闘会議2016 裏~誰も語らない部分~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

闘会議2016 裏~誰も語らない部分~

2016-02-11 13:34
    どうもお疲れ様です。係長です。

    先日開催されてた闘会議で前回感想等を述べましたが、華々しい部分を語りましたが、
    今回はあまり語られてないゴシップ的な部分を書いていきたいと思います。

    こちらはあくまで個人の感想なので下手な突撃はしないでください。

    ①任天堂のお膝元の闘会議
    闘会議に参加して非常に思ったことは、やはり今年も任天堂色が非常に強いということです。ソニーも一応は参加しておりますが、PlayStationの文字はあまり目立たず、サードパーティーのゲームが多かったです。CODBO3が中心となって大会を行ったり、ゲーム実況ステージが有りましたが、決して闘会議の中心ではありませんでした。任天堂と扱いが全然違いました。先日のブロマガでスマブラの大会、スプラトゥーンの大会は非常に盛り上がっていたと話しましたが、ほぼ場所も中心であり嫌でも目立つ位置にあり、任天堂が一番投資して力をいれてをイベントを行っておりました。ここで闘会議のキービジュアルを見ていただきたいのですが



    プレステどこやねん。
    ちょこちょこみて探したのですが、やっと見つけました。



    日本のゲームといえば任天堂とプレステだろと思ってるんですが、なんかプレステ隅に追いやられ過ぎ取りませんかね?むしろマイクより目立ってない気が。

    ここからは私の予想なのですが、闘会議はあくまでもニコニコ(カドカワ)の一企業主催のイベントであり、特別協賛している任天堂は扱いが違うのは当然である。つまりはお金の問題。対して東京ゲームショウ(TGS)は展示会であり主催は社団法人コンピュータエンターテインメント協会になっているので、中立性が必要になる。ここがTGSと闘会議の差が出ているのか。(比較する理由もないのだが)
    ちなみに任天堂はTGSに参加していない。理由としては以下。
    ・入場料が有料である(闘会議も有料)
    ・東京近辺の人しか来られない(当会議の会場はTGSと同じ幕張メッセ)
    というのが理由とのことだが・・・。闘会議も同じでね?
    9年ぐらい前の公表していたことなので現在では状況が異なるからかもしれませんがね。
    任天堂は自分たち以外にコントロールされるのを極端に嫌うからその理由が大きいのかもしれません。その代わり闘会議には特別協賛としてめっちゃバックアップしますが、こちらの言うとおりにさせてもらいますよという任天堂の意図が予想されます。ソニーさんもうちょっと頑張って!


    ②ガンホー勢(パズドラ)の衰退
    パズドラは本当に斜陽ゲームとなった。そろそろ限界ではないかというのが第三者の目からみて思いました。そもそも既に4年以上経過してるのに今だにストアランキングにのっかってる事自体すごいんだが・・・。
    イベントも去年のような盛り上がりは見られなかった。モンストのブースと比較するとその差は如実でした。ヒカキンもモンストに出演しガンホーフェスには不参加。YouTuberもモンストよりが多かった。パズドラ世界大会も賞金と規模の割に盛り上がりがいまいちと思いました。


    ↑2日め12時ぐらいのXFLAGブース


    ↑ほぼ同時刻のガンホーブース

    一番印象的だったのはグッズ販売のブース。XFLAG(モンスト)、任天堂ブースは長蛇の列がありました。


    対してガンホーブースは


    人がいない・・・。これ同じ時間帯に撮影しました。
    既に魅力がないのかな・・・。よく聞く話題もコラボガチャや運営批判などのネガティブなんかばっかだしね。海外で稼げたら稼いで、稼げなかったら・・・。
    ガンホーは熱いディバインゲート推しをしているが、失敗したらガンホーは普通の会社に戻るんだろうな。

    ③集客力がある人気ゲーム実況者
    去年の印象はゲーム実況者は中小企業のイベントだったり、大企業でも比較的小さな規模でのゲスト感覚で参加しておりましたが、今年はその様子が違っておりました。
    大企業でも新作ゲームやメインイベントでも積極的に活用しており、また集客力も抜群でした。下手なアイドルや芸人よりも大きかったです。



    ↑M.M.S.Pさんが参加したバンナム太鼓の達人のイベント。ブースは撮影禁止なので観客のみ撮影するため遠めで撮影しております。その他にも、レトルトさん、キヨさんなどは特に集客力が高かった。ただ、明らかにゲームではなく実況者に会いたかったというような女子がほとんど。このイベントの謳い文句である「ゲームを愛しているか?」と問いたかったです。水と油のように分離している印象が強かった。ゲーム実況とゲームの大会の祭典というのがこのイベントの謳い文句ですが本当にこの2つを混ぜる必要あるのか?と疑問を投げかけたかったです。

    ④イマイチ盛り上がらないeSPORTS
    ゲーム大会が今回のイベントの大きな目玉でしたが、上述のこともあり任天堂色も強いこのイベントだけにスプラトゥーン、スマブラなどのゲーム以外はさほどの盛り上がりに欠けていた印象。ウイイレの日本大会やダンジョンストライカーなんかはもっと観客が集まってもいいとは思ったけど観客もまばら。本当に日本でeSPORTSがはやるのかという疑問が上がりました。









    いろいろ言いましたが闘会議はまだ2年め、来年はどのような成長を遂げるか期待。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。