闘会議に行ってきた 2016~表~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

闘会議に行ってきた 2016~表~

2016-01-30 23:49
  • 2
どうも係長です!
今年も闘会議に行ってきましたので写真中心にレポしたいと思います。
闘会議とは


ぐずついた天気の中で若干雨っぽかったが特に問題なし。9時ちょい過ぎぐらいで外まで混んではいませんでした。


中で待機することができるため、並ぶこと自体はほとんど苦になりません。(コミケ・超会議と比べたら・・・)
ここでバッジを貼るやつを渡されます。すでに中にはコスプレしてる人もいて独特な雰囲気な感じもありましたが、他のイベントと比べるとゲームやってる人が多い印象。やっぱゲームの祭典ですね。東京ゲームショウと比較しますと年齢層が明らかに低く、女性層も圧倒的に多いところはニコニコが母体のイベントだなという印象です。


開始前のムービー。去年と同様ですね。左右の人間はただのカカシですな。


ここで歓声(強制)




ここで開幕!!



去年より明らかに広い!去年は簡易的なブースが多かったですが、それぞれのブース豪華になってます。




特にガンホーやXFLAGブースは豪華です。

奥のホールで最も大きく中心となっていたブースは今や任天堂の看板ゲーム、スプラトゥーンの全国大会のスプラトゥーン甲子園が開催され、会場で一番の盛り上がりを見せていた。




物販ブースでは闘会議公式のグッズ販売されておりました。闘会議限定の任天堂のTシャツはすでに完売。(ちなみに10時15分に撮影した画像です)
XFLAG、任天堂ブースには行列ができておりました。


ゲーム音楽ステージの横のYAMAHAのブース。ここではゲーム音楽の楽譜を見ることができた。




レトロゲームコーナー。去年はなかったものも増えておりました。PCエンジンCD-ROM2
やカセットビジョン、アルカディアなど貴重なハードも体験できます。



自作ゲームコーナーでは昔の自作ゲーム(ドアドア等)が遊べます。中には基盤むき出しでプレイしておりました。

11VS11でウイイレ2016をプレイします。大体ハチャメチャになります。私も参加してきました。ドイツ代表右SBのルディでプレイ。2人の退場者が出てCB役になってラインコントロールまでしてました・・・。ゴール決めたかった。



スプラトゥーンについで活気があったモンストなどを擁するXFLAGブース。スマホ勢では圧勝という印象でした。


アナログゲームコーナー。去年は少しさびしい感じもありましたが、今回は大盛況といった感じ。やっぱり気軽にできるアナログゲームも根強い人気がありますな。


小休止で毒の沼地カレーを食す。信じられないがこれ普通のカレー味なんだぜ。今回も食事はしょぼい普通の食べ物はありません。飲食物は持ち込みをすることをおすすめします。


ウイイレ全国大会。勝てばイタリアのミラノで世界大会。非常に白熱した戦いでした。しかし観客が少なく寂しかったです。e-sportsが日本ではやっぱ定着してないんだなと感じました。








今回の闘会議は個人的にはスプラトゥーンが主役という印象がありました。展示物を含めて大きなスペースを占めておりました。それと同時に一番活気があり、人気の強さも示したイベントでした。

超会議はニコニコ全体のイベントでありましたが、超会議はその中でゲームというコンテンツのみに絞って開催しているため死ぬほど多いというわけではなく、じっくりと見ることが可能です。東京ゲームショウと比べますとも人が少ないという点もありますが、あくまで東京ゲームショウは展示会という性質のため新作紹介等が主です。e-sportsに関して国内最高の規模でこれほど一度に開催されるものはありません。ゲーム実況を生で近い距離で見ることは超会議では厳しいものがあるので、闘会議に参加したほうが実況者を近くで見れるでしょう。

2年目ということもあり前回と比べますと断然にコンテンツの量も増えており、方向性もはっきりしてきました。動員数も増えてる感じでしたのでこれからもっと伸びるイベントになると思います!

ということで表の記事はこんな感じです。次回は闘会議で思った裏部分の記事を書きたいと思います。






広告
×
2016かよ…運営はアホなのか?
42ヶ月前
×
1年前で草
42ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。