私事 コミュニティサムネ画像のネコ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

私事 コミュニティサムネ画像のネコ

2016-03-10 23:18

     今朝、実家より亡くなったとの連絡があった。
     享年17歳。先日亡くなったレニットの子供だ。名前をミミという。
     水曜昼にメールが入り、仕事終わりに様子を確認するため実家に行った。
    ストーブの前に体を横たえていて、顔を見るとかなり衰弱しているのが分かる。口のまわりと両の手の甲が赤茶色に汚れているのが見えた。母に尋ねると月曜から弱り始めたらしい。
     素人判断だが、今にして思うと去年から体調はおかしかったのだと思う。冬なのに痩せたままなのだ。母ネコのレニットは大食家で丸々と太っていたが、ミミは腹八分目をわきまえてスリムな体型を維持していた。それにしてもあばらが浮き出るほどではなかったのだが、この冬はちょっと心配になるくらい痩せていた。
     ミミは極度の豆腐メンタルで、寝ていても家の呼び鈴が鳴ると飛び起きて二階の奥にすっ飛んでいくタイプだ。それでいて寂しがりやでいつも母ネコの寝ているところへ寄って行っては押し出すほどに密着して寝るのだ。そんな彼が、産みの親を失ってしまった。ここ2年程前から若干距離を置いて一人で寝ることもあったが、母を失って精神的な不調が体調に及んだのかもしれない。
     もともと体調が思わしくなかったところに加えて母が無くなった精神的打撃。これらが重なったことによって致命的な変調をもたらしたのか。
     撫でてやるとうつろな目で顔を少し上げて、つらそうな声を上げた。鳴き声を上げるのもつらいのだろう。かなり曇った声だった。一声鳴いて、また頭を両の手の甲に落とす。胸が潰れるような感覚だった。
     翌木曜日は仕事で時間が取れない。金曜日に医者に連れていくつもりでその日は実家をあとにしたが、今朝になって冒頭の連絡があった。

     仮に金曜まで命をつないで医者に行ったとしてもどうにもならなかったろう。月曜の段階で行けたとしてもどうだったろうか。猫は体調不良は極力隠す。人間の側がよっぽど注意してやらないといけない。自分が家にいれば気付けたかどうかわからないが……

     遺体はレニットと同様に父が埋葬してくれた。明日、えさをもってお参りに行こう。
     苦痛から解き放たれ、今頃は母ネコのところで甘えているのだろうか。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。