス


     盗賊系を経由しつつ魔法をコツコツ伸ばしエピタフに。スキルと紋章のおかげで序盤からかなり火力が出るので頼りになりました。遺産も強力で単騎でばっさばっさ敵を切り捨てるエースユニットに。

     一部では結構嫌な奴って印象でしたが、支援を見続けると信念があるキャラクターであることが分かってきました。二部では他の面々がギスギスしがちなところ一人昔のままの強メンタルを保ちむしろ頼れる大人なキャラでした。

     お茶飲んだときの「あっつ!」で笑ってしまった。

     前線でともに戦ったレオニーとペアエンド。


    アッシュ


     弓兵系を経由してボウナイトへ。成長がザ・序盤弓って感じで割と残念な部類だったのですが今作は弓兵がやたらスキル面で強く、最後まで重要な役割を果たしました。

     誰の支援でも微笑ましい会話になって闇の深い青獅子学級の中でも清涼剤のような存在でしたね。ペトラとペアエンドでした。


    アネット


     メイジからグレモリィ、ダークナイトへ。速さが一時期伸び悩み不安でしたがその分魔力がゴリゴリに伸びたので封印のリリーナみたいな使い心地に。反撃を受けるまもなく一撃で敵を吹き飛ばす姿は魔道将軍でした。クリア後に成長率とか見てるんですがリシテアと比較されて割と残念な子扱いらしいですね。我が軍には欠かせない存在だったのですが…。

     一部女神の塔イベで誰も指定しなかったらほいほいやってきたので(多分支援一番高かったからかな)、そのまま支援Sに。5年後の姿可愛いけど遠目で見ると赤ずきんみたいですよね。散策中に頭抱えてる姿が婆くさくて見て笑いました。


    メルセデス


     ザ・司祭。リブローとリザーブをケチらずに振り回せるので従来のシリーズより使い勝手が良かったです。魔力の伸びも申し分ないのでかなり離れた戦場へも回復を届けられるし便利さしかない。彼女のおかげでやや無理のある進軍が可能になったマップもちらほら。速さが低いからか砲台に何故かよく狙われる印象。

     個人的に5年後一番美人になったのは彼女だと思います。年のせいか…?


    シルヴァン


     騎士系を経てドラゴンマスターに。力・速さがゴリゴリ育った反面、技・守備がやや遅れたので空飛ぶバーサーカーみたいな感じに。飛行特攻無効を背負ってアーチを潰し回ったり、ハンマーでアーマーを転がしたりとかなり便利でした。

     よくあるチャラ男系キャラかと思ったら存外抱えてる闇が深かった。主人公のこと56したいほど憎いみたいなこと言い出すし、女性キャラといっぱい支援あるのにみんなBまでな理由もなるほど(袖にされたとかではなく)。幼なじみ同士の会話が癒やしになりました。

     飛行遊撃部隊として肩を並べて戦ったイングリットとペアエンド。


    イングリット


     騎士系を経てファルコンナイトに。シルヴァンと変わって魔道砲台を潰すのが主な仕事でした。力がかなり伸びづらく、反面魔力が良く伸びるのでホーリーナイトにしたりサンダーソードを持たせたりするのが使いやすかったです。

     優等生的な見た目からのまさかのハラペコ枠。釣った魚が食べられると聞いてつい釣り大会に参加してしまうの可愛すぎませんか?

     シルヴァンとペアエンドでしたが、口説かれてるのを「ついに見境なくなってしまったのねかわいそう」とガチな口調で話してるのがツボでした。



    スカウトしたキャラ


     教団関係者並びにレオニー、マリアンヌ、イグナーツ、ペトラをスカウトしました。技能よりも支援上げが重要と気づかず最終節に間に合わなかったキャラがたくさんいました(カスパル、リンハルト、ドロテア、ローレンツ、リシテア辺りは狙ってたんですが…)。


    マリアンヌ


     メルセデスと同様の司祭ルート。無駄に剣が伸びてたけどついぞ使わなかった。リブローが二人欲しいときが多くちょくちょくかり出していた。

     キャラとしては好みだったので早い段階でスカウトしようと思っていました。スカウトのために馬術上げなきゃなんないのがややめんどくさい。マイナス思考ここに極まれりって感じでレオニーとの支援なんかでは頭抱えて見てたけど二部では雰囲気も明るくなって良かった。「頑張ります」みたいなこと言うとき控えめにガッツポーズするの可愛いですよね。


    レオニー


     パラディンからのボウナイト。一部最終節での加入だったけど既に伸びている技能がボウナイト向けだったので育成は楽でした。ステータスもいいところが伸びていてぶっちゃけアッシュ君の立場が怪しいレベルでした。射程を活かして終盤までバリバリ活躍。

     スカウト自体は割とついでっぽくて、「この子死なせたら親父に面目たたないな…」くらいの感じでした。割と根無し草っぽい境遇なので引き抜きに抵抗が少ないのも良かったかも?


    ペトラ


     ソードマスターからファルコンナイト。折角育てたけどほとんど出番らしい出番はなかった。赤ルートで活躍してもらおう。

     アッシュの副官としての活躍が主で、そのままペアエンドへ。割と微笑ましい後日談だったので個人的には結構好み。


    イグナーツ


     5年後の姿が完全にハ○ー・ポッター。弓枠は十分だったので使いませんでした。黄ルートでまた会おう。「戦争だけどうちは商家なんで多分大丈夫ですよー」とか案外図太い感じなのが結構好きでした。


    ツィリル


     弓と重装を中心にあれやこれや。加入してステータス見た瞬間見えるスキル「良成長」。なるほどこいつが今回の最強村人かーと思ったけど、実際は割と控えめな活躍だった印象。

     技速さがとにかく伸びるのでフォートレスで機敏な要塞してたときが一番輝いていたかもしれない。


    フレン


     踊り子に就任。戦闘要員としては他のキャラで間に合っていたので案外妥当なところかも。しかし彼女が一番活躍したのはレスキューの存在が大きい。これのおかげでかなり強引なヒットアンドアウェイが可能に。無理矢理砲台潰して再移動で戻りきれないユニット回収したりとかね。

     「ま!」が割と癖になる。


    ギルベルト


     多分だけど青ルート限定の参謀系キャラ。ドゥドゥー離脱に伴う代理キャラかと思って最初焦りましたね。こういうタンク系ユニットはむしろ他ルートのほうが必要なんじゃないかという気がしないでもない。

     アネットの父親ということがしれっと明かされたので副官で支援見てみたけどこの人のメンタルめんどくさすぎる…。その高い守備を少しメンタルに分けてあげて欲しい。


    そのほか気になったキャラとか


    ヒルダ


     金鹿のキャラは引き抜いた奴以外はグロスタールでころころしてしまった(だって向こうから突っ込んでくるし…)のでほぼ唯一の生き残りで同盟の防衛戦に登場(斧は技能まったく上げなかったし引き抜けるそぶりもなかった)。孤軍奮闘してるのを見かねてリブローで何とか生存に成功。まあ別にその後出てきたりはしないんだけど。フライクーゲル無駄遣いして無双する姿がかっこよかった。黄ルートで会おう。


    セテス


     恒例(?)の子安氏枠。最初は厳格おじさんっぽい感じで段々打ち解けてくるまでは予想してたんだけど支援ちらほら見てると最初の印象以上にいい人であることが分かってくる。

     ツィリルとの支援で彼の考えを真っ向から否定するでもなく「こういう考え方もあるよ」みたいな大人の導き方をしていたのが素敵だった

     副官でちょろっと出したくらいだったからどこかで本格的に使って色々な支援を見てみたい。


    ジェラルト


     傭兵団の団長にして主人公の父親っていうどっかで聞いたことのあるような設定のキャラクター。そのためその末路もまあうん知ってたって感じ。天刻使っても変わらない運命ってのが意外と心に来る。その後の散策で生徒達が皆気遣ってくるのもつらい。形見の指輪を託されるのが割とロマンチック。


    ロドリグ


     てめえ敗北条件なんだから単騎で敵軍に突っ込むんじゃねえ!!


    エーデルガルト


     敵国の皇帝っていう立場だったからか悪者面ばかり見せられたけど、ラスボス化はその変わりように驚いたし結構悲しかった。彼女自身が言った持たざるもの、選ばれなかったものとしての末路を象徴する姿だった。


    クロード


     上手く立ち回りたいはずが貧乏くじばかり引かせられる役割だった印象。三級長は終始敵対するものとばかり思ってたから彼とは和解というか仲直りというか出来て良かった。 

     同盟解散はややご都合展開っぽい気もしたけど、既にほぼ敗戦した小国の同盟を立て直す過程で王国の協力なしには事は運ばなそうだし、帝国ににらまれている現状を見ればまあなしではないのかなというところ。やることがあると言って去って行って最終局面でてっきりおいしいところを持って行くものと思っていたけどそういうわけでもなかった。黄ルートではよろしくな。


    門番


     みんな大好き門番君。今作の最癒やし枠といっても過言ではない。修道院陥落後に生きてて良かったーってなりました。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。