コーヒーのアナエロビコ精製とは
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

コーヒーのアナエロビコ精製とは

2020-07-10 10:54
    中米で流行中の精製方法アナエロビコ(嫌気性発酵)とはどんなものでしょうか?
    日々進化を続けている精製方法であり、各生産者が色々な方法を試しているので一概には『こんな方法』と言えないのですが、今回カフェテナンゴが販売しているラ・リアの方法を例に説明してみます。

    1、コーヒーチェリーを摘み取る。
    2、果肉除去機で果肉をざっくりと取る。
    3、専用の青いタンク(上の写真)に入れる。
    4、同じ農園で摘み取られたコーヒーチェリーの別ロットのミューシレージ(パーチメントの周りについている粘液質)をタンクに入れて一緒に発酵。
    5、発酵に伴いガスが出るので、タンク内の酸素が追い出され、酸素が無くても活動できる菌によって発酵がすすむ。
    7、発酵が終わったら取り出して一度水洗い。
    8、網棚で乾燥させて、脱穀すれば出来上がり

    上記の説明だけでは分かりづらいので、動画を作ってみました。
    よかったらご覧ください。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。