【ポケモン】シロガネリーグでやっぱり金銀最高やんと思いました
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ポケモン】シロガネリーグでやっぱり金銀最高やんと思いました

2019-11-04 17:01

     先日参加させていただいた金銀20周年記念オフ、シロガネリーグで使ったPTの反省やらオフの感想やらなんやらを書いていきます。

    ○使用構築の経緯のような何か

     前回のヒストリアカップ等で電気エースが流行ってる雰囲気があったのでそこを突くことができないかなーと思い、当初55ヌオー(電気無効+めざ氷で突破されにくい)+55プテラ(上からめざ岩や地震で牽制)+ノーマルいじめのサブ(ムウマムドーネールなど)みたいな構築をしようと思っていました。

    が、駄目!厳選に失敗!

     発売したばかりの他ゲームにうつつを抜かしながらも常に階段を上り下りしていましたが全然出ない。正直今まで本番までにはなんだかんだそこそこの個体を出せていたので焦りました。不真面目な志の元に神は舞い降りないのだと痛感しつつ、かといって本番まで時間もないので(このとき既に10月半ば)、がらっと構築の方針を変えることにしました。

     やはり、増えてる電気エース(安定のサンダー、実績のあるサンダースやエレブー、増えてくれるなライコウ、トラウマのレアコイル、忘れちゃ困るぜデンリュウなどなど)に着目して、ここに勝ちたいというところから既存の育成済みを見返して見ました。

     結論として「電気エースが55カビゴンを突破する方法は低命中技の連続ヒットが多い→ならその確率を下げれば実質カビゴンは突破されなくなるのでは…?」という仮説に行き着きました。しかしその方法は…

    僕「ううっ…できません…!私の仕事は、ポケモン対戦で皆を笑顔にすることだから…!」

    ?「違うよ?君の仕事は、分身バトンで対戦相手を曇らせることだよ」

    僕「う、うわあーっ!(滅亡迅雷.netに接続)」

    というわけでこんな感じになりました。

    カビゴン♂ Lv55 @たべのこし

    すてみタックル/ねむる/ねごと/のろい

     いつもの。結局こいつが一番強くて凄いんだよね。こいつに何回かでも分身をバトン出来れば半端な電気エースに対する勝率を上げることが出来ると考えました。はらだいこ型の方にしようかなとも思いましたが、場を整えて無双するというより、少ない分身でもそのアドバンテージを活かして有利に戦いやすくするほうに重きを置いたのでこっちの型に。

    サンダース♀ Lv50 @ひかりのこな

    10まんボルト/みがわり/かげぶんしん/バトンタッチ

     バトン第一走者はこの子に。電気タイプの目の前でなんやかんや分身を積んでカビゴンを強化するのが目的。当初みがわりよりも、最低限のカビアシストが出来るでんじはを採用するつもりでしたが、相手のでんじはに呼応してすかす動きが出来るのでありだなと思いました。育成が済んだ後にそういえばでんじはにするんだった!と思い出したわけじゃありませんよええ決して。

     カビゴンが嫌いな格闘に強いエスパータイプのエーフィにしようかとも思いましたが、格闘タイプのエスパー対策(めざ虫・霊)もメジャーになってきましたし、あまり来て欲しくないスターミーを牽制できたりする面からもサンダースにしました。

    フシギバナ♀ Lv50 @まひなおしのみ

    はっぱカッター/ねむりごな/やどりぎのタネ/こうごうせい

     いつものPart2。カビゴンの隣で格闘を受けるのはこの子。先日のあさぎのとうだいオフで使用したネタ構築でもカビゴン+フシギバナの並びがあればそこそこ形になる印象があったので採用。相手のカビゴンに対する誤魔化し性能やもうひとつのエースとの相性も良かったのがGood。

    ハガネール♂ Lv50 @せんせいのつめ

    じしん/だいばくはつ/どくどく/ほえる

     薄めなカビ始めノーマル枠の対策かつ、「電気対策だけど相手視点ではめざ氷などサブウエポンで突破できそうなので微妙に選出抑制につながらなそうな枠」として採用。機能していたかどうかは謎。たべのこしをカビゴンに渡したかったのでつめにしましたが、どくどくを機能的に使える場面が少なくなったので、この辺は流用の甘えがあったかなと思います。

    キングドラ♂ Lv50 @はっかのみ

    ハイドロポンプ/ふぶき/りゅうのいぶき/ねむる

     今回のおもちゃ枠。ここまでのポケモンで相手のハガネールなどの地面枠を呼び込む雰囲気があったので水枠の採用を検討し、かつ呼びそうなナッシー等草枠への有効打があるポケモンを探しました。

     ぶっちゃけスイクンがいいなと思っていましたが厳選がめんどくさゲフンゲフン…弱点が少なく麻痺撒きで起点を作りやすいキングドラに。

     ふぶきにしているのは目の前で草相手に起点にされたくなかったから(冷Bならフシギバナが確3ナッシーがやや低乱2、ふぶきならフシギバナが高乱2、ナッシーが確2)。裏読み込みで粉ふってくるのをはっかですかせば返り討ちに出来るかも?という淡い期待も。すぐ消耗するので気持ち回復技ありますよアピールのねむるを添えて。

     電気弱点じゃなくなったので電気を呼びにくくなるかなというのが懸念でしたがぶっちゃけこいつなら電気技でゴリ押せそうと判断されそうなのでいいかなーと。

    バンギラス♂ Lv55 @きせきのみ

    かみくだく/いわなだれ/ばくれつパンチ/すなあらし

     いつものPart3。今回はカビゴン主役のつもりだったので裏エースは選出抑制が役割。カビゴンの構成上太刀打ちできない霊枠に強く睨みを効かせつつ、「半端なサブウエポンばくパンでエースどっちもいけるな」と思わせられるポケモンということでこいつに。よっぽど通っていなければ選出はしない予定でした。

    ○戦術っぽいなにか

     選出は基本カビダース@1。@1枠とカビゴンでサイクルを回して積みの妨げになるポケモンを消してからダースを展開、2~3回分身を積んでからカビにつなげられれば上々。 
     そこまで積めれば、ばくパンやかみなりの連続ヒットはかなり抑えられる見込みでした。高命中のクロチョ持ちのカイリキーはバナで見るつもり、エレブーはサンダースで起点にして多めに分身を積むつもりでした。

    ○当日の対戦模様「さあ、実験を始めようか」

     以下本戦ダイジェストです(太字は選出、レベル表記なしは50)。

    1戦目 ビーンさん(55サンダー/55バンギ/カビ/ナッシー/ヘラ/ゴローニャ)

    →勝ち

     こちらはバナ→ダースカビ。ヘラが100%出てくるのでどのタイミングで処理しようかと思ってたところに初手から振ってこられたのですごく困った(粉蜜柑)。さっさと割り切ってカビワンチャンにかけようと思い、バナは宿り木で捨て、ダースも分身2積み程度で繋ごうと思いましたが思いのほかダースがひょいひょい避けていたので分身全積みに成功、パーフェクトカビゴンの完成に成功しました。それでも相手のバンギからの爆パン被弾→自傷の連続や雪崩怯みなど怪しい場面は多かったですが回復が間に合ってその後は粛々と。

     初手から主宰のメンタルを破壊するギルティをやらかしてしまった。

    2戦目 ゴールドさん55カビ/55サンダー/スイクン/パル/ムウマ/ネール

    →負け

     選出はダース→ネールカビ。ハガネールとムウマのどちらをカビゴン対策に振ってくるかと迷いましたがグドラの選出圧力を信じてムウマを振ってくるだろうと思いハガネールを切りました。

     そして出てくるハガネール君。有効打らしいものがない選出なことに加え分身展開もほえるで阻害されるのでにっちもさっちもいかない。なんとかネールを突破したいと爆発をすかそうとあがいたりなどしましたがどうにもなりませんでした。

     対戦後にお話を伺ったところ、最後のカビゴン残しワンチャンの作り方次第の部分があったようで、自分の展開の読みの甘さを悟りました。選出負けをした場合の通し方について視野が狭かったのが反省点ですね。

    3戦目 メロ男さん(55バンギ/55エレブー/カビ/パル/バナ/ムウマ

    →勝ち

     選出はダース→ネールカビ。想定していたエースだったので当初の計画通りの動きを狙いました。今度はちゃんとムウマを選出してくれたのでネールで処理をしつつエレブーを起点にしようという見積もりでしたが、ムウマを急所突破+ツメ爆発で後続のエレブーを破壊という盛大なズルをしてしまいました。

     嬉しい誤算ではありましたが、カビゴンの前でダースが分身を積むのは苦しい部分があったので、相手がのしかかり麻痺からワンチャン掴みかねないことを鑑みれば危なかったのかなとも。こういうときに限ってダースの自覚が凄まじく神回避により十分な積み回数を確保出来てカビに繋げたので結果オーライといったところ。

    4戦目 としひこさん(55サンダース/55タンク/カビ/スイクン/ゴローニャ/サンダー)

    →負け

     選出はダース→ネールカビ。またも仮想敵の電気エースだったので、タンクの展開をネールで阻害しつつプランを通そうと思いましたが、邪魔なのはゴローニャ。こいつを切るだけで選出が楽になるので、グドラとバナの選出圧力を信じて切ることに。

     そして出てくるゴローニャ君(0日振り2回目)。為す術もなく蹂躙されてしまいました。文字持ちだったようなのでバナ・ネールへの有効打持ちだったようで、しかし自分の考えがそこまで至りませんでした。マジで自分の選出のセンスがなさ過ぎる…。

     ゴローニャ…3タテ…3位決定戦…ウッアタマガワレルヨウニイタイ…。

    5戦目 クラブハンマーさん(55ゲン/55フーディン/カビ/ブラ/スイクン/ナッシー

    →勝ち

     選出はバナ→グドラバンギ。さすがにバンギを出したい&カビを通せない並びでした。グドラの息吹の調子が悪く、バンギはスイクン、バナはナッシーに睨まれ補助技で徐々に首を絞められつつあってあわや負けかと思いましたが、バナのはっぱカッター急所とスイクン引きのタイミングが奇跡的に噛み合う+バンギの自覚ある早起きによりなんとか勝利。

     結果的には勝ちましたが内容的には怪しすぎたので、カビゴンが展開できないときの裏選出の弱さが出た試合になってしまったかなという印象です。

    決勝T1回戦 Pasaさん55サワ/55エレブー/スイクン/カビ/フーディン/ゴローニャ)

    →負け

     選出はバナ→ダースカビ。エレブーは想定していたからいいとして、サワムラーが不穏な気配を放つ怪しいPT。種族値すらぼんやりしてる中不安は残るものの基本的にはカイリキーと同じ想定で考えていました。バナでサワカビゴロを誤魔化しつつ、分身展開を目指す方向で選出を決定。

     スイクンがどろかけをしてくる怪しい型でしたがカビゴンを押しつけて落としたところまではまだ良かったでしょう。後続で出てきたサワムラーにバナを投げたところから怪しい展開が始まります。

     バナのはっぱカッターでみがわりが壊せないところから術中にはまったことに気づき、もう無理にでもダースからの分身展開に繋いでいくしかないという流れに。相手もこちらの意図に気づいていないようで、何回かいい感じで分身を積むことができ、そこからいい感じにサンダース迫真の回避芸で全積みに成功。再びのパーフェクトカビゴン降臨に成功しました。

     この時点で割といける気がしていましたが、しかし途中でサワムラーの持ち物がひかりのこなだと分かり、ひりついた空気に。

     みがわりを壊し続け自覚を見せるパーフェクトカビゴン(言いたいだけ)でしたが、最後の最後、ここしかないというタイミングでとどめを外しかつ相手の最大風速きしかいせいに被弾、あえなく轟沈しました。

     その後も残ったフシギバナで粘ろうと思いましたが、フシギバナの麻痺引き+こちらのワンチャンルート(カビゴンが起きるタイミングでこちらの粉を当てる)を察知されているのを悟り降参しました。

     PP次第ではという微妙なところでしたが、さすがに相手に有利な要素が多すぎるので長引くだけと思い投了しました。

     正直やりたいことやりきっての負けなのでこれ以上言い訳できない完敗ですね。「避けろ!」「当てろ!」でギャーギャー騒げたので個人的にはとても楽しかったですね。自分のこの日のベストバウトでした。

    ○構築の総括らしきもの

     正直割と展開できる場面が多かったので、思いのほか上手く機能したほうとは思いましたが、機能した結果負けたという結果から限界が見えたかなーという感じ。

     選出の仕方や裏選出の固め方を工夫すれば一発芸としてはもう少し完成度を高められたかなーと思います。

     余談になりますが終了後の二次会で突発対戦を見物していた際、より完成度の高い分身バトンPTを発見。お話を聞いているとレベル配分の意図などもしっかりしていて、自分との練度の差・視野の広さを痛感しました。

     自分はどこまでも雰囲気で構築を組んでしまう傾向があるのでその辺りの計算をして構築を組むことを今後は意識して見習っていきたいですね。

    ○オフの感想について

     金銀20周年ということもあり、サプライズケーキの登場や決勝のまさかの展開など象徴的なことがいくつもありました。参加者皆が楽しめていたと思いますし、僕も金銀VCやってて良かったと心から思いました。

     メインイベントの出来事は他の方もいろいろ語ってくれるでしょうし(人任せ)、割愛するとして個人的に面白かったことなどを。

     あえて詳細までは話さないので、他の人のオフレポなどと合せて答え合わせしてみてください(ぶん投げ)。

    ・「プレイヤーが対戦中に眠るのは複数催眠に入りますか?」

    ・某氏また凍ってる…。

    ・本戦後の構築雑談で「○○と□□が使えるポケモン何がいたかな…エイパム?」というまさかのポケモン登場の流れに爆速で反応する某氏。

    ・謎の人物ショイ山ショイ太郎。

    ・【朗報】ゲンシバンギラス覚醒、まあまあの活躍をする。

    ・デンリュウ使いの某氏、本戦外のフリー対戦で実力者にことごとく勝利、裏優勝者との疑惑。

    ・めざ虫PP残しブラフを過度に期待する観客。

    ○最後に

     もうすぐ新作の発売ということもあって、金銀VCを中心にした界隈はこれから盛り下がって自然消滅してしまうんじゃないかというとてつもない不安がありました。しかし蓋を開ければ他世代プレイヤーもどんどん参加してこれだけの規模のオフになったこと、純粋に素晴らしいと思いました。

     自己紹介の時にも話しましたが、ポケモンも長寿コンテンツになってきて、なかなか年を重ねると最新世代を中心とした集まりとは年代が離れてきて、どんどん足が遠のいてしまいがちになってしまっていました。

     なのでこういった旧世代を中心としたオフは僕にとって同年代の同好の士と遊べる貴重な機会でもあり、とても魅力的な場だと思っています。

     あくまで参加者としての立場でありますので、開催者側の苦労・苦心についてあれこれ想像でものを言うべきではありませんが、僕自身はこういうイベントに参加するたび必ず「また参加したい」「また遊びたい」という思いになります。

     こういった集まりがどこかで繋がっていくように、微力でも何かしら開催や盛り上げに貢献していきたいですね。

     また皆さんとジョウトの風が吹くどこかでお目にかかれるのを楽しみにしています。

     お疲れ様でした。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。